*SAKULIVE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す社会人の、音楽についての感想文集。

AKIHIDE「From MOON SIDE STUDIO vol.10 -秋風カフェ-」

Amber(初回限定盤)(DVD付)

2021.10.16(Sat)
AKIHIDE
「From MOON SIDE STUDIO vol.10 -秋風カフェ-」

ありがとうございました!

*********************************************

またも更新が遅くなってしまいました……。
次の配信ライブを明日に控えているので、あわてて更新です。
自分のセットリストメモ用です……。

*********************************************

*SET LIST

1.秋風スウィング
2.おかえり
3.MOON SIDE THEATER小旅行
4.樹海
✨「BLACK UNICORN」詳細🦄✨
5.LION

*********************************************

プロローグ配信ライブの告知が先だったので、10月は配信ライブないかと思いましたが、10月も開催してくださりありがとうございます!

この日も、たまたま友だちが家に泊まりに来てくれていたので、友だちと一緒に拝見しました。

2回連続で配信ライブを観てくれた友だちも、AKIHIDEさんの音楽を気に入ってくれてとてもうれしいです。

Amazonのブラウザで観ることを覚えて、テレビでの配信ライブ生活が快適になりました!
チャットに参加できなくなっちゃうけど、しかたない!

「LION」のアレンジが最高でした。

燃え盛っていましたね…!

「Amber」の中では、歌詞もあいまって「LION」と「愛しのヴァルキュリア」が大好き。
まさか令和のこの世で「LION」を2回も聴けるだなんて思ってもいませんでした。
ありがとうございます!

-30 years old-
その命がいつか終わる事知ったんだったら

という歌詞を聴きながら、わたしも来年30歳になるなぁ、としみじみ思った後、この曲を書かれた頃のAKIHIDEさんは、まだ30代だったのだなぁと気づきまして。

当時のAKIHIDEさんは30代だったから、30 years oldの後はUntil the endに飛ぶのかなぁと、思いました。
この曲を作られたのが40代だったとしたら、はたまた20代だったとしたら、また歌詞も変わっていたりしたのかな。

来年で、ついにわたしもAKIHIDEさんがBREAKERZを結成できた年齢に並びます。
そして、15年前は15歳だったわたしも………30歳。
人生の半分、AKIHIDEさんが好きな計算に。
こわ。笑

Janne Da Arcを好きな人生は、その時間のすべてをしっかりと好きでいられたかはちょっと自信ないけれど、AKIHIDEさんは、しっかりずっと好きだと思うので、その濃厚な年月が人生の半分と思うと……
こわ。笑

これでよかったのか感、ありますけれど。

そう言ってしまうとAKIHIDEさんに失礼になってしまうな。
AKIHIDEさんを好きでいられる人生はまんまるのお月さまのような完全体なんだけど、裏側の私生活がクレーターだらけでいびつでぼこぼこ、なんですよね。
裏側のいびつさが気になるところではありますが。

でもそれ以外の人生はきっと選べなかっただろうしなぁ。

足るを知る。
最近よく思う言葉です。

「BLACK UNICORN」の詳細も発表に!
うれしいですね。

グッズのアクリルアートを拝見していて、なんだか作風が今回ダークな印象だったので、AKIHIDEさんのメンタルがダークな方向に行ってしまっているのかな…?とすこし心配でした。
AKIHIDEさんは雨降りから雨が上がって虹が架かるような作風が多いから大丈夫かな…?とも思ってはいたのですが。

最後を飾る「tonight,tonight」を聴く限り、やはり最後には希望がありそうで安心しました。

明日のプロローグ配信ライブも楽しみです!
グッズも届いているので、明日の乾杯はユニコーンのメタモマグで決まりですね✨