*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

11/14 2nd/AKIHIDE Premium Night Show 2015~夢見る海月のオーケストラ~ at 名古屋ブルーノート

AKIHIDE Premium Night Show 2015~夢見る海月のオーケストラ~ at 名古屋ブルーノート
11月14日2nd公演
 
ライブレポ行きます(((o(*゚▽゚*)o)))
 
 

f:id:cherryoulife:20151115132932p:plain


2ndでは本日のアーティストカクテル“待雪草”を飲みました。
ちょっといろいろあって1stと2ndの間で体調を急に崩したので笑、ノンアルコールで。
すごくおいしかったです(*´ω`*)
 
席は向かい合って座れるテーブル席のいちばん後ろの上手寄り。
人と人の間から見えるあっきーをずーっとガン見してました。
あっきーしか見えないが故に途中事件が。笑
 
1部で説明とか思い入れは結構書いたのではしょりつつ行きますね。笑
 
1.待雪草
 
やはりここでも、音色に豊かな温かみを感じました。
 
AKIHIDE「Premium Night Show 2015~夢見る海月のオーケストラ~へようこそ。
ここではみなさんに癒しの空間をお届けしたいと思います。
“海月”は”海の月”と書きます。
ここでは“月”から連想して、『Moon Dancer』という曲を聴いてもらいたいと思います」
 
2.Moon Dancer
 
リズム感がおしゃれで好き。
白と黄色の曲って感じがする。白い壁にフローリングのナチュラルな部屋でかかってると似合いそうだな~って聴く度思う。笑
月の曲だけど、優しい光を感じるなぁ。
 
AKIHIDE「今回は、今回も、新曲をたくさん聴いていただきたくて……書いてしまいました!
 
可愛過ぎか。
 
AKIHIDE「音の手紙ということで、『ジェリーフィッシュ』という曲と、坂口安吾さんの小説からタイトルをいただいた『桜の森の満開の下』という曲を2曲続けて聴いていただきたいと思います。
………ですがその前にオリジナルのドリンクメニューの紹介です!」
 
わすれていたね!!!笑
 
AKIHIDE「今日の夜に乾杯!」
 
今回は再会に乾杯!じゃなかったのですごく自意識過剰にさっき突っ込んでごめんね…?!って思いました。笑
1部の再会の時はちょっとざわついてた気がする。笑
  
3.ジェリーフィッシュ
 
スパニッシュな香りを感じる!
桜の森の満開の下」も思ったんだけど、言葉から連想されるイメージとは異なる印象の楽曲だなって思う。
 
途中にかやんのベースがすごく効いてる部分があるんだけど、その上を自由に奏でるAKIHIDEさんのギターは、まるでにっきーのベースの海を自由に泳ぐ海月のようだった。
 
4.桜の森の満開の下
 
桜の森の満開の下」という小説があったこと、わたしは恥ずかしながら知らなくて、今さっき青空文庫で読破したところです。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42618_21410.html
↑ここから読めます
 
音の手紙を初めて聴いた時は、「あんまり桜っぽくないな」と思ったのですが、この小説を読んでからだと、この曲の怪しげなスリル間の意味がすごくよく分かります。
最初のメロディー、なんだかすごく心がきゅっとなるなんともいえない怖さがあります……。
そしてそのメロディーで終わる。桜の森の情景で終わり、桜の森で終わる小説と同じ。
曲の構成をきちんと覚えられていないけれど、桜の森の情景、山の情景、都の情景を巡り、そしてまた桜の森へと戻る曲構成となっているのかな。
きちんと大阪で聴いてみる。
 
SNT(スーパーにっきータイム)あります。
印象的なメロディーをめっちゃベースとピアノでユニゾンしていて、そこにあっきーが加わっていてとてもかっこいい。
 
そして途中のちょっとしたドラムソロで初めてやっしーに目をやったら、
 
 
 
Σ( ̄□ ̄)!!!!!
 
 
 
髪結んでる!!!(気づくのおっそ!!!!)
 
めっちゃびっくりした。
めっちゃびっくりした。笑
 
1部の時はね、1日目と同じくこの髪型だったんですよ!!
 
 


 
それが2部になったらこれになってて!!!!
 
 


 
刈り上げは両側ですか!!!!!ってなったよね笑

いやていうか、改めて見るとほんま別人すぎやろw
 
いや驚いた。もう同期に似てないわ(同期に似てるって思ってたw)
 
そして ト レ モ ロ 。
AKIHIDEさんの ト レ モ ロ 。
大好物ですありがとうございます
 
途中ほんとにカオスなことになっていて圧倒されて気づいたら終わっていました。
 
-MC-
 
AKIHIDE「メンバー紹介です」
 
さくさくいきます
 
AKIHIDE「情熱的で、今回初めて一緒に演奏しています、ルックスは暴れん坊ですが(みんな笑うw)繊細な音色も持っています。
ドラム福森康!やっしー!」
 
やっしー!
 
AKIHIDE「ソロではなくてはならない存在。
お茶目なところもあり、最近な筋肉を手に入れてよりパワフルなベーシストになっています。
ベース二家本亮介!にっきー!」
 
腕をむきってまげて筋肉!ってしてるにっきー可愛過ぎた。
 
AKIHIDE「楽屋では雑学王としてムードメーカーとなっています。まるで海月のように癒しをくれるピアノです。あ、ピアニストです。笑
ピアノ、杉直樹!すぎちゃん!」
 
すぎちゃーーん。
雑学どんなんか気になる笑
 
AKIHIDE「そして素敵なみなさんに囲まれて楽しくギターを弾いているAKIHIDEです。
そしてグッズ紹介」
 
さくさくいきますよ(AKIHIDEさんの進行が実際にさくさくいってたのですw)
 
AKIHIDE「カレンダー。1年を通して読める絵本みたいになってます。
例えば……(ぱらぱらめくる)えーと、えーと、、8月には『Amber』のトートバックに描かれているイヌとネコがここで仲良く再会しています。
今まででてきた色んなキャラクターが再会する…そういうことをやってます。
再会がテーマです。」
 
そして「魔女になった気分で聴いてください」と「海の見える街」
  
5.海の見える街(from「魔女の宅急便」)
 
そして鈴タイム。
鈴のレクチャーがあります。
 
AKIHIDE「こういう場所でしかこういうことできないからね。
ライブハウスだとぶつかりまくる!笑」
 
6.小さなカーネーション
 
AKIHIDE「大好きなあの曲を!『Gypsy Sweets』」
 
7.Gypsy Sweets
 
最後のちょっと変わってるコードが、ABCにもある!!!!気がする!!!!
って思いながらきいてた。なんだったかなBlack Cherryかな蝶かな。。。。そのへん。笑
 
あのなんともいえない怪しげな余韻を残すコードめっちゃ素敵ですよね。
 
急速に思い出したけどそっか!このあたりは立ってるから動いてるのか!上手と下手にめっちゃ行って弾いてた!
1部ではめっちゃ近くてパァンってなった!!!!笑
 
8.星祭りの夜に
 
-EN-
 
AKIHIDE「大好きな愛知県名古屋でライブができることを誇りに思います。
この曲を贈ります。『Namida』」
 
曲紹介もざっくりばっすりである。
 
1.Namida(Guitar and Piano ver.)
 
ちょっと最初のほう半音くらいはずしていたw
わたしにもわかるミスってめずらしいなと思いながら、逆にメロディをミスることってほんとめずらしいからその正確さがすごいなって思いました。
 
2.この時計が止まるまで
 
この回は「音楽を続けたいと思います」という発言はなかったのですが、この言葉の思い出と共に、この曲はわたしの中に大切な曲となる気がします。音源化しないのかなぁ……。
 

 
ありがとうございました。
 
最近浮気性が過ぎますが、やっぱりAKIHIDEさんは大切な存在です。
大阪も楽しみです(*´ω`*)
大阪はもっと集中して聴くぞ!翌日仕事だからきちんとレポにできるか分からないけど…。