*SAKULIVE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す社会人の、音楽についての感想文集。

KOJI & HIRO Joint Live"Happy New Year 2018 Special LIVE Day1第2部@渋谷GARRET

f:id:cherryoulife:20180107192735j:plain

2017.1.6(Sat)
KOJI & HIRO Joint Live
"Happy New Year 2018 Special LIVE!"
第2部 Band Style @渋谷GARRET
 
ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
 
存在は知りながら、見送ろうと思っていた今回の公演。
 
田澤孝介さんがゲストに来られると知り、急遽参加を決めました。
 
仲良くしてくださっている方の参加の権利を、ありがたくも頂戴しての参加でした。
ほんとうに、来られてよかったです。
たざわさんの言葉をお借りして。
今日という時間を過ごせたことは、わたしの人生の財産です。
ありがとうございます。
 
ライブ初めから素晴らしいものを拝見できました。
2018年、良い年になりそうです。
 
*********************************************
 
*SET LIST
 
1.Universe
2.甘い罠
3.Olive crown
4.Perfect World
5.Like the wind
6.穏やかな風
7.BlackStone
8.Unexplored Frontier
9.Vanity
10.Blood Moon
11.Joy
12.Barefangs
 
-EN-
with にゃんごすたー&田澤孝介
1.紅(X JAPAN
2.1/3の純情な感情SIAM SHADE
3.未来航路(La’cryma Christi
 
-EN2-
1.White Period.
2.THE SCENT
 
*********************************************
 
Bの後ろのほうの番号だったので、入ったらもう人人人。笑
 
上手寄りセンターの後ろから2列目くらいに着地。
 
天井も低くて前がどうなってるかよくわからない。笑
 
えらいなっちん下手にいるのにぶっちさんえらい上手やな?ってライブ中思ってたら、下手側にはにゃんごすたーさんのドラムセットが最初からセッティングされていたという笑
それがまったく見えないくらい前方は視界不良でした笑
 
入れるだけで十分すぎるくらいなので全然大丈夫だったんですが、始まったら、男性と男性の頭から覗く唯一に等しい視界が、ちょうど!HIROさんのマイクスタンドの真ん前で、HIROさんのお顔がすごくきちんと見えました!
 
もう、ドラマチックか!って思いました。
 
2018年、良い年になりそうです。
 
-SE-
 
めっちゃHIROさんっぽいSEでKOJIさん、HIROさん、なっちん、ぶっちさん登場。
(なっちんはなっちんって呼ぶのすきなので敬称略ですみません)
 
1部が和装だったと聞いていたので着替えてる~!と。
HIROさんとりの鶏冠みたいなポニーテールであたまぴょこんってしてました。めっちゃかわいい。
 
怪しげな異国情緒全開のSE。
タイトルわからずですみません。
 
1.Universe
 
1曲目はKOJIさんの「Universe」。
SEがHIROさんらしい(これでHIROさんの曲じゃなかったらどうしよう!)紫の妖艶さを持った楽曲だったので、KOJIさんのみずみずしい水色の世界とのコントラストがすごく美しかったです。
 
2.甘い罠
 
2曲目はHIROさんのアルバムから。
 
ニゾンが、ほんとに美しい。
 
途中、静かになった後に転調するんだけど、その転調する瞬間がぞわっとさせる美しさで素晴らしかった。息をのみました。
 
KOJIさんとHIROさんのギターを聴いていると、La’cryma Christiにありがとう。って気持ちになります。
HIROさんとKOJIさんがLa’cryma Christiというバンドでご一緒してくださったこと、そして、2017年、2018年にこうして再び、ツインギターとして音を奏でてくださっていることに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ライブ中ずっと、その感謝を噛み締めていました。
 
だって、もう。
 
世界一のツインギターなんだもん。KOJIさんとHIROさん。
 

 
客席に背を向けるHIROさん。(KOJIさんは見えてないのです)
MCなのか?次に行くのか?
わからないが故の沈黙が渋谷GARRETを覆いつくす。
 
HIROさんこっち向いて。
KOJIさん指さす。
\KOJIー!/
じぶん指さす。
\HIROー!/
 
\KOJIー!/
\HIROー!/
 
何回か繰り返して。
 
HIRO「楽しんでますか?2018年KOJI HIRO Joint Liveはじまりました。
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!」
 
KOJI「こんばんは。あけましておめでとうございます。
ギターのKOJIといいます」
 
…知ってます(((o(*゚▽゚*)o)))
かわいい笑
 
KOJI「次の曲は2006年、2007年くらいのアルバムに収録した曲なんだけど、」
 
2005年だと思う!
 
KOJI「友だちのレーシングドライバーがアメリカに行くってなった時に、PVのBGMにできるような曲ないの?って相談されて、プライベートであげた曲があって。
インスト作品を作るようになったきっかけの1曲を演奏しようと思います
思い出の曲です。『Olive Crown』」
 
「Primary Color」発売当初はまだLa’cryma Christiを好きではなかったので、「Olive Crown」にこんな制作秘話があったこと、初めて知りました。
 
3.Olive crown
 
うれしかったです………。
 
Joint Liveで「Primary Color」の楽曲を聴くことが、わたしの夢でした。
 
La’cryma Christiを好きになった高校生の頃、わたしが大好きだったのはHIROさんのギターでした。あ、今ももちろん大好きですよ。
そんな中で、KOJIさんのギターの音を大好きになるきっかけになったのが、KOJIさんの1stソロアルバム「Primary Color」だったんです。
この作品がなければ、「La’cryma Christiツインギター」を大好きになれる人生は、きっとありませんでした。
 
“GUITAR STUDY”で、ずっとずっと「Primary Color」の楽曲を大切にしていらっしゃるKOJIさんが好きでした。
だから、Joint Liveで「Primary Color」の楽曲も披露してくださる日を心待ちにしていたんです。
 
実現して、ほんとうに、うれしかったです。
 
しかも、目の前にあらわれた、KOJIさんとHIROさんのツインギターでの「Olive crown」、最高過ぎました。
 
イントロはKOJIさん。
追いかけるようなディレイの音が、HIROさん。
もう、ディレイからして、めっちゃHIROさん。
 
イントロの第2章みたいなところ(伝われ)(そもそもインストでイントロって時点でおかしい)は、リフをHIROさんが弾いて、追いかけてくる音色がKOJIさん。
もう、リフの音、HIROさん、濃ゆい!!!!
 
音が濃ゆいんじゃ~!!!(最高)
 
もう、HIROさんすぎる。
 
…これ手元見えてないんですけど音の認識ひっくり返ってたらどうしよう!事故や!
でも、ほんとHIROさんがHIROさんすぎる音でした…。
 
リフが濃いぃぃ~!!!
 
ところどころで挟まるユニゾンも、もう、La’cryma Christiツインギターがユニゾンしたら最高に決まってるのです。
 
アルペジオも、めっちゃHIROさん………。
うがーーーー!(ってメモに書いてる笑)
 
途中でちょっと展開が変わるんですけど、もうHIROさんがかっこよすぎて…。
 

 
HIROさんって、すごく「黒」と「白」の音色をお持ちのギタリストだとずっと思っています。
「黒」に感じるのは、「Blueberry Rain」のイントロみたいな音色。
「白」に感じるのは、「未来航路」のでも人はか~われる~の、か~♪から始まるアルペジオみたいな音色!(細かい笑)
(「未来航路」のサビはこの「白」と「黒」の音色がどちらも出てくるので大好き)
 
「黒」の音色では墨汁をひっくり返したような漆黒の景色が見えるのに、「白」の景色では純白の真珠のような音の玉が生まれる。
双方の音のコントラストが大好きなんです。
 
わたしのギターの音が何色にきこえる論なんてどなたさまも興味ないとは思うのですが、KOJIさんの音はすごく「水色」に感じます。
でも、楽曲や音色でその色を変えて、すごく色彩豊かでやわらかい音色に感じます。
La’cryma Christiの音の彩りを創っているのがKOJIさんで、その彩りの上に輪郭を乗せているのが、HIROさんの黒と白なんじゃないかなと思うのです。
はぁ。La’cryma Christi最高。
 

 
話が長くなりましたけど、「Olive Crown」では、そんなHIROさんの「黒」と「白」の音色をどちらも聴くことができたんです。
 
「Primary Color」はKOJIさんらしい、やさしい彩りに包まれた作品だと感じているので、HIROさんの「黒」そして「白」がプラスされた「Olive Crown」はとても新鮮でした。
そして、ほんとに、HIROさんと一緒に「Primary Color」の楽曲を奏でるKOJIさんが観られて、よかったです…。
こんな時代が来てよかった……。うれしい……。
 
この1曲だけで、来た価値がありました。
こんなん、泣くしかなかったのです…。
 
4.Perfect World
 
青!KOJIブルー!「Perfect World」!
 
照明も水色できれいでした。
 
中華の香りを感じずにはいられないイントロに、KOJIさんの想う「Perfect World」の景色をいつも考えます。
 
CメロのKOJIさんのメロディとHIROさんのアルペジオが創り出す景色がほんとうに美しくて…。
青い海の中でゆらめいてるみたいでした。
太陽の光が届くくらいの薄青の海の中。きれいだった…。
 
そしてユニゾン
美しすぎる…。
 

 
HIROさん、天井に向かって指さす!
 
HIROさんでも(コラ)よゆーで天井に指ついてた!
 
5.Like the wind
 
HIROさんのフランジャーの曲!
いつも「Blossom」思い出します。「Blossom」はフランジャー使うのKOJIさんだからはじめてきいたときからおお!って思っています笑
 
フランジャーのとこのぶっちさんのドラムめっちゃかっこえええぇぇぇぇぇ
 
照明がめっちゃ黄金色。陽だまりのような照明。
そんな黄金色の光に包まれたHIROさんの髪が黄金色に輝いていてとても美しかったし新鮮でした。
 
余談ですがAKIHIDEさんが金髪にした衝撃は、HIROさんが金髪にするのと同じくらいの衝撃やな。うんうん。
 
あまりに楽曲が全部変拍子すぎて、もう、HIROさん絶対変態だと思った。(笑)すみません。。
 
6.穏やかな風
 
ちょっと頭のギターがDEAD END「Dress Burning」っぽくないですか。
これも頭からガンって入らずちょっと休符入ってますよね。
わたし拍取るのめっちゃ苦手なんですけど!ほんと変態!(笑)
 
音色が濃くてまさしくHIROさん!って感じで大好きです!
 
最後のディレイ。すごい。
 

 
お互いのソロ作品をこうして、ツインギターで奏でているのを拝見していると、なんと申しますか。
La’cryma Christiではない、HIROさんKOJIさん、それぞれの楽曲なんだけれども、まるで最初から2人で奏でることが決まっていたかのように調和しているように感じました。
 
「Cozy」を初めて聴いた時、ギターの音の濃度が高まった気がして、すこしHIROさんのほうに振れたかな?と音源の段階で感じたことも関係しているかもしれません。
2005年の「Primary Color」の楽曲が、HIROさんの音色が加わることで別物になっていたことを考えると、2017年発売の2作品はほんとに、2人で奏でるための作品になったんじゃないかなと思いました。
Joint Liveを重ねる毎に、2作品は「2人の音」になってきているのかもしれません。
 

 
ひろさんが即興でうぃーんってギター弾く!
もう、安定のかっこよさ。まちがいない。
 
-MC-
 
HIRO「ありがとうございます!うん。
今年1発目のJoint Live、きてく●※◇(噛む)来てくれて、」
 
\笑/
 
HIRO「笑うんじゃないっ!
 
かわいい。笑
 
HIRO「ありがとうございます」
 
KOJI「今日はぎゅーぎゅーでね。しんどくなった人がいたらアピールしてね。誰かがたすけてくれます。笑」
HIRO「なんか……あはははは」
KOJI「THE 初日感がはんぱないね!笑
1月弱前にもやっててさ、やっぱり2018年1発目だからかな?」
HIRO「力入ってるね」
KOJI「ええとこ見せようと思ってね」
HIRO「余裕だと思ってたのに笑」
 
KOJI「今日はゲストににゃんごすたーくんと」
HIRO「なぜだ!」
KOJI「俺も、HIROさんも、なぜかよくわからないんだ!!!」
 
わからんのかーーーい!!!笑
 
KOJI「でも、最高のものを作るしかない!!」
 
最高のものになる予感しかいたしません!笑
 
KOJI「Youtube観ました?すっげーかわいいの!
 
すっげーかわいい、って言うKOJIさんがたまらなくかわいい。
 
KOJI「にゃんごくん
 
にゃんごくん!!!!!
ねぇ今KOJIさんがにゃんごくんって言った!!!!!
にゃんごって苗字なの?!ねぇかわいい!!!!!!!!!!!!
 
KOJI「かわいいの。にゃんごくんと言えば!って曲があるからハイトーンのシンガー探しが始まって。たざわくん。
たざわとは
 
たざわ!!!!!
ねぇ今KOJIさんがたざわって言った!!!!!
たざわは苗字だね?!ねぇかわいい!!!!!!!!!!!!
 
後輩なのは超存じておりますけれども、KOJIさんがひとのこと苗字呼び捨てにするのなんかきいたことないから新鮮過ぎてめっちゃときめく! 
 
KOJI「たざわとは音あわせたことある?」
HIRO「ない。よく呼んでくれました!一度一緒にやってみたかった!」
 
KOJI「それはね、あとのお楽しみにしてもらうことにして。
にゃんごくんのこといろいろ調べてたの!」
 
KOJIさんが「にゃんごくん」って言うたびにかわいいが爆発する。。
 
KOJI「ネット見ててさ、街をあげてる公認のゆるきゃらなのか、ふなっしーパターンの非公認なのか!今日本人にきいたらさ、どうやら非公式みたい!
頑張って広まって、ドラムも叩けて素晴らしいゆるキャラです!
どういう街なのか調べるとね、青森県黒石市なんだって。」
 
黒石市
 
KOJI「俺、2000年前半に黒石って曲創ってるの
 
アーーーーーーーーーーーッ
 
KOJI「やるしかないのかなって。『Blackstone』」
 
アーーーーーーーーーーーッ
 
KOJI「HIROさんは初挑戦だね」
HIRO「うん。初めてタイトル観たとき、ニヤッとしたよね。Nice!」
 
※こんな新参がばらしていいお話かわからないのですが、「Blackstone」はKOJIさんの苗字が「石黒」であることから生まれております。。ブリヂストン方式。。笑 
 
KOJI「タイトルの意味は後々語ることになるでしょう!
黒い石!『Blackstone』!」
 
結果的に後々語られなかったので書いちゃってごめんなさい。笑
 
7.BlackStone
 
「Primary Color」の曲が2曲も聴けるだなんて。゚(゚´Д`゚)゚。
 
やさしいメインメロディをKOJIさんが、後ろのきらめく宝石みたいなメロディーをHIROさんが。
 
HIROさんの音色、宝石のように輝いていました。
まさしく「Blackstone」。
 
……KOJIさんの曲なのにすみません!
 
サビのHIROさんの音が衝撃でした。
 
もわーーーーん。もわーーーーーん。
って和音を弾いてらしたんだけど、扇みたいに広がる音色がとても美しくて。
HIROさんの音色はどんな色でも、いつも輪郭ははっきりしているイメージだったので、こんな風にやわらかな音色はすごくめずらしく感じたんです。
わぁ、KOJIさんの作品をHIROさんが奏でている…!
と感動でした。
すごく、音の彩度が高まっていました。
 
「Blackstone」のサビといえば!KOJIさんのライトハンドです!
手元は見えなくて残念だったけど、音めっちゃかっこよかった!!!!!
 
細かいところはHIROさんめずらしく苦戦してるように聴こえた。
 
ラスサビはHIROさんアルペジオ
途中から交わる裏の音色も奏でていて、ラストはなんと、KOJIさんとHIROさんのユニゾンだった!!はず!笑
 
もうこんなん泣くしかないねん。。。
 
8.Unexplored Frontier
 
2017年の作品になると、2人とも余裕が出ている気がした。
「Blackstone」はちょっと緊張感があったような。
 
始まった瞬間KOJIさんとHIROさんくっついて弾いててかわいかったーーーーー!
 
9.Vanity
 
KOJIさんアコギだったのかな?
KOJIさん観たら背が低かった!イントロのアコギのアルペジオがKOJIさんだったのだと思う!
去年の4月29日のライブを映像で観たとき、アコギが同期なのすごく残念だなと思ったのでKOJIさんが弾いてくださってうれしい!違ったらすみません!!!
 
アコギの上に轟く、HIROさんのメロディー大好き!!!!!
 
この曲はすごく「SHADOW HEARTSⅡ」(わたしが人生でクリアしたことのある数少ないゲームのうちのひとつ。ハマりすぎてサントラ持ってる)の世界観にぴったりだなぁと思う。
第一次世界大戦下の欧州のイメージ。
ちょっとモノクロの曇り空の下の欧州の煉瓦造りの景色がすごく似合うなぁと思う。
味のある美しい楽曲だなぁ。
 
HIROさん!って感じ満開の曲。
 
途中で人の声が入るのだけれど(HIROさんの声かな?)、そこを超えると突然La’cryma Christi感が出てくるんです。
 
そしてこの曲かな?途中で拍手起きた!
後方からは何が起きたか全然わからなくて、理由はいまだにわからず。笑
 
10.Blood Moon
 
超好き!!!!!!!!!!
 
あー!超好き!!!!!!!!!!!!!
 
HIROさん節全開!
この曲で「Gale」の幕、そして、HIROさんのソロ作品の世界が開けるの最高ですね!!!!!
インストゥルメンタルアルバムだけど「漆黒」はSEで、プロローグ的立ち位置だと思っている)
そしてライブ後半戦に持ってこられた本日も最高です!!!
 
La’cryma Christiの、たびたび“異国情緒”と表現される世界の礎を創っているのはHIROさんだなぁと感じますね。
HIROさんというギタリストに出会えてよかったと心から思いました。
 
ラストのHIROさんのメロディーのところは、HIROさんがセンターで前に立って、KOJIさんは後ろに引いていたのもすごく素敵でした。
 

 
HIRO「渋谷ーーーー!最後までぶっ飛ばしていくぞーーーー!『Joy』!」
 
11.Joy
 
そして、HIROさんがセンターだった「Blood Moon」と対照的に、今度はKOJIさんがせんたーに。
 
イントロは陽だまりのようなオレンジ色の照明ですごくあたたかかったです。
 
ニゾンが美しすぎました。
 

 
HIRO「ラストの曲行きまーす!」
 
12.Barefangs
 
曲は分かってきたけどタイトル全然わかんないわたしのメモ
HIROさんのいちばん速弾きすごいやつ!
 
はい。
後から音源聴いたら速攻でわかります笑
 
この気の狂ったかのような速弾き具合がほんとにHIROさん!って感じで大好き。
 
途中でユニゾンするの反則やと思うんです!!!よ!!!!!!!!!!
 
Cメロのテンポ落ちるとこ!!!!
からのリフめっちゃかっこええな!!!!!!!!
最高かよ!!!!!!!!
 

 
本編終了!
 
アンコールを呼ばないとゲストが出てこないシステムなのがちょっとおもしろかった笑
 
-EN-
 
ぬぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!
 
KOJIさん!にゃんごくんのねこみみカチューシャつけて出てきた!!!!!
KOJIさん!
にゃーー!って手つきでにゃんにゃんポーズしてる!!!!
がわいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
 
HIROさんも!にゃんごくんのねこみみカチューシャつけて出てきた!!!!!
HIROさんも!
にゃーー!って手つきでにゃんにゃんポーズしてる!!!!
がわいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
 
がわいいよぉぉぉぉおぉぉぉおぉぉおおぉぉ
 
そしてにゃんごすたーさん登場!
 
あかい!でかい!かわいい!!!!!!!!
 
KOJI「ひとりめのゲストはにゃんごすたーさんです!」
 
にゃんごくん、(もうKOJIさんのにゃんごくん呼びかわいすぎたので速攻でまねする笑)ぺこぺこしてる!!ぴょこぴょことんでる!かわいい!!!
 
KOJI「にゃんごくんしゃべれないので、筆談で!」
 
スケッチブックとペンで筆談。
 
KOJI「手とかもね、ドラム叩くとほんとかわいーの!
 
もうね、そういうKOJIさんがかわいくてしぬ。
 
KOJI「手が短いからね!」
 
※以下、<>はスケッチブックに書かれた内容です!
 
にゃんごすたー<はじめまして にゃんごすたーです!>
 
Xジャンプ!とぶ!
そしたら天井ついた!w
 
あらあら!って互いに手をにゃんごくんの頭のほうにのばしたKOJIさんとHIROさん、両側からにゃんごくんがくぐれるアーチを作ってるかのような感じになっててすごいかわいかった笑
 
KOJI「QUESTION!今の気持ちは?」
 
にゃんごくん、かきかき。
その姿を見て
 
KOJI「けっこう(身体が)凹むんだね!」
 

 
なおもかきかき。
 
KOJI「にゃんごすたーくんはね、体重がりんご3個分なんだよ!」
 
なにそのキティちゃんとおそろいのやつ笑!
 
KOJI「りんごの木箱?」
 
公式サイト調べたら、「りんごの入った木箱3つ分」らしい。笑
りんご3個はさすがにちょっと軽すぎるな。笑
 
KOJI「(スケッチブックの中身見て)素やなぁ!笑」
 
にゃんごすたー<リアルに きんちょう してます>
 
かわいい笑
 
KOJI「緊張してるの?」
にゃんごすたー(うん)←うなずいてる
KOJI「でも、人前に出る機会いっぱいあるでしょ?」
にゃんごすたー(うんうん)
 
でも緊張するにゃんごくんかわいい。
 
KOJI「今日はメイクが濃いんだよ!V系に合わせてくれてるの!
叩きながら(メイク)落ちていくかもね!笑」
 
改めて書いてて思うけど、にゃんごくんとの対峙、KOJIさんが場を回し過ぎやし、にゃんごくんを愛でるKOJIさんかわいすぎる!!!!!
 
HIRO「にゃんこすたーのこと、どう思う?」
KOJI「答えてくれるのね!」
 
にゃんごくん、かきかき。
 
にゃんごすたー<特に きにしてないです>
 
KOJI「いいと思う!
この形でドラム叩くの大変だよね。今日はドラム叩き終わったらドリンクの補給方法とか、いろいろ、見せ場があります!
何曲くらいなら連続で叩けるの?
あんまり無理させちゃってね、とつぜんぱたんと倒れられても心配だし。」
 
にゃんごくん、かきかき。
 
KOJI「おー!すごーい!」
 
にゃんごすたー<ギリ 1時間 くらい>
 
KOJI「青森県黒石市なんだよね!『Blackstone』って曲やったんだよ!」
 
報告するKOJIさんがかわいすぎる。
 
にゃんごくん、ぺこりってしてる。
 
スケッチブックめくってあげてるKOJIさんめっちゃかわいい。
 
KOJI「ここでたざわも呼び込む?」
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
KOJI「2人目のゲスト!たざわこうすけ!
 
フロアで起きる訂正の嵐www
ステージには届かず!w
 
たざわさん登場(((o(*゚▽゚*)o)))
 
あー!しゃつに黒いべすと着てるー!
かーわーいーいー!!!!!
 
たざわさん「にゃんこおるときに呼んでほしかったんですよ!!!
 
もう初っ端からたざわ節全開。かわいすぎる!!!!!
 
たざわさん「まじっく。」
 
にゃんごくん、たぶん「この印籠が目に入らぬか!」みたいなポーズでマジック前にばーんって出してグーでもってる。笑
 
たざわさん「もういらんの?かいてかいて」
 
にゃんごくん、かきかき。
 
たざわさん「人間界と交わって。。しゃべれるようにはならへんのか。。」
 
たざわさん、にゃんごすたーとの対峙。
 
にゃんごすたー<つかないように>
 
たざわさん「(*゚д゚*)!!!!
こーしとかなあかんねや!最前列の人に渡したいんかなと思って!!!!!
 
かわいい笑
ところでたざわさん、名前の訂正すらまだやで!!!笑
 
たざわさん「田澤です!あ!俺たかゆきです!
KOJI「?!?!?!?!ごめんね?!?!?!?!?」
たざわさん「1万回くらい言われてるんで大丈夫です!」
 
読み方知らん人が読んだら100人中100人こうすけって読むよね…。
 
たざわさん「タカなんですよ!」
KOJI「TAKA!」
 
アーーーーーーーーーーーーッ!
 
たざわさん「タカを呼ぶ声がちーさいな!」
 
\タカーーー!!!!/
 
この発想はなぜかなかった!!!!!!!!
 
たざわさん「すいません!
Waiveってバンドの時の事務所の後輩で。
。。。(にゃんごくんの方を見て)にゃんこごめんな。
なんでこんなしてもってんの。つかへんよーにな。笑」
 
つかへんよーに印籠持ちしてるにゃんごくんをお気に召したたざわさん。笑
 
KOJI「たざわのシャツにつけそうだもん!笑」
 
たざわさん「今日は恐縮しまくりデーですよ!」
KOJI「同じ時代を生き、同じ釜の飯を食った仲間ですよね」
 
たざわさん「(にゃんごくんに)(マジック)いらんの?」
 
なんかこの時はもうドーンって印籠持ちしてたみたいで、
 
たざわさん「わざとやろ!」
 
にゃんごすたー(うんうん)
 
かわいいwwww
 
たざわさん「後輩でね。17歳くらいの時に、ローディでバンドのお手伝いをしてたことがあるんですけど、お世話になってた先輩の先輩がLa’cryma Christiさんで。
僕らがお会いしたことには、もうイキかけてましたね。
わーむすのうくらいでした」
  
たざわさん。ええねんけど、うぉーむすのうやねん。笑
あったかいゆき。
 
KOJI「イキかけてるね
 

 
変換が作為的ですけどw実際の感じを忠実に再現するとこうなるんだもん笑
 
たざわさん「あの頃からしたら考えられないですよ。一緒に音楽をやるだなんて!
音楽続けててよかったです!」
HIRO「たざわと一緒にやってみたかった。スイトラで初めて観た時から!」
たざわさん「めっちゃ長いこと!!!話しかけてくださいよ~!!」
 
後輩たざわ、めっちゃかわいい。
 
HIRO「話しかけるスキルが当時はなかった笑」
たざわさん「HIROさんだけ初めてしゃべったの、大阪城ホールですもんね。」
 
Acid Black Cherryやね。たざわさん観に行ったっておっしゃってたね。
めっちゃ最近やん!笑
 
たざわさん「サポートされてて。楽屋であいさつさせていただいて。
HIROさん、『なんだかんだで…しゃべるの初めてやんな?』って。
……そーですけどぉぉぉぉぉ!笑
HIROさんってもう、先輩の先輩で、超こわい!超こわいイメージでした」
HIRO「よく言われる。でも、俺はみんながこわかった笑
今一緒にやれて、夢叶ったよ」
 
たざわさん「ありがとうございます!
(にゃんごくん見て)もうペン離してる!笑」
 
KOJI「ドラム叩きたそうな目になってる!」
 
にゃんごくん、ドラムセットに座る。
 
たざわさん「りんごとねこやねんな。たいへんやな。しゃべられへんもんな。人間との絡み。。(細かいことわすれたけどにゃんごくんについてぽつぽつしゃべってた笑 興味津々かわいい笑)」
 
にゃんごくん、キック!
 
どんっ!
 
\おおぉーーーーー!/
 
KOJI「キック1発で歓声が!」
たざわさん「スターやから!キックドーンでおーーー!なんねん!」
HIRO「たざわのびのびしてるやん笑」
たざわさん「HIROさんうれしいこと言ってくださる!
耳つけて!」
 
そう、わすれてたけどラクリマギター隊はずっとにゃんごくんのみみついてます。かわいい笑
 
たざわさん「かわいい先輩どもめ!
……すいませんすいません!浮足立ってます!」
 
かわいい!
 
KOJI「歌える人がなかなかいないからね」
たざわさん「キー的にでしょうか!
僕とにゃんごが組んだらこの曲をやらんわけにはいきません!!!」
 
1.紅(X JAPAN
 
サビのメロのストリングスから!
 
そして…hideさんのアルペジオをぉぉぉHIROさんんんんんんんん(号泣)
 
たざわさん、世界に入ってる!入ってる!!!!
 
たざわさん♪I couldn't look back...
 
うぉぉぉぉぉお
 
あぁぁぁぉぉああぁぁぁああああ
 
艶めく歌声で響く「紅」
もうこの段階でしぬ。しぬ。しぬ。
 
そしてアルペジオターン終わる。
 
たざわさん「紅だーーーーーーーーーーーーー!!!!」
 
ああああぁあぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁぁぁぁぁあぁああああああああ
 
にゃんごくんも、ドラムぜんぜんみえなかったけど音の迫力すごいし!!!!!!!
 
うぉぉぉおおぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ
 
ぬあぁぁぁぁあ
 
もう満点の紅!
たざわさんにハナマル!
もう、色っぽ過ぎる紅!!!!
 
たざわさんがセンターにいるから、ユニゾンのとこはKOJIさんが上手に移動して弾いてた!
 
がわいいいいぃぃぃぃぃぃ
 
もう、そしてこんな状況下でもロングトーンを披露するたざわさまさま!
 
2回目のユニゾンもKOJIさんがかけよって!!!
 
ああぁぁぁうわぁぁぁぁん
 
ぐぇぇぇぇぇえ
 
-MC-
 
たざわさん「もっかいやろ!!!!やりましょ!!!!!」
 
大賛成!!笑
 
KOJI「にゃんごくん給水してきます!」
 
にゃんごくんの給水をみまもるターン。
全然みえない笑
 
たざわさん「すげー奥までくわえるんだね!ストロー!」
KOJI「すごいのむ!」
たざわさん「すごい勢いで減ってます!」
KOJI「いいねたざわ!飲み干した!」
たざわさん「もうなくなったん?!
おっきーから。。でもりんごやから、ほとんど水分。。。使い果たすんかぁ」
 
にゃんごくんがりんごであることにこだわり、いろいろぼそぼそ考察してるたざわさんかわいかった笑
 
KOJI「燃えるねぇ!!」
たざわさん「なんで(紅)1発目なんですか?一発目から最高潮!笑」
KOJI「いろいろと事情があるんだよ笑」
たざわさん「出し惜しみしてどないするねんって話ですよね!!!!」
KOJI「次やる曲もね」
たざわさん「恐縮です」
KOJI「にゃんごくんがね、彼がいるなら!ってにゃんごくんのリクエストなんだよ!
ご本人の前で!」
 
なっちん「やっぱさーたざわくんがいてさ、にゃんごすたーと俺っていうと、やるよねーって」
 
なっちん!
えええ!
ということは!
えええええええええ!!
 
。。。。。。。。
 
KOJIさん「はいりそこねた!
このコーナー大変なのよ!もっかい!」
 
。。。。。。。。
 
アーーーーーーーーーーーーーッ!
 
2.1/3の純情な感情SIAM SHADE
 
KOJIさんがイントロの伝説のDAITAパートを弾いてる………………!
奇跡か………………!
 
もう、すごい伝説が起きてるのに、耳が釘付けになったのはたざわさんだったんですけど。
 
もう、田澤孝介の歌うSIAM SHADE
 
最高すぎました。
 
たざわさん天才。
 
艶っぽい歌声は深みがあって素敵すぎました。
もう、色っぽいんですわぁぁぁぁ!!!
お話になってる時はあんっっっな満開の関西弁やのにな!!!
ほんっっっっまに歌声素敵なんやわ。反則。
 
はぁ。。素敵やったなぁ。。
永遠に聴いていたかった。
 
ソロはHIROさん!
たざわさんに夢中過ぎたけど、いつパート交換したんだろう笑
 
たざわさんとKOJIさんくっついてて、たざわさんKOJIさんの肩に手おいてたーーー!
んぬぁぁぁぁぁぁ
 
天井を指さしたら指ついたたざわさん。
天井ちょんちょんってさしててかわいかった。
 
-MC-
 
たざわさん「きもちいーーーーーーーーー!もっかいやりましょ!」
KOJI「楽しいねぇ!」
HIRO「リハの時本人が間違えた笑」
なっちん「言い訳させてください!本物だー!って思ったら緊張してきて笑 構成がわかんなくなっちゃった!
だって、ラクリマがシャム弾いてる!ってなったもん」
 
ラクリマがシャム弾いてる!
めっちゃパワーワード
シャムがラクリマ弾いてるのもすごい時代やで?!
 
たざわさん「見渡す限り知ってる人ですよ!なんなんすか!」
HIRO「なんでこんなことになったのか!」
KOJI「結果楽しいからOK!」
 
KOJIさんがかわいくまとめた◎
 
KOJI「たざわ告知とかある?」
 
たざわさん「急っすね!!!!!
Rayflowerというバンドをやっておりまして、関東は2月のじゅうなんにち。。。
(客席からフォロー入る)16日ですか!新木場のなんとか」
KOJI「コーストね!」
 
告知ほんわりすぎて先輩にフォローもらうたざわ氏。笑
 
たざわさん「ホームページに書いてます!うろ覚えな日付とかまちがってたら大変じゃないですか。
いろいろやってますんでね。検索してもらったら」
 
たざわさん、両手でキーボードぽちぽちのジェスチャー
 
たざわさん「パソコンのキーボード叩いてます!
たまに『なにしてんの?』って聞かれるので」
KOJI「説明しとかな」
たざわさん「少数のみなさんのために説明しております!
HIROさんどこいった?(後ろ見て)おった。
HIROさんおわりました!!」
 
KOJI「言っていいのかな?曲創ってるんでしょ?」
たざわさん「曲創ってます!ソロの!
ぼくね、X JAPANか!ってくらい新譜を出さない男なんですよ。
 
これまたすごいパワーワード来たで爆笑
 
たざわさん「出さななって思ってレコーディングしようとするんですけど、ダメってなるんです。
まさにX JAPAN。しらんけど!
YOSHIKIさんもそうなんかなって。違う!ってなんのかなって。そんな中でついに」
KOJI「本気出した?」
たざわさん「本気はずっと本気なんですけどね?!」
KOJI「そんななかで来てくれてありがとう」
たざわさん「もっとたくさん歌いたいです!」
KOJI「これからも、交わるだろうね!」
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
KOJI「にゃんごくんが、暑いらしい!にゃんごくん専用の送風機があるの」
たざわさん「風あてる!さんそ足らんのね!」
 
送風を見守る。
 
KOJI「目から風が帰ってくる!
にゃんごくんはね、1月8日にアリオ柏で11時と14時にイベントがあるらしくて。
ドラム叩くの?叩くって。紅のほかにもね、アンパンマンの曲とかもやるみたいだから。
子どももいると思うから。よかったら足はこんでみてください」
 
にゃんごくんの告知までするKOJIさん、今日のMVP。笑
 
KOJI「あとね、にゃんごくんのカチューシャ物販で売ってるから。
誰がつけてもかわいくなれるらしいから
たざわさん「かわいいです」
KOJI「投げやりにゆーな!笑」
HIRO「先輩やで!」
  
笑ったw
 
たざわさん「『HIROさんがこわくない』っていうの、今日の財産です!!!!!笑」
HIRO「たざわとステージでしゃべる日が来るなんて」
たざわさん「今年ええ年になります!今年初めてのステージで!おふたりもですか!あけましておめでとうございます!よろしくお願いします!」
 
KOJI「ずっとここにいたいし、ずっとここでしゃべって音楽やりたいね」
 
かわいい(T_T)
 
たざわさん「ずっとしゃべれるんで!」 
KOJI「また、未来に交わりましょう!」
たざわさん「ぜひ!」
 
また観たい!!!!
 
KOJI「曲やったら、(ライブ)終わっちゃう」
 
かわいい(T_T)
 
KOJI「にゃんごくんしんどい?1時間できるって言ってたのにー!笑
にゃんごくんが叩きたいって!」
 
たざわさん「にゃんごさんがきっかけで、全部つながって、こうなる。その最終形態が次の曲ですね!」
HIRO「どんなや!笑」
たざわさん「リハの時思いましたもん。10代の頃の俺に言ってあげたいです。
一緒にやるぞ!!って。グッときました」
 
3.未来航路(La’cryma Christi
 
あーーーーーーーーーーーーーーっ(T_T)
 
もう、たざわさんが、
心まで溶ろけそうさ♪って歌ったらもう、
こっちが溶ろけそうやーーーーーーーーーーーーーーーーとろん。
ってなるよね…もうほんと歌声すきすぎたよーーーー
 
手をつないで♪はグーを前に突き出しててめっちゃかわいかった。。
 
KOJIさんの背面弾きも観られたーーー!!!!!
 
今日はもう未来航路のギターはこれまでに何千回と聴いたから!ってたざわさん中心に聴いてたけど、やっぱり未来航路聴けるのほんとうれしい!!!!!!
 
ギターソロにかけて、センターにKOJIさんHIROさんたざわさんが寄ってて、くっついた!!!
 
ここでたざわさん、HIROさんの肩のほうに腕やってた!!
…手、置いてはなかったなw
やっぱちょとこわいんかな。笑
 
艶っぽい歌声で聴ける未来航路がもう好きすぎて。
 
もっとスコーンとした真っ白な歌声が聴けるかな?って思っていたけど、たざわさんのハイトーンからしたらまだまだミドル。
もっと高いところも余裕で行けそうな歌声でした。
あー!もっとほかの曲も聴きたいよー!
 

 
終わって、KOJIさんとたざわさんハグしてる。かわいい。
 
KOJI「KOJIとHIROからのおとしだま!ぶっちおいで!にゃんごくんもまえに!
ステージの上のみんなに許可をとったからね、写真撮っていいよ!SNSにあげたりとか、コピーもだめだよ!みんなの携帯の中だけにしまってください」
 
電源切ってるからめっちゃおおあわて!
ぼけぼけやけど何枚か撮れた!
 
前のほうから順番に撮る?とかKOJIさんらしい気遣いが満開でした。
その気持ちだけですごく満たされた気持ち。
ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))
 

 
ここでちょうどメモを使い果たしてしまったから以下は覚書です。
 
ダブルアンコール!
 
-EN2-
 
KOJI「アンコールありがとう!
あと2曲!聴いてもらいたいと思います。
もうね、俺たちは自分のパートを弾いて、みんなに歌ってもらおうと思うの。
ラララでもいいから。歌ってね?」
 
1.White Period.
 
イントロが聴こえた時の歓声すごかった!!!!
 
ヘドバンの海が生まれてました。
ほわぴりのヘドバン観てると、La’cryma Christiの瞬間瞬間を見届けたくてとてもヘドバンなんてできないけど、ほわぴりだけは!ヘドバンするんだ!って決めてた学生の頃を思い出します。
 
「(HIROさんが歌うことで)ギターの音が飛んじゃうのやだ!歌わないで!」
って言ったのはわたしなんですけど(この声が届いているとはもちろん思っていないですが!)
 
「ギターがちゃんと聴きたい」と、
「代わりに歌う」
っていうのは、必ずしもイコールにならないものなんですぅぅぅぅ(わがままか)
 
た、たざわさんに歌ってほしかった、な…!
 

 
ほわぴりのユニゾンの時かなぁ。
めっちゃ向かい合ってユニゾン弾いてて、すごく素敵だった。
 

 
途中の、しずかーーーーーーになって、客席が歌うとこ。
 
上手からにょきってフロアに頭だけ出したHIROさんが、マイク通さず
「なつかしーーーーーー!!!」
って叫んでて、うわぁぁぁん。゚(゚´Д`゚)゚。 ってなったよ。。
 
2.THE SCENT
 
ラストは「THE SCENT」!
 
ほわぴりの合唱がちいさいな!だったからなのか?
HIROさんは歌メロを弾きまくってた。La'cryma Christi時代のパートではなかった…。
急遽変えたのか、THE SCENTはもう完全にそのバージョンができてるから最初からそのつもりだったのか。
 
でも、ステージで歌うひとがいないとなると、やっぱり歌メロあったほうがいいなと思った。
どっちやねん。
でも、元々のギターきえちゃう。。
 

 
そうして終演。
とても幸せでした。ありがとうございました。
 

 
ライブ後はKOJIさんのサイン会に参加しました。
わたしどっちも大好きでありながらどっちかというと確実にHIROさんファンなんですけど、ちょっと勘違いしててKOJIさんになっちゃいました。
でも、わかってたとしても1人だけ、なら、今日はKOJIさん選んだかな?と思います。
 
サイン会では、次がわたしの番!って段階から泣けて来て笑、KOJIさんに伝えたいこと全部、伝えられました。
 
HIROさんのギターが大好きだったわたしが、KOJIさんのギターも大好きになったきっかけが「Primary Color」だったこと。
それを、今日はHIROさんとのツインギターで聴くことができて、とてもうれしかったこと。
 
伝えることに必死でKOJIさんなんて答えてくださったか忘れちゃったんですけど、
「大切な作品だから」
とおっしゃっていました。
 
サイン会、自己満足ではあるけど、参加できてほんとうによかったです。
 
素晴らしい音楽を届けてくださり、ありがとうございます。
そして、生み出した音楽をずっとずっと大切にしてくださって、いまも響かせてくださり、ありがとうございます。
 
La'cryma Christiを好きでいてよかったです。
 

 
しかも、今日はわたしが高校生の時から。
GUITAR STUDY4の頃からずっとお世話になっているえみさんとご一緒させていただけて、ほんとに特別な1日になりました。
ありがとうございました。
 
GUITAR STUDY4の頃高校生だったわたしももう年次もそれなりに重なってきた社会人ですが、今もこうして、KOJIさんとHIROさんのライブに行くことができて、とても感慨深いです!
 
今日という日を実現させてくださったすべてのみなさま、
ありがとうございました!!
 
そしてご覧いただいているみなさま!
これだけ長いライブレポ、ここまでたどり着いてくださり、ありがとうございます!!