*SAKULIVE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す社会人の、音楽についての感想文集。

SHINPEI SOLO LIVE ~Roots~ at 新横浜Strage

f:id:cherryoulife:20190514200032j:image
2019.5.12(Sun)

SHINPEI
SOLO LIVE ~Roots~
at 新横浜Strage

ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************************************

SHINPにとって自身初となるソロでのインストゥルメンタルライブ。

“SHINPのギターを、ギターインストで聴きたい”
というのは、わたしにとっても、ずっと願い続けていた夢でした。

こういうライブを、観てみたかった…!
と、ライブを観ていて強く感じました。

夢が叶ってよかったです。
SHINP、素晴らしいライブをありがとうございます!

*********************************************

*SET LIST

1.THEME OF FIGHTERZ
2.BATTLE SE -VS-
3.SPECTACLE
4.BUSHIDO
5.CHA-LA HEAD-CHA-LA影山ヒロノブ
6.GO FURTHER(松本孝弘
7.ONE FOR THE ROAD(松本孝弘
8.BREAKERZ LIVE TOUR 2011 "GO
" BGM
9.REAL LOVE(BREAKERZ
10.DISSATISFIED
11.MUSCLE WAR
12.BREAKERZ LIVE 2012 "WISH 4U
" BGM
13.WE ARE(BREAKERZ

-EN-
1.Guitar solo

BREAKERZ名義の楽曲も、すべてインストゥルメンタルアレンジでの披露でした。

今回、事前に配られたアンケートにセットリストが記載されていました。


f:id:cherryoulife:20190514200049j:image

アンケート書いて渡しちゃったから、今は手元にないけど、写真で残しておきました。
カバー曲とか、復習しやすくていいよね!

*********************************************

整理番号がよかったので、2列目に着席。
SHINPがすごくよく見える、最高の席でした!

セットリストの「WE ARE」の文字を見つけてひとり喜ぶ(笑)
「WE ARE」大好きなので、始まる前から期待が高まります。

ステージには後方にアンプ、わたしたちから見て右側に置かれた台にMTR(マルチトラックレコーダー)が置かれていて、いすと足下にエフェクターが。

エレキは2本。
よく使ってる金縁の黒いのと、見たことない気がする柄のギター。
今日はずっと後者のギターを使ってました。なぜかは後述。

溶暗し、始まったのは「THEME OF FIGHTERZ」!
しんぴー登場!

いすに腰掛け、

1.THEME OF FIGHTERZ

のラストの部分を同期に合わせて演奏!!

かっこよすぎて震えました…………!

FIGHTERZツアーでは、登場SEだったから弾くことのなかった部分。
ギターで聴けて、めちゃめちゃかっこよかったです。

続けてそのまま

2.BATTLE SE -VS-

めっちゃかっこよかった…………!

聴いてるだけでめっちゃ楽しい。

SHINPの音色の幅広さを感じました。

というのも、わたしの中で、SHINPのギターの音色って、
“青”のイメージだったんです。

「アオノミライ」みたいな青。

2011年、2012年のバレンタインライブのソロコーナーで、SHINPはそれぞれ「Mステのテーマ」と「キル・ビルのテーマ」を演奏していたのですが、その時から、この“青”のイメージはずっと心の中にありました。
海が見えるような爽やかな音色なんです。

「Everlastindg Luv」や「アオノミライ」のソロも、青。って感じがします。

でも、「BATTLE SE ーVSー」での音は、青とは全く違っていて。
真っ黒な轟音、って感じでした。

もちろん普段からソロだけでなくリフやらなんやら色んな音色を聴いていて、そのすべてが青というわけではもちろんないのですが、SHINPの音色の幅広さを聴いて、驚きと、今まであまりSHINPのギターを聴いてこれなかった反省が入り交じった気持ちになりました…。

-MC-

SHINP「SHINPEI SOLO LIVE ~Roots~来てくれてありがとう!
今日はBREAKERZ、MUSCLE ATTACK、お料理、整理収納アドバイザー……はちょっと置いといて、ギタリストSHINPEIとして、インストという形でルーツをテーマにライブをしていきたいと思います!
みんなもリラックスしながらね、飲みながらでいいからね。
オレもお水飲みながらやるからね!」

と、ペットボトルの水持って
「乾杯♪ 」
って言うSHINP。

SHINP「水で乾杯て!って感じだけど(笑)」

初っぱなからSHINP節全開(笑)

とここで脱線。
SHINPは最近ビールのおいしさがわかるようになってきたらしい。

SHINP「お酒苦手~!とか言ってたんですけどね。
最近思うのは、嫌いなものを減らすというよりは、好きなものがたくさんあった方が楽しい、ということ。
好きなものをできるだけ増やしたいなぁって思う」(ニュアンス)

って言いながら「いきなり脱線しちゃったけど!」って言ってた(笑)

SHINP「今日ここが横浜というのも、僕にとっては外せないルーツ。
子どものころは何回も引っ越してて、生まれが京都だったりするけど、小6からずっと過ごしてきたのは横浜。地元。
今日やらせてもらっている新横浜strageは、昔横浜アリーナのレストランになっていて。
僕は高校生の頃から6、7年ここでバイトしてた!
みんながいるあたりにテーブルがあってね、今オレがいるステージのあたりは事務所になってて、タイムカード押すような場所があったところ。
店員として働いてた場所でライブができるってすごくうれしい」

横浜がライブの場所に選ばれたのはSHINPの地元だから、というのはもちろん分かっていたけど、まさかここでバイトしてたとは…!
本当にゆかりのある場所なんだね。
そんなSHINPを観られてよかった!

【SHINPの機材紹介・ギター編】

SHINP「今日はギター2本持ってきてるんだけどね、メインで使おうと思ってるのはこれ。」

なんていうか……蛇みたいな柄のギター!
ライブではあんまり観たことない気がするけど、どうなんだろう。

SHINP「これは初めて買った、高い(笑)ギター。
ずっと弾いてて、ネックはメープルの木目が出ててきれいなんだけど、裏側は黒くなってる。オレの手汗が染み込んでる!笑
これからおじいちゃんになるまで使いたい。真っ黒になるかも笑」

【『THEME OF FIGHTERZ』について】

SHINP「今日1曲目はね、オーケストラのSEから始まったんだけど。
『THEME OF FIGHTERZ』は4枚目のアルバム『FIGHTERZ』の1曲目。
これは、2曲目の『NEXT LEVEL』があったからこそできた曲。
『NEXT LEVEL』をDAIGOが作ってきて、これが1曲目でもほんとはよかったんだけど、歌詞に
“ラスボス倒したはずなのに”
とかRPGっぽい要素が出てくるから、よりRPGっぽい世界観を出すために、SHINPがオーケストラ全開の『THEME OF FIGHTERZ』を創りました」

知らなかった………!

わたし、「THEME OF FIGHTERZ」を初めて聴いたときに、あまりに世界観が確立されていて逆に笑っちゃった記憶があるんだけど、そんな裏話があったんだね。

SHINP「そこから『FIGHTERZ』のイメージが生まれていって、ジャケットも、みんな後でインターネットで検索してほしいんだけど、(検索しなくても覚えてるよ!笑)3人剣を持って戦っているようなビジュアルになったの。
この話はインタビューとかでもしたことないかもしれない」

FIGHTERZ(初回限定盤B)(DVD付)

FIGHTERZ(初回限定盤B)(DVD付)

 

 

SHINP、普段のBREAKERZライブでは「DAIGOさん」「AKIHIDEさん」(とかAKIさん)って呼ぶのに、今日は「DAIGO」「AKIHIDE」って呼んでた。
テレビに出るときのDAIGOくんと同じだ(T_T)
そこにソロへの覚悟というか線引きのようなものを感じて、ぐっと来たなぁ(T_T)

BREAKERZでは最年少で、メンバーのことはいつもさん付けで呼んでる印象が強いからこそ、おおっ!と思ったなぁ。

余談なんだけど、SHINPはめちゃめちゃ課題解決型のアーティストだと思うんです。
「こんな曲がほしい」ってなった時に、「THEME OF FIGHTERZ」みたいなTHE RPGなSEを作れちゃう。
ほんとすごいなって思う。

SHINPの作曲曲はライブ映えする曲や、定番曲がめちゃめちゃ多いんです。
ロデオガールとカラオケに行ったら、最後のクレジットに“作曲:SHINPEI”って出てくる率高すぎて、毎回
「SHINP天才か!」
ってなるんですよ。天才やねん。笑

SHINPの作曲曲を挙げると、「DESTROY CRASHER」、「灼熱」、「バンビーノ」、「Everlasting Luv」、「WE ARE」などなど枚挙に暇がありません。

しかも、ライブの様々な場面を彩り、盛り上げ、華やかにする楽曲たちですよね。
楽曲のタイプが多彩なんです。

それは、しんぴーがライブの景色を想像しながら作ってるんじゃないかなって思っているんです。
もちろん、本当のところはSHINPに聴いてみないとわからないけど。

BREAKERZのライブで使われているSEや、告知動画で何気なく流れているBGMって、きっと、全部SHINPの作曲曲だと思うんです。
(間違っていたら本当にごめんなさい)
全部がそうでないとしても、その多くをSHINPが作っているのは間違いないです。

つまり、BREAKERZの世界観の枠組みを、音で表現しているのはSHINPの楽曲だと思うんです。

SEももちろん、SHINPがいてくれるから、SHINPの多彩な楽曲があるからこそ、BREAKERZのライブはもっともっと楽しくなれていると思います。

最高の音楽をありがとう。

クライマックス感出てしまいましたが続きます(笑)

【2曲目『BATTLE SE ーVSー』について】

VSのメロディーは2014年のBATTLE ROYAL ZEPPの段階で既にワンコーラスあったそう。
全然気付かなかったなぁ。
DVDついてたよね。全員プレゼントだっけな。
あれ見返したら分かるかな~
10番勝負の構想がこの頃にあったとしたらすごいな、と思った!

しかしSHINP「バトルロイヤルゼップ?ロワイヤルだっけ?」って言っててほんわり~!って思った(笑)
ROYALって書くからわたしもロイヤルって読んでたけど、文脈的にロワイヤルだった気がする!

曲の読み方と言えば、「BATTLE SE ーVSー」もSHINPは「ぶいえす」って言ってた!
わたし、10番勝負が「ばーさす」だったから「ばーさす」って言ってた!
まじか!笑
訂正します。笑

インストゥルメンタル楽曲について】

SHINP「曲を作っている時に、ギターインストの曲を創ることがあって、今日はそこから書き下ろしの曲を2曲。
『SPECTACLE』と『BUSHIDO』2曲続けて聴いてください」

3.SPECTACLE

これは、わたしの中で“THE SHINP”みたいな音色でした。
青かった。

とても爽やか。ずっと聴いていたくなる美しい楽曲でした。

4.BUSHIDO

こちらは「SPECTACLE」とは打って変わって、激しい楽曲。
真っ赤に染まった照明が印象的でした。

-MC-

SHINP「ありがとうございました!」

 

【アニメソングについて】

SHINP「今日はあらかじめセットリストをみんなに見てもらっていると思うんだけど、次は『CHA-LA HEAD-CHA-LA』。ドラゴンボールのテーマ。
これね、水曜日に放送されてて、オレは小2とかの時に地上波で放送が始まったと思うんだけど、これが子ども向けのテーマソングになってたのがすごい。
ロックの要素が詰まってる!
楽曲ももちろんなんだけれど、歌っている影山ヒロノブさんの歌声もすごくかっこいい。
そうして影山ヒロノブさんのルーツを遡ると、影山さんはメタルバンドレイジーのボーカルだったりする。
アニメソングって実はいろんな音楽の要素が詰まっているんですよね」

SHINP「『キョンシー』って知ってる?」

知ってる人、ちらほら。
去年か一昨年か、仮装してた人いるよね!

SHINP「かわいい女の子が主人公のアニメなんだけど。
あのテーマソング、すごい怖くて子どもの頃オレは苦手だったんだけど、テーマソングはYMOの細野さんが手がけているんだよね。
よく聴くとYMOらしさが出ているんです」

細野さん、って言ってたからほええって聞いてたんだけど、これ細野晴臣さんのことなんだね………!
お名前だけはかねがね…!ってレベルで申し訳ないんだけど、キョンシーさんすごいなぁって思った!

5.CHA-LA HEAD-CHA-LA影山ヒロノブ

みなさんご存知ですよね。
イントロの、いちばん最初のキラキラしたメロディーを思い出してほしいんです。

あのメロディーを、凄まじいライトハンドでやってた。。。。!!!!

かっこよすぎてガタってなった(笑)

あれ、ギターだったのか………!

ギターだったのか、という衝撃と、SHINPのライトハンドがかっこよすぎる衝撃でかっこいい…!って戦いた。

SHINPがライトハンドしてるの初めて見たかもしれない。

歌メロをなぞるギターもめっちゃかっこよかった。
また聴きたいなぁ。

-MC-

続いてはB'zの松本孝弘さんのカバーを2曲。

【B'zについて】

SHINPの中で、B'zの稲葉さんと松本さんは、“王様”なんだって。(笑)

SHINP「僕は稲葉さんみたいなハイトーンは出せないし、松本さんみたいな速弾きはできないけど……オレにとってB'zは“王様”。(笑)」

ざわめくフロア(笑)

SHINP「いま『キングダム』って漫画にハマってて引っ張られちゃったけど。
王様で、僕らは庶民。とか兵士とか。」

例えが独特でおもしろいんだけど、SHINPは純粋に言葉を選んでいます(笑)

SHINP「みんな王様のことを尊敬していて好きなんだけど、王様になりたいと思ってるわけじゃない。
王様を崇拝しながら、それぞれの仕事、兵士だったら戦いとかを頑張ってるみたいな」

B'zのようになりたい、のではなくSHINPはSHINPのギタリストとしての務めを果たしたい、そして、B'zはいつまでも好き。みたいな意味かな?と解釈しました。わからんけど(笑)

わたしたちにとって、SHINPもまた、素敵なギタリストだよ。と言いたくなった。

ビーイングアーティストについて】

SHINP「子どもの頃からB'zをはじめとしたビーイングアーティストがすごく好きで。ギターを高校生で始めるずっと前からビーイングのアーティストの楽曲は好きだった。
B'z、WANDST-BOLANZARD大黒摩季さん………ほんと言い出したらきりがない。」

もっといっぱい名前挙げてたんだけど知らないアーティストも多くて全部覚えてません(>_<)ごめんなさい(>_<)

SHINP「ビーイングのアーティストってテレビにあんまり出なくてね。
大黒摩季さんとか実在するのか?って思ってた。
お会いする機会があったんだけど………大黒摩季さんは将軍。って感じだった」

将軍(笑)

例えが独特でおもしろいんだけど、SHINPは純粋に言葉を選んでいます(笑)

SHINP「すごくきれいで圧倒的だった」

SHINPは“すごくきれいで圧倒的”みたいなことを“将軍”という言葉で伝えようとしたらしい。

語弊あると思うけど(笑)、SHINPは純粋に言葉を選んでいます(笑)
こういうとこ天然なんです(笑)

SHINPは、B'zやビーイングアーティストに憧れて、高校生でギターを始めて、ビーイングにデモテープを送ったらプロデューサーとの縁ができて、今こうしてビーイングに所属してBREAKERZとして活動していることを“運命”だと表現していました。

SHINPは 「オレは松本さんみたいな速弾きはできない」と言っていたけど、憧れのB'zと同じ事務所で活動してるSHINPも、夢を叶えてると思うよ。
めっちゃすごいことだと思う。

BREAKERZビーイング所属なの、びっくりされる方も多いと思うんです。
(正確にはビーイング系列のZAINという事務所に所属している。デビューの時からずっと)

それは(たぶん、おそらく)SHINPがもともとビーイングのギタリストオーディションに合格?しててビーイングとのつながりがあったからだと思うんです。

この縁がなかったら、BREAKERZどうなってたか分からないわけじゃないですか。
もちろん細かい事情はよく知らないのですけれど。

SHINPありがとう!!って12年越しに思います。
ずっと思っていたんだけどね。

松本さんのすごく大切な曲、ということで2曲。

6.GO FURTHER(松本孝弘
7.ONE FOR THE ROAD(松本孝弘

「GO FURTHER」は、SHINPのギタリストとしての礎を創っていそうな楽曲だなぁ、と勝手に思いました。
わたしの中のSHINPの音色とすとんと重なる楽曲だったから。

「ONE FOR THE ROAD」は水色が似合う静かなバラードでした。

松本さんのソロは聴いたことないので存じない楽曲だったのですが、ソロもぜひ聴いてみたいと思ったなぁ。

この2曲の選曲が、わたしはとてもうれしかったんです。
それは、この2曲が
“フロアに配慮しない、純粋にSHINPのルーツを探る選曲”だったからです。

先ほども書きましたが、2011年のバレンタインライブは、松本孝弘さんのMステのテーマを演奏しました。

これは、SHINPの松本孝弘さんへのリスペクトの気持ち、とわたしたちフロアへの配慮、を最大限考慮した上での選曲だと思うんです。
この日はこの日で、この思いやりがとても、うれしかったんです。

でも、今日はソロということで、そういう考慮もなく、純粋にSHINPのルーツの楽曲を選べたであろうことが、とてもうれしかったです。
インストライブができてよかったなぁ。

-MC-

【作曲について】

SHINPは歌メロを鼻歌するところから作曲がはじまる。

SHINP「例えばテンテコテコテコ(忘れた)ってメロディができたとしたら、携帯のボイスメモに吹き込む。聴き返していいなって思ったら、これに」

♪じゃーん

SHINP「コード、和音をつけてみる。テンテコテコテコ。。あんまいい曲じゃないねw」

コウメ太夫みたいになってしまったのはわたしのミスです。でも軽快なメロディーでした(笑)

SHINP「ここにドラムをつけたりとか。ドンドンパッなのか。ドンドンカッカッなのか。
そうしてできたものをメンバーとスタッフに試聴してもらう。レストランでいう試食です。
曲は2回試聴してもらうんです。最初はメンバーとスタッフさん、そして次はみなさん。
緊張するけど、大事な瞬間(ニュアンス)」

SHINPは歌メロを先に作るんだね!
作曲の過程ってなかなか聞けないので貴重でした。

あと、BREAKERZはメンバーの個人クレジットになってるけど、もちろん原型はそのメンバーが創ってるのだけど、メンバーやスタッフさんの意見でできていくから、必ずしもそのメンバーが全部創ってるわけではない、とも言ってた。

だから、SHINP最高の曲を創ってくれてありがとう!っていうのはもしかしたら違うのかもしれないけど。
でも、SHINPクレジットの曲がライブの礎を作っている名曲なのは事実だもんね。

このあたりでSHINPは、
“自分が好きになれる曲を創ることが大切”
というようなことをおっしゃっていました。

創った曲、自分が好きになれない曲はやっぱりだめだと思うと。
例え周りが良いって言った曲でも、自分がいいと思えないもの(幸運にもこの状況になったことはないとのこと)は、例え事がうまく運んですごく売れたとしてもだめだと思う。
自分が好きだと思える曲を創ることが大事だと。

BREAKERZはやりたい音楽、好きになれる音楽を常にやれてきたのかな、と思うとビーイングすごいいい事務所だなって思いました。
いや、いつも思ってるけど!

改めてこれからもビーイングBREAKERZを応援していきたいと思いました。

【SHINPの機材紹介・MTR編】

SHINP「今日流してる同期も、オレが家で作ってきました!」

ほんとに準備から大変だったと思います(>_<)ありがとう!

SHINP「このね、マルチトラックレコーダーで、ボタン一つで再生されるようになってます!」
と台の上の機械を指さす。
これがマルチトラックレコーダー…!

5月入って偶然にもWaive摩天楼オペラでもMTRの話題が出ていたので、これがMTR…!って思いました(笑)タイムリー(笑)

今日は右耳だけイヤホンで同期聴きながら、ギター弾いてました!

【SHINP機材紹介・マルチエフェクター編】

SHINP「エレキギターって、電気を通さないと小さい音しか出なくて。昔はアンプを通して音を出してたんだけど、最大音量にすると割れちゃうよね。
オーバードライブやディストーションの音は、その割れた音からできていると言われています。
今は音量あげなくても、ボタン一つで音が変えられてすごいよね。これ(足元のエフェクター)で変えられる。
見える?(って持ち上げて見せてくれる)
 コックピットみたいだよね。
……コックピットは違うか!(笑)」

SHINP天然でほんとかわいい。笑

このレポで伝わってるかわかんないけどSHINPは非常~~~に天然さんで、BREAKERZのライブではよくDAIGOくんが困ってるんだけど(笑)

SHINP今日はひとりだからさらに大変そうだった(笑)

SHINP「ひとりだとこれ(自分の天然発言)を処理していかないといけないから大変!これも勉強ですね!」
前向きで素敵!しかし“処理”www

8.BREAKERZ LIVE TOUR 2011 "GO
" BGM
9.REAL LOVE

あの印象的なリフを一切弾かずに(!!)、歌メロを妖艶な音色で弾いてた。
SHINPのギターの音色がエロい!って思った!笑

-MC-

SHINP「インストライブ行ったことあるひとー!」

🙋🙋🙋

SHINP「結構いるねえ。オーケストラとか?オレないんだよね……あっ!あった!(笑)」

あるんかい(笑)

SHINP「めっちゃうまい吹奏楽部観たことある。あともういっこあった!」

でもフィルハーモニーとか本気のはまだないって言ってた。

……これ、AKIHIDEさんはノーカンなのかな……?(笑)

AKIHIDEファンならそら行ったことあるやろって思ったけど、AKIHIDEファンで来てた人は少ないってことなのかなぁ。
黒猫のtango毎回やるから1回は歌うやんみたいな?(笑)

それともオーケストラの意味で言って、ギターインストは含まないのか…。
まあええか(笑)

SHINP「AKIHIDEはジャズのインストやっててね、僕はまだまだ最近ビールが飲めるようになったような子どもなので、ロックが大好きなんだけど。いつか、ジャズもできるようになれたらいいなあ~」

って言ってた。
SHINP、変わらなくてかわいいなぁと思った。

前日のライブでも、DAIGOくんが
SHINPEIは、いい意味でも悪い意味でも変わらないね!」
って言ってた(笑)
本当にそう思う(笑)

10.DISSATISFIED

途中でライトハンドめっちゃしてた!
ツインリードのソロがある、聴き応えたっぷりの楽曲!
これも青イメージの楽曲だったなぁ。

11.MUSCLE WAR

途中で同期だけが長めに入るところがあるんだけど、そこでSHINP手とネックにしゅ~ってするスプレーしてて、
(大丈夫か!MCの時にしゅーするん忘れたんか!緊張してたら忘れるよな!がんばて!)
ってなった(笑)

そこから弾き始めたギターはたいへんかっこよかったです。

めっちゃ余談なんだけど(笑)

AKIHIDEさんの新横浜strage公演、NAKED MOON2部で、AKIHIDEさんの周りをめっちゃ虫が飛んでたの、覚えてらっしゃる方いますか?

この日も飛んでた(爆笑)

ライトに照らされて白く光るから飛んでんのめっちゃ目立つ笑
しんぴーは気づいてなくて話題にはならなかったけど、虫もずっと演奏聴いてたよ(笑)

虫に愛されるBREAKERZギタリスト陣(笑)

-MC-

SHINP「『DISSATISFIED』『MUSCLE WAR』この2曲は、MUSCLE ATTACKに作ってた曲なんだけど。
『DISSATISFIED』は、」

♪じゃーんじゃーんじゃーん

SHINP「っていうメロディーが出てくるんだけど、これをうぉーうぉーうぉーってみんなで歌うのもいいかなって思ってて」

たしかにめっちゃ良い!

SHINP「でも、ギターインストでもいいなと思って今回形にした。
もしかしたらMUSCLE ATTACKで歌の曲になってたかもしれない曲」

SHINP、作曲の話の時に
「歌メロから作るけど、歌うには音域が広すぎるなって時やギターインストのほうがいいかもって時にインストにする」
って言ってた。(書き忘れ)

たしかにインスト曲は、1~6弦フル活用!みたいな楽曲が多かったなぁ。

「DISSATISFIED」にはツインリードのソロがあって、しんぴー
「今弾きながらゲストギタリストとか呼んでバトルできたら楽しいなって思いました!」
って言ってた。

SHINP「アンケートにこんなギタリストやボーカリストとやってほしい!とかあったら書いてね。
お部屋のお掃除とかでも…いいけど!(笑)」

いいのか!優しいな(笑)

SHINP「ほんとオレ何でも屋さんみたいだな~」

SHINP「でも、“何でも屋さん”っていうよりは、“何でもやってみたい”。」

ここすごく刺さった。

SHINP「オレにとってBREAKERZは、“心臓”。心臓がないと動かない。
寿命が尽きるまで続けていきたいと思っています」

ありがとうございます。
SHINPのその気持ち、すごくうれしいです。

SHINP「BREAKERZは“心臓”。
でも、ほかの臓器も活性化したほうがいいじゃん?
だからお料理教室とか、今度は整理収納アドバイザーの講座とかやってみたりとか。
これは日時と場所の都合で少ない人数なんだけどやってみる。脂汗?冷や汗?かいちゃうかもだけど!」

SHINP、スーツ着るのかな…? ってこの話聞きながらふと思った(笑)

【音楽の未来について】

SHINP「今、頭の中で思い浮かべた人に電話がかけられる技術があるんだって。
そのうち、頭で思い浮かべた音楽を聴けるようになる日が来るかもしれない。
音楽の聴き方は変わってるけど、音楽を聴いてる規模は変わってないと思う。だから、それもプラスに捉えてやっていきたい。
音楽には色んな聴き方があるけど、絶対になくならないのは“体験”だと思ってて。
今、みなさんと僕がこうしているのも“体験”。
最前列のお客さんとは1メートルもな……1メートルはあるか!(笑)距離で音を届けられている。」

“体験”、つまりライブはずっと続けていきたい、みたいな結論だった気がする…!

SHINP、すごく素敵な哲学をお持ちだなぁ、って感動…。。

SHINP「最後に、『BREAKERZ LIVE 2012 "WISH 4U" BGM』武道館のBGMと、『WE ARE』を、これはピアノと優しいギターのアレンジで聴いてもらいたいと思います」

12.BREAKERZ LIVE 2012 "WISH 4U
" BGM

武道館でライブができた、というだけでなく、自分の創った楽曲が武道館で流れる、というのも、SHINPにとってすごく大きな出来事なのかなぁと思うとここで涙腺が緩んできて、

13.WE ARE

「WE ARE」で号泣した(笑)

「WE ARE」はあかんよ。泣くよ。
名曲を作曲してくれてありがとう。

ピアノに乗せて、寄り添うような優しい音色で歌メロを弾いてた。

「WE ARE」はわたしの中では白い光がパァン!とこっちに向かって放たれてるイメージの曲なんです。
今日のインストアレンジの「WE ARE」は、ピアノとギターのシンプルなアレンジだから原曲とは全然ちがうんだけど、曲の持つ白さは同じでした。すごく驚いた。

これはわたしの耳がAKIHIDEギターで構成されすぎだからこそ思うことなのかもしれないけど、「REAL LOVE」と「WE ARE」は、良い意味で原曲のイメージと全く違うアレンジでとてもよかった。新たな表情を見られたなぁ。

 

そしてばいばい。
SHINP「せっかく横浜に来たから、シウマイでも食べて帰ってね!」
って言ってたから、新幹線ごはんが決定しました🚄笑

今回、昼に追加公演があって、わたしはそちらには行かなかったので、アンコールしていいのかわからず(笑)
迷ってたら起きるアンコール。

出てきてくれた!(((o(*゚▽゚*)o)))

-EN-

SHINP「アンコールありがとう!!!
アンコールが起きると思ってなくて、サングラスはずして顔ゴシゴシ洗うところだった!!!!
でも曲を用意してないの………。
どうしよう……………

適当にソロやって帰ります!!!

わーい(((o(*゚▽゚*)o)))!!!!!

1.Guitar solo

サラサラっとめっちゃかっこいいソロやってくれた!!!

*********************************************

帰りの新幹線で、SHINPのお言葉どおりシウマイ弁当を食べました✨
美味しかった!

f:id:cherryoulife:20190514201118j:image*********************************************

SHINPEI SOLO LIVE ~Roots~
とても楽しかったです!

ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))

ここからはわたしの感想文です。
お付き合いいただける方は、よければご覧ください。

SHINPのソロライブ、ほんとに念願でした。

「SHINPのギターインストが聴きたい」
と思うようになったのは、レポにも出てくる2011年のバレンタインライブからでした。

Mステのテーマを弾いた音色の美しさが忘れられず。

翌年のバレンタインライブでは、布袋寅泰さんの「キル・ビルのテーマ」を演奏していたSHINPに目を奪われ。
ギターリフ、かっこよかったなーーー!

2013年から始まるソロ活動では、SHINPのギターが堪能できるかと少し期待していたのですが、実際はツインギター編成のMUSCLE ATTACKで。

わたしはMUSCLE ATTACKや、SHINPのソロ活動はここ数年全く追えていないので、 今回、どのような想いでインストライブを開催してくれたのか分かりませんが、
“SHINPのギターだけを聴ける”
というのはとても貴重な時間でした。

SHINPのギター、聴き惚れてしまいました。
とっても素敵な音色でした。

インスト曲もいろんな表情があって、さすがライブ定番曲や名曲を数々生み出してきたSHINPだなぁと思いました。

ソロライブに行って、ますますSHINPのギターを好きになれて、本当によかったです。

また是非開催してほしいですし、その時には、SHINPのファンの方だけじゃなく、すべてのTEAM BREAKERZのみなさんと、すべてのギターが好きなみなさんに来てほしいな。

インストアルバムも出たらいいなぁ。

SHINP、素敵なライブをありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))
そして、お誕生日おめでとうございます!