*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

BREAKERZ "Xーcrossー"追加公演 at EX THEATER ROPPONGI

f:id:cherryoulife:20180101020745j:plain

2017.12.30Sat)
BREAKERZ"X-cross-" 追加公演
at EX THEATER ROPPONGI
 
ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
 
BREAKERZ10周年を締めくくる、BREAKERZ納めの夜!
 
追加公演らしい特別な選曲で、「X」ツアーラストに相応しい最高の時間でした!
 
ありがとうございました!
 
*********************************************
 
*SET LIST
 
-SE- いつものやつ
1.GOD
2.NO SEX NO LIFE
3.Everlasting Luv
4.ゴールデンナイト
5.BLACK SKY
6.激情
7.RODEO DRIVE
8.ひらり舞い散る花のように
9.世界は踊る
10.Snow Rose
11.BATTLE SE -VS-
12.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
13.恋のスーパーエクスプレス
14.SUMMER PARTY
15.NEVER ENDING STORY
16.FAKE LOVE
17.She Is Devil
18.DESTROY CRASHER

-EN-
1.Triangle
2.D×D×D
3.GREAT AMBITIOUS
4.Destruction

*********************************************
 
紳士淑女のみなさま、この度は手前のライブレポをご覧くださり、誠にありがとうございます。
この公演は、わたくしめがAKIHIDEさんを10年お慕い申し上げる中で、最大の大事件が起きた衝撃の1日でございました。
 
そのため、文章がいつにもまして荒れております。
 
お見苦しい点が多々あるかと存じますが、なにとぞご容赦くださいませ。
  
(丁寧語の理由はご覧いただければわかります)


 
今日は400番台!
EX THEATER ROPPONGIは2柵が見やすいので、柵取れるかな?と入場。
マコちゃん真ん前の2柵2列目に着地。
ステージ全体がよく見えてうれしかったです!
 
-SE- 
 
メンバー登場。
 
あれ、あっき髪切った?(((o(*゚▽゚*)o)))
 
この時のわたしは、まだ、大事件が起きていることに気づいていない…。
 
1.GOD
 
この日まず驚いたのが、EX THEATERの音の美しさでした。
 
後方にいるので、AKIHIDEさんの音をしっかりと聴くのは難しいのかなと思っていたのですが、上手側の外音からしっかりAKIHIDEさんの音がクリアに響いて感動でした。
 
何より感動したのがドラムの音!
とても澄んだ響きでこんな広い会場でこんなにも綺麗に音が響くのか…!と感動でした。
 
摩天楼オペラをここで観られるのが楽しみになりました。
天井もすごく高いし、EX THEATERが大好きな会場になりました。
 
いつも通り煽ってくれるあっきー。かわいい。
 
ほんとにギターの音色が美しくて聴き惚れます。
 
「GOD」はスポットライトが全くなく、舞台上からの照明でステージ全体を染める光しかなかったので、舞台上のメンバーは完全に照明の色に染まっていて。
 
あっきー髪切ったかな?
 
右耳が見えるように切ってある。
かわいい。
 
異変に気付いたのはこの頃でした。
 
ん。
 
ん。
 
ん?
 
……………照明の反射にしては髪明るくない……………?
 
心がざわめいてもうガクガクしてくる。笑
 
え、
 
え、
 
えええ?
 
めっちゃ考えるわたし。
明るい。どう見ても明るい。これは今まで観てきたAKIHIDEさんの色ではない。
どう見ても染めている。
  
10年愛した人が突然金髪になるという衝撃に、動揺を抑えきれないわたし。
 
なぜ…………………?
 
今日は後ろにお知り合いの方がいらしたんですが、
「最初見たら普通やったから気づいてないんかなって思ったけど、途中からオーバーリアクションし始めたから気づいたんやなって思った」
って言われました(笑)
お恥ずかしい限りで…その通りでございます(笑)
 
どうしても、真っ先に浮かぶのは「なぜ?」って気持ちでした。
 
そして、その理由として自分の中で真っ先に浮かんだのが、絶対にここには書けない気持ちだったから、衝撃よりも心配が先に立ってしまって、心のざわめきが止まりませんでした…。
 
2.NO SEX NO LIFE
 
しかも2曲目「Kamisori」じゃないし!笑
 
AKIHIDEさん金髪の衝撃にすべて掻き消される追加公演ならではのサプライズ…。
 
もう、跳んでる場合じゃないし(跳んだけど!)
 
「NO SEX NO LIFE」でようやくスポットライトが当たりはじめて、AKIHIDEさんの金髪を認めざるを得なくなる。
もう、ひたすらに黄金色に輝くAKIHIDEさんのつやめく髪を見つめ続ける。
 
金というより、アッシュの入った金。
ヤンキーのような不躾なゴールドではなくて、王子様のような上品なアッシュゴールド、って感じの色味でした。
 
美しかったです。
 
美しかったけど、心配の方が先に立ちすぎて…………。
 
3.Everlasting Luv
 
もう、早くMCで髪色のことに触れてほしくて、2曲やったらMCだと思ってたら「Everlasting Luv」始まって「お!」ってなりました。
このツアーずっとそうやったやんか…。
それを忘れさせるほどの金髪の衝撃。
 
サビ裏のギターを弾くAKIHIDEさんも、金。
迷宮を駆け巡るギターソロを奏でるAKIHIDEさんも、金。
アウトロでトレモロを響かせるAKIHIDEさんも、金。
 
もう、どっからどう見ても金。
 
どういうことなの………。
 
-MC-
 
照明が青く染まって、DAIGOくんの第一声を待ちます。
 
叫べるものなら叫びたかったですけどそうもいかず、もう、吐き出す場所は手に持ってるメモしかなかった。
 
金。
 
金。
 
金。
 
放心。
 
(ほんとうにそう書いてる。)
 
DAIGO「EX THEATER六本木にお集まりのみなさんお元気ですか!
"X-cross-"ツアー追加公演へようこそ!
俺たちが!BREAKERZです!」
 
じゃんじゃーーーん。
 
DAIGO「BREAKERZ年納めライブにようこそ!
12月30日ですよ。あわただしい時にね、大掃除とかね大変な時にお越しいただきありがとうございます!」
 
あっき笑ってる。かわいい。やっぱり金髪。
 
DAIGO「追加公演ですよ!お祭り騒ぎですよ!10すーねん!間違ってない、10すーねんの締めくくりとしてね、みなさんとクロスしていきたいと思ってます!
えーと B1階!アリーナ!全員!
思いっきり楽しんでいきましょう!
ネクスト『ゴールデンナイト』!!!」
 
…ここではしないと思ってたけど言及なし!
 
4.ゴールデンナイト
 
でももうここはド頭からあっきがコーラスで観ないといけないから!
金髪でコーラスするあっきーもほんとにかわいい。
 
ジャンプする前にくるくる回っててめっちゃかわいかった。
 
どこだっけな、ギターが轟いてる!って感じでめっちゃかっこよかった!
2番のAメロトレモロもすごく好き!!!
 
後ろ向いてリズム隊と目を合わせながら弾いてる瞬間もあって素敵だった!
今日は後ろ向いてる瞬間が多かった気がするな。気のせいかな。
 
5.BLACK SKY
 
イントロのあっきのリフが入る直前までの照明がとてもきれいだった!!!
 
暗い舞台に青と緑のレーザーが走って、そのレーザーが天井に向かって動いていって、止まったところであっきーのリフが始まる!!!!
さすがEX THEATER!!
 
「BLACK SKY」はAKIHIDEさんの音色のコントラストが素敵だなって思います。
 
ゴリゴリの?イントロや間奏、Bメロのリフと、Aメロやサビの音の響きのコントラストが本当に美しいです。
 
AメロのAKIHIDEさんのギターを聴いていて、AKIHIDEさんの音は、音色が空気に零れた時に生まれる波紋まで含めてすべてが美しいな、と思いました。
音、そのものだけでなく、その音が空気を伝わる響きも美しいんです。
音の余韻、音の残り香。
 
こんなにも音の波紋まで含めて大好きだと思えるギタリストってAKIHIDEさんしかいないので、ああ、やっぱりわたしはAKIHIDEさんのギターが大好きだな、と思いました。
 
そんな情感溢れる音色を奏でていると思いきや、Bメロはゴリゴリの真っ黒なリフを弾かはるので、そのコントラストにときめきます。
 
SHINPのラップのところは、SHINPの方をびしっと指さすあっきー。
 
でもラップのところに挟まるあっきのギターもほんとにかっこいいなぁ。。
 
そしてギターソロ。
そしてCメロのトレモロ。しぬ。最高。
音の響きが美しいです。
 
サビのコーラスで歌う姿もかわいいし、AKIHIDEさん、好きなところしかないやん。。
 
6.激情
 
ここも変わった!(((o(*゚▽゚*)o)))
 
VS GLAYのDVDめっちゃ観てたから、聴けてうれしかった!!
今日もイントロのドラムは思いっきり「誘惑」でした。
 
Aメロのメロディーが好き!
 
2番のBメロがとてもメロディアスで美しかった!
そしてギターソロ!ユニゾン
 
やっぱり金髪。笑
 
しんぴーがユニゾン入る直前、上手にいるあっきーの方を見て
「うん」
って頷いたの、絆を感じて素敵だったな!
 

 
SHINPの煽り!!!
 
SHINPEI「六本木のみなさん楽しんでますかー!!!
俺も今日は気合を入れて筋トレ増やしてきたぞーー!!
みんな、ギロッポンの街をドライブしたくないかーーー!
全員でドライブしようぜーーー!!!」
 
7.RODEO DRIVE
 
この辺りからかなぁ、ようやく金髪のAKIHIDEさんに少し慣れてきたというか、理由を知りたいという気持ちより観ることへの集中が勝ってきた。
あまりの美しさにずっと見惚れてた。
 
RODEO DRIVE♪RODEO DRIVE♪ 

今日はめっちゃ歌った!
 
「Let's go♪」のあっきーほんとかわいい。 
 
今日はあっきーが金髪なせいですごく情緒不安定になってしまって。
 
Cメロのおーーーーーを、ギター2人が歌っている姿を観ていたら、あまりにあたたかい多幸感に包まれた空間にいられている幸せを感じて、めっちゃ泣けてきた。
 
DAIGOくん、
♪暴れ馬を乗りこなせ♪
のところ、ほんとに暴れ馬を乗りこなすジェスチャーしてたんだね!
全然気づいてなかったよ。ちょっとセンター寄りで観られてよかった!
 
そういう3人を観ていたら、もうほんと、BREAKERZ好きでいてよかったなってすごく泣けてきた…。
 

Cメロのコーラスすきすぎる。。
 
DAIGO「Thank you!」
 
お立ち台の上に乗るDAIGOくん、そう言って両手でぎゅいーんってハンドル切りながらお立ち台下りてった!
そんなことしてたの!!
 
-MC-
 
DAIGO「EX THEATER楽しんでますかー!
楽しんでる人はだれかな!」
 
\はーい/
 
あっき、アコギスタンバイ。
 
DAIGO「六本木の街をドライブできて楽しかったですよ。
車はもちろんダイハツタント!
こんなにいっぱいでも、乗り降りラクラク!」
 
お見事(((o(*゚▽゚*)o)))
 
DAIGO「今回はXツアー追加公演ということで、いろんな場所でXして回ってきたんですけど、素敵な1年になりました。
素敵なみなさんとコラボもできてね、思い出に残る作品になりました。
GLAYのJIROさんToshiNagaiさん、GRANRODEOのe-ZUKAさん、SKY-HIくん、ゴールデンボンバー鬼龍院翔。あ、ここは後輩だからここだけ呼び捨てなんだけど。
超特急のみんな、Trignalのみなさん、MY FIRST STORYののぶくんKid'zくん、VAMPSのサポートされてるJu-kenさんARIMATSUさん。
リスペクトさせていただいているみなさんとコラボさせていただいて、すごくうれしかったです。
次の曲はレーベルの大先輩。
もしかしたら俺たちのCDの宣伝費はこの方から出てるかもしれない…」
 
おい!笑
 
DAIGO「いや、わかんないけど!この方がいなかったらビーイング…いや、やめときましょう!」
 
うん、やめとこ!笑
 
DAIGO「大尊敬している倉木麻衣さんとコラボさせていただいた曲を歌いたいと思います。
『ひらり舞い散る花のように』」
 
8.ひらり舞い散る花のように
 
拍手とあっきのイントロのアコギが重なってしまってちょっと残念だった…。
でも、ほんとに今日はアコギの音色まできれいに聴こえた!
 
今日は途中から使うピックをマイクスタンドから取ってた!
 
桜色の照明が美しい。
思えば、初めてこの曲を聴いたのもここEX THEATERだったな。
 
今日はマコちゃんの前にガラスの屏風みたいなのがあったんだけど、「ひらり舞い散る花のように」の時に、光の反射でAKIHIDEさんの後姿がそのガラスに映っていて。
 
最初
「誰このひと。。?DAIGOくん。。?」
って思ってたんだけど、それはたしかにAKIHIDEさんで。
AKIHIDEさんの髪は、紛れもなく金髪で。
ああ、AKIHIDEさん今、金髪なんだなぁ…………って、改めて感じました。
 
Cメロはまるで夕陽のようなオレンジの照明。
Cメロからソロにかけてのアコギの音色がすごくAKIHIDEさんらしい響きのある音色で大好き。
 
ソロは下手側から一直線にAKIHIDEさんに射す照明がすごく美しかった。
 
あ、そういえば今日はずっとアコギ以外は白アリスだった!
 
ラストのドラムの余韻、美しくて好きだなぁ。
 
-MC-
 
DAIGO「『ひらり舞い散る花のように』でした。
Xにはね、コラボ盤ともうひとつリクエストベスト盤というのがあってね、BREAKERZが大好きなみなさんに選んでもらった曲が収録されているんですけど。
10年やってきて、いろんな曲があって、いろんな曲作ってきたなぁって思いました。
思い出深い曲もすごくたくさんあって、すごく大切な曲がたくさん詰まったアルバムになりました。
今年はいろんなアーティストさんとコラボさせていただいた1年だったんですけど、先日ね、コラボできる瞬間があって、すごくすごく思い入れの深い1曲になった曲があります。」
 
次の曲、わかった。
 
DAIGO「YOSHIKIさんとセッションさせていただいた曲です。聴いてください」
 
9.世界は踊る
 
ここのコーナーはいつも、あえてタイトルコールをしなかったのがよかったなぁって思います。
 
AKIHIDEさんが指で奏でる優しいエレキの音色。
エレキでこんなあたたかい音色を出せるだなんてAKIHIDEさんはすごいなあ。
 
AKIHIDEさんが入って、シンセが入って、この音に乗せてDAIGOくんが歌い始める、という構成だったと思うのだけれど、この時AKIHIDEさんがめっちゃDAIGOくんの方を観ながら弾いてた。
 
逆光の照明。
 
間奏のメロディーの後ろのところをちょっとアレンジしてた。
ちょっとだけ。
音に気持ちが乗ったからこそのアドリブって感じで、すごく素敵だった。
 
Aメロのあっきーのギターが入る前、あっきー後ろ向いてた。
機材の調整かな?
 
ギターソロ聴いてたら、理由はよくわからないけど泣けてきた。
 
音を聴くだけで、心が震えて涙が出てくるようなギタリストに出逢えて幸せだなって思った。
 
アウトロは、音源の轟くような真っ白な光の音とは違う。
あたたかくて優しい音色。
光に満ちていてとても美しかった。輝いていた。
 
10.Snow Rose
 
ここの流れがとても美しくて、感動した…!
 
でも、リクエストベストの選曲を尊重した今回のセットリストが大好きだったから、すこし残念な気持ちもあったなぁ。去年のFCイベントで唐突にやってたし。
競ったんかな?
「hEaVeN」をいっぱい聴けて、「hEaVeN」への想い残しは少なくなったツアーだったけど、「hEaVeN」推しとしてはちょっとくやしかった。笑
 
サビのギターめっちゃ好き。
この曲もAメロのアルペジオと、サビのコントラストが美しくて素敵だなぁ。
ギターソロの展開もかっこよくて大好き。(くやしいとか言っといてすきなんかい笑)
 
アウトロ、AKIHIDEさんのアルペジオソロのアレンジが加わっていて。
とても美しくて素敵だった…!
 
AKIHIDEさんに射すスポットライト。
 
次に全体が明るくなったら、
 
11.BATTLE SE -VS-
 
DAIGOくんいなかった!!!
 
AKIHIDEさんに目を奪われたのもあるけど、これまでずっとDAIGOくんが去るところ観ていたからすごくびっくりした!!
 
今日のVSは、放心状態だった。
 
いちばんの肝のメロディのとこのドラムめっちゃかっこよくて好き。
 
SHINPのソロの時、SHINPに向けてぴちっと指さすあっきーかっこいい。
 
リズム隊ソロのところはギター2人もリズム隊の方を向いてびしっと指さしたりしていてかっこよかった!
 
ラストのお立ち台にギタリスト2人が登るのも、ほんっとにめちゃくちゃかっこいい。
BREAKERZツインギターを好きになれてよかった。
 
ここまで金髪ちょっと封印して書いてこれたけど、やっぱりどこからどう見ても金髪なAKIHIDEさんへの衝撃は、ライブ1本観たくらいじゃ全然収まらなくって。
 
でも、下向いてギター弾いてる時の髪のつややかさがほんとうに美しくて、16歳の少年のようだった。
AKIHIDEさん40歳よ。
2周りも若返るってどういうことなんだろう。
 
光に透けてしまいそうなつややかな金髪のAKIHIDEさんは、消えてしまいそうに儚げな少年みたいだった。
すごく美しかった。
 
AKIHIDEさんの髪、ずっとつるつるてんって言ってたけど笑
つるつるてんの髪がここにきて本領発揮した感じだった。
すごく美しかった。
あと右側の耳が見えてるのがすごく素敵です。美しいです。
つるつるてん。小人になってAKIHIDEさんのつるつるてんの金髪の上をすべりたいです。
つるつる~。
 
最後、AKIHIDEさんとSHINPがお互いの手をグーにしてこつん、って合わせてて、すごいじーんとした。
 

 
DAIGOくん戻ってくる。
 
DAIGO「まだまだ盛り上がっていくぞー!!」
 
台詞は違ったかも。
 
12.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
 
「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」の好きなところはメインのメロディーがギターのところです!!!
 
ソロも最高だった!
 
Cメロの照明が歌詞のとおり変わっていくかは観るの忘れました!笑
 

 
あっきの煽り!(((o(*゚▽゚*)o)))
 
次はあっきが話さないとはじまらないのに、上手でひとりくーーーるんって一周してからマイクスタンドに戻ってきてた。かわいかった。
 
次はあっきの番だよぉぉ!
 
AKIHIDE「紳士淑女のみなさま、この度は手前どものライブにお越しくださり、誠にありがとうございます。
わたくしめ、各地で方言でお話をしてきたのですが、東京は2度目ということで東京は何をやったらいいのかわかりません!
というわけで丁寧語で行こうかと思ったのですが、育ちが悪いせいでなに言ってるのかわかりません!!
 
育ち、悪くないよ!!!!
 
AKIHIDE「しかしながら盛り上げたてまつりたいと存じます!!
みなさまの美しい腕、たくましい腕を挙げていただきたく存じます!!」
 
たくましい腕ww
 
AKIHIDE「乗っているかい!!」
 
\イェーーーイ/
 
AKIHIDE「みなさまイェーーイではありません。『乗っているよ』とお答えください。」
 
イェーイじゃだめなんだってww
 
AKIHIDE「乗っているかい!!」
 
\乗っているよ!!!/
 
AKIHIDE「合っておりません!」
 
AKIHIDEお兄さま厳しいです!w
 
AKIHIDE「しかし、思いのほか盛り上がったのでよろしいです!
次の曲を贈ります…『恋のスーパーエクスプレス』で、ございます………」
 
13.恋のスーパーエクスプレス
 
照明が七色ですごく美しかった!カラフル!
 
今日、全体がよく見えたからDAIGOくんも結構見えたんやけど、今日は超特急ポーズしてる人多かった!
やっぱり高くてみんな見やすい場所だと揃うんだなって思った!
Let's goはDAIGOくんばきゅーんって撃ってたんやね。初めてみた笑
 
やっぱりBREAKERZは広い場所が似合うよ!
今日はお立ち台も上下センターに3つ設置されてて、そうだよこれこれ!って感じだった。
地方はセンターにしかお立ち台なかったから。
戻るべき場所に戻ってきた感あったな。
もちろん、もっと広い場所で見たいって気持ちは変わらない。
 
だれだれ?のところ、あっきが
「どなたさまでございますか!!!」
って言っててめっちゃ笑った◎
 
DAIGOくん、「だれなーーーん!」も言ってくれてありがとう!
あこロングトーンやから1人2役結構厳しいよね。ありがとう。
 
14.SUMMER PARTY
 
「SUMMER PARTY」!
イントロのへヴィなところ、全員リズム隊の方を向いて、暗めの照明で始まるのかっこいいなぁ。
 
♪もう二度と恋なんてしないと誓った 東京の夜~♪
 
って歌ってた♪
 
「SUMMER PARTY」のサビのギターの音色のトーンが、すごい好き。
これも音色の波紋がすごく美しいなぁって思う。
 
きみだーけをーー♪
だきしーーめてーーえーーー♪
 
は3人お立ち台に!
 
その後の歌もあっきにマイク向けて歌わせるDAIGOくん!
 
♪SUMMER PARTY~
この夏はすべて~
きみと~の~
思い出にさせていただきたいと思います!!!
 
って早口で言ってて爆笑w
かわいかったなぁ…。
 
そしてスポットが当たるとすごく分かる、あっきの金髪。
 
ほいで、しんぴーにまたラスト歌ってもらおうとしてたけど、
♪確かに君に触れていたい をまだDAIGOくん
♪確かに君を求めてって歌っちゃって2連続
♪確かに君を求めて2連続になってた!!
 
SHINPもDAIGOくんもめっちゃ笑ってたw
 
-MC-
 
DAIGO「みなさま、楽しんでいらっしゃいますでしょうか!
あきさまはXツアーの間、方言コーナーをやってきたわけですけど!」
 
AKIHIDE「そうですねぇ。1番よくわからないかんじになってしまいましたけど…
予習は一応してきたんですけどまったくできなかったですね!
追加公演だから、お祭り気分な感じでいいかなと」
 
DAIGO「とてもよかったでございます」
AKIHIDE「光栄の極みです。ありがとうございます。」
DAIGO「これ以上ないお言葉をいただき、誠に嬉しい限りでございます」
AKIHIDE「…やっぱりDAIGOくんは美しいね。流暢だね」
 
DAIGO「お店の店員さんでもいるよね。
『本当にお似合いですぅ。間違いございません!』みたいなの。いない?」
 
これ、絶対どこかでも言ってた!って思ったんだけど、きっと福岡のFCイベントかな?
あっきが開店直後の百貨店行った時のお話だった気がする!
 
AKIHIDE「ついつい買っちゃうやつだよね」
DAIGO「『内藤さま!もーーー!お似合いですぅ!』みたいな」
 
内藤さまって呼ばれるくらいごひいきにしてるお店があるんかな…。笑
 
AKIHIDE「身震いするくらいね」
DAIGO「『よくしていただいて~もう~』」
SHINPEI「タイムカード切ったあとはどうなるんでしょうね笑」
DAIGO「『あーーー!!めしーーー!!!!』とか?笑
極端かもよ。家でもさ。
でも一緒だったらすごいよね。
『おいしいごはんをいつもどうもありがとうございますぅ~。
お風呂の温度も適温で!』みたいな」
 
AKIHIDE「愛おしくなっちゃうね」
 
AKIHIDEさんが好きなみなさんききましたか。
AKIHIDEさんは家でも丁寧な方だと「愛おしくなっちゃう」そうですよ!
みなさん!
丁寧に生きましょう!笑
 
SHINPEI「かわいがってあげたくなっちゃいますね」
DAIGO「おもしろいよね。
でも、いいことだと思うんだよね。いいメッセージだよ。
TPOって大切じゃん。おれたちもういい大人だから。
TPOの使い分けって大切だから。大人なBREAKERZに。2018年いいかも。
あきさんが道を示してくれたよ」
 
AKIHIDE「お互いね、親しき中にも礼儀ありみたいなね」
DAIGO「HPとか全部『情報を、更新いたしました』みたいなさ」
SHINPEI「体言止めをやめる的なね」
DAIGO「『ライブが決定いたしました。お越しくださいますと、たいへんうれしゅうございます』みたいな」
AKIHIDE「ロック感ゼロだね?!笑」
SHINPEI「筆ペンの書体みたいな」
DAIGO「…筆ペンじゃなくてもいいかな!笑
みんなねライブの思い出ね。1人5ツイートしてほしいの。
『それはほんとうにもう楽しゅうございました』
BREAKERZはダイヤのような輝きでございました』
5ツイートしてね!チェックするから!
Twitterやってるひとー!いるじゃん!
いっぱい書いてもらえたら発見しやすいから。
そうやってね、いい方向に使っていきたいから。愛のメッセージをね。
1人5ツイート!よろしくお願いします!
Twitterやってない人はね日記に書いてくれていいからね」
 
ノルマツイート、やりました!
 
DAIGO「それじゃあね、BREAKERZ今日は追加公演ってことでもっともっと盛り上がっていきたいんだけど!
ここ天井が高いでしょ。だから声吸収するのよ。跳ね返りがあんまりないからね、もっと声出してほしいの!
もっともっと盛り上がっていくぞーーー!」
  
15.NEVER ENDING STORY
 
メインメロディーがSHINPってことにはじめて気づいた!!!!!
 
ソロがユニゾンだから、DAIGOくんが
BREAKERZ、ギター!」
って言うのすっごいすき。
 
16.FAKE LOVE
 
SUMMER PARTYとFAKE LOVEであっきはいつも下手に行く。
 
1番のサビのコーラスは上手、2番は下手でしてた。
 
今日はそのあと、DAIGOくんがあっきをお立ち台に迎えてた!
DAIGOくんはあっきの肩を抱き寄せた!
 
いつもは上手のマイクで歌ってる
♪もう一度、愛してるって言って!!!
をDAIGOくんのマイクで歌ってた!!!!!
 
…………わたし、今年の豊洲のREAL LOVEを観てからちょっと様子がおかしいねやんか…………(懺悔)
 
10年、「REAL LOVE」を観ても何も感じなかったわたしがですよ。
今日は金髪のAKIHIDEさんがあまりに儚げで美しいから、
 
「DAIGOくん!!!今日のAKIHIDEさんいつもとちがって美しいやん!!!
ねぇねぇ!!!ねぇねぇ!!!!『REAL LOVE』やったらどうかな!!!!!!
襲いたくならないの!!!ねぇ!!!DAIGOくん!!!!!!!!」
 
って思わず心の中でDAIGOくんに語りかけてしまった…笑
「REAL LOVEやったらどうかな」なんて、人生で思ったことなかったのに…笑
 
あんなかわいい子間近にいたら、抱きしめたくなるやろ………。
 
DAIGOくんはわたしが観てる位置と違ってもっともっと間近やしさ…。
 
わたしはAKIHIDEさんがあまりにもつややかで美しいから、液体になって溶けて、AKI湖の水と同化してしまうかと思ったよ…。
 
DAIGOくん、今日はいつもよりAKIHIDEさんとの絡み多めな気がしたけど、超納得なのであった。。笑
 
17.She Is Devil
 
DAIGO「頭振れ!!!!」
 
めっちゃヘドバンした!!
 
18.DESTROY CRASHER
 
AKIHIDEさんがお立ち台の上で、立って自分よりも高く高くギターを掲げてピックスクラッチをしていた姿がとても美しかったです。
 
みんなAメロ表で拳突き上げるんだけど、もうあこはあまりにも裏打ちでしかなくていつもひとりリズム反対になってしまう。でも譲れない。。
 
スペース広かったし、暴れまくり倒していたためステージの記憶なし!
 
そういえばここじゃないけどAKIHIDEさんほんとピック投げるの上手になったねぇ!
すごい遠くまでぴゅんぴゅん飛んでた!
 

 
結局AKIHIDEさんの髪色に言及ないまま本編終了。
 
アンコールで何かあるって信じてる…。
 
-EN-
 
メモに
 
金かわいい。
 

少年のよー
 
って書いてる。笑
 
金髪のAKIHIDEさんはほんっとにかわいかったの…。
かわいさと動揺のせめぎ合い。
 
メンバー出てくる。
 
DAIGO「アンコールありがとう!
ハッピーニューイヤーイブイブ!忙しい時期にBREAKERZに会いに来てくれてありがとう!
本当に感謝してます!
すごくみんなね、Xツアーを通して、BREAKERZのことをもっともっと好きになってもらえたんじゃないかなって思っています。
いい感じのライブになったと思うし、やってよかったなって思ってます。」
 
あっき、ギターチューニングしてる。
 
DAIGO「Xツアーはいろんなアーティストさんとクロスしたけどね、XのYOSHIKIさんともね、YOSHIKIちゃんねるに出演させていただいて」
 
YOSHIKIちゃん、って言うのかと思ってめっちゃびっくりした笑
ちゃんねるね笑
 
DAIGO「ゴールデンボンバーのあとでさ」
AKIHIDE「そうだね」
DAIGO「逆にしてほしかったよね!」
SHINPEI「にぎやかですからね」
DAIGO「でも、良い時間だったよね」
AKIHIDE「俺はXさんからロックが始まったから、僕らの曲もセッションさせていただいて本当にハッピーな時間を過ごさせていただきましたね」(後半DAIGOくんの言葉かも…)
DAIGO「『世界は踊る』ね!いい曲って褒めてもらえてね」
 
って、DAIGOくんあっきの方を見て言ってて、もう、わたしもあっきよかったねぇ…って思った。
「世界は踊る」を創ったのはAKIHIDEさんだもんね。
ほんとうにうれしかっただろうなぁ…。
 
DAIGO「うれしかったね」
SHINPEI「ピアノとアコギのセッションってなかなかないですからね」
DAIGO「YOSHIKIさんとX(クロス)
2017年ギリギリでのX(クロス)!
20周年にコラボできるかな?わかんないけど!とりあえず俺たち20周年まではがんばろう!
20周年まで!みんなも頼むよ!」
 
20周年といわず、ずっと応援するから大丈夫だよ!笑
 
DAIGO「GLAYさんも対バンしてくれるって言ってたし!」
 
これを繰り返すDAIGOくんがほんとにかわいい。笑
 
DAIGO「YOSHIKIさんも」
AKIHIDE「うん」
SHINPEI「既にリザーブが2組も!」
DAIGO「意地でも続けます!」
 
たのんだ!
 
あっき笑っててかわいい。
 
DAIGO「気合い入れるためにね、今日Xさんの映画観てから来たの。
『We are X』
着合い入ったよ!」
 
SHINPEI「だから今日始まる前の掛け声We are!だったんですね」
DAIGO「そう。We are!BREAKERZみたいな」
SHINPEI「なかなかない掛け声だったからびっくりしましたよ」
 
DAIGO「バンドやってたらさ、いろいろあるのよ」
AKIHIDE「そうですねぇ」
DAIGO「やっぱりさ、Xさんは殴り合ったりしたみたいなのよ」
AKIHIDE「その時に」
DAIGO「でもさ、俺たちそういうタイプじゃないじゃん」
 
そうだね。笑
DAIGOくん、SHINPにちかづく。
 
DAIGO「SHINPEIさ、こないだの曲…………
めっちゃ良い曲じゃん!(頭ぽんぽん)」
 
かわいすぎwww
 
DAIGO「才能あるじゃん!」
 
DAIGOくん、今度はあっきにくっつく。
 
DAIGO「あきさま!
あきさま…俺に黙って髪の色変えたじゃん
AKIHIDE「すいません」
DAIGO「俺に黙って」
AKIHIDE「ごめん…」
 
DAIGO「…超かっこいいじゃん!!!!!!」
 
DAIGOくん、あっきの頭ぽんぽん。
 
 
ああああああああああああああああああああああああああああ
 
 
何このオラオラ系彼氏と儚げ彼女のこらぼおおおおおおおおおお
 
 
クロスううううううううううううううううううううううううう
 
 
ああああああああああああああああああああああああああああ
 
 
結局、AKIHIDEさんの髪の色に言及あったのここだけだったんですよ!
 
いやあっき、全然説明責任果たせてないし全然足りてないから!全然!!
 
でも、DAIGOくん!!!!!!
 
誰もが思ってたことをちゃんと言ってくれてありがとう!!!
あなたこそがリーダー!さすがリーダーです!!!!!
 
しかも、あっきの「ごめん………」の言い方かわいすぎた。
しんだ。
あああん思い出すだけでかわいくてしんじゃうううううううううううううう
 
許す!いやごめん許せてないけど。。
 
ごめんかわいかった。。
愛しい。。。。
 
超かっこいいじゃん!も、髪の色も、なんかもう全AKIHIDEファンの言葉を代弁してくださっていて、DAIGOくんありがとう。って思いました。
 
AKIHIDE「突き上げて持ち上げられるの…うれしいね」
DAIGO「グーじゃなくてパーで行くから(ぽんぽん)」
SHINPEI「パーは世界を救いますね!」
DAIGO「いやそれはちょっとどうかと思うけどww
これがBREAKERZらしさだよね。
今日初めて来た方いらっしゃると思うんですけど、SHINPEIこういうところあります。
これがSHINPEIの魅力であり、BREAKERZの魅力のひとつかなと思います」
 
SHINPの魅力であり、BREAKERZの魅力のひとつ。
ほんとその通りですね!
 
DAIGO「モンスターチャームね!みんな気に入ってるんだけど」
 
SHINPなでなでしててかわいい。
 
DAIGO「今日は紹介しません!もうみんな持ってると思うから!
した方がいいの?
あんまり盛り上がんないかもしれないじゃん!
やらないってなると食いつくの、人の心理ですね!
まこつのお気に入りなんだよね!」
 
まこつ、椅子のうえにたって振り回す。ぶんぶん。かわいい。
 
DAIGO「You are?」
マコちゃん(X?)Xポーズ。
DAIGO「……誠じゃん!ごめん打ち合わせてなかったねw」
 
DAIGO「まつくんもね」
おまつは携帯につけてる!
DAIGO「使いにくくない?」
まつ「ちょっと。でも、おっきーから、なくさない」
 
おまつナイスフォロー。
 
DAIGO「まつくんと待ち合わせしたらさ、」
 
待ち合わせミニ寸劇!
まつくん頭上でモンスターチャームぶんすか振り回す
 
DAIGOくん、いたーーー!ってなる!
おまつ、笑顔で応える!
このやりとりかわいかったw
 
DAIGO「(ぶんぶん)こうできるから便利だね!
SHINPはどこにつけてるの?」
 
SHINPEI「リストバンドのところにつけてますよ!いつも一緒の友だちみたいでいいですね。
こぶん?こども?的な」
 
SHINP、ぶんぶん振り回す。
 
DAIGO「あきさまは」
AKIHIDE「僕はおしりにつけてますよ」
DAIGO「かわいいでしょーーー」
 
\かわいい!/
 
AKIHIDE「どこにつけてもね」
DAIGO「でもみんな持ってると思うから。
でも、気になる人はゲットしてくれたらうれしいな。いらないなって人も、終わった後にグッズ売り場眺めていってください」
 

 
DAIGO「Xツアーではね、Trignalとクロスした作品でね、三角関係を歌った曲があって、台詞があるんですけど!
誰が女になるかのくじをしてました!」
 
箱でてきて、SHINPとあっき引く!
 
DAIGO「今日はねまだ残りが3つあるの!
まつくんとまこつにも引いてもらおうって!」 
 
AKIHIDE「初の試みだねぇ」
 
DAIGO「5人パターン!
2つははずれ。3役しかないからね」
AKIHIDE「はずれのひとは?」
DAIGO「演奏に徹する。
お客さんに見えないように開けてね」
 
全員後ろ向いてくじ開封の儀!
 
DAIGO「なんかの合格発表みたい笑」
 
DAIGO「はずれのひとはね、演奏に徹することにしますから。
お客さん見つめてください。
この曲は終わった後に『かわいいー』って言うことになりましたんで。よろしくおねがいします」
 
1.Triangle
 
あっきゆらゆらしてるーーーかわいいよぉぉぉぉぉぉ
 
そして、緊張の1サビ終わり!!!
 
まつ「本当は君のことを。。」
しんぴー「ずっと前から君のことを。。」
「「でも。。」」
 
まこ「ねぇ…ずーっとなかよくしようね♡ずっと3人いっしょにいようね♡」
 
会場中からわき上がる歓声(笑)
 
マコちゃん、なんかドラムも止まってめっちゃ下見てたくじの台詞必死に読んでたんかな?って思った笑
 
「約束~」言えてなかったw
 
全員がマコちゃんを見守ってたww
 
2番Aメロ、DAIGOくんが寄って寄って!ってドラムセットの後ろ側に回ってマコちゃんにバリ寄るまつ&しんぴー
 
DAIGO♪思った矢先に 誠が♪僕の袖つかむよ~~♪
 
DAIGOくんはずれで余裕があったのかあの子を誠にするナイスアレンジw
 
マコちゃん、おまつの袖ちょんって掴む!!
ちょんって!!かわいい!!!
 
おまつもうマコちゃんの前にぐいって袖持ってきてたしM&Mやからそらおまつになると思うけど!
 
会場中からわき上がる歓声(笑)
 
そしてなぜかはずれ組のDAIGOくんとあっきー、くっつき始める
なんでやねんw
 
ドラムセットにM&M、上手にDAIGOくん&あっきー
下手にひとり残るしんぴー
 
フロアに向かって
 
「1人?」
 
って指1本指してるwww
ごめん、爆笑www
 
しんぴー舞台袖に人呼びに行くwww
ギターテックのゆっきーさん出てくるwww
丸く収まるwwwwww
 
曲終わるwwwwww
 
\(*だ▽い*)(*あ▽き*)/
 
上手で咲いてるDAIGOくん&あっきー
 
\かわいーーーーい!!/
 
-MC-
 
曲が終わってもくっつき続けるDAIGOくんとあっき
 
おまつ「……そこ2人関係なくないすか?!?!?!
。。。かわいいけど!!!!!」
 
まつくん、よく言った!!!
 
まつくんがライブ中の発言やステージングにおいて、すごく気を遣ってくれているんだろうなということは日々感じています。でも、ナイスだった!!!言ってくれてよかった!!!いつもありがとう!!!!(どさくさ)
 
そして「かわいいけど」って言うところに気遣いを感じてありがとう。ってなったよ。
たしかにね。かわいいね。でもね、関係ないよね!
 
DAIGO「誠が女!」
AKIHIDE「すごいねぇ」
DAIGO「まつくん選ばれたね!
SHINP、ひとりになったらローディのゆっきー呼んできたじゃん!」
 
SHINPEI「すいません!ついね、ギターテックのゆっきーさん呼んできちゃいました」
 
DAIGO「カップルね、ちゃんとできてよかったよね!
 
\(*だ▽い*)/
 
DAIGOくんね、ほんとうれしそう。笑
まあ今日のあっきいつにもましてかわいいしね。しかたないよね。笑
 
DAIGO「誠、しゃべりながらだとやっぱり叩けなかったね!」
でもね、偶然ね!
くじにはずれ。って書いてあってテンション落ちかけてたけどね」
AKIHIDE「かやのそと感あったね」
 
DAIGO「はずれ同士無事結ばれましたしね、なるべくしてなった感じがしますね!
 
DAIGOくん、ほんとうれしそう。
ひとりご満悦のDAIGOくんであった。。。笑 
 
これで妻は景子ちゃん。
DAIGOくんすごすぎて意味がわからない笑
 
DAIGO「2018年もがんばれるパワーになりました!
10周年の1年でしたけど、SHINPEIはどうだった?」
 
SHINPEI「10年という長い歳月をかけて、いろんなイベントやライブ、CDをリリースしてきたんですけど、今年はそれを全部大放出したような1年でした。
今までのBREAKERZを全部出した今、これからのBREAKERZが見えた1年だったんじゃないかなと思います。
10年、メンバースタッフ、ファンのみんなの絆を感じられた1年だったと思います。
ありがとうございました」
 
DAIGO「あきさまは」
 
AKIHIDE「10周年イヤーということでとても濃厚な1年だったなと思います。
色んな思い出があって、思い出が、みなさんにとっての明日への架橋になればいいなと思いますし、今日のライブも来年への始まりになればいいなと思います。
みんなのおかげで駆け抜けられた、みんながいたから駆け抜けられる、そんな1年でした」
 
DAIGO「今年は絆を深められた1年でした。
BREAKERZのライブはさらにいい感じになってると思うし、BREAKERZを愛してくれているみんなに、愛をさらに返していきたいと思います。どれくらい返していくかは……今年流行った
『倍返しだ!』」
 
AKIHIDE「今年じゃないね?」
SHINPEI「3~4年前ですね?」
 
なんのボケだw
 
DAIGO「倍返しだ!しかも似てないパターンだね笑 今年はね、BREAKERZのファンであることを誇りに思ってもらえた1年だったんじゃないかなと思います。
ライブに来てもらって、元気になったり、活力になったりするように来年もやっていきたいなと思います。
……『We are X』観てたらさ、いろいろあるのよ!!!大変だなと思って。
詳しくは言わないけど!だから気をつけよーね!
いろいろとね!」
 
AKIHIDE「とつぜんだね。。?」
 
DAIGO「わるいひとがブレインウォッシュしてきたりするんだよ!」
 
洗脳、ね。。
 
AKIHIDE「?うん」
 
あっきわかってない笑
 
DAIGO「わるいひとには気をつけよーね!」
 
よーね!笑
 
DAIGO「We are X貸すから!」
 
DAIGO「We are!」
 
\X!/
 
DAIGO「そこはBREAKERZがいいな!We are!」
 
BREAKERZ!/(Xポーズしながら笑)
 
なんのお願いでなんの振りなん!笑
 
DAIGO「そしてね2018年もどんどん勢い付けていきたいんですけどね、ここで新曲を!ダメプリのアニメのオープニングテーマにもなってます!!
『D×D×D』!」
  
2.D×D×D
 
サビの最後にダメ!ダメ!って言ってるんだけど、イントロのリフが完全にダメ!ダメ!の歌メロだったなぁ。
 
Aメロのギターがかっこいい!
 
サビのAKIHIDEさんのギターのトーンが美しくて、とても、「SUMMER PARTY」に重なるものを感じた。
ポップだけど、AKIHIDEさんのギターの音の響きは確かに美しい。
そんなBREAKERZらしいナンバー。
 
ギターソロはギターバトルになってた!かっこいい!!
 

 
ドラムからスタート!
 
コール&レスポンス!
 
あっきーはメロディ&レスポンス!
 
DAIGO「みんなも知ってるこの曲ならーーー!」
 
らららランドセルは♪来るかと思ったら!
 
DAIGO「Forever love♪」
 
Forever love♪/
 
DAIGO「Forever dream♪」
 
\Forever dream♪/
 
会場に響き渡る高らかなTEAM BREAKERZの美声、印象的だった。笑
 
Xの曲はさすがやね!
 
3.GREAT AMBITIOUS
 
今日がいちばんいい「GREAT AMBIITIOUS」だった。
 
♪あの曲のあのフレーズを初めて弾けたあの喜びは心に刻まれてるよ
 
は、AKIHIDEさんと向かい合うDAIGOくん。
♪心に刻まれてるよ、はあっきの胸をこんこんってしてて素敵だった。
 
2番の同じ歌詞のところはしんぴーのほうに行ってた。
 
コール&レスポンス、もう、泣けて泣けてしかたなくて。
 
ステージの5人を観ていたら、BREAKERZを応援する人生を生きられて、ほんとうによかったなぁって思った。
 
そのあとのCメロも、合唱なのかDAIGOくんの歌聴くのかいっつもみんな迷う空気出てたけど、今日は合唱することなくちゃんとDAIGOくんの歌聴けた。
 
感動した。
 

 
DAIGO「今日は追加公演だからもう1曲やっちゃうか!!!いけんのか!!!いけんのか!!!」
 
めっちゃうれしかった(((o(*゚▽゚*)o)))
 
DAIGO「暴れ納めだぁぁぁぁぁぁ」
 
この煽りかっこよかった!!!!
 
4.Destruction
 
無事に暴れ納めできた!(((o(*゚▽゚*)o)))
 
AKIHIDEさんのギターって、暴れ曲でも上品で美しいよね!!!!
 

 
2017年ライブ納め、最高の形で終えることができました。
 
2017年はBREAKERZを好きでいられてよかったと、心から思うことのできた幸せな1年でした。
今日はそんな締めくくりに相応しい、素晴らしいライブでした。
 
年の瀬にライブをしてくださり、ありがとうございます。
 
最後の最後にAKIHIDEさんには驚かされました。
 
BREAKERZはサプライズがない分安定が担保されているバンドだなって常々思っていたけど、こんな衝撃があるだなんて思ってませんでした。
 
これからもずっと、AKIHIDEさんとBREAKERZが大好きです。
ありがとう。
 

 
追伸。
 
2017年最後にDAIGOくんのブログを読んで嗚咽しました………。
糸が切れたかのように大粒の涙がぼたぼた出てくるから自分でも驚きました…。
 
 

ameblo.jp


 
そうだよね。
 
いちファンのわたしですら、本気で行きたいと思っていた場所。
DAIGOくんが、行きたくないわけないよね。
 
こういうことほぼ言わないDAIGOくんが、きちんと言葉にしてくれてうれしかった。
 
豊洲の2日間は、わたしの中で初武道館を超えたし、そんな現在を魅せてくださるBREAKERZには感謝しかありません。
ありがとうございます。
でも。
 
やっぱり、あの場所に立つBREAKERZをもう一度観たいです。
 
何度でも僕らは歩き出す MELODY
音楽は奇跡を起こせる魔法だから。