読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

VISUAL JAPAN SUMMIT Day2 @幕張メッセ

2016.10.15(Sat)&16(Sun)
VISUAL JAPAN SUMMIT@幕張メッセ
 
伝説を目撃してきました!(((o(*゚▽゚*)o)))
 
残念なことに、悪い意味での伝説もたくさん目撃してしまいましたが、それでも、ヴィジュアル系の大御所から若手までを総括的に観ることのできた貴重な2日間でした。
アーティストのみなさま、スタッフのみなさま、ご関係者のみなさま、そして杉様。
このフェスを開催するためにご尽力くださったみなさまに、心から感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとうございました。お疲れ様でした。
 
おかげさまで、いちオーディエンスとしてはとても楽しかったです。
 
どのバンドか忘れてしまいましたが、VISUALかJAPANステージに立っていたバンドのボーカルさんが、
 
「来年はあっちのステージに行きたい」
 
と言っていたのが印象的でした。
 
こんなお祭りが毎年続いていくことで、若手バンドの憧れを生み、そして叶えていく場所になれば素敵だなぁ。
ヴィジュアル系というシーンの活性化にも、繋がっていくような気がします。
 
**********************************************
 
ライブレポートというものは、全体の流れを時系列順に全部書いていこうとする網羅型と、特に良かったところを厳選し書き留めるハイライト型とあり、後者のほうが感動がよく伝わるものだと思います。
しかし、わたしは基本的に、前者で書きたいのです。笑
例え読みづらくとも。伝わりづらくとも。だらだらになっても。その日感じたことや言っていたこと、様子はすべて、忘れないように書き留めておきたいのです。
 
ただ、今回はあまりにも全部が長すぎて時系列順に書くと非常に読みづらくなってしまうため、
「特に良かったバンドの細かめの感想文」を先に書いた後に、「その他のバンドの簡単な感想」を書いていきたいと思います。
 
**********************************************
 
わたしが参加したのは土日の2日目、3日目。
 
2日目のベストアクト!
それはもちろん…………………摩天楼オペラです!!!!
 
摩天楼オペラ
 
摩天楼オペラは11時5分より、JAPAN STAGEに登場。
上手側の3列目で観ることができました。
 
FCツアーに続いたDaizyStripperとのツーマンの際も、SEはthe RISING、1曲目はPHOENIXだったとのことで、VJSでも新生摩天楼オペラをオープニングから魅せていくのではないか?と予想していました。
持ち時間は25分。きっと4曲。
セットリストは、SEthe RISING、①PHOENIX、②Psychic Paradice、③BURNING SOUL、④GLORIAあたりかなぁと予想してました。
 
しかしVJSが始まってみると、何故か観る側のくせに時間管理を真剣に心配するようになってしまい、オペラを待ちながら、
「SEからだとやっぱ時間食うし微妙やな!」
(前の前のグリーヴァさんがSEで登場からやっていたため勝手に焦る。笑)
「板付きのほうがいいかも!」
って話してました。笑
 
ALDIOUSが終わり、ついに次は摩天楼オペラ!とわくわくしながら幕が開くのを待っているときに、音出しでやっていたのは「YOU&I」!
そのさんは歌ってはなかったんやったかな。でも音だけでわかるやん?笑
テンション上がりすぎてステージまだ観えないけど飛ぶわたしたち。笑
幕が閉まっている間からすでにファンが全力でノってる、っていう状況はこの後ほかのバンドでも結構あったんですが、(イェーーーイ!って煽りに応えたりとか笑)いいですね!愛ですね!楽しいですね!!!
2番のAメロくらいまではやっていた気がします笑
 
「YOU&I」、結局ライブではやらなかったです(笑)摩天楼オペラからのサプライズですね。
というか「Psychic Paradice」終わった段階でちょっと焦りました笑
 
結果として、セットリスト予想は曲だけなら4分の3は当たっていました。
しかし、VJSでの摩天楼オペラは、予想をいい意味で裏切り、期待を遥かに超える素晴らしいライブをやってのけてくださったのです。
 
会場全体が暗くなり、開く幕。
 
開いた幕のその先に………………摩天楼オペラいたーーーーーーーー!!!!!!
 
“板付き”という言葉をわたしが覚えたのは、恥ずかしながら飛翔の日。
正直、フラッシュバックがなかったわけではなかったんですが、そんな悲しい記憶を吹き飛ばしたのが………!
 
1.BURNING SOUL
 
「BURNING SOUL」のイントロの悠さんのドラムでした。
悠さんのドラムが聞こえてきて、1曲目からボルテージMAXで飛ばしていく摩天楼オペラの気合いを悟った時の、心の底から湧いてきたあの興奮を、わたしは一生忘れません。
 
ぞわっとしました。
 
もう楽し過ぎてステージ上の何がどうだったかとかは正直あんまり覚えてないんですけど笑、頭から全速力の摩天楼オペラは心底かっこよかった。最高でした。
 
-MC-
 
何を言っていたかは忘れたけれど、そのさまは朝から素直~にお話になっていて、
「僕たちを観て!」「覚えて帰って!」みたいな感じが全然なくってそこが素敵でした。笑
 
そして、
 
苑「今日のためにカバーしたんじゃないかと思う曲です」
 
と言って始まったのは……………
 
2.紅
 
初めて聴けた……………………!!!
 
REDNIQSの発売前の特集で聴いたっきりでした。
キーボードのいるバンド編成での紅、らしさがきちんと出ていてかっこいいな、という記憶だけずっと残ってました。
 
予想している人は確かにいたけれど、さすがにやらないだろうと思っていました。
わたしが観た中で、X JAPANの楽曲をきっちりカバーしていたのは、摩天楼オペラだけでした。
 
心底かっこよかったし、すごく勝手に誇らしかったです。
摩天楼オペラが好きなんだーーーー!ってすごく胸を張れました。
 
正直、あんさまのことをいちばん思い出したのは紅の時でした。
あんさまのギターで聴きたかったよ。
でも、そんな負の感情よりも今この場で優先しないといけないのは、好きな身として「摩天楼オペラを盛り上げないといけない使命感」だったから、そんな気持ちは忘れることにしました。
だってたくさんの人に楽しい良いなって思ってほしいもん。
 
メインステージもざわめいていたみたいですね?!
幕張を魅了する摩天楼オペラ、最高です。
 
3.Psychic Paradice
 
やっぱり演ってくれた、Psychic Paradice!!!!!
オイエー芸人なのでサイキックだいすきです。
 
じぇいさんのギターソロがちょびっとだけ耳に馴染んできている。
人間の順応力がすごいのか、わたしが鈍感なのか。
今日はじぇいさんへの違和感とかざらつく気持ちとか感じている暇なかった。
 

 
次で最後だーーーー!ってなったんだけど、まさかの「YOU&I」終わり?ってなってたんだけど違った。
 
4.PHOENIX
 
PHOENIX」だった…………………!
 
最後に、新生摩天楼オペラをきちんと魅せてくれる終わり方。
最高でした。素晴らしかった。
(でも、「新曲」ってことはそのさんちゃんと言ってほしかった…諸々の告知は一切してない笑)
 
「これが今の摩天楼オペラなんだ」ってことをきちんと魅せてくれる素晴らしいセットリストでした。
 
1曲目の「BURNING SOUL」の興奮も忘れないけど、「PHOENIX」のイントロが始まった時の感動も絶対に忘れない。
 
よーさんのベースソロがほんっとにかっこよかった。
 
あんなにもしっかり、しかもめちゃくちゃかっこいいベースソロを弾いていたベーシストは、わたしが見た限りだとよーさんだけだったんだよ。
本当にかっこよかった。最高◎
 

 
4曲という限られた曲数の中で、最高の摩天楼オペラを魅せてくださいました。
完璧でした。最高でした。
本当に摩天楼オペラを好きでよかったと心の底から思いました。
 
摩天楼オペラ、ありがとうございました!!
 
摩天楼オペラ最高か!
 
GLAY
 
1.デストピア
2.Scoop
3.Freeze My Love
4.超音速デスティニー
5.JOKER(X JAPANカバー)
6.HOWEVER(with DIE)
7.生きてく強さ(with DIE)
8.彼女の“Modern…”(with DIE)
9.ACID HEAD
10.誘惑
 
GLAYすごく楽しかったーーーーーー!
 
みんなすごくかっこよかった!
 
「生きてく強さ」大好きなので聴けてうれしかったです!
DIEさんをゲストに迎えての「HOWEVER」は最高でした。うるっと来たもん。
 
「生きてく強さ」終わってからそのまま次に行こうとしてしまいDIEさんにバイバイするのを忘れるTERUさん
 
TERUさん「あ!わすれてた!DIEちゃん次の曲も行けるんじゃない?!彼女のもだん!
 
そんなwwww形でwwwwwww次の曲ネタバレすんなwwwwwwwww
 
TERUさんまじTERUさん過ぎて爆笑したw
 
きっちりと有名な曲もたくさんやってくれて、ライトな層も楽しめるGLAYさんはさすがでした。
GLAY、ありがとうございました!
 
◆A9
 
1.アルファ
2.閃光
3.シャイニング
4.RAINBOWS
5.春夏秋冬
6.the beautiful name
 
A9を観るの、初めてでした。
 
10年前、好きでした。
 
絶景色ツアーのチケットを取ることができたんです。
5月の平日、梅田シャングリラ。
でも、父の許可がどうしても下りなくて、泣く泣く売りました。
友達も一緒に行けなくさせてしまった。
1枚は譲れたけど、もう1枚は紙切れにしてしまった。
 
8月のツアーで京都MUSEに来てくれたんだけど、その時はチケットを取ることができなくて。
結局そのままあがっちゃった。
 
BUZZ ROCKの「BUZZ ROCK Vol.九號.」っていう公開収録には行くことができて、その時に将くんとギター隊の2人は観たことがありました。
アコースティックライブもやってくれてたんだけど、リズム隊を観るのはこの日が初めてでした。
 
勝手にあがるから上書きできなかったんだけど、悲しい思い出で止まってしまっていたから、こういう形で観ることができて、すごくうれしかったです。ありがとうVJS。
 

 
真っ白な衣装で現れた彼ら。
メインステージであるSUMMIT STAGEのトップバッターです。
 
前からずっと、A9は
「すべての女性の好みを網羅できるレベルで各カテゴリのイケメンを取り揃えてる」
(将くん:王道、ヒロト:かわいい、虎:男前、さがさま:美麗、Naoさん:(´┏_┓`))
って思ってるんですが、そのイメージを裏切らず全員めちゃくちゃ顔整ってた。
 
当時は将くんが好きだったし本当に王道のイケメンさんだったんですけど、ひときわ目を引くのはヒロトのかわいさだなぁと思いました。ほんとかわいい。めっちゃ汗かくやん。かわいい。
 
将くん「昔はアリスナインっていう……アルファベットとか、アリス九号虎(よみかた:きゅうごうとら)みたいなバンド名だったんですが、今はA9としてやってます!」
 
正直、オペラがJAPAN STAGEで、A9がSUMMIT STAGEなの、ちょっと悔しくって。笑
しかも続けざまだし。笑
でも、わたしが小学6年生の時からずっと活動しているバンドで、独立とかいろんな大変なことがあっただろうに、メンバーチェンジもせずに、同じ5人で12年頑張っている、というのは本当にすごいことだな、と思いました。
じーんと来ました。全部勝手で申し訳ないんだけどさ。
 
「春夏秋冬」はもちろん知っていたし、V-FES09の映像にあった「RAINBOWS」も分かった!
Aジャンプ楽しかった!
わかる曲が2曲もあるとは思っていなかったから、楽しかったな。
 
A9のみなさん、ありがとうございました。
 
**********************************************
 
ここからは極力短く、タイムテーブルの順に感想を書いていきます!
VALSさんは存じておりませんで、
「誰?ラピュタ?」ってなってしまったので諦めました。
 
◆ASH DA HERO
 
ちょっと遅刻しちゃったけど途中から観られたよ!ひちゃん!!!!!
かっこよかった!
 
◆FEST VAINQUEUR
 
Janne Da Arcに影響を受けている、ということでわたしの中で有名なFEST VAINQUEUR。大阪。
新曲だという「ヒガンバナ」は、和テイストの楽曲ということで、Kagrra,を思い出さずにはいられなかった。
ヴィジュアル系の中でもあれだけ「和」の世界観を貫いたのって、Kagrra,だけだと思う。
Kagrra,ヴィジュアル系に残した功績は大きいと思うな。
プロデュースはボカロPの方だそうで、Kagrra,はまったく関係ないかもしれないけれど、「和」の心が今も息づいているのを感じて、なんだかじーんと来ました。
 
最後の曲で、ボーカルのHALさんが
「あめちゃんいっぱい持って来た!!!!!!」
ってあめちゃんバサァァァァしてたのめっちゃ笑った(笑)
幕張に舞うあめちゃん(笑)←「ちゃん」がポイント。
 
そんで、時間足りなくてラスサビで強制終了させられて無情にも幕閉まったのにも笑った(笑)
 
笑ったけど、こんだけの仕打ちしといて主催がああなのは本当にどうかと思いますね。
あと3分あったらちゃんと終われたはずなのに。主催どんだけ押したと思ってんねん。
 
◆グリーヴァ
 
THE ヴィジュアル系
 
わたしの第一声
「なんか美しいひといっぱいいる!!!!!」
笑。女形さんが2人。
 
ころせころせころせころせっていう曲が1曲目で、Acid Black Cherryのsinsっぽいリフがある曲が2曲目だった。
 
わたしはばんぎゃるですが、叫んでいてあんまり心がすっきりしない言葉を叫ばせるバンドはあまり好きになれないな、と思いました。言霊ってやっぱりあるからね。
希望を届けてくれるバンドが、やっぱり好きだなぁと思った。
 
◆ALDIOUS
 
摩天楼オペラ待機のためスクリーン観戦。
ボーカルさんの衣装が人魚姫みたいでかわいい。Amiちゃんみたい。
1曲目がバラードで、世界観提示型バンドのフェスの魅せ方は難しいな、と思った。
 
あんまり同性受けしなさそうなヴィジュアルな気がした。
ボーカルさん、綺麗だからNANAみたいな格好のほうが合いそう。もはやそれアゲ嬢バンドじゃないけど。
 
◆defspiral
 
かっこよかった!TAKAさんイケメンさんやなーー。
 
◆The THIRTEEN
 
Sadieも中学生の時ちょっと好きだった!
そんな真緒さんと美月さんの今がThe THIRTEEN。感慨深かったな。
 
Plastic Tree
 
ついに初めて観ることのできたプラ!
最後から2曲目の照明と映像の演出がとても美しかった。極彩色。
メインステージに立つバンドは、映像の演出がとても上手。
 
◆heidi.
 
みんな大好きはいぢさんーーーーーーー!
桐ちゃんさん観たかったのにシンバルで顔が隠れて見えなかったよー!
下手側から観ていたからコーちゃんさんよく見えた!笑顔が素敵◎
ナオさんのお衣装が和で素敵だった!
「おまえさん」はあさいさんと爆寸のおかげでわかった!よっぴーさん歌上手い!
楽しかった!!!!
 
◆DEZERT
 
hideさん待機のためテレビ観戦。COMMUNE以来ですねお久しぶりです!!
ボーカルの千秋さんがステージに降りたはいいけど「ステージ高い。。。!」とか言って上れなくなってたっぽかったのめっちゃ笑ったwそのさまといい今日出てるボーカリストみんな素直w
挙句の果てには
 
「メインステージのみなさん。。。。。もうすぐ終わります!
 
煽らねぇのかよwwwww笑ったwwwwwwwww
 
DEZERTはCOMMUNEの時の印象がえげつなかったのですが、今日は丸くなっていたような印象でした。
テレビで観てたからかもしれないけど。COMMUNEの時なんかほんとえげつなかったんだもん笑
 
ギターさんは去年と変わっていると思うんですけどイケメンさんがご加入されてましたね。
 
そして、言及せずにはいられないベースさんですよ。
…………COMMUNEの時から明らかに太ってるやん。
COMMUNEの時は
「よく観るとこの人ヴィジュアル系らしからぬ体型だな?」
って感じだったけど、もう今完全にぱっと見からしてデ○すぎて戸惑った。
 
DEZERTのファンさんの構成が気になります。ギターさんは赤いチェックの衣装着ててかわいい方でしたけど…。コントラスト激しすぎる…。
 
hide with Spread Beaver
 
ここから押し始める。なぜかって?YOSHIKIがサプライズ出演したからです。
(実際の事情はわかりませんが、このフェスは見事にYOSHIKIが出るステージで全部押しましたよ)
 
8年ぶり、ということはヒデサミ以来ということですよね。
ライブするのいちばん大変だったのhide with Spread Beaverだったんじゃないかなって思います。
hideさんの声に合わせての演奏。煽りまで当時の映像を使って見事にマッチするような形で。
ライブも後半戦に差し掛かるまで、ステージ上のメンバーは誰も話しませんでした。
 
◆カメレオ
 
あわてて移動してめぐるさんのカメレオさんへ!
1曲目から運命開華ディスコ!舞うフラッシュリング!
ビーチボールにYOSHIKIに因んでレトルトカレー貼り付けて投げてて笑った。重さのバランスおかしいから回転がえげつないことなってた笑
 
途中から全員楽器置いて踊り始めて、分かってたはずなのにめっちゃ笑った笑
そしてこーいちさん重視で観るつもりだったのに楽器おかれると一気に誰が誰だかわからなくなってしまって、もうボーカルさんとこのいちばん下手のまっすーみたいな人しか覚えられないんだけど!!!!!って思ったらその方がこーいちさんみたいで笑った◎盛り上げ役なのかな?
 
最後に誘惑のイントロだけやって去っていったwww
それまで散々X煽りしてたのになぜか最後だけGLAYwwwwwww
 
◆シド
 
シド、9年ぶり!!!「play」ツアーから行ってない!
後方で観ていたので(メインステージは前に行ったところで見えないときは見えないと悟った)「妄想日記」のフリがわからんかったの残念やったなーー。
最初の2曲はタイアップついてる曲だったみたいなんやけど全然わからんかった。
「嘘」はさすがに分かった。
 
ハイライトはやっぱり「刺と猫」です。
ばんぎゃるさんはやっぱり「憐哀」がお好きだと思うんですけど、わたしは好きになったきっかけが「星の都」(曲)だったもんで「星の都」(アルバム)が知ってるアルバムの中だといちばん好きなんです。
すごいいっぱい聴いてたアルバムだったので、そこからの選曲はとてもうれしかったです。
しかも、シドのこと詳しくないですけどこの曲絶対定番じゃないでしょ。レア曲ですよね?だって定番になりうる曲調じゃなくない?アルバムツアーを終えたら聴けなくなるタイプの曲じゃないんですか………?と思ったのも相まってびっくりしました。
おしゃれな空気が似合うところはさすがシドって感じでした。
そして、持ち時間が長いから、こんな変化球を投げる余裕のあるセットリストが組めていいなって思いましたね!!!!
 
最近マオにゃんがソロ活動だったりなんだったりで、シドにとっては久しぶりのライブだったようで。
Janne Da Arcにも活休した年にこんなイベントがあって、Janne Da Arcとして呼ばれていたのなら、何か変わっていたかもしれないと思いました。
シドのファンさんのお気持ちお察しいたします、という気持ちになりました。きっといろんな想いでご覧になっていた方がいらっしゃるよね。
 
HYDE×YOSHIKI
 
ここで押す。信じられないくらい押す。
なぜかって?YOSHIKIが出演したからです。
(実際の以下略)
 
YOSHIKIのピアノを持ち出すと押す説があったんですけどね、ドラムでも翌日の金爆押しましたからね、もうきっとYOSHIKIが出ると全部押すんです。
 
それでも、「MY HEART DRAWS A DREAM」のメロディーをYOSHIKIがピアノで奏でた瞬間、感動の光がぶわっと生まれるんですよね。
 
YOSHIKIの音楽を聴くと、ダメなところ全部許せてしまう気持ち、わかります。
ルナフェスで初めてX観たとき、ピアノを弾くYOSHIKIが背負ういろんな思いの重みを感じました。
たくさんの想いや悲しみを背負っている方なのは、分からないなりに分かっています。
 
でも、音楽が素晴らしいことと、時間が押すのは話が別です。そこは悪いけど引きません。
フェストが幕閉められてるので尚更。
 
ピアノ1本で歌うHYDEさんはとてもかわいくて47歳には見えなかったです。
この世の奇跡だと思いました。女優帽(*´ω`*)
 
R指定
 
上手ギターさんのギター位置がめちゃくちゃ高くてヴィジュアル系らしからなくて笑った◎
ジャズ畑の方ですか?!?!?(※イメージ)って感じでした笑
 
ベーシストで上がっていくのはよく見るけど、今まで見てきたどんなギタリストよりも位置高かった笑
Janne Da Arcのyouちゃんも年々上がってたけどあこまでではない笑
 
赤毛でかわいい方だった◎
 
◆LM.C
 
初LM.C!初まぁや!初あいじ!
これでPIERROTメンバー全員制覇だ!
 
まぁや「明日でLM.C10周年なんですよ」
 
PIERROTの解散から10年、LM.Cもそれだけの歴史を重ねたんだなと感慨深くなっていたら、
 
まぁや「明日舞浜アンフィシアターでライブなんですよ。来る人ーーー?いや来ねぇだろ!俺だって来たいよ!!!!」
 
いや来ねぇだろめっちゃわろたwwwwwごめん、明日もここにいる。。。。笑
 
まぁや「チケット取れなかった人とかいたら舞浜に来て傷を舐めあおうぜ!」的なことを言っていて笑ったw
 
そしてまぁやは、長野から初めてX JAPANのライブを観に原宿まで来た時に、明らかにXのファンの人で、当時のまぁやがすっごい探していたバッグを持っていた人を発見して、話しかけたらしい笑
「どこで売ってるんですか!」って。
(まぁや「当時すごい太ってたんだけど!!!」その情報なくていいからw)
そしたらすごく優しく教えてくれて、あのおねーさんが怖かったら俺バンドやってない!って言ってた。
まぁや「そのおねーさんいる?!?!いねーか!!」
いやいてもおかしくないよ!?
素敵なお話だった(*´ω`*)
 
まぁや「イベントではあまりやらないけど、今はもういない人を想った曲」
という曲が、とても素敵だったな。
 
X JAPAN
 
1.JADE
2.Rusty Nail
3.Forever Love
4.新曲
5.紅
6.Born to be free
7.X
8.ENDLESS RAIN
9.ART OF LIFE
 
LUNATIC FEST.以来のX!
ルナフェスは1日目は後方で観てると音量がとても小さくて聞こえづらかったので、今日きちんとした音量で(というか爆音で)(TOSHIさんのハイトーンで叫ばれると鼓膜破れそうな音響だったけど笑)聴くことができてうれしかったです。
 
我がX JAPAN人生に悔いなし!
一生分X観ました。
 
わたしは好きな曲が超有名曲ばっかりだから、もうこのセットリストで大満足。
Xを観られる日が人生で来るとは思っていなかったから、もう2度目の今日は人生におけるアンコールって感じです。
 
新曲も良かった。
わたしきっと、TOSHIさんの声がすごく好きだから、TOSHIさんの声だったら何を歌われても好きになるだろうなと思った。
このハイトーンを今でも出せるって本当に宝だと思います。
 
hideさんやTAIJIさんを失った悲しみと向き合うだけでなく、新しい曲を演奏していくことで、少しずつ、未来を作っていけたらいいんじゃないかなと外野は思いました。
「Born to be free」めっちゃ好きなんですよね。コーラスする杉様めっちゃかっこいい。
 
Xで完全に終わったと見せかけて完全にフィナーレを迎えたような演出をしておいて「ENDLESS RAIN」。
好きだからうれしいけど、時間はもうあり得ないくらい押している。
疲れすぎていて、この時のわたしのテンションは無敵バンドにオペラが出てくることそれだけだったので、もうええって。。。ってなった笑
 
からのART OF LIFEってひどくないですか。もう全うな文句を言う気も失せるレベル。
いろんなものを超越しすぎている。(褒めてない)
杉様はかっこよかったです。ぱたさん元気そうでよかったよ。
 
無敵バンド
 
1.Anarchy in the U.K
2.God Save the Queen
 
もう摩天楼オペラに萌えたぎりすぎてくるしかった。
 
疲れはどこへやら、もう出てきたオペラのメンバーがかわいすぎてくるしくって、気づいたらびょんびょこ飛び跳ねてた!
そんな体力どこにあったの笑
 
あやくすのXジャンプかわいすぎたし天使だったし、じぇいくんは自由すぎてひとりで誰かの隣でエアギターしてておい!ってなったし、よーさんいけめんだったしゆうさんかわいかったです。
ていうかさーてぃーんもLM.Cもとしながいさんもいなかったから、サポートで無敵バンドにいたのもしかしたらじぇいくんだけだったかも笑
 
そしてそのさま、YOSHIKIが目の前にいるのにピューーーーーって逃げて行っておいコミュ障さん!!!!wwwwwwww
 
ってなったw
向かった先はオペラのメンバーの元で、おい!!!!!もう!!!!!!!!かわいいな!!!!!!!!!!!!
って萌えがBURNING SOULするしかなかった。
 
 
 


 
この瞬間みてないけどかわいい◎
 
気づいたらそのさま、下手でコーちゃんさんと肩組んでた!
 
運動会で我が子を見守る母のように、ここまで誰かを応援しながら見守る瞬間があるのか。
ルナフェスにはない楽しみ方でした。
ありがとう摩天楼オペラ。おかげさまで、この2曲だけでチケット代の価値はありました。
 
萌えたぎった。
素晴らしいVJS1日目でした。
 
摩天楼オペラ最高か!