*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

運命交差点“言霊を謳歌する” at 名古屋RAD HALL


f:id:cherryoulife:20190624075938j:image

2019.6.23(Sun)
運命交差点“言霊を謳歌する”
at 名古屋RAD HALL

ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************************************

昨日の大阪公演で聴いた、REXさんのギターがあまりにも素敵で、急遽予定を変えて名古屋まで行ってしまいました………。

昨日の今日で名古屋まで行ってしまうだなんて、生きてきて初めてのことです。

次がいつか分からないと思うと、どうしても行きたくなってしまいました。
来られてよかったです。
ありがとうございます。

感想文を書き記します。

*********************************************

日曜日の朝。
目覚めた瞬間から心は名古屋に決まっていました。

しかし、しばらくするうちに、昨日のライブが全部夢のように思えてきて、今日名古屋に行ったら、
「なんかちがう!!!」
って思ってしまうんじゃないかとすごく不安になってきました(笑)

昨日散々AKIHIDEさんAKIHIDEさん連呼しただけに、もしそうなったら申し訳なさすぎます…。

でも、音源を聴いていると音源のギターもとても素敵で、
「夢じゃないんだよ」と言ってくるし(笑)、
何より、このギターの音に引き合わせてくれたのが苑さん、という事実が、
「夢じゃないんだ」と思わせてくれました。

そしてライブに行った結果………ちょっと夢でした。笑

というのも、AKIHIDEさんAKIHIDEさん連呼したわりには、そこまでAKIHIDEさんに似ている!という音色でもないなと。あたりまえなんですけどね!

でも……
純粋に、ギターの音がめっちゃ好きでした……!

……余計あかんやんって言う(笑)

人生で2度も、こんなにも強烈な音の世界に出会わせてくださった苑さん。
本当にすごいなぁと思います。

*********************************************

時計の針は進んで、17時半を過ぎた頃。

今日のRAD HALLはものすごく縦に長い箱で、しかも両端はスピーカーがあるうえミニサイズのスピーカーもあって、上手にいるのに上手の演者が見えないという凄まじい箱でした……。

お友だちと上手にいて、しかもお友だち苑ギャなのに外側だと絶対REXさん見えないからって内側に入れてもらったんですが、ミニサイズのスピーカーがマイクスタンドに被ってマイク見えない(笑)←ステージがなまじ高いがゆえの悲劇
こりゃコーラス見えないな~と思ってたんですが、昨日の大阪は、マイクスタンドよりも内側が定位置だったので、(そのおかげであまり見えなかった笑)そこなら見えるかな、とそのままでいました。

「かもめが飛んだ」が流れる中、サポートメンバー登場。

ここで事件発生。

なんと!今日の定位置!
マイクスタンドよりさらに後ろ!


これは見えねええええぇ


お友だちに謝って大移動しました(笑)
センターにいてても見づらいので、結果的に、下手のスピーカーの真ん前で観てました。
SHOKOさんは見切れて全く見えない場所で、TOSHIさんもたま~にしか見えない。
YUKIさんは基本的に苑さんで被って見えない。
SHOKOさんとTOSHIさん、そしてYUKIさんは、見えなくても音がすぐ分かるからここに決めました。

苑さんとREXさんはばっちり見えました!

REXさんの手元もめっちゃ見えたし、ペダル踏んでるな~!っていうのが分かりそうな勢いだったから、ここで観られてよかったです。

しかし上手にいたら上手の演者が見えない箱の構造とは………(>_<)

同じ箱じゃないので比較できないですが、上手の方がギター大きかったりするのかなぁ…。
昨日の方がギター聴きやすかったので、音は上手がよかったなぁと思いました。

昨日と今日、2日間観られたからこそ、音の記憶がしっかりと刻まれました。

めっちゃ音好きだなぁ………。

というわけで、音の感想文です。

「東京簿暮」

インストゥルメンタル曲。

この曲はなんと言ってもSHOKOさんのシンセが最高にかっこいいです。
なぜかよくわからないけど、中華の香りを感じてしまいます。
SHOKOさんのシンセ聴くといつも、脳内で金色のシンバルだかお皿だかがくるくる回る。。(笑)

からのギター、めっちゃかっこいい。

黄金色が迸って、ぱんとはじけたらば、苑さん登場。

「世界の隙間に逃げたい」

タイトルセンスからしてもう苑さん天才かよって思いますよね。

ギターはバッキングがメインで、音探して聴いてたんですがうっすら……だったので、音源聴いたらめっちゃかっこよくて泣いてる(T_T)

でも途中のソロになるとカッ!と出てきていてさすがだなぁ~!って思った気がします。

「雨は二人の間に降る」

イントロのギター!好きです!
そのリフそのまま突っ走るところも好きです。

サビの裏のシンセが好き。
こういう音色はつい苑さんの歌と一緒に追って聴いてしまいます。

「地球を追い越すミュージック」

跳びたくなる曲!
全員のソロがあるのも素敵です!

2番始まる手前のギターソロの後、ブレイクが入ってどん!ってなってから歌に入ってた!
昨日こんなんやったかな~?!音源にもない!
この曲よりも前に、苑さんがMCで
「アドリブも~」
とか言ってたからこれ今日だけのアレンジ?!とか思ったけどどうなんやろ~?!
めっちゃかっこよかったです!

「最高の瞬間」

最高に好きです!!!

イントロ(歌からはじまるけど)のメロディックなギターのメロディーが大好きです。
昨日は黄金色に煌めいてきこえたけど、今日はなんだか、はちみつ入りのカフェオレみたいな甘い音だなぁ、って思いました。

そしてこのメロディー、最後だけ音がぶわっと広がってきこえるけどキーボードユニゾンなのかな~(見えなくてよくわからず)めっちゃかっこいいです。

REXさんのギター、わたしがテレキャスの目印にしてるピックガードついてなくて、今日観てたらギターの形ゲシュタルト崩壊してきてこれストラト…?!ってなってきたけどやっぱテレキャスで合ってるはず…!
チョコレート色で、木目?がきれいなテレキャス

これは完全に感覚で思うことやけど、音が甘いからすごくエレアコっぽいなぁと思いました。
ホワイトファルコンとかで弾いたらこんな音出そうだな~と、ホワイトファルコンを思い出してました。
……ギター弾けないくせにごめんなさい(>_<)

2番の途中、ベースと苑さんとゆきさんのリズムだけになるとこ、ブレイクのとこで

……ぽん。

ってふわっと手を叩いてたのがすごくかわいかったです(笑)
まっくろくろすけをめいちゃんがつかまえる時みたいなふわっとさ。(あれあんまふわっとしてないか笑)
同じことをSHOKOさんもされてたみたいで、運命交差点かわいい(笑)

「最高の瞬間」は、イントロのメロディーもいいし、ミニギターソロみたいなのもがっつりギターソロもあるしとても素敵です!好きです!

「雨の水曜日」

大好きな曲になりました。
YUKIさんのイントロのドラムは、ライブの方が迫力があって圧倒的に好きです。ぐっと来ます。

REXさんのギターがめっちゃ好きです…。
Aメロ、音源ではコードを弾いてるだけだと思うんですが、ライブではコード弾いた後にアルペジオをしていて、そのアルペジオの音色が雨の日の滴る雫のようで、とても美しいです。
きっと2番のアレンジに近いのだと思います。

そして2番ではきっとなんだけど、指でつま弾いていたような気がするんです……。
ピックその間どこ行ってたかよく分からんけど(笑)
親指と人差し指離れてるよね?これピックじゃないよね?ってめっちゃ見てた(笑)

そしてギターソロ。
とても素敵なソロで、しかもラストの方ペダル踏んでてめっちゃわしゃわしゃ弾いててとても素敵でした…。

REXさんのギターの音色は、水彩画のようで透明感があってとても美しいなと思いました。
雨の日の湿度感がとても出ているというか、雨に対して“みずみずしい”という表現はあまり使わないけど、でも“みずみずしい”って言いたくなるような。絵の具の青を水に溶かして浮かべたみたいな音色でした。

「薔薇色の日々」

イントロ、たぶんペダル踏みながらディレイもかかってて、好きでした…!
きっと、昨日風船をぷくーーっとふくらませたような音、と言っていたのはこのワウの音のことだと思います。

「名前も知らないウィスキー」

いちばん大好きな楽曲になりました…!

展開が贅沢ですね…。とても美しいです。

音源にはない頭のギターソロ。
これこそが、昨日
「ギターソロでもディレイかけるんや!!」
って思った伝説のギターソロでした。

ディレイのソロ、とても美しかったです。
そこからのイントロも素敵です。
あたたかさを感じるイントロですよね。ほんと壁が赤煉瓦の昔ながらのバーとかで鳴っていそうなギターの音色。

こんなあたたかなイントロで始まるのに、ラストに向かうにつれて、その音の色は真っ白な光に包まれていきます。
「名前も知らないウィスキー」ってタイトルでこんな神々しくて、荘厳な音の世界に連れて行ってもらえるなんてきっと誰も思ってない。
とても素敵でした。
ラストのギターソロが本当に大好きです…。

エピローグみたいなSHOKOさんのピアノが大好きです。
ある意味「21mg」的なシンメトリーさを持っている楽曲な気がします。
「21mg」だとギターで始まってギターで終わるけど、この曲はギターで始まってピアノで終わる。同じフレーズ弾いてる訳じゃないと思うんだけどなんだかつながりを感じるし、音の温度が似ている気がする。
おもしろいなぁと思います。

「ラヴ・イズ・オーヴァー」

1番はSHOKOさんメインの落ち着いたアレンジだったのですが、2番はギターメイン。
2番で、苑さんの歌を追いかけるように間間にはさまるれっくすさんのギターのメロディーが美しすぎた………。
とても甘くてとろけそうな音でした…。
「君と見る風の行方」のCメロの追いかけっこを思い出したよ………。

「みずいろの雨」

Aメロとかはアルペジオだった気がするんだけど、途中できゅいーんってギターが轟いて、それまでずっとみずいろだった照明が真っ赤に染まって。
そこからまた照明がみずいろに戻ってのギターソロもとても素敵でした………。

「ワインレッドの心」

イントロももちろん、ギターソロもとても素敵でした。
今日は音が全部鳴ってる時にディレイ返っててもあんまり分からなかったのですが、(逆に昨日分かったのがわたしにしては珍しいな、と昨日から思ってた)ここのソロはディレイ返っていた。ような。気がいたします。(自信なし)
原曲がそうなんかなー?
そんなに長くないソロなんやけど、とても素敵でした。

下弦の月

3拍子(たぶん)の曲。
運命交差点3拍子のターン(たぶん)が多い気がします。←難しい拍が分からない
REXさんコーラスをなさっていた気がする。

「雨の水曜日」の他にもう1曲、指でつま弾いてらっしゃる気がする曲があったんだけど思い出せない…。

「やわらかな日差しがあった」

この曲のアルペジオが、あたたかい夕陽みたいな音色でとても美しかったです。

時に雨の雫のように青く、時に夕陽のようなオレンジの色に変わるREXさんのギターの彩り、素晴らしいです。

「追い風の未来」

この辺りかなぁ。途中でピックスクラッチをされていてひょえぇ~!!ってなりました(笑)

この曲のギターソロ、昨日聴いてる時ライトハンドなのかな?って思ってたけどライトハンドじゃなかった~!
叙情的なソロも美しいのにぴろぴろ速弾きしはるからほんとにすごい。

あと、どの曲の時か忘れてしまったんやけど…
1番ではものすごくメロディックなメロディーを弾いていたのに、
2番ではすごく叙情的な静かな音色を奏でていて、
動と静のコントラスト………!
って思いました(笑)

静からの動、じゃなくて、動からの静。
くぅぅぅ………好き………!って思いました(笑)

「流れ星」

これもSHOKOさんがリードとってはる!
わたしの耳が悪くてバッキングになるとなかなか聞こえづらかったのだけど、じゃんじゃか弾いてるお姿が、大変たのしそうでかわいかったです!

コーラスもされていた!!!

-EN-

「東京」

つま弾いてるのこれかなあ。分かんなくなってきた……。
ギター素敵なのでずっと観ていました。

「最高の瞬間 Reprise」

2回も聴ける喜び!

そういえば、YUKIさんの縁を叩く音がすごくきれいだったなぁ。
絶対ここじゃないけど2曲出てきた気がする。
縁叩くの、きれいに音出すの難しいんだよね。
YUKIさんは2日ともほぼ見えずで残念でした…。

「15歳の僕」

SHOKOさんがキーボードから始まる美しい曲。

最後のギターソロがあまりにも美しくて、すごくうるっときてちょっと泣いてしまった。笑

SHOKOさんがまっしろな色のシンセで広げてくださった空間の上で鳴る、REXさんのギターソロにどうやら弱いらしいです。

最初はコードをうおおおおって弾いてて、そこだけでも高まっていく様にすごくぐっと来るんだけど、ギターソロ2部!みたいなとこからメロディーになるんですよ。
どっちもとても素敵。
あかんなぁ今音源聴き返してるけどこのギター好きやなぁ…。

書いてはみたけどこの感想文いったい誰に需要があるのだろう……。

AKIHIDEさんのライブレポはいつもこんな感じやけど、冷静に見たら気持ち悪いということに初めて気づきました(笑)
いや……分かってはいたけど気づかないふりをしていただけです!

今月は前半AKIHIDEさんのライブに行っていて、めっちゃ音に集中できるモードで運命交差点に飛び込んでしまったのがいけなかったよ…。
ごめんなさいね…!

というわけで、今日はほぼ手元を観ていたのですが、MCの時は結構お顔を観ていました(笑)

苑さんがMCで、
「アドリブで!」
とかなんとか言ってたときに
「アドリブ?!(*゚д゚*)」
って(言ってないけど)あからさまにあわあわしていたのがかわいかったです(笑)

今日はカバーを3曲ぜんぶ演奏してくださったので、
「1曲増やしました!」
という苑さんの横でp(´⌒`q)ってなってたのもかわいかったです(笑)

あと、苑さんがREXさんをいじるのをやめる!れっさま!とか言い出してて笑いました(笑)

すごく丁寧で完璧なコメントをされていて、苑さんに
「先生みたい」
って言われてた。
(音のことこんだけ書いといて申し訳ないのですが、「みなさんほんとにお上手で」って言ってたことしか思い出せない笑)

最後手つないでありがとうございましたー!ってするとき、REXさんと手つないだYUKIさんが
「恋人つなぎ。。」
って言ってるのかわいかった(笑)

運命交差点は、ブルーノートに立つことを目標にしているんだそうです。

「やりたい」って言ってたと聞いてたので、じゃあ押さえたらいいじゃんと思って苑さん宛の手紙に
ビルボードブルーノートでも観たいです」
と書いてしまって申し訳なかったです。
目標かぁ。
確かに、東京のブルーノート広いもんなぁ。

わたしはAKIHIDEさんのおかげでブルーノートにもビルボードにもよく行くけど、やっぱりハードルがあったりするのかな。

横浜に、motion blue Yokohamaって200キャパの会場があるよ…!

個人的には、SHOKOさんのピアノをグランドピアノで聴きたいので、そういう会場でのライブを観てみたいです。

大阪のビルボードは広いから、心斎橋Club JANUSにはグランドピアノがあるよ…!
椅子を入れたら200人くらい入るよ…!って伝えたいです。(笑)

雨男の話といい(笑)、音楽性といい、ブルーノートといい、何よりREXさんのギターといい。(笑)

苑さんの歌声を聴く空間で、これだけAKIHIDEさんを思い出す瞬間が生まれる日が来るなんて、と驚きです。

摩天楼オペラBREAKERZって、決して交わらない点だと思っていたんです。

でも。
運命交差点が、AKIHIDEさんと苑さんをつないでくださったように思います。

まさしく運命交差点。

AKIHIDEさんと運命交差点の共演、観てみたいです。

苑さんすごいなぁと思いました。

摩天楼オペラは、Janne Da Arcのライブを観たことがなかったわたしを救ってくださいましたが、
運命交差点は、決して交わらないと思ってたAKIHIDEさんと苑さんをつないでくださいました。

うまく言えないけど、苑さんわたしの人生のふたつの軸を網羅してしまった(笑)

わたしが摩天楼オペラを好きなのは、摩天楼オペラが苑さんのバンドだからなんだなぁとほんと今更だけど気づきました。遅い(笑)

摩天楼オペラでは観られない苑さんを観られてすごく貴重で、上質な時間でした。

次の機会が決まっていないようで残念ですが、またの機会があれば、ぜひ行きたいです。