*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- MY FIRST STORY at Zepp Nagoya

f:id:cherryoulife:20170307000313j:plain

2017.3.5(Sun)
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
VS MY FIRST STORY
at Zepp Namba
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
  
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
4th Battle!VS MY FIRST STORY!
行ってきました!
今日も最高でした!
 
*********************************************
 
◆MY FIRST STORY
 
1.ALONE
2.Smash out!!
3.Last call
4.「花」-0714-
5.Love Letter
6.monologue
7.虚言NEUROSE
8.The Puzzle
9.失踪FLAME
10.モノクロエフェクター
11.Second Limit
12.不可逆リプレイス

はじめましてのMY FIRST STORY!
 
hiroくんの少年のような真っ白な歌声が美しかった。
勢いあってかっこよかった!!
 
*********************************************
 
「MY FIRST STORY、エモーショナルでセンセーショナルなステージだったな!!!」
とスカルさん(仮名)。
 
BREAKERZからの意気込みコメント

楽屋?みたいな場所に椅子を3つ並べての撮影。
全員グラサン。ワルを演じられております。

DAIGO「MY FIRST STORYとの対決…俺たちもめちゃくちゃ気合い入ってる!
……なっ!SHINPEI

SHINPEI「そうですね!MY FIRST STORYは日本武道館でのライブも晴れ舞台を観させていただいて、本当に熱い熱いライブで、ノリも半端なかったです!
今日は武道館に匹敵するくらいの熱いライブを作りたい!よろしく!!」

DAIGO「熱いライブにしたいよな。
………なっ!」

AKIHIDE「ぐわぁ~」

あっき まさかの 第一声 「ぐわぁ~」

どうしたあっき。

AKIHIDE「MY FIRST STORYとはイベントの打ち上げで一緒になることがあって、飲み過ぎて、Teruくんとか千鳥足になっていた!
オレも、飲み過ぎて千鳥足になることがよくあるから、勝手に共感している!!!
ギタリスト、そして、チドリストとしても熱いライブにしたい!!!」

チドリストwww

ワルぶってるのに思わず笑うSHINPをカメラがとらえる笑

DAIGO「オレたちは、MY FIRST STORYに、smash out!」

♪MY FIRST STORY「Smash out」

DAIGO「して、やっつける!そんな気持ち!
ただ!
MY FIRST STORYとのライブが終わっちゃったら、すさまじくALONE

♪MY FIRST STORY「ALONE」

DAIGO「さみしくなっちゃうと思う!
Missing you

♪MY FIRST STORY「Missing you」

DAIGO「愛しくなっちゃうと思う!
だから、ライブが終わったら、Love letter
 
♪MY FIRST STORY「Love Letter」

DAIGO「に書いて送りたいと思う!
俺たちの10周年の物語を、みんなに見せたい!
まさに MFS!」

あっきとしんぴの頭に?のマーク。

DAIGO「
M マジで
F ファンタスティックな
S 世界!

DAIGO「Present for you!」

・・・

この沈黙の時間、思わずワルぶって組んだ足がぷるぷるしている様を→で強調されるあっきとしんぴ笑
編集が対決が進むにつれて遊び心満載になってきてる(笑)

*********************************************
 
◆SET LIST

1.ZERO
2.WE GO
3.GRAND FINALE
4.EMILY
5.IN THE SKY
6.Miss you
7.NEVER ENDING STORY
8.ALONE(MY FIRST STORY)
9.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
10.FAKE LOVE
11.Destruction
12.SUMMER PARTY
 
-EN-
1.Tomorrowland(MY FIRST STORY)
2.灼熱
 
*********************************************
 
♪いつものSEに乗せてメンバー登場!
 
気になる1曲目は…!
 
1.ZERO
 
「ZERO」だーーーーーー!!!
 
10番勝負初登場ですね!
わたし、FCイベントに引き続き。また。思いっきり。
「NEXT LEVEL」と間違えました…………。
 
冷静に考えたら全然違うのにね……。
なんで間違うんでしょうね…。
 
でも、イントロのリフを奏でるあっきーの姿はとってもかっこよかったです!
(説得力ない)
 
今日のメインは白アリスちゃん。一部ブラッキーさん。
 
わたしはギタリストがコーラスのために前をまっすぐ見据える姿が大好きなんですが、今日はあっきーのコーラス曲が多くてうれしかったです♪
 
ぜーろぜーろ ぜーろれーえぇ♪
 
あっきーイケメン。
 
2.WE GO
 
2曲目は「WE GO」!
「ZERO」のアルバムの曲順と同じですね。
 
10番勝負を通して、ますます「WE GO」が好きになっていくなーー!!!
今日のギターソロもめちゃくちゃかっこよかった!!!
 
-MC-
 
DAIGO「名古屋のみなさん元気ですかーーーー!
BREAKERZ10番勝負へようこそーーー!
俺たちが!BREAKERZです!」
 
じゃんじゃーーん。
 
DAIGO「10番勝負!第4ラウンド!初めての名古屋!
みんな来てくれてありがとう!
今日の対戦相手はMY FIRST STORY!
名古屋での10番勝負を引き受けてくれて、ありがとう!!!
正直、hiroくんすごい仲良いんだけど、15個下って言うね!!
もしかしたらhiroくんの子どもがいてもおかしくないかも!
………早いか!それは早いか!」
 
15歳は早いねw
わたしとあっきーの年齢差も15歳(しらんがな)
 
DAIGO「さっきのライブも観てたんだけどね、めちゃくちゃかっこよかった!
まじでかっこよかったし、勢いもすごかった!
左耳がBREAKERZした!かっこよかった!ありがとう!
BREAKERZも対決頑張っていきたい!
今日はねBREAKERZを初めて観る人も多いと思うんだけど、男子が多いね!」
 
男子\いぇーーーーーい/
 
DAIGO「BREAKERZファンじゃないってね、わかってるよ!
うちはね男女比2:98くらいだからね!」
 
2:98wwwwwwww
 
DAIGO「今日来てくれてるみんなで楽しいライブにしていきましょう!
男子ーーーー!!!!!」
 
男子\いぇーーーーーい/
 
DAIGO「いーねぇ!ノリが!」
 
男子\DAIGOーーーーーー!/
 
DAIGO「DAIGOだよ!うれしいよ!DAIGOですよ!」
 
DAIGOくん、ごはんですよみたいに「DAIGOですよ!」っていうから笑ったw
 
DAIGO「女の子ーーーーー!」
 
女子\いぇーーーーーい!!!/
 
DAIGO「ここからはねぇ!MFSで盛り上がっていきたい!」
 
MFS?
 
DAIGO「
M めっちゃ
F ファンタジーな
S 世界に……………世界ぃぃぃ~!!!!
 
言い直したwwww
 
DAIGO「今のへたくそだった!」
 
DAI語にもへたくそとかあるんね。w
 
DAIGO「卒業シーズンにこの曲を贈ります、『GRAND FINALE』!」
 
3.GRAND FINALE
 
久しぶりに聴けました。
BEST HALL COLLECTIONの追加公演・NHKホール以来だったようです。
  
先日、ロデオガールとのBREAKERZ鑑賞会通称“B会”で、武道館のDVDとオフショットを観たばかりだったので、とてもタイムリーでした。
BREAKERZ初の日本武道館公演の個人的なハイライトのひとつが、トリプルアンコールの最後に演奏された「GRAND FINALE」でした。
 
あの日、ダブルアンコールが終わって、「光」で号泣していたわたしは、お隣の母娘さんに心配していただいていました。
(その節は誠にありがとうございました。)
そして母娘さんへの涙の訴え。
「次に『GRAND FINALE』来たら泣きますぅぅぅぅぅ(既に号泣)」
 
そしたら、トリプルアンコール。
 
本当に「GRAND FINALE」が演奏されて、宣言通り号泣したし、
BREAKERZに一生ついていく」
って決めたのもこの瞬間でした。
 
ドキュメントを観たら、あの時「GRAND FINALE」を決定づける言葉を発しているのはSHINPなんですよね。
だから、SHINPには一生頭が上がりません。笑
 
そして、この日本武道館公演を発表したツアーが、「GRAND FINALE」のツアーだったんです。懐かしいね。
初日の渋谷公会堂公演は3月21日でした。
 
あの日にすごく想いを馳せながら聴きました。
日本武道館公演も素晴らしかったのですが、3月21日の渋谷公会堂での公演は、関西人で、「特別な場所」といえば大阪城ホールがだったわたしが、
日本武道館という夢」
を共有できた瞬間だったので、この日もまたとても特別な1日だったんです。
 
思い出話に花を咲かせてすみません。
久しぶりに聴けて、本当にうれしかったです。
 

 
そして、今日はAKIHIDEさんのコーラス曲が多くてとてもうれしかったんだけど、声量がいつもの3倍くらいになっててDAIGOくんを凌駕する勢いでしたw
「GRAND FINALE」のあっきーの上のコーラス大好きなんでうれしかったです♪
 

 
じゃじゃっじゃ じゃじゃっ じゃじゃっ……♪
 
ガラリと雰囲気を変え、怪しげな空気。
 
4.EMILY
 
今日は来れなかったロデオガールが
「EMILY聴きたい!」
って言ってくれていたので、
「〇〇~~!(>_<)」
ってなりました。
 

 
ドラムに乗せて煽りのターン!
 
これまでならダンスナンバー枠だったここ!
次は何が来るのか?!?!
 
いつもならここから「IN THE SKY」とか「BUZZER BEATER」とか来るターンやけど、ダンスナンバーへの繋ぎかもしれない!!!!
 
DAIGO「楽しんでますか!!!!
みんなここからみんなで盛り上がっていこう!
まずみんな拳を挙げて!挙げるだけでいい!」
 
Zeppに上がる拳。
 
DAIGO「いいねぇ!!!!いいねぇ!!!!
次はその拳をこう!!!(突き上げる)」
 
Zeppに突き上がる拳。
 
DAIGO「いいねぇ!!!!!いいねぇ!!!!!!!」
 
DAIGOくん鬼ほめ上手。
 
うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!
 
DAIGO「でら最高!
ネクストーーーーーー!!!!『IN THE SKY』!!!!」
 
5.IN THE SKY
 
ドラムの煽りからの曲の中では、ダントツで「IN THE SKY」が好きなのでめちゃくちゃ嬉しかった………!
10番勝負で聴けるとは思ってなかった(T_T)
 
DAIGOくんのアイスぺろぺろも観られたし、お立ち台にギタリスト2人が立ってのユニゾンも最高だったし、ソロが終わって、ギタリスト2人がすっとお立ち台から降りて、代わりにDAIGOくんが後ろから現れるお決まりのアレ!もきちんと観られてうれしかった(T_T)
「IN THE SKY」好き(T_T)
 
てっぺん回ってmystic moonlightもちゃんとくるくるしてくれたし!!
(今の今までてっぺんまでだと思ってた…)
 
この曲もあっきーのコーラスが高らかに響いていて最高だった!!!!
 
今日はDAIGOくん
ウルトラマンだ~って歌ってた!
 
-MC-
 
DAIGO「楽しんでますかーーーーーー!!!!
めちゃくちゃ盛り上がってるね!
BREAKERZファンのみんなも、MY FIRST STORYファンのみなさんも、」
 
BREAKERZは「みんな」
MY FIRST STORYは「みなさん」
細やかな心づかい。DAIGOくんの素敵なところです。
 
DAIGO「手挙げてくれたりして優しいね!
ここでBREAKERZメンバーとBREAKERZサポートメンバーを紹介します!
大声で名前を読んでください!
まずオンドラムス誠ーー!」
 
\誠ーーー!/
 
DAIGO「オンベースMatsuーーーーー!」
 
\まつーーーーー!/
 
DAIGO「2人あわせてM&M!
2人はね、10年ほぼサポートしてくださってて、頼りになる2人です!
マコト!マツくん!応援してください!お願いします!
いつもありがとう!」
 
DAIGOくん、この辺なんか下手の端のほうからまつまこつのほう向いてあらためて「ありがとう」って言ってた。笑
 
DAIGO「続いてBREAKERZメンバーを紹介します!まずオンギター!」
 
\しんぴーー!!!/
 
DAIGO「オンギターー!」
 
\しんぴーー!!!/
 
SHINPの衣装、エプロンっぽい!笑
 
上手まで来てしんぴーコールを煽ってからのーーー
お立ち台に立ち!
 
SHINP「俺は……誰だーーーーーーー!!!!!!」
 
\しんぴーー!!!/
 
SHINP「Thank you!」
 
SHINPご満悦で下手へ。
 
SHINP「こんばんはー!BREAKERZのオンギターSHINPEIです!!!
いやーーMY FIRST STORYが最高でほっかほかの空間にしてくれてね、1曲目から炎上してます!」
 
炎上てw
 
SHINP「ありがとー!
とゆことで、楽屋でMY FIRST STORYのみんなとね、平均年齢数えバトル!みたいなのしてたんですけどね、干支1周くらいするんですよ!」
 
SHINPが語っている間、DAIGOくんとあっきーがマコちゃんの周りに集まって4人で井戸端会議してるw
しかもみんなめっちゃ笑ってるw
 
SHINP「エネルギッシュなMY FIRST STORYなんですけど、俺たちも大人の色気?筋肉?出していきます!!(ニュアンス)」
 
DAIGOくん、無表情。笑
 
DAIGO「この状況で、『俺は誰だ!』って聞く勇気ね!」
 
SHINP「ここ(下手のしんぴーマイク)に立つとかしこまっちゃうんだけど、あそこ(センターのお立ち台)に立つと野獣になれるんです!!!!!
…………スマン。」
 
謝ったwww
 
DAIGO「ほんと熱いからね!SHINPEIのサングラスも曇ってる!みんな見えないと思うけど!」
 
SHINP「ただでさえ見えないのにますます見えないです!」
 
DAIGO「平均年齢の話ね、そもそもMC後で言おうと思ってたんだけど!
ていうか、スマホで計算してたのも、わる(÷)4、わる(÷)3して、調べてたのも俺じゃん!
なんで先言っちゃうの!
 
DAIGOくんからクレーム入りましたwwwwwww
 
SHINP「エキサイトしちゃった……」
 
反省するSHINPw
 
DAIGO「時間戻したいと思ってるでしょ」
SHINP「ドラえもんがいたらなぁ」
DAIGO「4分くらいね。戻したいね。でも、いいと思うよ!」
 
和解w
わかんないけど、SHINPがしゃべってる間井戸端会議で笑ってたのきっとこのクレームに関してなんだろうな笑
 
DAIGO「今日はね、はじめましてのひともメンズたちいっぱいいるからね!
SHINPEIがどんなギタリストなのか教えてあげて!
何の資格持ってるんだっけ?」
 
これ毎回いうの?笑
(DAIGOくん的にはSHINPのテレビも応援したいって気持ちなのかなって思うから無碍にできないけど、毎回結構な尺とってると思うんだけど笑)
 
SHINP「BREAKERZのギタリスト…なんですけど!
調理師免許、整理収納アドバイザー、ダイエット検定(中略)今年はファイナンシャルプランナーとろうとおもってます!」
 
はい!わたしもFP頑張ります!
 
SHINP「もしかしたらロックじゃねぇんじゃねぇかって思う人もいるかもしれないけど、俺にとってのロックは………型を破る。」
 
おおお~
 
SHINP「金髪グラサン、でも掃除上手!お料理上手!でもいいじゃん!」
 
DAIGO「SHINPEIどんなギタリストになりたいんだっけ!」
 
SHINP「家庭と暮らしに役立つギタリスト
 

 
SHINP「がんばります!」
DAIGO「オンギターSHINPEI!」
 
次はあっき!
 
DAIGO「もう一人のオンギター紹介します!オンギター!」
\あきさまー!/
 
DAIGO「オンギター!」
\あきさまー!/
 
DAIGO「あきさまー?」
\あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
DAIGO「あきさまー?」 
\あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
DAIGO「あきさま今日どんな気分ーーー?」
\あきさま今日どんな気分ーーーーー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
AKIHIDE「でらべっぴんさんばっかりで、でらえろいきぶん。」
 
なんか すごい 言い方 かわいかった!!!!!!!!!!!!!
 
でらえろいきぶん。
 
言い切った!!!!!!!
 
AKIHIDE「男が多いってさんざん言ってるのにすみませんね。」
 
男性多くてもいいたくなるのか。しもねた。
かわいいな♡(なんでもかわいいらしい)
AKIHIDE「MY FIRST STORYの武道館は観させていただいてね、ほんとに感動的だったんだけど。
最初に出会ったのはVAMPSさんのHalloween Partyの打ち上げで意気投合してね、しもねたばっかりだったんだけど」
 
(*゚д゚*)!!!!
 
しもねた ばっかり!!!!
 
あっきのしもねためちゃくちゃ気になるんだけど!!!!
 
AKIHIDE「まあここでは言えないようなことばっかりなんだけど」
 
教えてくれなかった(´・ω・`)
 
AKIHIDE「神戸で盛り上がって、幕張でも一緒にいて、朝7時?6時くらいまで一緒にいて、ノブくんなんかはうちのバンドの車に乗って一緒に帰るっていうことがあったんだけど」
 
めっちゃ仲いいじゃん笑
 
AKIHIDE「僕ね、お酒飲むと記憶なくすんですよ!」
 
(*゚д゚*)お噂はかねがね…
 
AKIHIDE「だからね、楽しかったんだけど覚えてなくて!」
 
(*゚д゚*)いいのかな笑
 
AKIHIDE「MY FIRST STORYと新しい思い出を打ち上げで作れたらいいなと思っています!
今日は飲みすぎないようにします!」
 
あっきの打ち上げネタも鉄板と化してきているね笑
お酒はほどほどに…
 
DAIGO「今日は!これで分かったと思うけど!打ち上げがある!」
AKIHIDE「なかったらさみしい」
 
さみしいあっききゃわ
 
DAIGO「さみしいよね。新幹線まだある!みたいな」
AKIHIDE「いやいやいやいや」
って手を伸ばしててかわいかった!
 
DAIGO「確かに武道館観て、めちゃくちゃかっこよかった」
AKIHIDE「僕たちもノリノリで観ちゃったもんね」
DAIGO「関係者席でうぉい!うぉい!って(拳)やってた」
AKIHIDE「Hiroくん気づいてたって言ってたもんね」
 
あっきの「ひろくん」呼びかわいい。
 
DAIGO「盛り上がってね、チドリスト対決も」
AKIHIDE「どうやったら勝つんだろ?」
DAIGO「歩けなくなるまでじゃない?」
AKIHIDE「歩けないか!」
 
チドリスト対決はどうなったんでしょうか。笑
 
DAIGO「そして俺がボーカルの!」
 
だいごーーー。だいごーーーー。
 
DAIGO「俺がボーカルのDAIGOです!
Hiroくんね、15個下なの。何回もいうけど。
でもね年の差を感じないの。感じるだろ!って言いたいでしょ?
感じてよ!って。
でもね、すごく若いのに音楽もしっかりやてるし、すごく精神的に大人。
VAMPSさんのハロウィンとかもね、打ち上げで俺がボケるとね、Hiroくんがね、百発百中のツッコミを返してくれるの。
声高いしね、パキンてくるの。
絶対ないけどね、絶対ないけどね、1回一緒にバラエティ出たい。笑 ユニットとして。
ほんとね助かってる。
おれツッコミできないから!」
 
優しいからつっこめないのよね。笑
Hiroくんが優しくないって言いたいんじゃなくて、DAIGOくんがつっこめないっていうのめちゃくちゃわかるなぁって思った。笑
 
DAIGO「助かってます!
というわけで熱いライブやっていこうぜ!!!
大丈夫?みんな?
MY FIRST STORYで暴れ倒して余力残ってない?
廊下で休むなりしてね。
体が1番だからね。楽しくライブで楽しんでいこうね!」
 
ここでしんぴーがアコギなことに気づく!(遅)
 
逸る心。
だって、しんぴーがアコギの曲って、「オーバーライト」と「B.R.Z~明日への架け橋~」と………あの曲くらいしかなくない?
 
もしかして、ひさびさに聴ける?
 
DAIGO「次はねちょっとしっとりとしたナンバーを。
MY FIRST STORYの曲にもね、似たタイトルの曲があって」
 
これで予感は確信に変わった。
さっき、コメントで出てきてた。「Missing you」
 
DAIGO「1番最初のアルバムに収録されている曲を聴いてください。『Miss you』」

6.Miss you
 
「Miss you」好きなんです………。
うれしかったです。
聴きたいな、でも一生聴けないだろうなって思ってました。
 
初めて聴いたのは初めて行ったBREAKERZのワンマンライブだったんだけど、その時に1番心に響いたのが「Miss you」でした。
 
久しぶりに聴けた「Miss you」は、昔からの朗らかなやさしさに加えて、現在ならではの光に満たされていました。
とても美しい時間でした。
 
♪I miss you...でサビが始まると同時に、ステージ全体がすーーっと桜色に染まるの。
その情景があまりにも美しくて、見とれてしまいました。
そんな、桜色の世界でコーラスするあっきーの表情もやわらかくて、とても素敵だった。
とても素敵な空間が生まれていました。
 
そして、2番のトレモロの響きは最高でした。
そのまま宝箱にしまってしまいたくなるくらい美しかったです。
AKIHIDEさんのトレモロは宝です。
 
そして!ギターソロが!
音源よりも今までよりもずっと、ディレイが効いたソロになっていて、より強い光を放つソロになっていました………!
桜色のサビとは対照的な、黄金色のソロでした。とても響きの美しいソロでした。
 
気づけば頬を涙が伝っていました。
今まで聴いた「Miss you」で、1番美しかったです。
 
-MC-
 
溶暗。
 
DAIGO「で ですねーーーー!」
 
溶明。
 
いや、あのさ、DAIGOくん。
「Miss you」の余韻もなにもなく第一声「で ですねーーー!!!!」ってなにさ!笑
 
いいけど!次新曲のターンなの忘れて「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」あたり来るかと思ってたら
「で ですねー!」でちょっとずっこけたわ!いいけど!
 
DAIGO「MY FIRST STORYとの記念すべき夜!10番勝負の今日の日のために!今までやったことのない曲!新曲を作ってきました!!!!
この曲聴いたことあるのは、メンバースタッフ含めて11人くらいです!
ネクストーー!NEVER ENDING STORY!!!」
 
7.NEVER ENDING STORY
 
10番勝負初日の新曲「ロデオドライブ」は「RUN AND RUN」とか「IN THE SKY」系の曲で、純粋なギターロックって感じでした。
10番勝負も回を増すごとに曲の造り込み度が増していっている気がします。純粋なギターロックも大好きなのでみんなすごい好きなんですけど!
 
ここではあっきーブラッキーさん!!!!
 
今日の「NEVER ENDING STORY」は、聴いた瞬間はっとする、あっきーのゴリゴリなリフから始まります。
あっきーのイメージには全然ない音で、「BUNNY LOVE」みたいな太い音ともまた違う。ごりごり。
すごくはっとさせられました。あっきーの新しい音の側面を見た気分でした。
 
Aメロでクラップが起きた!
これ絶対MY FIRST STORYのファンの方から生まれたノリだと思う。BREAKERZAメロでクラップ起きないもん。
10番勝負ならではですごくうれしかったです。
そうやって自然発生的にクラップ(=MY FIRST STORYならではのノリ)が生まれるような曲ってことは、タイトルだけでなく楽曲のDNAにもきちんとMFSのイニシャルが刻まれているということだと思うんです。
改めて、BREAKERZすごいなと思いました。
 
1サビ後の間奏のメロディーがSHINPでした。
SHINP曲かな?って思いました。ちょっとそこは「Everlasting Luv」っぽいかな?と思った。
 
ソロはあっきーが助走をつけてからの(WE GOのソロ前のリフみたいな感じな部分がちょっとある)がっつりユニゾン
シドの「硝子の瞳」のメロディをユニゾンで弾いていたのがとてもお気に入りだったので、ソロ全体がユニゾンの構成すごくうれしかったです。
 
-MC-
 
DAIGO「2階!アリーナ!楽しんでますか!
新曲書いてきてよかった!ありがとー!
10番勝負を記念してグッズもあるんですよ!Tシャツとか。ピンバッジとか。
MY FIRST STORYとBREAKERZのコラボグッズもあるんですよ!
ここでね、すこし、ある商品を紹介する時間にしたいんですけど!
今回ね、VS!ばーさすってことでね。こちら!」
 
バーサ酢のおなーーーりーーーーーー
 
DAIGO「バーサ酢!お酢の酢!
平均年齢37歳くらいなんでね!だじゃれっぽいアイテムもあります!
これイチオシアイテムです!
今日名古屋初めてだからね!宣伝したいんだけど!58本入荷しました!
まーまーすくねーな!って思った?
何本売れてるのか!このイチオシグッズ!ききたいですか!
発表します!58本中……11本!
 

 
\ふーーーーーーーー!/
 
DAIGO「ふーじゃない!ふーじゃないから!
58本中11本!」
 
SHINP「11本買ってくれた!」
 
DAIGO「買ってくれたみんなありがとう!
これね。すごくみんなの健康を気遣ったアイテムです!
ライブ健康じゃないと楽しめないから!お湯で割ってもいいし!健康グッズだから!
マイファスのみんなにも飲んでもらおうか!試飲!」
 
AKIHIDE「あげるわけじゃないんだw」
DAIGO「試飲!」
SHINP「2日酔いにも効きますよ!」
DAIGO「持ち込もう!打ち上げに!飲んでもらおう!」
 

 
DAIGO「マイファスすごいかっこよかった!
時代ちがくてよかったよね!」
 
AKIHIDE笑
 
DAIGO「同年代大変だろうなって思うもん!
すごくかっこよくて、マイファスの曲音出しでやったりするときある!世代関係なくかっこいいなって思う!」
 
\やってーーーーー!/
 
DAIGO「むりだよ!やったあとだし!つめたい目でみるでしょ!」
 
♪しんぴーがイントロのリフを!!
 
8.ALONE(MY FIRST STORY)
 
すごく気に入った!かっこよかった!
セッションもだけど、ほかのアーティストさんをあっきーが色付けするのめちゃくちゃ楽しみだーーー!
10番勝負のみどころのひとつとなっています。
 
しかし今日はほんとにあっきコーラスデーで、これもコーラスというか掛け声を言ってくれててすごい素敵だったーーーー
コーラスあっきーすきすぎる!!!
 
そして特筆すべきはマコちゃんなんですよ!
MY FIRST STORY観ててとても印象的だったのが、ドラムさんのパワープレイっぷりで。
マコちゃんはパワーと洗練さを兼ね備えているから、フルパワータイプのドラマーさんじゃないと思うんですよ。
だから、今日はドラマー2人のタイプも対照的なドラム対決になるなと思っていたんです。
 
そしたら「ALONE」の時のマコちゃんが、いつものイメージとは異なる全力パワープレイで、めちゃくちゃかっこよかったです。
絶対MY FIRST STORYのドラムのパワフルさに寄せてたと思うんですよ!しかもめっちゃ笑顔で楽しそうで!すごくよかったです!!!!
 
そんな感じで1コーラス終わる。
すごい盛り上がりでした!
 
-MC-
 
DAIGOくん、口パクでむりむり!もーむり!って言ってる。
キー高いね。
 
DAIGO「こゆ時にバーサ酢飲めばいいのか!!!!!」
 
よくつながりました◎
 
DAIGO「まじでさぁぁぁぁぁぁちょっとねライブ中止になるとこだったわ」
 
あっき笑w
 
DAIGO「高いわーーーー」
AKIHIDE「かっこいい曲だよね」
DAIGO「聞きたいのよ!」
AKIHIDE「どっちかっていうと?」
 
たぶん、あっきは、歌うより聴きたい?って意味で言ったんだと思うんだけど、DAIGOくんはファンのみんなに問いかけたかったらしい。
 
DAIGO「カラオケで歌うでしょ?キー何個下げてるの?
そのまま?女性にはちょうどいいと思うんだけどさ!
男もいけてる?ほんとに?嘘ついてるでしょ!
ほんとに~~?
最近の子たちの声は高いんだね!
 
だいご。。。
最近の子とかいわないのw
 
DAIGO「8個下げくらいしないと歌えないわ!
本人たちがいるのにSHINPがはじめるからーー!『ALONE』ひとふしやっちゃいました!
MY FIRST STORYはジャンルも違うけど、ライブもできてすごくいい空間、空気感をつくれてて、いい時間を過ごせてます!ありがとう!さらにもりあがっていこう!
2階!アリーナ!」
 
アリーナw
 
9.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
 
すき!!!!!!!!!
 

 
すっとあっきとSHINPがお立ち台へ。
これは…………!
 
10.FAKE LOVE
 
「FAKE LOVE」楽しかった!飛びまくった!
MY FIRST STORYのファンのみなさんも飛んでくださっている姿をすごくたくさん拝見できてうれしかった!
 
2番のBメロの手前はあっきぴぴって戻って踏みかえに行ってた!
 
もう一度!!!
愛してるって言って!!!!
 
DAIGO「思いっきり暴れろーーーーーーー!!!!!」
 
11.Destruction
 
暴れ倒して記憶にございません!!!
もう暴れ倒さなければならないと思って柵持ってたこともあってめっちゃ逆ダイもどきしてみた!楽しかった!
 
これでわたし曲数を勘違いしてて、あと2曲あると思ってたんです。(その曲数を把握してるのもまた妙な話なんだけど)
で、「灼熱」と「DESTROY CRASHER」は固定だと思ってたから、やはりBREAKERZやってくれたと。
最強の攻めのセトリでMY FIRST STORYにかかってくれたと。BREAKERZ最高かと。思っておりましたら。
 
DAIGO「ラストーーーー!!!!」
 
ラスト?!
 
DAIGO「みんなで盛り上がっていこう!!!」
 
なんか煽りの台詞がおかしいぞ?!?!?!
 
DAIGO「SUMMER PARTY!!!!!!」
 
12.SUMMER PARTY
 
正直めっちゃ落ち込んだ………笑
 
「灼熱」(は結果的にセッションでやったし)はしかたないにせよ、「DESTROY CRASHER」を外すとは、それもMY FIRST STORYの日に外すとは思ってなさ過ぎて、本当にショック………。
 
でも、REAL LOVEもダンスナンバーも演奏せず、「GRAND FINALE」も「Miss you」も「IN THE SKY」も聴いておきながら、「DESTROY CRASHER」1曲聴けなかっただけでこんなにも落ち込んでしまう自分に自己嫌悪(´・ω・`)
 
でも「DESTROY CRASHER」って、BREAKERZのライブの満足度をカレーライスに例えると、わたしにとって、ごはんみたいな存在なんですよ。
 
「今日のカレーには松坂牛が入ってるよ!」
「今日のカレーには貴重な伊勢海老が入ってるよ!」
(思いついた高そうな食材言ってみたらすごい三重県推しになった)
 
っていくらいわれても、ごはんなかったら、
「ごはん………(´・ω・`)
ってなるじゃないですか。
 
カレーライスの気分なのに、ナン(Destruction)出てきたら、
「ごはん………(´・ω・`)
ってなるじゃないですか。
 
そんな感じでした。
でもほんとすごくよかったのに「DESTROY CRASHER」1曲やらなかっただけで…本当に申し訳なくて落ち込む(´・ω・`)
 
でも、「DESTROY CRASHER」はごはん。。(´・ω・`)
 

 
気を取り直して「SUMMER PARTY」の話しますね!
Aメロまた歌わされましたよ!たまにはDAIGOくん歌ってよ!!笑
 
♪一途な愛を約束するよ…で、3人お立ち台に立って、途中止まるバージョンかと思いきや、止まらなかったんですけど、
 
代わりにDAIGOくんがあっきーの右の額に3回くらいちゅっちゅしてた。笑
 
REAL LOVEやらんかったのにちゅーはするんかい!
男性多いとあれだけ言っといてするんかい!いいけど!
 
ひさしぶりにあっき愛が爆発するDAIGOくん見たような気がしました。笑
 
しかし、北川景子様という女神を妻に持つDAIGOくんにあれだけ愛されるあっき、すごいわ……。
そしてあれを許す景子様も、すごいわ………。
景子ちゃんは宝塚好きだから理解あるのかな。わからないけど。笑
いいご夫婦だなと勝手に思いました。笑
 
-EN-
 
Hiroくんひとりで登場!
肩組んで登場したりするアレないの?!?!?
ジャンルの違い?!?!?!
 
ギタリスト3人は肩組んでやってきた。
 
DAIGOくんとひろくん並ぶと、ひろくんちいさくてすごいかわいい。
あっきは白アリス。
 
Hiro「つかれてないぞ!」
 
かわいいぞひろくん
 
Hiro「ハロウィンを思い出しますね!あの時はここにいるのがHYDEさんだったから…僕は見てる役だったから」
 
見てる役、ってなんかかわいいな
 
DAIGO「この若さであのツッコミはすごいよ!」
Hiro「ツッコミの評価なの?!?!ねぇこれだけ今日やって、ツッコミの評価なの?!ねぇねぇねぇ!」
 
そのツッコミがすでにおもろいよひろくんw
ねぇねぇねぇ!ってかわいい。
 
DAIGO「ライブがかっこよくて、歌がいいのは大前提よ!
ツッコミがね。いろんなスキル持ってる!」
 
Hiro「いちおう、ありがとうございます」
 
そういえばギターのテルさんはオレンジの壁が4台だったんだけど、セッションの時は壁が2台で笑ったw
コンパクトばーじょんでなんだかすみません笑
 
Hiro「逆にね!記念すべきツアーに!錚々たるメンツのなかに並べるとは思わなかった!」
 
DAIGO「錚々たるバンドですよ」
Hiro「俺はひっそりと生きていきたい」
DAIGO「目立つけど(金髪だし)笑
15個下、今日何回も言ってるけど15個下なのよ!
MY FIRST STORYとBREAKERZ平均年齢ひとまわりくらい違うんだけど、」
Hiro「たしかに」
DAIGO「干支1周くらい離れてるから。23歳のともだちいないもん。Hiroくんだけ。
でもね、年の差を感じない」
Hiro「いーの?それで?」
 
ひろくんのツッコミ冴えわたるでw
DAIGOくんとBREAKERZのふわふわさに慣れてるこっち、ひろくんキレありすぎてちょっとそわそわするでw
でもDAIGOくんのふわふわさがカバーしまくってるでwww
空気まじなごやかw
 
DAIGO「大丈夫。感じなくない?」
Hiro「かんじない。」 
 
わろたwww
 
Hiro「びっくりするくらい。」
DAIGO「どうなんだろうね?ひろくんが大人なのか、俺がコドモなのか」
Hiro「後者ヤバいね!!」
 
後者 ヤバいね!wwwww
ひろくんのツッコミキレッキレすぎてこわいよもうwwww
 
DAIGO「どっちもか!」
 
ひろくんDAIGOくんのこと「DAIGOくん」って呼ぶしわりとタメ語なんだよね。
ツッコミもほんと鋭いし、大物だわ。って思うんだけど、うん、大物だったわ。笑
 
DAIGO「ジャンルを超えて、MY FIRST STORYとBREAKERZねせっかく集まってから、お互いの曲をセッションしたいんだけど!」
 
Hiro「せっしょん!ダメって言ってもするんでしょ!
4人(ずらっと並んだマイファス弦楽器隊&BREAKERZギタリスト陣)弾く気満々だし!」 
 
いやあまじで、この切れ味BREAKERZにねぇわ。
新鮮だわ。笑
 
DAIGO「手元確認してるしね!やるよ?!?!」
 
Hiro「Tomorrowland
 
1.Tomorrowland(MY FIRST STORY)
 
とても、美しい世界を見ました。
MY FIRST STORYの魅力は、ひろくんの真っ白で少年のような高らかな歌声と、ヘヴィで真っ黒なサウンドとのコントラストなのかな、と感じました。
 
Tomorrowland」は、わたしが掴んだざっくりとしたMY FIRST STORYのイメージを、音の面でも、視覚の面でも、がっちりと体現された1曲でした。
真っ白な照明。でも、ステージ全体は決して真っ白に染まっているわけではない。黒い世界の中に無数の白い筋が差し込んでいる。
光と闇を同時に感じる照明。
 
そんな真っ白な光が射す中、耳はゾクゾクする音で満たされる。
わたしは「エモい」という言葉の意味がいまだつかみ切れていないけれど、この空間はきっと「エモい」って言うんだろうなと思った。
白黒だけどモノクロじゃない。
強い光を放つ世界。美しかった。
 
そしてそのエモい世界でギターを奏でるあっきーは、これまでに観てきたあっきーとはまた違う雰囲気を放っていた。
エモいAKIHIDEさんはとても美しかった。
闇の中に刺す真っ白な光の筋の下、ギターを奏でるAKIHIDEさんの姿を、わたしはきっと忘れないと思う。
 
今日のBREAKERZはエモかった。
 
MY FIRST STORYの持つ物語は、美しかった。
 
-MC-
 
DAIGOくん、げっそりwwww
 
Hiro「死んだみたいなかおしてる」
DAIGO「何回もいうけど、キーまじ高くない?!
こんなキー高い人いないでしょ!」 
 
SIAM SHADEのあのひととかLa’cryma ChristiのあのひととかWaiveのあのひととか摩天楼オペラのあのひととか、そしてなによりJanne Da Arcのあのひととか、ぽぱぱぱぱぱっとわたしの脳裏に浮かぶハイトーンボーカリストたち。
 
Hiro「でもね…………Tomorrowlandはキー、低いほう」
 
DAIGOくん、すごい表情だったwww
 
DAIGO「はぁ。。。。
明日からボイトレがんばろう。。
もう高いんだもん!
さっきね男子に聞いたらね、原キーで歌えるんだって!」
 
Hiro「ぜったいうそ。
ほんとー?俺だって調子わるいとき歌えないのに笑」
DAIGO「カラオケは音圧とかも違うからね」
Hiro「かさかさしてる」
 
音圧がかさかさしてる、一般人あんまりいわない表現だなと思った。かさかさ。
 
DAIGO「MY FIRST STORYの曲歌って、カラオケで原キーにどこまで近づけるか選手権やるわ!
8個下げから始めるわ!」
 
Hiro「カラオケのキー7個までだから!!!!」
 
キレのありすぎる突っ込みに全Zepp名古屋が震えたよねwwwwwwww
 
DAIGO「聞いたみんな?!?!?!これだよ?!?!?!このツッコミだからね!!!!」
 
Hiro「ちょっとまって俺カラオケのプロみたいになってるから!」
 
DAIGO「Hiroくんのつっこみ。すごいわ。7個までなの!
時代錯誤感はんぱねーじゃん俺!歳出たーーーー」
Hiro「年齢関係ないから!」
DAIGO「記憶力の問題か!」
 
それはそれで年齢の問題っぽいぞ!w
 
DAIGO「次にね、もう1曲!BREAKERZの曲をね!セッション!
あれMY FIRST STORYのみんなはタオルを持ってるぞ!??!」 
 
もうみんな楽器持ってないw
 
Hiro「勇敢なる諦めですね!邪魔はしない!」
 
DAIGO「タオル振り回す曲があるんですよ!!!!」
 
2.灼熱
 
灼熱!!!
MY FIRST STORYの演奏が聴けなかったのは残念(T_T)
マコちゃんのツインドラム対決は観たかったなー!
ゆうやとのドラム対決めっちゃよかったし!
 
タオルぶんまわすMY FIRST STORYのみんなへのあっきのまなざしがあきひでお兄ちゃんって感じでかわいかった。
満面の笑顔だった。かわいい◎
 
思えばAcid Black Cherryは最年少だったし、BREAKERZは最年長だけどお兄さんキャラとはちょっと違うから、あっきーがお兄さんキャラの瞬間って今まであんまり観られてなかったなと思った。
 
今日もラストはタオルぶんまわしながら弾いてた。最高かよ……!
 

 
そして写真撮ったんだったかな?
写真撮る!ってDAIGOくん言い始めたら
「どんな流れ?!?!」
ってひろくん突っ込んでてまじ大物。ほんと。いやほんとに大物なんだけど。笑(堂々めぐる笑)
 
最後7人全員乗って。
今日はあっきが1番端だったから、ギターのてるさんに腰抱いてもらっててかわいかった…笑
 
最高うぃっしゅ!で〆。
 
最後、DAIGOくんが名残惜しそうにばいばーーーいってステージに残ってするのを、ひろくんが
「もう行くよ!!!!」って腕引っ張って下手に去って行って終わったwwwwww
すごい腕引っ張られてたwwww
 
衝撃wwwwww
 
いやほんと、ひろくん大物………。
いや、ほんとに大物だった……。
 
*********************************************
 
関西での試験が終わってから、新幹線ぶっ飛ばして名古屋まで来た甲斐がありました。
10番勝負、本当に楽しいです。
 
MY FIRST STORYのみなさん
BREAKERZのみなさん
スタッフのみなさま
おあいできたみなさま
ありがとうございました!