*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

2019.6.22(Sat) 運命交差点“言霊を謳歌する” at 梅田Zeela

f:id:cherryoulife:20190623003502j:image

2019.6.22(Sat)
運命交差点“言霊を謳歌する”
at 梅田Zeela

ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************************************

摩天楼オペラ 苑 ソロプロジェクト “運命交差点”。
せっかく大阪に来てくれるのだからと行ってきました。

運命交差点を、自分自身がどう受け止めるのか、正直とても不安でした。

Janne Da Arcが解散した時に、
Acid Black Cherryは、“Janne Da Arcを待ってたから”行ってたんだな。
わたしは、“Janne Da Arcの”yasuが好きだったんだな」
ということに気づいたからです。
Acid Black Cherryがあったから、AKIHIDEさんに出会えたんやけどね)

わたしにとって、摩天楼オペラは、Janne Da Arcが復活しないと埋まらないと思っていた、心の真ん中にすっと入ってくれた、とてもとても大切なバンドです。
摩天楼オペラの”苑さんが好きなのだと、思ってしまうかもしれない。

運命交差点は、1回きりになるかもしれない。
そう思っていました。

しかし…。


REXさんのギターが、大好きな音でした……。


音が、とても。
AKIHIDEさんに似ています…。

序盤は、SHOKOさんのピアノを聴きながらギターの音も探しつつ、という聴き方をしていました。
SHOKOさんのピアノやキーボードも、時に軽やか、時に華やか、時にダイナミックでとても美しかったです。

まず、「最高の瞬間」のギターのメロディーに、はっ、と目も耳も奪われ。
「最高の瞬間」という華々しいタイトルを飾るにふさわしい、黄金の音色。

途中のなんの曲だったのかな、SHOKOさんが真っ白なシンセで作った音色の中で奏でるREXさんのギターのメロディーが、ものすごく、ディレイがかかっていたんです。

ディレイだなぁ、って思っていて。

そうしたら、なにかの曲のラストでもディレイがかかっていて。

しかも、なにかの曲のイントロがREXさんだけのギターソロだったんですけど、そのソロですら、めちゃめちゃディレイがかかっていたんです。

ディレイ、好きなんかなぁ?

そう思わずにはいられなくなってきました。

“ディレイ”と聞いて思い出すのは、AKIHIDEさん。
AKIHIDEさんも、ディレイが好きです。
ディレイの魔術師です。

すると、「雨の日曜日」だったかなぁ、雨の雫が空間にたらりと落ちるかのような音色を奏でていて。

そうか。この子も“水”属性なのか。

と思ったんです。
ギターでみずみずしい音色を奏でるギタリストって、あんまりいないように思うんですよ。

でも、AKIHIDEさんも、間違いなく“水”属性です。
そしてきっと、“光”属性でもある。

もう、
(AKIHIDEさんの音に、似ているな……。)
と思わずにはいられなくなってくるわけなんです。

あんまり、人の音と似ている、というのは本人が聞いてもきっとうれしくないのだと思うけど、AKIHIDEさんと似ているからこそ、強烈に惹かれてしまう音色でした。

「名前も知らないウィスキー」の、エピローグのそのさんとSHOKOさんだけのところ、の前。

シンセのまっしろな音色に包まれて、とても荘厳で、神々しい音の世界が広がっているな、と感じました。

そんなまっしろな世界の中で響く、REXさんのギターが、とても美しかったんです。

まさしく“光”属性の音色で。
AKIHIDEさん思い出して泣きそうになりました。理由があんまりよくないなって思ったからこらえました。

「ワインレッドの心」のギターもとっても素敵でした。
苑さんが、
「JaYがいつもスタジオで弾いてる」
って言い始めてえええ~って顔してたのもすごくかわいかったです。

………顔も好きなんかいって言う。笑

お顔もかわいかった。

下北沢公演の写真を見たとき、まさか音色がAKIHIDEさんに似ているなんて思っていないわたしは、REXさんを
「響くんに似てる」
って言ってました(笑)
普段あんだけ響くんかわいいって言ってて、REXさんのお顔好きじゃないわけない(笑)

よく歌いながらギターを弾かれる方だなと思いました。コーラスもされていて素敵でした。

「みずいろの雨」のAメロだったと思うんですが、苑さんの歌の後ろで奏でるアルペジオが、BREAKERZ初期のAKIHIDEさんみたいで、泣きそうになりました。
理由があんまりよくないなって思ったからこらえました。

あと、どこかでワウペダルを踏んでたんじゃないかと思うんですが、その時の音色はとても独特でした。
これは聴いたことない音に感じました。

音が風船のようにぷくーーっと膨らむかのような、まんまるな音色でした。
違う方だから当たり前だけど、AKIHIDEさんがワウ踏んだらこの音色にはならないなぁと思いました。比べすぎでごめんなさい。
すごく新鮮な音色でした。

瞬間瞬間の音色が、全部全部好きで、気づけばとても長い時間、REXさんを観ていました。

苑さん。

えらい人に。
出会わせてくださいましたな…。

こうやっていろいろ思い出して、整理しながら書いていたら、AKIHIDEさんとの出会いはAcid Black Cherryだったことを思い出して、これが運命交差点なのか………!
と、思わずにはいられません。

yasuも、苑さんも、すごいんだなぁ。

苑さんのすごさを改めて感じた、初めての運命交差点でした。

ほんとは、苑さんの雨男のくだりもAKIHIDEさんのMCと完全に被ってるし、音楽性もAKIHIDEさんのソロに近いものがあるし、ピアニストが素晴らしいのもAKIHIDEさんのソロとの共通点で、AKIHIDEさんのソロと、運命交差点の共通点を挙げだしたらキリがないんです。

でも、その記憶が全部吹っ飛んでしまうくらい、最終的にはぜんぶ、REXさんのギターの音に持って行かれてしまいました……。

いじられキャラらしいんですけど、そこにツッコミを入れる余力がないくらいREXさんのギターが好きです。

アルバム、買わずに帰ってきそうとすら思ってたのに、買って帰ってきました。
家に着いたら早速聴きます。

最寄り駅ついた!