*SAKULIVE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す社会人の、音楽についての感想文集。

AKIHIDE 1st 配信ライブツアー「LOOP WORLD」 第一夜 -記憶の海-

2020.11.14(Sat)
AKIHIDE
1st 配信ライブツアー「LOOP WORLD」
第一夜 -記憶の海-

ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))

********************************************

ついにはじまりましたね!
AKIHIDEさんの1st 配信ライブツアー初日!

とても幸せな時間を過ごすことができました✨

********************************************

*SET LIST

1.樹海
2.Lapis Lazuli
3.RAIN MAN
4.夕焼けメロディ
5.メモリーフィッシュ
6.LOOP WORLD

********************************************

オープニングムービーからわくわく。

2月の「星の還る場所」の時から印象的だったのですが、生音メインの作品なのに、SEはシンセの香りが漂っていますよね。
「星の還る場所」のオープニングSEも、すごくシンセシンセしていたのを思い出します。

デジタルとアナログの融合なのかな?
とても印象的。

それとも、最近わたしの思うアコースティックギターの音のイメージを遙かに超える音色がAKIHIDEさんのギターから奏でられているのを感じるので、このSEもアコギで作ったSEなのかな。。?

すごく神秘的。

きゅーーーっと絞られる音に、QEDのmotherを思い出します。

1.樹海

1曲目は「樹海」。

背景が青い。。とても神秘的。
MOON SIDE THEATERという限られた空間で、どのように4夜の趣を変えてお送りいただけるのかと思ったら、、、
プロジェクター。。。!

壁に掛けてあるギターバンジョーマンドリン、あとひとつはキャラメリゼちゃんかな?はそのままなのがまた味があります。
マンドリン、遠目から見るとすごくミラーボールのように見えて美しいです。

そしてゆらりと動くカメラ、画角の変化などなど、MOON SIDE STUDIOがまた進化していて、どぎまぎ。

ライブに行けなくなってから、ライブハウスでのライブの大きな魅力のひとつに、
“照明で、音に色を付けられること”
があるなぁと実感しました。

スタジオライブだと、なかなか空間に色を付けるのは難しい。
でも、プライベートスタジオでも、AKIHIDEさんは、音に色を付けることを実現されていて、すごいなぁと思いました。

イヤモニを触られているのを見て、イヤモニ!と思う。

理由は後からわかるんだけど、クリアな音を届けるために外音を出していないらしい。

だからその場にいらっしゃるマネージャーさんはループサウンドは聞こえず、今鳴ってる音しか聞こえてないらしい。
お昼にざくざく切ったお鍋の白菜を思い出しながら、
「材料のひとつひとつが聞こえる感じか~いいな~」
って思いながらお話聞いてた。笑

「樹海」はアーカイブを何度も聴いて、AKIHIDE×ループペダルも何度も観ているので、すこしずつ耳に染み込んで来た気がする楽曲。

でも、今日ならではの音色が響いていて、ループペダルでも、今日だけの音色をしっかりと聴かせてくださるAKIHIDEさんがすごいなぁ、と思いました。

2.Lapis Lazuli

太陽の光が射し込む、神秘的な海の中でゆらりゆらめく海月のような「Lapis Lazuli」だなぁと思いました。

アコギでなぜこんなにも神秘的な音の空間が生まれるのか、もうすごすぎて未だ意味がわかっていません。。

すごく空気感を感じます。
Lapis Lazuliの音の世界の中に立てたなら、周りの空気をすーっと吸えてしまいそうな。
線でも点でもない、空気感のある世界。

その空間に浮かぶ、2パターンの音の玉みっつ、が、とてもいい味を出していましたね。
真っ白なまりもみたいな音。

その上で自由に泳ぐAKIHIDEさんの音色(みんなAKIHIDEさんの音色だけど)がとても自由で、今日しか鳴らない音色で、まさしくライブで。とっても素敵でした。

最近のAKIHIDEさんの、ラストあたりに登場しがちなディレイかかり気味な、燦々と光が降り注ぐかのような神秘的な音はどういった奏法なんでしょう。
アコギの枠を飛び越えていて魔法のようです。

パステルカラーに練乳を混ぜたかのような、艶のある音の世界。美しかったです。

3.RAIN MAN

レインスティックの音色をギターに聴かせて、ループさせてるのが素敵でした。

AKIHIDEさんのアコギの音は、すごく空気感を感じる。
AKIHIDEさんはギターを奏でるだけでなく、叩くのも素晴らしいけれど、AKIHIDEさんがギターを叩くと、ギターのボディの中で叩いてる音を聴いてるかのような感覚になる。
それくらい、立体感のある音に聞こえる。

最初のアレンジを聴いていると、いつも、「Namida」が始まるのかと思ってしまう。

今日は
♪雨に 打たれて…
のあとのブレイクがなかった!

2番の音空間は、紫陽花のようなやわらかの紫。

アウトロのループのメロディーも、とっても神秘的。
すごくもののけ姫の森の、しんとした空気を思い出します。
コダマいそう。

最後に頭のソロを持ってくるのが素敵なアレンジ。
この音色はすごく銀に聞こえるし、アコギでこの音色が出せるのがほんとに驚き。

4.夕焼けメロディ

記憶の海の深海魚、夕焼けメロディ。

AKIHIDEさん、
「今風に料理して」
とおっしゃっていましたね。

AKIHIDEさんの今日のお洋服、“a fish called avalon”って書いてあるんだけど、この文章気になりすぎて、Google検索したら、マイアミに同じ名前のレストランがあるらしい。笑

“a fish called avalon
料理されてます。🐟️ 笑

八王子に帰られたのって、きっとこの日のLIFEのことだよね。
http://blog.livedoor.jp/akihidelife/archives/52250301.html?ref=head_btn_prev&id=424644

振り返ってみると11月5日のLIFEだったよ。
9日間で曲決めてアレンジまでされたのかな……?

す、すごすぎるね………?!

今年に入ってから、配信という形ではあれど、
「LIFEに書いてらしたあれは、これかー!」
と思える瞬間が増えてうれしい。

“絵の具が乾いてきたので、白で塗りつぶそうと思います”
のときも、その後に「恋した傘」の背景を見て、この白のことかー!って思ったんだよね。
もちろん違うものかもしれないけど。

今年はLIFEの更新多いもんね。
それだけ見え隠れするかけらがあるんだろうなぁ。
ありがとうございます。

「夕焼けメロディ」のアレンジ、すごく素敵でした…!
「メモリーフィッシュ」もだけど、NEVER LAND時代の楽曲のループアレンジが、特にぐっとくるものが多い気がします。。!

あらためて、原曲を聴いたら、AKIHIDEさんの歌声が若かった。笑
20代だもんね。
今のわたしと同い年くらいの時になるのかなぁ。

原曲はサビのあったかいイメージが強くて、今回のアレンジはリズム感が絶妙で、原曲よりも疾走感があるな、って気がしたんだけど、歌声は今の方が絶対落ち着いてるしおとなだ。。

Cメロ、いいなぁ。。。
夕焼けから夕闇へと突き抜けていくような感がある。

夕焼けってきくとオレンジの空を思い浮かべるけれど、紫に染まる時があるじゃない?そんな色の夕焼けメロディだった気がする。

幻想的な夕焼けメロディでした。。

5.メモリーフィッシュ

「メモリーフィッシュ」大好き。
タイトルがそうだから聴けるとは思っていたけど、聴けてうれしい。
原曲もすごく好きだけど、ループアレンジも大好き。

最後に作った曲と聴くといろいろ考えてしまうけど、今度は思考の海の底に沈んで浮き上がれなくなるので、やめます笑

最後、
「メモリーフィッシュ!」
って言ってるときだけエフェクトかかってたよね?
エフェクトがかかってるのはわたしの耳のほう?!笑
かっこよかったな~

6.LOOP WORLD

「メモリーフィッシュ」で終わるかと思ったから思わぬサプライズでうれしかった(T_T)

サウンドをバックにAKIHIDEさんの最後のメッセージがあるの、ライブと同じだ、と思って、懐かしくて泣いた(T_T)

コードじゃんじゃかのフレーズはどこか牧歌的で、NAKED MOONの「ノスタルジア」を思い出します。
書いてから思ったけど、うぉおお♪うぉおお♪も、牧歌っぽい。(と、書いている本人は牧歌をあまり分かっていません)

全体的に、音源よりも歌い方がやさしかった。
君の言葉だけが温い、のAKIHIDEさん、歌声も表情もやさしくて泣いた。
この歌詞、わたしには、「愛しのヴァルキュリア」の
♪苦しくて死にたい夜も 乗り越えた君を知ってるよ
級に刺さっています。笑

アウトロの高らかな響きが、、、
わたしが好きになったときと同じ 黄金の煌めき(T_T)
煌めきに満ちている。。
ほんと、書き始めて「ノスタルジア」のこと思い出したけど、「LOOP WORLD」のアレンジ、すごくNAKED MOONの「ノスタルジア」を彷彿とさせるね。。!

AKIHIDEさん、アコースティックギターで奏でる音色があまりに無限∞で、近頃黄金色の煌めきが登場することは相対的に減ってきていますが。。

この、高らかに響き渡り、空間を揺るがしてしまうかのような黄金色の煌めきは、AKIHIDEさんの大きな大きな魅力です。

「LOOP WORLD」をティザームービーで初めて聴いたとき。
第一印象は、

「帰ってきた」

だったんです。

「LOOP WORLD」には、わたしがAKIHIDEさんを好きになった頃に鳴り響いていた、黄金の煌めきの音色があったから。

この状況じゃなければ、AKIHIDEさんは今もメインはガットだったかもしれない。
この状況だからこそ、ループペダル、そしてスチール弦を再び手にしてくださっている今がある。

この状況には、できることならなってほしくなかったから、この状況に感謝することは絶対しないけど、でも、この状況の中で、とても幸せな音を届けていただいている。
それも、AKIHIDEさんが、この状況でも、音楽を創り続けてくださったおかげ。

AKIHIDEさんには本当に感謝です。
ありがとうございます。

アーカイブは、土曜日まで観られますよ!
こちらからどうぞ!
https://eplus.jp/sf/detail/0964340003-P0030048P0030049P0030050P0030051?P6=001&P1=0402&P59=1&block=true


来週は第二夜ー星月夜ー。

名前は偶然なのか、あえてなのかわかりませんが、ゴッホの「星月夜」が大好きなので、いちばん楽しみにしている公演です。

また来週音が聴けるのがとても幸せです!

L∞P WORLD(初回限定盤) (2CD)

「LOOP WORLD」は11/25リリースです!