*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

"浅葱" 「斑~白面金毛九尾の狐火玉編~」at 恵比寿LIQUIDROOM


f:id:cherryoulife:20180925223509j:image
2018.9.24

ASAGI solo works】
"浅葱" 「斑~白面金毛九尾の狐火玉編~」
at 恵比寿LIQUIDROOM

行ってきました!(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************************************

<Support Member>
Gt:HIRO(La'cryma Christi 他)
Gt:you(Janne Da Arc)
Ba:燿(摩天楼オペラ)
Dr:淳士(BULL ZEICHEN 88 他)

わたしの命日かと思われた2018年9月24日。
その理由はこのサポートの布陣をご覧いただければ、説明は不要かと存じます。

この人生を選ぶきっかけになったギタリスト、Janne Da Arcのyouさんと、
今、いちばん応援しているベーシストである摩天楼オペラの燿さん。

このお2人が競演するというだけで、夢にも見なかった奇跡というのに、下手で組むだなんて。

しかも、上手を固めるのは、高校時代
「ギターの音と結婚したい」
と本気で思ったLa'cryma ChristiのHIROさん。
さらに、ドラムはSIAM SHADE淳士さんだなんて。

個人的な話ではありますが、まるでわたしの人生の縮図のようです。

Janne Da Arcのyouさんと摩天楼オペラの燿さんが同じ舞台に立つ日を目撃する日が来るだなんて、想像すらできない現実でした。

このような貴重な機会をくださったASAGIさんに、心より感謝しております。
ありがとうございます。

しぬんじゃないかと本気で思っていたのですが、無事、生還を果たしました…!

終演後、次回単独公演が発表されたのですが、その公演では燿さんはサポートから外れるそうです。

夢のような時間は一瞬で一度きり。

そんなかけがえのない時間をくださったASAGIさんに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

*********************************************

*SET LIST

1.妖狐の嫁入り
2.天地行き来る小船
3.月界の御子
4.畏き海へ帰りゃんせ
5.花雲の乱
6.隠桜
7.螢火
8.大豺嶽~月夜に吠ゆ~
9.冬椿 ~白妙の化人~
10.白面金毛九尾の狐火玉
11.鬼眼羅
12.雲の通ひ路
13.物の怪草子
14.アサギマダラ

会場で新しく発売された新譜「妖狐の嫁入り」を皮切りに、アルバム「斑」の楽曲をアルバムの曲順通りに演奏。
アンコールはなし。

「斑」の完全再現、という言葉が相応しい、作り込まれた音空間でした。

セットの統一感や、バックに映し出される映像も技巧が凝らされていて、とても見応えがありました。
とても濃厚な時間でした。

きっかけはサポートメンバーという不純な動機でしたが、アルバムの予習はしていったのでとても楽しかったです。

ここからはわたしの感情の備忘録です。

フロアに入ると、暗幕が舞台を隠していました。
整番があまりよくなかったので見えるか不安だったのですが、下手に着地。

下手にいるならせめて、燿さんとyouちゃんは見えたい!
燿さんの長身に期待!とか思いながら開演待ち。15分以上押したのでそわそわ。

結果、燿さんもyouちゃんもバッチリ見えました………!
神様がくれた奇跡の視界でした。

溶暗。
幕がゆっくりと開いて、舞台に立つ燿さんを見つけた瞬間を、わたしは一生忘れないでしょう。

白地に、下は金色の袴。
白の袴をお召しになった燿さんがあまりに美しすぎて、息が止まるかと思いました。
リアルに美しすぎて頭抱えました(笑)
似合いすぎだ~~~~!

そして、燿さんの左側には、youちゃん。
夢にも見なかった視界です。
何が起きているのだ。

あまりにも凄まじい景色が目の前に広がりすぎて、涙は出ず。
目の前の景色を受け止めるので精いっぱい。

そして、わたしは下手しか見てなかったのがバレますが、センターのASAGIさん。
とても美しかったです。
腹部に咲く曼珠沙華がとても美しい。
きつねさんの耳がかわいい。

バックにはずっと映像が流れていて、LIQUIDROOMでこんな凝った演出ができるものかととても驚きました。

1.妖狐の嫁入り

1曲目からユニゾン。だったような気がする。
HIROさんが見えずとても残念。

youちゃんと、HIROさんの、ユニゾン……!

もう今この瞬間聴けている音が信じられない。

2.天地行き来る小船

SE。
ちょっと挟まっていたか定かじゃない…。

3.月界の御子

音源ではナイトメアの咲人がギターを弾いているこの楽曲。
実質的な作品のオープニングを飾るに相応しい、重厚感あるギターリフが印象的。
しかも和楽器とユニゾンしていてめちゃめちゃかっこいい。

音源を聴いていて、このギターの反則的かっこよさは、DEAD ENDトリビュートの1曲目「Embryo Burning」のHIROさんのギターのかっこよすぎるずるさと非常にデジャヴ感があるな、と思っていました。
(ご存知ない方は是非、DEAD ENDトリビュートの1曲目を聴いてみてください。0.1秒で言ってる意味が分かります)

そんなHIROさんが、この曲のギター弾いて。
かっこよくないわけがないんですよ。
めちゃめちゃかっこよかったです。最高。

もう、この日のサポートがHIROさんだったのはこのためだったのだな!と思わせる圧倒的説得力がありました。
めちゃめちゃかっこよかった。

………しかし、そのリフの後半でバスドラがすごいドコドコ言うんですけど、淳士さんのドラムの迫力がすごすぎて、全部の音を凌駕する勢いでドコドコ言ってました!!!!

正直淳士さんが全部持って行ってた。笑

パワーとパワーの頂上決戦。なんじゃこりゃです。

ソロ裏でバッキング弾いてるyouちゃんが新鮮でした。でもyouちゃんの弾くリフかっこいい。

4.畏き海へ帰りゃんせ

スローなナンバー。

燿さんのベースが。
素晴らしかったです………。

とてもとても素敵で、聴き惚れてしまいました。

帰ってから改めて、音源を聴いていて思うんです。
ライブの時と違う……!と。
こんな違うものかと驚きました。
ライブの時は、たしかに、“燿さんの音”だったんです。こんなわたしの耳でも分かるくらい。

燿さんは、ご自身の音をきちんと出しながら、しっかりとASAGIさんの世界を体現されていたのだなと感じて、現地で感動、帰ってまた感動、した楽曲でした…。

この楽曲はヴァイオリンでSUGIZOさんが参加されていて、とてもSUGIZOさん“らしい”音色が印象的です。
ソロはヴァイオリンだと思うのですが、このヴァイオリンソロをギターでアレンジしたHIROさんのソロが素晴らしかったです。
あまり見えなくて残念だったけど!

こういうひゅるひゅるした偏西風のイントロみたいな音色弾かせたら、HIROさんの独壇場だと思うんですよ。

風に揺蕩う真っ白な靄のような音色がとても美しかったです…。

そんなHIROさんと、真っ白な世界に闇の深さをプラスするような燿さんのベースラインとが調和していて、素晴らしかったです…。

5.花雲の乱

背景には満開の桜が。美しい。

イントロはHIROさんの真っ黒なリフ。
そう、HIROさんの音色は真っ白にも真っ黒にもなるのです。
こういうざらつきのあるリフもお手のものなんですよね。最高。

この楽曲、アルバムではDAITAさんが参加されていて、おそらくサビ裏のライトハンドはDAITAさんだと思うんです。
(HIDEーZOUさんも参加されているのですが…)

その!サビの!ライトハンドを!
ライブでは!youちゃんが!弾いていて!!

これぞまさしくyouちゃんの正しい使い方!!!!と思いました(えらそうでごめん)

だって!
youちゃんのライトハンド!!
国宝級だから!!!

DAITAさんの!(たぶん)ライトハンドをyouちゃんが弾いているの、すごく感慨深くて、音色を噛み締めました………!

HIROさんとyouちゃんのツインギター、どんなコンビになるのだろうかと思っていましたが、お互いの魅力を存分に引き出すパート割りで最高でした。

6.隠桜

こちらも桜の映像。

イントロからもうみんな大変そうでした…。

おぬ~ざくら♪

おに~ざくら♪だと思ってた。
ASAGIさんの曲漢字むずかしいです。

7.螢火

お琴や笛の音は同期。

8.大豺嶽~月夜に吠ゆ~

音源でyouちゃんが参加している曲です!
youちゃんの曲!♪

youちゃんのソロ!!!

\(*゚▽゚*)/

み、みんな咲いてる!!!

ここに来るまで(たぶん。youちゃんが初めてソロを弾くまで。2曲くらいソロ弾いてた!)HIROさんのほうぜんぜん見えなかってんけど、みんな咲いてたのかな?

この、youちゃんに咲くことを全力で許される空間。

乗らないわけにはいかない!!!

わ、わたしも咲く!!!!!

\(*゚▽゚*)/\(*゚▽゚*)/\(*゚▽゚*)/

というわけで。

わたくし。
2018年9月24日。
生まれて初めて。

youちゃんに合法的に咲きました。

すごく感慨深かったです………。
いつも若干の畏怖を感じつつ(笑)爆寸でだれもいない上手に咲いていたのに。
目の前で、youちゃんがソロを弾いている状況下で咲けるだなんて。

じーんと来ましたよ。
咲きひとつで、って思われるかもしれないけど。

ソロでyouちゃんがちゃんと前出てきてくれたのも嬉しかった。
youちゃんも少しずつ、魅せるギタリストになっていってるんだなと思う。
それもサポート現場が増えたからじゃないかな。
youちゃんのこと、ずっと好きなくせにぜんぜん知らんから、わからんねけど。

9.冬椿 ~白妙の化人~

景色は冬。雪景色の背景が美しかった。

10.白面金毛九尾の狐火玉

めちゃめちゃ好き~~~~~!!!

お琴?のリフたまらなくかっこいい!!
ギターとのユニゾンですよね!!
最高!!

こうこう♪ってみんなコーラスしてたーーー!

かわゆいぃぃぃぃ(/ω\*)!!!!!

11.鬼眼羅

予習での認識「れだやんがギターの曲!」

タイトル読めてなかったんですが「きめら」と読むそうです。なるほどキメラ!

これが俗に言う「煽り曲」でした!!
HIROさんとyouちゃんが煽り曲弾いてるんですよ。めっちゃ貴重じゃないですか。
Janne Da ArcはHuntingとかあるけどLa'cryma Christiは煽り曲なんか、、、、ないですよね…………?(ちょっと自信ないけど)
ものすごく貴重なものを目撃した気になりました。

メンバー紹介&ソロ!
トップバッターは淳士さん!
トップバッターからトリレベルのド迫力ソロでした!!!!めっちゃかっこよかった!!!!

よーさん超笑顔。
初っ端から淳士さんがハードル上げすぎやから、それに対する笑顔やと思ってんけど実際はどうなんやろう??!

続いてはベース燿さん!!!!

下手の前の方まで来てくれた!!!
ASAGIさんが燿さんのお隣にぴったりくっついて!!!!

\(*゚▽゚*)/

ベースソロめっちゃかっこよかった!!!
淳士さんの高すぎるハードルよゆーで超えてった!!最高!!!

\キメラ!/

ソロの〆で\キメラ!/って言うねんけど、わたしキメラが読めてなかったから
\きめた!/
ってきこえてて、何をきめたんやろうってずっと思ってた………笑

続いてはyouちゃん!!

なんと!
センターの!!
お立ち台に!!!
乗った!!!!!!

\(*゚▽゚*)/

ASAGIさんが横にぴったり!!

超絶速弾き!!

\キメラ!/

ASAGIさん、めくるめく表情が全部かわいい!!!!

そしてラスト!!!
HIROさん!!!

お立ち台へ!!!
圧巻のソロ!!!

\キメラ!/

浅葱さん「ここでスペシャルゲストを紹介します~~!!!」

なんと!
黒袴に身を包んだDのメンバー全員登場!!
なかよしか!!(((o(*゚▽゚*)o)))

るいざさん生まれて初めて観た!!

うれしい!!顔ファン
かわいい!!(せやな)
だいすき!!(軽率)

るいざさん、入ってきてよーさんとお話してたーーー!
よーさんニコニコ。
かわゆいぃぃぃぃ(/ω\*)

高まるステージ上の人口密度

浅葱さん「今、ステージに何人いますか?!
ステージに何人いますか?!
そう9人!九尾に向かってなんたらかんたら~~~!!!(コラ)」

からの煽り!

浅葱「それそれそれそれ!」
\おいおいおいおい!/
浅葱「それそれそれそれ!」
\おいおいおいおい!/

HIDEーZOUさんがマイク持ってはんねんけど、それそれそれそれ!にそれそれそれそれ!で返しててわろた(笑)

煽り途中、よーさんが浅葱さんと一緒にめっちゃ前出てきてくれて、その時なんでかわからんけど顔真っ赤にしてたように見えた!
かわゆいぃぃぃぃ(/ω\*)

youちゃんはみんなと絡めてたのかな~~?
あんまよく見えず!!

楽しかった!!!

12.雲の通ひ路

HIROさんがあまり見えなかったので、ツインギターがふたりともちゃんと見える位置でツインギターを堪能したいな…と思った!

13.妖力玉兎

次の「物の怪草子」との流れがとても美しかった!
SJT。スーパー淳士タイム。

淳士といえばパワフルなプレイと圧倒的なツーバスやと思うねんけど、こんな風に和の世界で魅せる太鼓も叩けるだなんて素敵過ぎる~。
重厚な音が和の世界に合っててめっちゃかっこよかったなぁ。

14.物の怪草子

燿さんが参加しているこの曲!(淳士さんも笑)
頭からガッと心を掴む楽曲でだいすき!!

ひいき目抜きにしても、いちばん好き!!

燿さん超かっこよかったなぁ…。

15.アサギマダラ

そしてラストを飾るのは「アサギマダラ」。
蝶の名前なんやね。あまり深く考えてなかったけど、アルバムのジャケットに描かれているのはアサギマダラなんだね。

後ろでアサギマダラがぱたぱたと羽ばたいていました。

真っ白な霧に包まれたかのような楽曲。

その中で、静かに軌跡を描いていくかのような燿さんのベースラインがあまりにも美しくて、気づいたら涙が頬を伝ってた。

燿さんのベースは、まるで濃霧の中をはたはたと飛び回る蝶のようだった。
とても繊細で儚くて、でも、心に深く刻まれる音色。

ずっと聴いていたいと思う音だった。

曲が終わって、浅葱さんが静かに次回単独公演の告知をして、全員礼。

そのまま幕が閉じた。

そのまま二度と幕が開くことはなかった。

夢のような時間は突然終わってしまった。

希望の活路は次回単独公演だった。
叶うのであれば、この奇跡をもう一度観たかった。

手渡されたフライヤーのサポートメンバーの欄に、燿さんの名前はなかった。

夢のような時間は、一瞬で一度きりなんだな、と思った。

今日目撃した奇跡を大事に生きていこうと思った。

………突然センチメンタルな文体になってしまいましたが。笑

あまりにも素晴らしいライブだったので、終わった後に込みあげてくるさみしさが凄まじかったです…。

浅葱さんの体現される世界、とても美しかったです。大満足です。
ありがとうございます。

サポートメンバーのために来たようなものだったけれど、純粋にとても楽しかったです。

1月もまた行こうと思います。

終演後、次回単独公演のサポートに燿さんがいなくてめちゃめちゃ落ち込んでしまったのには、自分でもとても驚きました。

燿さんおらんけど、youちゃんもHIROさんも続投やぞ。
ドラムあんたの大好きなさくらさんやぞ。
人時さんのベースだって好きやろ。

って感じなんですが………。

燿さんのベースがあまりにも素敵すぎたので、また観たいな、という気持ちが勝ってしまいました。

ほんとに素敵だったなぁ…。

わたしの人生の縮図、奇跡の大集結だったわけですが、今好きなのは燿さんなんだなぁと実感した1日でした。
それが自分でもすごく意外でした。

こんなレジェンドのみなさまと並んでベースを弾かはる燿さんが本当に素敵です。
ファンとして、勝手ながらすごくうれしいです。
またこんな日が来たらいいなぁ。



次回のサポートが燿さんではないのは、コンセプトが異なるから、ということみたいなので、次回は扇子も買って、もっとツインギターのおふたりに重きを置いて観たいと思います。

youちゃんは今年はこれで見納めだったかなぁ。
今年は3回も観られてとても幸せです。

浅葱さん。
素敵な時間をありがとうございました。

斑