読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

夏の始まり、終わりの始まり。

7月が始まりましたね。
いよいよ、7月22日が迫ってきました。

最近、2月13日の摩天女のことをよく思い出します。 
わたし、この日が“あんさまが好きだと自覚して初めて行ったライブ”だったんです。

あんさまファン歴 5ヵ月。

ド新規すぎわろた。。。

でも、2月13日からまだ5ヵ月も経ってないだなんて全然思えないんです。
もう3年前くらいの出来事に思えます。

摩天楼オペラを好きになってからの時間も、どう歴を盛っても(笑)1年半にすら満たないんです。
ほんと短い時間ですよね。
でも、この1年半の時間は、本当に5年分くらいの密度だった気がするんです。

たくさんライブに行けたわけではないのですが、ひとつひとつのライブが、ツアー1本分くらいの密度の思い出になっているなぁと思います。

ライブを観る度に、ドラマチックに色んな感情が沸いてきて、その思い出のひとつひとつが、何度でも語れるくらい濃いんです。
彩度の高い日々でした。

摩天楼オペラのおかげで、わたしはこの1年半(便宜上盛る 笑)の時間を濃く生きられたと思うんです。
1年半で5年分楽しかったんですよ。
めっちゃお得じゃないですか?笑

7月22日は、そんなかけがえのない1年半という時間をくださった5人の摩天楼オペラに、感謝の気持ちを伝えられるような日にできたらいいな、と思います。
わたしの中での、目標にします。

6月はいろいろあって、悲しいという気持ちが全部吹っ飛んでしまいました。

あれだけ悲しい悲しいと喚いていたのに、今はまったく悲しくないんです。

そろそろ悲しみも戻ってくるかと思ったのですが、感情が空っぽなのは相変わらずでなかなか戻ってきません。
悲しい悲しいと言っていたときよりも、あんさまがやめるっていう実感が沸かなくなってしまいました。

だから当日は泣けないかもしれないし、本当につらくなるのは7月23日からなのかもしれないです。

でも、だからこそ、感謝の気持ちを伝えられるような日、にできるような気もするので、自分の気持ちに身を任せたいなと思います。

7月22日に行けること、これまでの摩天楼オペラにもらったものにただただ感謝して、7月22日までの時間を生きたいです。