*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

HAPPY BIRTHDAY dear AKIHIDE!!

f:id:cherryoulife:20150705222006j:plain

Happy Birthday dear AKIHIDE!!

*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

AKIHIDEさん38歳のお誕生日おめでとうございます。

AKIHIDEさんの生み出す音楽、言葉、世界すべてが大好きです。

今年も、AKIHIDEさんにとって素晴らしい1年となりますように。

 

 

AKIHIDEさんの誕生日の時季になると毎年、AKIHIDEさんに出逢ったAcid Black Cherryのフリーライブを思い出します。

台風一過、青空に恵まれた大阪城野外音楽堂

当時完全にアウェイな環境の中、

「大阪、愛してるよーーーー!」

と叫び、だだ滑ったAKIHIDEさん。(蒸し返すな笑)

 

千聖さんやSHUSEさん、淳士さんがみんながみんな、「俺は雨男」だと宣言する中、結構深刻な雨男にも関わらず、それを申告できなかった後輩AKIHIDEさん。

 

…………かわいかったなぁぁぁぁぁ!!!!(笑)

 

その時にはもうAKIHIDEさんは30歳の誕生日を迎えていて、AKIHIDEさんの20代を知れなかった!!と悔やんだものですが、もうここまで来ると

「AKIHIDEさんの30代全部を見守れそう」

と思えるようになるものです。笑

 

8年前に比べると、様々なことが変わりました。

Acid Black Cherryのサポートにはもう、AKIHIDEさんはいないし、ソロ活動でまた新たな世界を見せてくださった。

わたし自身も、8年前は中3だったのに、今やもう社会人。

そんな中で、BREAKERZが今も活動を続けてくれているのは希望ですね。

 

AKIHIDEさんに出逢って、いちばん良かったなと思ったことは、AKIHIDEさんが「前を向くことの大切さ」を、人生を、作品を賭けて教えてくださっていて、なおかつそれを、わたしの生きる芯にすることができたことだと思います。

 

きっと、AKIHIDEさんに出逢わなくても、わたしはきっと大学行って就職してたんだろうと思うのですが、AKIHIDEさんがいなければ、人生で転んでしまったときの対処法が分からないまま、いつまで経っても立ち上がることができなかったと思うんです。

 

きっとわたしが生きる意味とか、ばんぎゃるとして生きる意義とかについて深く考えるようになったきっかけの根っこにはAKIHIDEさんの存在があります。そうやって、わたしの人生に大きな大きな変化を与えてくださったAKIHIDEさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。