読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*SAKULIFE*

音楽と桜とミルクティーをこよなく愛す、社会人の感情と日常の記録。

BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- Trignal at Zepp DiverCity

f:id:cherryoulife:20170323211659j:plain

2017.3.20(Mon)
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
VS Trignal
at Zepp DiverCity
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
  
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
5th Battle!VS Trignal!
 
ついに前半戦ラスト!
異色の対決、VS Trignalの模様のレポ行きます!
(((o(*゚▽゚*)o)))
  
*********************************************
 
◆Trignal
 
1.転生純愛ファイター
2. Win-possible!
3.PANORAMA SODA
4.Update A Day
5.Kiss Plus
 
「ここはTrignalのワンマンライブ会場かな?!」
と感じるほどの熱気!熱かった!楽しかったです!
ありがとうございました!
 
*********************************************
 
Trignalさんは後方で見てたのですが、あんまり視界がよくなくてあっきが見えるか不安だったので、終わったあとちょこっと移動。
前から1/3くらいの上手に落ち着きました。
前も思っていたよりずっとすいてた◎
  

 
10番勝負のドクロくんが登場。
 
「Trignal、最高だったな!!!」
 
BREAKERZからの意気込みコメント
 
今日も楽屋っぽい場所。黒いソファに3人並んで座ってる。
おそろいかな?みんな黒いTシャツ着てた気がする。
 
いつものワルを演じる…も、回を重ねる毎にみんな普通になってきている気がするんですけど(笑)
 
DAIGO「今日は…TrignalとのVS!
待ちに待った対決だ…なっ!!
 
SHINP「うっす!
Trignalのみなさんといえば……『LOVE STAGE!!』!
俺、ライブを大成功させたいと思って、『LOVE STAGE!!』観返して来た!
アニメでは…クラッシャーズのリンペイっていう似ているキャラクターが登場する!
今日は、BREAKERZSHINPEIでも、『LOVE STAGE!!』知ってる人は、クラッシャーズのリンペイって呼んでくれてもかまわない!
最高のギター、弾きやす!」
 
DAIGO「俺たち……負けらんないよ…なっっ!!
 
AKIHIDE「負けらんないよ~~~ふよふよボイス)」
 
あっきー、第一声で笑い取る感じ最近ブームなん?!?!
字幕もめっちゃ文字ふよふよしてたwww
 
AKIHIDE「俺はTrignalさんのことを…調べ上げた!
まあ、主にWikipediaなんだけどな!!!
画面に経歴がたくさん出てきて……度肝抜かれた。
その末尾にBREAKERZのライブも刻んでほしいなと思った!
もし、Wikipediaが無理でも…みんなの心のWikipediaに刻んでほしい!」
 
あきひでおにいさんちょっと待ってw
かっこつけてはりますけど「心のWikipedia」について詳しくwww
 
DAIGO「来てくれたみなさんに、BREAKERZはもちろん、最高のライブをする!!
まさに…『Sunny Shiny Days』
 
♪Trignal「Sunny Shiny Days」
 
ここで、DAIGOくんのお口が
(*´へ`*)
ほんわり「へ」の形をしていてめっちゃかわいかったw
なんなんw
(*´へ`*)
 
DAIGO「みなさんに楽しんでもらうことが…俺たちの『MISSION』
 
♪Trignal「MISSION」
 
BGMで対戦相手の曲が流れると、いつも対戦相手のファンさんが沸くからすごく素敵な演出だなって思う!
その時の熱がぐなるさんファンさん、これまででダントツだった!笑
 
DAIGO「………なっ!
そして初めて観るみんなを虜にする!
そう!それは…季節は春だけど…『SUMMER MAGIC』!」
 
♪Trignal「SUMMER MAGIC」
 
「SUMMER PARTY」と仲良くなれそうな曲だね笑!
 
DAIGO「みんなにかけたいと思います。
俺たちTrignalさんとSHINPEIも言ってたけど、『LOVE STAGE!!』で共演してる!
声優では正直3人に、圧倒的完敗だった!
でも今日は歌で勝ちたい!
大好きなアニメ出てるみなさんに、絶対負けない!
今日は盛り上がって、Honey Ready Go!』
 
♪Trignal「Honey Ready Go!」
 
DAIGO「ヴァンガード!!」
 
「カードファイト!ヴァンガード!」
って言ってたのかな?ヴァンガード観てないからわすれちゃった。
 
3人全員でガッツポーズ!
 
*********************************************
 
BREAKERZ
 
◇SET LIST
 
1.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
2.BIG BANG!
3.Everlasting Luv
4.Miss Mystery
5.君の声が聴こえる
6.月夜の悪戯の魔法
7.トライアングル(新曲)
8.パノラマソーダ
9.YAIBA
10.REAL LOVE
11.灼熱
12.SUMMER PARTY

-EN-
LOVE STAGE!!朗読劇
1.CLIMBER×CLIMBER
 
*********************************************
 
♪いつものSE!
 
1.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
 
あっきーのギターがSUMMER PARTYのPVのテレキャスにとてもよく似ていた!
ボディがナチュラルな木目、ピックガードが黒のん!
 
1曲目が「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」はVS SKY-HIさん以来みたいですね!
美しいオープニングでした!いくせん始まりいいなぁ。
最初の真っ青に染まる照明が好きです。
 
序盤はAKIHIDEさんのギターの調子が悪かったようで、AKIHIDEさんは結構袖に怒ってたみたいなんですが、わたしは「君の声が聴こえる」まで気づかなかった。
 
でも、途中すごいカタカタした音のアルペジオのところがあったり、ちらほらいつもと違うところがあったんだよね。
そういうアレンジだと思ってた…。
今日はあっきー観てたんだけどなぁ…。
 
2.BIG BANG!
 
「BIG BANG!」
 
2回目のAメロのギターがいつもと違う聴いたことない音であれれ?って思ったけど、ここでもそういうアレンジだと思ってた。
 
あっき、ソロアレンジしてた!
 
-MC-
 
DAIGO「BREAKERZ10番勝負へようころ!
俺たちがBREAKERZです!」
 
じゃんじゃーーーん。
 
DAIGO「とゆことで今日は来てくれてありがとう!
10番勝負5ラウンド目、対戦相手はTrignal!
引き受けてくれてねほんとうれしい!
最高のステージ観させてもらいました!
一緒にやれてうれしい!
ほんとにあのーTrignalメンバー、、、、、そうなんですよ」
 
そうなんですよ笑
 
DAIGO「接点あってね!『LOVE STAGE!!』ってアニメでね、声優を一緒にやらせてもらってね、原作はEKEKあ、影木栄貴ね」
 
おもむろにタオルでお顔ふきふきするあっきかわいい。
おもむろに。
 
DAIGO「一夜限りのプレミアな夜を楽しんでね!
基本的に初めての人でもね、オイオイ(拳)とかこんなん(GLAYチョップ)とか、これでだいたいなんとかなりますから!できます?これ!(GLAYチョップ)」
 
一体感溢れすぎるGLAYチョップ
 
DAIGO「ノリいいねーーー!
Trignalのステージね、水飲んだだけでキャーキャー言われてて!
いーなー。
1回やってみる?1回やってみる」
 
DAIGOくん、後ろの水とってくる
のむ。
 
キャーーーーーーーーーーー!!!!
 
まさしく「割れんばかりの」歓声。
Trignalさんファンさん、ノリめっちゃいい。
間違いなくこれまでで1番いい。
 
DAIGOくん、水を天にかかげる
→のむ
 
キャーーーーーーーーーーーー!!!!!!
 
すごい。笑
 
DAIGO「うまうぃっしゅ!きもちいーーーー!
すごいきもちいー!
夢見さしてくれてどうもありがとー!」
 
夢見せしてくれてどうもありがとうw
 
DAIGO「Trignalメンバーは声優さんということで、BREAKERZにもね、アニメソングがあるんでいろいろやっていこうと思います!
まさしく…TG
T とにかく
G ガンガン行こうぜ!!!
 
3.Everlasting Luv
 
1番のサビが終わった時のDAIGOくんとあっきーのターンがめっちゃすき。笑
今日もやってくれた◎かわいい。
 
うーん、あっきー普段ほんとミスしないのにギターソロの途中おかしかった。
やっぱりトラブルやったんかなー。でも全然怒ってるところ観てなかったよーーー
 

 
今日のAKIHIDEレア曲ボックスは何かな!
って思ったら
 
4.Miss Mystery
 
だった!(DAIGOくんの曲)
(セットリストのパターン把握してるのよくない)
 
「Miss Mystery」は10番勝負初登場では?気のせいかな?
紫の照明が似合う!好き!
 

 
ドラムの煽り!
DAIGOくんが煽るのは手拍子!
 
っちゃちゃ っちゃ!
 
ってリズムやしぜーーーったいこれ次「スマイル100%」やーーーー!!!
 
って思ってたら
 
5.君の声が聴こえる
 
びっくりした!!!すごいびっくりした!!!!
 
ちゃららーー♪君の声がーーって始まった!!!
 
萌黄色の照明がすごくこの曲らしくて奇麗だった!
あっきーのコーラスがたくさんでうれしい!
 
そしてあっきー、後ろのローディさんに話しかける。
その後も弾いてたんだけどちょっとコーラスしたら下手のほう指指してもっと上げて!って袖に言ってた。
コーラスもやめちゃう。
何が問題だったのかわからないけどコーラスきこえてたよ。。(´・ω・`)
 
みんなそうかもしれないし、当たり前かもしれないけど、あっきー機材トラブるとこわいからあんまり観たくない。。
ひさしぶりに機材のことで怒るあっきーを見てひやひやしてしまった。
 
Love Love Oh My Love~♪のところは、
照明が薄紅色に染まってすごくピースフルでかわいかった!!
 
-MC-
 
またここらで水飲んでキャーのくだりあったかもw
 
DAIGO「みんな、甘やかしすぎ!!!」
 
みんなほんと優しい。笑
 
DAIGO「ここでBREAKERZメンバーとBREAKERZサポートメンバーを紹介します!
大声で名前を読んでください!
まずオンドラムス誠ーー!」
 
\誠ーーー!/
 
DAIGO「オンベースMatsuーーーーー!」
 
\まつーーーーー!/
 
DAIGO「2人あわせてM&M!
2人はね、10年ほぼサポートしてくれてます!
俺たちの演奏を支えてくれてありがとう!
続いてBREAKERZメンバーを紹介します!まずオンギター!」
 
\しんぴーー!!!/
DAIGO「オンギターー!」
\しんぴーー!!!/
DAIGO「オンギターリンペイ!」
 
今日は上手出張なかった。
そのままお立ち台へ!
 
SHINP「俺は!!!!しんぺーです!!!!」
 
戻ってきて下手で
 
SHINP「こんばんは!リンペイ、シンペイ、金髪のグラサンです!!よろしく!」
 
いや間違ってはないけどwww
 
SHINP「熱い熱い空気をとりぐにゃるさん(噛む)。。ちゃんといえてなかったね!」
 
DAIGO「ちゃんと言ってね!」
 
SHINP「Trignalさん!アニメを通して知ってたんですけどね、アニメの声をやられてる方ってほんと夢の世界の人なんですよ。
それが現実に現れて、一緒のステージに立っているだなんて、夢の中にいるみたいなワクワクと興奮でいっぱいです!
筋肉が破裂しそう!!!」
 
筋肉がハレツwwwww
 
SHINP「Thank you!」
DAIGO「ねぇ!」
SHINP「ねぇ!最高のごちそうですよ」
DAIGO「ごちそう!?」
SHINP「熱くてね」
 
DAIGO「SHINPグラサンくもってるよ!」
SHINP「スモークかと思いきや汗なんですよね!
くもればくもるほど盛り上がってるなって思います!」
DAIGO「俺もね、盛り上がりの確認SHINPのグラサンですることあるよ。
SHINPEIさ、Trignalさんとの対バンで今日初めてSHINPEIに会う人もいるからさ、筋トレ好きそうなのはなんかわかるじゃん。
自己紹介してよ!持ってる資格なんだっけ!」
 
SHINP「実は」
 
DAIGO「なんの資格持ってるんだっけ?」
 
初めての人が多いのはわかる。
が、これ毎公演伝えるべき情報なのか?!
インフォメーションの取捨選択しない?!?!
 
SHINP「筋肉の金髪なんですけど、自分でいうのもなんなんですけど女子力が高くてですね!!」
 
………てへぺろ☆(完敗)
 
SHINP「調理師免許!」
 
ここでの歓声が、これまででピカイチ。
Trignalさんファンさん素敵すぎる。
 
SHINP「女子にはうれしいダイエット検定そのたもろもろ!!!」
 
歓声がすごい。ほんとやさしい。
 
本人も飽きてきたのか今日は資格羅列ショートカット気味だったw
 
DAIGO「資格言って盛り上がるとか最高じゃん!」
SHINP「この日のために資格取ってたような気がしてきました!
音楽も楽しいし、暮らしにも役立つ!」
 
DAIGO「オンギターSHINPEI!」
 
次はあっき!
 
DAIGO「もう一人のオンギター紹介します!オンギター!」
 
\あきさまー!/
DAIGO「オンギター!」
\あきさまー!/
 
DAIGO「みなさんご一緒に!あきさまー?」
\あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
DAIGO「あきさまー?」 
\あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
DAIGO「あきさま今日どんな気分ーーー?」
\あきさま今日どんな気分ーーーーー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
 
AKIHIDE「おにーちゃん たのしい!!!!」
 
 
?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!??!
 
よ、代永さん意識………?!
 
AKIHIDE「すみません!
すごいですね!10番勝負10本目、10じゃない、5本目!
いきなり最終日になってしまいましたね。それくらい盛り上がってます!
DiverCityは″多様性”という意味と゛お台場”をかけているらしいんですけど、声優さんと音楽、普段はまったく違う世界で輝いている双方が、こうして1つのステージに立てるというのは、まさしく多様性のある世界なんじゃないかなと思います。
今日も精いっぱい楽しんでいってください!」
 
DiverCity。
多様性。
10番勝負すべてを通して伝えたい言葉だな、と思った。
多様性を認め合って、素晴らしい音楽が響きあう10番勝負にしたいし、みんな楽しく終わりたいなと思いました。
 
AKIHIDEさんやっぱりいいことおっしゃる(*´ω`*)
ありがとうございます。
 
DAIGO「AKIHIDEさん、聞きたいんだけど」
AKIHIDE「うん」
DAIGO「最初の『おにーちゃん たのしい!』の詳細を聞きたいんですけど!」
 
うん、そこつっこまないとね!!!
 
AKIHIDE「………謝ることしかできません!!!
やってみたかったんです!!!せいいっぱい、がんばったんです!!!
 
かわいいかわいいよあっき
 
DAIGO「代永さんの声ってほんと、OOだよね」
AKIHIDE「OO?」
DAIGO「あ、Only Oneね」
 
うんw
会場爆笑w
 
DAIGO「リアクションよすぎでしょw
アルファベットって2回目以降盛り下がるもんなのに!
Only Oneの声じゃないですか!何回かマネしたんだけどね!
スタンドアップ・ザ・ヴァンガード!」
 

 
ちがう笑
 
DAIGO「全然にてねーーーー!」
 
\かわいいーーーーーーーー!!/
 
ほんとTrignalファンさんやさしすぎ事件
 
DAIGO「江口さんの声もさ!」
AKIHIDE「素敵ですねぇ」
DAIGO「できないよね!『LOVE STAGE!!』の時の役柄が、謝りまくるキャラだったんだけど、シャウトしまくってて、ごめんなさいごめんなさい……げほっっ(むせる)」
 
AKIHIDE「水飲んだら?!」

ちょっとあっき振ったよwwwww
 
AKIHIDE「水飲んだほうががいいんじゃない?!?!」
 
DAIGOくん、のむ。
 
\キャーーーーーーーーーーーー!/
 
AKIHIDE「すごいね!」
 
ほんとすごい笑
 
DAIGO「水飲んで盛り上がるって、ジャスティンビーバーでもこんな盛り上がらないよ!!!!」
 
あっきのターンおわりーー
 
DAIGO「そして俺がボーカルの!」
 
だいごーーー。だいごーーーー。
 
DAIGO「俺がボーカルのDAIGOです!
LOVE STAGE!!』の話ばっかりになっちゃうけど、ほんとに円をつなげてくれた姉にも感謝!
SHOGOってキャラを演じたんですけどね、漫画になるまではよかったんですよ。
アニメになるっていうときに、お話をいただいて。
作風がやっぱりね、BのLにとんじゃうじゃないですか。
どこまで表現できるのかとか、どのシーンが入ってるのかとか。シミュレーションした、ええ、しましたよ!ええ!
 
シミュレーションしたそうです!www
 
DAIGO「でもね、姉の漫画がアニメになるなんてなかなかないですし。
記念にもねなるしね、弟としてしっかりやると決めてがんばりました」
 
ほんとうに最高の弟だDAIGOくん(T_T)
 
DAIGO「そんな円が結ぶついて今日という日が実現しました。
代永さん えぐっちゃん 木村さん」
 
えぐっちゃんの愛称感と木村さんの他人行儀感に起きる笑いw
 
DAIGO「忘年会でもね、木村さんはオレのボケに突っ込んでくれて。いい声で。」
 
\やってーーーーー!/
 
DAIGO「できたら俺もっと声優うまいから!w
3人と一緒にやれることをうれしく思います。
俺たちのアニソンはね、9割8分名探偵コナンなんだけど笑
エンディングになっていた『月夜の悪戯の魔法』」
 
6.月夜の悪戯の魔法
 
オーバーライトかと思ったら月いただった!
VS GRANRODEOの時に間近で観られたのをすごく思い出した!
また、あの上手前方のあっきの音しかきこえない世界でこの曲を聴きたいな。
後ろからだとやっぱり音をききとるの難しい。月いたは特に。
 
ギターソロで、ステージ全体が真っ白に染まるんだけど前からの光が当たらないからめっちゃ逆光で、ほわああああああってしていた。
せっかくのギターソロだからあっきにスポット当ててほしかったな。いつも当たってるけど。。
 
-MC-
 
DAIGO「VSライブ!この日のために新曲を創ってきました!」
 
反応がいつも以上にあたたかい!ありがたい◎
 
DAIGO「聴いたことあるのはリハに居合わせた9名くらいです!
BREAKERZの中でも…かわいらしい曲」
 
ポップコーンみたいな感じ…?(そわそわ)
 
DAIGO「手拍子とかしてください!
『トライアングル』!」
 
7.トライアングル(新曲)
 
同期のイントロ、3拍子、あっきはアルペジオ。音ちいさめ。おまつのベースが頑張ってた。歌詞は三角関係。照明は夕日のようなオレンジ。
わたしの脳内でひつじさんがぱかぱかしました。
そんな感じのあったかいほんわかソングでした。
とても3拍子。
ずんちゃっちゃ ずんちゃっちゃ
 
賭けてもいい。絶対DAIGOくん曲!笑
 
-MC-
 
DAIGO「新曲『トライアングル』でしたーーーー!
キュートな、かわいい?」
 
\かわいーーーーーい!!!!/ 
 
DAIGO「Trignalさんに響きが似てるかなって思ってトライアングルにしました。
BREAKERZも3人、Trignalも3人だし。
三角関係を描いた歌になりました!」
 
グッズのおはなし。
 
DAIGO「10番勝負も5ラウンド目!グッズもあるんです!
Tシャツね!Trignal VS BREAKERZ
なかなか2アーティストのロゴが入ってるグッズってなかなかないよ!
俺はね、今日はTシャツ着て寝るよ!!!!」
 
あれやね、お土産として買って帰った場合の使い方の提案やね笑
 
DAIGO「VS!バーサスにちなんだね、何回も打ち合わせをして決めたね、グッズがあるんですよ!」
 
後ろから出てくるバーサ酢。
 
DAIGO「バーサ酢!
リアクション、そんくらいですよ。あったかいほうですよ」
 
そうよ、あったかいほうよ!
 
DAIGO「体にいいんですよ!
僕たちがみんなに何を望んでるか。
それはみなさんの健康なんですよ!健康じゃないとライブも楽しめないでしょ?盛り上がることもできないでしょ?
さて今日は何本売れているのか。発表したいと思います。
今日はね!86本!仕入れてます!多い?少ない?
86本中バーサ酢は何本売れてるんでしょうか!
23本!拍手!」
 
23本www
 
DAIGO「11本とかしか売れなかった会場もある中で!健康に気を使ってる方が多いのかもしれません!」
 
Trignalさんカバーへの振りへ。
 
DAIGO「みなさんのおかげですごく楽しい時間を過ごせてます!Trignalさんのライブも楽しかった!
Trignalさんの曲好きだからさ、リハとか音出しの時にセッションしたりするのよ!」
 
\やってーーーー!/
 
DAIGO「みんな見たことない笑顔!!!!
本人やったあとだし!むりむり!」
 
3人ともむりむり!ってかお。
 
のくせにーーーー!
 
あっきがディレイのかかった音でイントロ弾き始めたーーーー!
ちょっとまえまでむりむりって手ふりふりしてたのにーーーー!!!!
 
8.パノラマソーダ(Trignal)
 
これねぇ、まわりのTrignalさんファンさんがものすっごく、ものすっごく!!!喜んでくださって、わたしもめちゃくちゃうれしかった!
そしてめっちゃ盛り上がる笑
 
わたしたちはもうやるって知ってるからそうだねーって反応なんだけど、Trignalさんのファンさんみんなほんと純粋に喜んでくださったり楽しんでくださって、うれしかったなぁ。
すごくピュアですてきだなぁと思いました。
 
それに比べてわたしはセットリストもある程度ブロックの雰囲気もわかってるし、だめ子だなぁと思った。
おいらもピュアになりてぇ!
 
DAIGOくんばーじょんのパノラマソーダさん、すごいよかった!ハマッてた!
 
あっきのギターはディレイの彩りが豊かでした。
 
-MC-
 
DAIGO「Trignalの曲!本人たちやったあとなのに歌わせていただいちゃいました!
楽しかったーーーー!」
 
10周年の話題へ!
昨日告知あったから告知できるね!待ってたよ!
 
DAIGO「7月でBREAKERZ丸10年を迎えるんですよ!
ありがとう!
これからもがんばっていきたいんですけどね、7月15日、16日!豊洲PIT!
7月15日はね、『MEMORY』ということで、ライブ中写真を撮れるんですよ!」
 
ここでもTrignalさんファンさんの歓声がほんとにすばらしい。
 
DAIGO「初めての試みでね緊張もしてるんだけど、10年経った俺たちの現在をね、スマホとかに焼き付けてほしいなと思って。笑
ぜひ遊びに来てほしいなと思います!
2日目はね『PROMISE』ということでね。
10番勝負のDVDをプレゼントします!」
 
ここの歓声も素敵やった◎
 
DAIGO「安心してください。もうみんな仲間だと思ってるから!
普通にライブいたら『久しぶり!』っていうから!!」
 
よぉ!みたいな感じ笑
 
DAIGO「次はヴァンガードの曲を!ネクスト!『YAIBA』!!」
 
9.YAIBA
 
YAIBA」!!!!
曲の構成を忘れていて、、、、というか「YAIBA」のリリースイベントが予約イベントだったせいで。。。。実は。。。
今まで未開封でした。。。
 
かっこよかったです!!!
GENERATION!へい!とかはちゃんとできましたよ◎
 
でもギターソロに向かう間奏とかソロとかほんと新曲かと思うくらい新鮮であっき作曲…ごめん…って思いました…。
かっこよかった!!!!かっこよかった!!!!!!
いや、めっちゃかっこええやん!??!?!??!(今音源聴きながら)
Acid Black Cherryっぽいよね。ABC好きな人は好きになってくれそう。
 
この曲に限らずなんだけど、マコちゃんのドラムが本当に洗練されていてかっこよかった!!!!間奏とかすごいかっこいいなぁ。
今日あっきで隠れちゃう場所にいたからマコちゃん全然見えなかったんだけど、音だけでハッとさせられる瞬間たくさんあった。
あっきファンじゃなければもっと観たのに泣
 
♪どっこたん どっこたん どっこたん
 
10.REAL LOVE
 
そうだと思ったよ!REAL LOVE絶対ここだと思ったよ!!!
 
ダンサーさん登場。
 
今日のDAIGOくんとAKIHIDEさん…わたし全然みえてなかったみたい。
鎖切れたらしいんだけどぜんぜんわかんなかったなーー。
 
キスシーンではすごい悲鳴が起きてました笑
 
11.灼熱
 
タオルぶん回してたら花粉症発症してしぬかと思った笑
次は薬飲んでいこ。。。
 
ギターソロ、前はセンターのお立ち台立ってたイメージだったんだけど今日はソロの時お立ち台にいたのはDAIGOくんだったなー。
 
あ!
「咲け!咲け!咲け!」を下手でDAIGOくんがあっきに歌わせていたよ!荒々しく男らしい咲け!咲け!咲け!が聴けたよ!!!!!
 
ラスサビの左手で弾きながら右手でタオルぶんまわすあっきが大好きです◎
 
DAIGO「ラストーーーーー!全員で盛り上がっていこう!!!!!!」
 
これは暴れろじゃないからDESTROY CRASHERないな?!
 
DAIGO「SUMMER PARTY!!!」
 
12.SUMMER PARTY
 
ですよねーーーー!!!!
 
Aメロ歌いなさいって言ったけど、DAIGOくん歌うのか歌わないのかはっきりしないからえ???ってなった。
歌おうとして歌詞とんだんかなーーー?
Bメロに入る前に「ありがとーーー!」って言ってたけど、いや歌うのか歌わないのかどっちかにして!って思った!
お礼言われるほど歌ってないよ!
たしかにぃ?言われたらちゃんと全力で歌ったけどやっぱわたしはDAIGOくんの歌聴きたいぃ!
 
クレーマー×クレーマーになるなよって感じだけど、だってフロアに広がるとまどいの風すごかったんだもん笑
 
そして今日も途中で止まらないSUMMER PARTYだったけど、今日もDAIGOくんはあっきの右の額にちゅっちゅしてラスサビに入るSUMMER PARTYをうたわないという暴挙に出ていた。笑
 
しんぴとの距離感との差がかわいそうだとロデオガールの友達に言われてるからちょっと考えてあげて!笑
 
-EN-
 
明かりがつくと、そこには6本のマイクが!
 
えぐちさん以外の5人が、10番勝負のTシャツ着て、わらわら登場。わらわらーー。
あっき笑顔。かわいい(*´Д`*)
 
遅れて1人えぐぅさん登場!
 
遅くなった理由は特に明らかにならず。笑
 
そして6人並ぶ。
下手から
しんぴ→あっき→だいご→代永さん→えぐうさん→木村さん。
 
まさかのあっき下手!
とおいぃぃ!
 
木村さん(だったはず)
BREAKERZさん、サプライズ!!!
パノラマソーダをカバーしてくださるだなんて知らなかったですよ!!」
 
代永さん「しかも新曲まで!『トライアングル』、Trignalでカバーしたい!いい曲!」
 
DAIGO「ほんとですか!!
三角関係の歌なんですけど!!」
 
代永さん「おれたちもリハの声出しに使いますよ!
あきさまもモノマネしてくださるし!」
 
AKIHIDE「すいません。ほんとすいませんでした!!」
 
あっき平謝りwww
 
そして、あっきと代永さん、はぐ!!!
 
フロアの歓声がすごい。笑
 
代永さん「美少女だよぉ!!」(最近のブームらしい笑)
 
きゃわいいいいいいい!
となるフロアw
 
泉水(代永さん)「お おにいちゃぁぁん」
 
聖湖(DAIGO)「いずみぃ!!」
 
きゃーーーー!
ってなるフロア。
 
わたし『LOVE STAGE!!』観てたけどあんまり力入れてなかったからちょっとおいてけぼり笑
全話観たかすら覚えてない笑
 
DAIGO「代永さんとはね、ヴァンガードからのつきあいなんですけど、えぐっちゃんと木村さんとは『LOVE STAGE!!』で初めてであってね。
トークもおもしろいし、すごく弾むし!」
 
えぐぅさん「水のくだり3回あるとは思わなかったですw」
 
DAIGO「だってうらやましくて!」
 
えぐぅさん「うらやましいのは僕もあって!!!
あきさまのねあきさまーーーー?ヽ(´∀`*)ノ
っていうの!!!!
咲かれたい!!!!」
 
みんな、思い思いにえぐぅさんに咲く!
 
えぐぅさん「ちょっと待って!ちょっと待って!
Listen!
 
Listen!wwwwwww
 
えぐぅさん「たくたやーーー?ヽ(´∀`*)ノがいい!」
 
たくたやってなんですか!!!笑
 
DAIGO「これね、やったほうがいいですよ!」 
 
DAIGO「たくたやー?」 
たくたやー?ヽ(´∀`*)ノ
DAIGO「たくたやー?」 
たくたやー?ヽ(´∀`*)ノ
 
イエーーーーーイ
 
すさまじき盛り上がりと一体感w
 
DAIGO「みんな、順応性はんぱないね!!!」
 
あっきうんうん、てしてる。
 
もう普段のライブでもやったほうがいいんでは?!って話になってた。笑
10番勝負をきっかけに新たな定番が生まれたらうれしいし楽しいよね!
 
DAIGO「Trignalのみなさんとはね、飲みとかいったりね。」
 
えぐぅさん「お忙しいと思うから、
『DAIGOさん……どうですかね…?』って聞いたら、
『いいっすよ!』って笑 軽く答えてくれて!
忘年会も誘ってみたら、
『いいっすよ!』って笑
しかも、1軒目では飽き足らず、
『DAIGOさん、2軒目…』って聞いたら、
『OKっしょ!』ってw」
 
DAIGOくんノリが軽いw
 
えぐぅさん「DAIGOさん『むしろガンガンいくっしょ』みたいな。
駅変えましょ?って話をしててマネージャーさんがタクシー呼んでくれようとしてたら、
DAIGOさん『電車っしょ!』ってw」
 
DAIGOくん電車乗るのwww
 
DAIGO「乗ったね電車!
ホームで写真撮ってイェーイってやったねぇ」
 
Trignalのみなさんとのなつかしトークうれしかった!
 
DAIGO「早急にしたいことがあるんだけど!代永さん腕にBREAKERZってかいてある!」
 
DAIGOくん、代永さんの腕すりすりすりすり。。。
すりすりすりすり。。。
 
代永さん「さわりすぎじゃないですか?!?!笑
今の僕ただのTrignalファンとBREAKERZファンですよ笑」
 

 
DAIGO「アンコールはね!いつもセッションやってるんだけど、『LOVE STAGE!!』で共演したみんなが集まってるし、せっかくだから違うことやりたいなって思って。
うちの姉に『書けるか?!』って聞いたら、
『書ける。』と!!!!
ということでね、今日限りの『LOVE STAGE!!』朗読劇をやりたいと思うんですよ!!!」
 
もうね、素晴らしい歓声。笑
 
台本が出てくる!
 
DAIGO「準備よろしい?!?!」
 
代永さん「みんなもね、登場するのよ!
CRUSHERZのライブって設定だから、みんなに名前よんでもらったりするから!参加してね!」
 
DAIGO「初収録!SHINPEIいける?!」
SHINP「がんばります!」(みたいな!)
 
DAIGO「あきさまは?」
AKIHIDE「いっしょうけんめいさが つたわれば!」
 
♪朗読劇 START!
CRUSHERZ VS とりぐにゃる
愛の『LOVE STAGE!!
 
どう頑張っても台本のようにしかならないので、みなさまの想像力を最大限にご覧くださいね!
 
♪CAST
 
泉水:代永さん
龍馬:えぐぅさん
黒井くん:木村さん
聖湖:DAIGOくん
ハル:あっき
リンペイ:しんぴー
 

 
ここはCRUSHERZととりぐにゃるのライブ会場!という設定!
 
聖湖「『LOVE STAGE!!』へようこそ!俺たちが、CRUSHERZです!」
 
いつものライブの名前が変わったVer.って感じ笑
 
聖湖「CRUSHERZメンバーを紹介するよ!オンギターリンペイ!」
 
リンペイ「今日は来てくれてThank you!!!
今日の俺はなんだか…あの人へのBのC的な愛で燃えてるぜ!」
 
BのC?
あの人とは?
 
次、あっきの台詞!
 
ハルさまー?ヽ(´∀`*)ノ
ハルさまー?ヽ(´∀`*)ノ
 
ハル「愛を会場にぶつけていこうぜ!!!」
 
聖湖「そして俺がボーカルの!」
 
しょーーーごーーーー!
しょーーーーごーーーーー!
 
聖湖「俺がボーカルの聖湖です!
愛し合っていこうぜ!!!
次に、『LOVE STAGE!!』に参戦してくれたとりぐにゃるのメンバーを紹介するぜ!」
 
泉水「にゃにゃ。。。
じこしょうかい。。。とりぐにゃるのスコティッシュフォールド、いずみ。。。。。にゃん。」
 
リアクションの歓声がすごい。笑
 
龍馬「とりぐにゃるのロシアンブルー一条竜馬… にゃー。(テンション低い)」
 
黒井くん「とりぐにゃるの黒猫、黒井高広。。。なーーーー(テンション低い)」
 
とりぐにゃる「とりぐにゃるです…にゃーーーーーーーー」
 
リアクションの歓声がすごい。笑
 
聖湖「ちょっと!いずみ以外テンション低くない?
どうしてとりぐにゃるになったの?」
 
龍馬「時代は猫!って、相楽さんが。」 
 
黒井くん「黒猫は、君しかいない!…と。」
 
DAIGO「愛する弟と一緒のステージに立ててうれしいよ?」
 
で、DAIGOくんと代永さんがハグしたんだったかなーー???
を、えぐぅさんひきはがしたwwwww
 
泉水「ひさしぶりだもんね?
玲との結婚おめでとう!」
 
聖湖「結婚式の準備とか大変だったでしょ?!
あ、この話がわかんないひとは『LOVE STAGE!!』最終巻を読んでね!
詳細は作者がまた書くって言ってた!」
 
ハル「はーーーあ。。。。(ためいき)」
 
リンペイ「ハルさんには、オレがいるじゃないですか!!!」
 
?!?!?!?!?!?!??!
 
ハル「は?!なにいってんの!!!!!!」
 
フラグを真っ二つに折るあっきwwwww
いや、しんぴ、いやリンペイさん不憫だったけどごめんけどそれでいい!!!!それでいいよ!!!!!!
 
泉水「とりぐにゃるが続くようにがんばろ!
龍馬かわいいし?」
 
龍馬「は?サラっと言ってんじゃねーよ!
お前のほうがかわいい。」
 
泉水「竜馬のほうがかわいい!」
龍馬「おまえのほうがかわいい!」
泉水「竜馬!」
龍馬「いずみ!」
 
かわいいの押し問答w
 
泉水「黒井くんは?誰かにキュンとしたりとかないの?!」
 
黒井くん「ある……。それは…作者がまたどっかで描くって言ってた…
男か女か……うん」
 
続報は寝て待て!
 
で、リハが押してるよーーーってなって、
代永さんが「にゃんにゃん!」って言って朗読劇、終わる!
 

 
DAIGO「大丈夫だったーーー?!」
代永さん「大丈夫でした!」
えぐぅさん「あの時もこんなかんじでいつも終わると大丈夫だった?ってきかれてたw」
DAIGO「なつかしかったね!」
木村さん「シモテ(BREAKERZギター隊w)!!!ノリいノリじゃないですか!!!」
 
SHINP「みなさんの声があんまりにも素敵だったのでのっかっちゃいました!」
 
DAIGO「…脚本まだあった!平川さん(玲役の声優さん)が隣にいなかったから(さみしい、っていってたんだっけなー)」
えぐぅさん「打ち上げ呼ぶか!」
 
DAIGO「写真撮る!!!」
  
もうギター隊ふたり次の曲に向けてギター持ったのにw
いつもどのタイミングで撮ってたかわすれたけど次の曲終わってからでもよくない?!笑
 
DAIGO「生きててよかったなって思った!」
 
写真ぱしゃり。
ギター隊はギターもったまんま座ってた笑
 
DAIGO「最後にBREAKERZの曲を1曲セッションしたいと思うんですけど!!
最後はね、ヴァンガードで代永さんと出会ったので!聴いてください!『CLIMBER×CLIMBER』!」
 
1.CLIMBER×CLIMBER
 
セッションはVS GRANRODEOに続き「CLIMBER×CLIMBER」。
 
わたしはアニメや漫画にあまり触れてこなかったから、正直DAIGOくん声優事情あまりわかっていなかったんだけれどね。
 
わたしの知らない側面でも、こうしてきちんと縁が結ばれて、こうして新たな機会を作っているんだと思うと、なんだかじーんと感動した。
「CLIMBER×CLIMBER」曲は大好きだし、「ヴァンガード」の曲なのはわかっていたけど、代永さんとの出会いのきっかけ、というのは全く知らなかった。
BREAKERZの楽曲にはいろんな縁と思い出があるんだなぁと感じました。
 

 
最後に6人全員お立ち台に!
木村さんとあっきがおとなりだったけど、やっぱりお立ち台に大人数乗るのは厳しいらしく木村さんがはしっこあっきの肩持ってあげてた。
 
MY FIRST STORYの日のあっきはなぜテルくんの腰に手をまわしたのか。笑
くそーかわいいな(*´Д`*)!(*´Д`*)!!
 
さいこうぃっしゅで終了!
 

 
今日も楽しかったです(*´Д`*)
 
Trignalのみなさま、
BREAKERZのみなさま、
スタッフのみなさま。
そして、Trignal、BREAKERZ、双方のファンのみなさま。
ありがとうございました!

Rayflower “Night which GLORIOUS” with 中島卓偉 at BIGCAT 2/2

f:id:cherryoulife:20170309002035j:plain

2017.3.7(Tue)
Rayflower presents
Night which GLORIOUS
at BIGCAT with 中島卓偉
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
 
Rayflower presents“Night which GLORIOUS”!
 
中島卓偉編はこちらから!
 
続きましては主催のRayflower感想文です!
こちらもMCレポはありません。
 
*********************************************
 
去年のWaiveぶりのたざわさん!
翌日が摩天楼オペラ再始動ライブ(10月2日の渋谷WWW)で、そこから怒涛の摩天楼デイズを送っていたので、時間の流れよりも気持ちは久しぶりに感じます!
Rayflowerは去年のツアーの大阪ぶり!
 
卓偉も上手から観てたんだけど、卓偉終わったらすこしだけ前がすいたのでちょっと前に移動。
両端をすこしだけ潰して柵があったんだけど、その柵の真横に着地。
 
去年の6月8日のNight which GLORIOUSは、摩天楼オペラのAnziさんがいなくなる、ということが発表されてからの、国内の唯二のライブのうちの1本だったんです。
場所も同じBIGCAT。
摩天楼オペラの悲しみ(あんまり記憶にない笑)と、Rayflowerとたざわさんとの衝撃の出会いという、コントラストの激しい想いが共存する思い出の1日です。
 
今日のライブは、あの日のRayflowerにもらった光を何度も思い出して、幸せな気持ちになりました。
印象に強く残っている曲を今日も演奏してくれました。
幸せのリフレイン。
 
*********************************************
 
Rayflower
 
◇SET LIST
 
1.Runaway Brain
2.サバイヴノススメ
3.彩戯心
4.哀しみのリフレイン
5.Words Of The Wise Man ~時の贈り物~
6.Make A Judgment
7.ユースフルハイ
8.Soul Survivor
9.花束 ~from rose with love~
 
-EN-
 
1.新曲(Bloom Moment)
 
*********************************************
 
初っ端から余談で申し訳ないんですけどね。
先日のBREAKERZ VS MY FIRST STORYの時に、DAIGOくんがHiroくんのツッコミについて、
 
「声も高いからさ、パキン!って来るのよ!」
 
って言っていたのがとても印象的で。
 
たざわさんもね、すごくハイトーンの高らかな歌声だし、ステージングにおけるスイッチングがめちゃくちゃパキン!ってされている方だと思うんですね。
今日のたざわさんもね、パキン!ってされていました。パキン!って。
 

 
Rayflowerらしい、カラフルなSEに乗せてメンバー登場。
ディズニーランドっぽいし、Acid Black CherryのシャングリラツアーのオープニングSEみたいなSE。あれもディズニーランドっぽい。エレクトリカル。
 
1.Runaway Brain
 
まさかの!1曲目!「Runaway Brain」!
 
IKUOさん1曲目からめっちゃスポットライトを浴びて前に!
ベースかっこよすぎる!!
 
けど、田澤湖に落ちてしまったわたし、あのIKUOさんのベースソロを前にしても
「たざわさんのスイッチが入る瞬間が観たい!!!」
と、たざわさんの後ろ姿を見つめてしまう。
 
どんな贅沢やねん。。。
 
もうね、Rayflowerはこれだけの最強のメンバーであるにも関わらず、楽器隊を観ることを踏み倒してでも余すところなくたざわさんのすべてを見届けたいと思ってしまいました…。
たざわさんすごすぎる……。
 
振り返ったたざわさん、みなぎってる。
力がみなぎってる。
スイッチ入った!!!!
 
Rayflowerひさしぶりだったから、またサビでタオルが回る光景に新鮮な衝撃を受けてしまった(笑)
この衝撃、6月8日のデジャヴやわ(笑)
 
とはいえノリはちょっと忘れていたといえど、曲はちゃんと覚えてるしめちゃくちゃかっこいいからもうほんと、めちゃくちゃ楽しい。
 
2.サバイヴノススメ
 
さくらさんのドラムのカウントの段階で分かった!
「サバイヴノススメ」!
照明が緑!イメージぴったり。
 
6月8日の記憶がフラッシュバック。
なぜなら、この曲の最初のUMA~!のたざわさんのハイパーロングトーンで、わたしはたざわさんに魅せられたからです。
 
あの日のたざわさんはてろっとした白いシャツ1枚でまるで大学院生みたいで、でもめっちゃ歌うまくていみわかんなかったなって思い出した(笑)
今日はきちんと黒のお衣装着てくださっていてよかったです!
大学院生じゃなかった!(コラ)
 
今日は最初ではロングトーンしてくれなくて、最後になってた!
大阪のワンマンもそうだったなー!
 
「サバイヴノススメ」、楽曲のノリがパキン!ってしててすごく好きなんです。
 
奮え!\サバイバーーーー!/
ちょっと待って!\プレッシャーーーーー!/
 
己ブラッシュアップして♪
 
って、パキーンパキーーン!って音に乗れるじゃないですか!
そのスプラッシュ感がすっごい楽しくって大好きです!
 
いくらたざわさんのすべてを見届けたいといえど、さすがにこの凄まじいスラップはいくおさん観ました!(ちょっとだけ。。。)
すごかったです!
いくおさんね、すごいスローモーションなターンされるときにお衣装の裾がぶわって空間に舞ってたんだけど、すさまじいフレーズを超絶の安定感で奏でながらお衣装の裾ドレスみたいにひるがえしながらターンって、どういうこと?
いくおさんどうなってんの?
ひるがえしターンって名づけるよ?
美しすぎて構造が謎!

ゆきちゃんもソロは観た!
ひさしぶりのゆきちゃん、かわいくて歳を重ねる毎にかわいくなっていくなぁと思った。
 
あと、髪型がアナ仕様だった絶対(笑)
 
 


 
このツイートが3000リツイートされた話をラジオでするゆきちゃんがかわいい。
   
3.彩戯心
 
凡人の日本語能力では記すことのできない、すさまじくマニアックな始まり方で始まった。
Rayflowerの世界観はほんとうにカラフルでキラキラしていて美しい。
それをスーパーベテラン揃いのRayflowerが体現されているから音楽で夢をかなえる世界は美しい。
 
彩戯心の時かな?違うかも。
サビが「Bloom Moment」のツアータオルカラー(ピンクと黄緑と黄色)の照明になっていてすごく美しかった。
とってもRayflowerらしい照明だった。美しい。
 
たざわさんが素敵すぎて、なんかもうなにかをぎゅっとせずにはいられなくなってペットボトル抱きしめてた笑
  
4.哀しみのリフレイン
 
真っ赤に染まるステージ。
やはり凡人には表せない凄まじいオープニング。
 
凡人には理解が追い付かなさ過ぎて、サビで
哀しみのリフレイン♪って言われると哀しみはリフレインしたくないけど安心する笑
 

 
ちょっとの間。
射しているライトの色がモスグリーン。
なんとなく、次の曲は「Words Of The Wise Man ~時の贈り物~」の予感がする。
 
そしたら、フライングでめっちゃ同期鳴るwwww
 
たざわさん「!!!!!!!
みんな、今の10秒は忘れて!!!!!!!
はい!哀しみのリフレイン終わりましたっっっっ!」
 
5.Words Of The Wise Man ~時の贈り物~
 
っていうハプニングがありつつも(笑)、曲が始まるときゅっと場の空気を持っていくのがRayflowerなんですよね。
本当にかっこいいです。
 
この曲はわたしが6月8日にRayflowerに引き込まれたセカンドインパクトを起こした曲なんです。
聴けてめっちゃうれしかった。
 
さくらさんのドラマチックなドラムが大好きで。
前に聴いた時は太鼓とシンバルの響きの美しさが印象的だったのですが、今日スピーカーの真ん前だったからかあの時よりも太鼓やシンバルの音が聞こえづらくて。
代わりにバスドラのズンズンって響きを全身で感じられて最高にゾクゾクしました。かっこよかったなぁ。
 
上手寄りで観ていたので、たざわさんとさくらさんを横並びでひとつの視界で見ることができて眼福でした。
 
たざわさんの歌声は本当に、高らかで美しくて、真っ白だなと思いました。
サビでステージが真っ白に包まれるんですけど、白に包まれたたざわさん、天使みたいでした。
 
肌もまっしろだし、遠くから見た感じだけどむきたてのゆでたまごみたいなつるっとしてそうな質感だし、お声は真っ白だし、尊くて強い存在だなって思いました。
 
白の世界で真っ白な歌声を響かせるたざわさんは光に満ちていて、すごく素敵でした。
眩しかったです。泣いた。笑
 
そして、歌ってないときに天井を見上げた時のあのきゅーーーっとした表情。
かわいすぎる。
わたしの心もきゅーーーーっとする。
 
たざわさんの瞳を通すと、BIGCATの天井はどんな風に映るんだろう?
たざわさんの感じた世界を10秒取りかえてもらいたくなります。(YUIのCHE.R.RYかよ)
 
6.Make A Judgment
 
この曲もノリとキーボードのメロディがパキッとしてて好きです。
めりはりめりめり。
そしてまたサビで舞うタオルに新鮮に驚く笑
 
BREAKERZの音楽が放つ光をよく、「艶がある」と表現しちゃうんですが、Rayflowerもまた、光を持った音楽性だなと感じます。
でも、BREAKERZの「艶」とはまた違うなと思っていて。
Rayflowerの光の言葉。見つけました。
「光沢がある」。
BREAKERZの艶はスポットライトみたいなやんわりした光なんだけど、Rayflowerの光沢は金属が反射したみたいなつやっとした光だなと思います。
 
この曲はめっちゃハードなんだけど、みやこさんのキーボードがほんとぱきっとしてて光沢があってすごく好きです。
 
7.ユースフルハイ
 
眩しいほどに!真っ白!眩しい!
 
大人の青春を歌っていて、ほんとうに大人として生きるひとびとへの応援歌だなって思います。
ベテランスーパーバンドがこんな歌詞を歌ってくれるの、なんだかすごくうれしいです。
 
たざわさんほかのみなさんと絡んでた気がしますがかわいかったことしか覚えていません!
あとたざわさんがほかのみなさんと絡んでくださると合法的にほかのメンバーも拝見できるのでとてもよきです!(いや、観たいなら観たらええやんか)
 
たざわさんがアンパンマンしてたのこれだったかなぁ。。
 
アンパンマンって!って感じなんですけどね、たざわさん、右左の拳を交互に天井へと突き上げていて、そのグーのまっすぐさがまじアンパンチで、めっちゃかわいかったんですよ。
パキッとしてるんですよ。突き上げ方が。
たざわさんのグーが愛しいです。アンパンチ!
 
サビもずっとグーで空へアンパンチ。
もうほんとかわいい。
 
8.Soul Survivor
 
好き!!!!!!
 
いくおさんがお歌いになる!!!!かわいい!!!!
 
罠も♪ツキも♪白も♪黒も♪
 
うぃーあーそうるさばいばー♪
でワイパーするたざわさんかわいすぎる。
しかもワイパー、お顔が見えるように手頭の後ろにしてワイパーしはるねんけど?!?!
かわいいしお心遣いが最高や。OMOTENASHIや。
おかげさまでかわいいお顔が拝めますありがたや~~
 
そういえばこの曲のイントロや間奏のリードのメロディー、キーボードとギター、ユニゾンって言っていいと思うんだけど、わたしはみやこさんの音をメインで聴いてたからこの曲の印象めっちゃ白いんだけど、ゆきちゃんのギターもかっこいいなぁって思った!!
目の前で弾いてくれてるの観てたんだけど平然と弾いてるけどむずかしそう。指いたそう。
 
2番のいくおさんがうたうところは後半たざわさんハモッてた♪
 
すごい楽しかった!!!!!
 

 
たざわさん、「ラスト」だとはひとことも言わなかったと思うんだけど。
 
9.花束 ~from rose with love~
 
始まった瞬間、会場全体がこれで最後なんだと悟ったと思う。
それくらい、一音できゅっと空間を支配する音だった。
圧倒。
 
よくボーカリストが曲の終わりのタイミングをあわせるのに手を上に掲げてきゅっと握る姿を目にするけれど、音がそんな感じだった。
そして、なぜだかはよくわからないのだけれど、空間を引き締めたのがほかでもないたざわさんだったように見えた。
たざわさんが空間を操る魔術師に見えた。
 
歌も素晴らしいし全部かわいいけど、たざわさんのすごさは、空間を支配する力にあると思う。
やっぱりこれだけのスペシャルメンバーを背に、これだけ空間を持っていけるのは、すごい。
 
今日のセットリスト、最初と最後が「Flower Language」から、それもオープニングとエンディングを飾る曲で、すごく高貴なまとまりを感じました。
「花束」で、本当に、広がったRayflowerの世界がきゅっと締まったの。
「Flower Language」の2曲が、[Alexandros]の[ ]の部分みたいになってた。(いやよくわからないし)
 
素晴らしかったです。
美しかった。
 
-EN-
 
オペラの時、アンコールってどんなだっけ?ってなってた。笑
 
そのさんがRayflowerの曲を歌った記憶も、オペラのメンバーが手持ち無沙汰にタオルぶんまわしたりしてる記憶もないし。
思い出せたのは、さくらさんに手をひかれるあやくすだけ笑
あれほんと鬼かわいかったな…笑
 
Rayflowerが1曲やってからゲスト召喚だったのね。
5人あらわる。
 
1.新曲(Bloom Moment)
 
そういえばREDNIQSでやるって言ってたのにやってなかった!
いやめっちゃネタバレやん?!?!
 
1回聴いただけで覚えたサビのメロディー。
たざわさんの声がパキッとハマッてて、しかもRayflowerらしい彩に満ちていて大好きだーーーーーーー!!!!
 

 
卓偉を召喚!(今日は召喚とはいってなかったけど笑)
 
白いTシャツ姿の卓偉。
なんかつるっとしたたざわさんの白い肌と対照的に、たくいはけっこうお化粧感あった。そして顔がちいさい。
 
Rayflowerのひとりひとりと握手して回る。律儀。
 
卓偉、マイクなくてたざわさんのマイクで一緒にしゃべってた笑
かわいい。
 
たざわさんと卓偉のセッション、聴きたかったなぁ…。
洋楽の有名な曲のセッションとかでもよかったよね。
 
たざわさんと卓偉が横に並んでる光景を目の当たりにできただけで泣けました。夢みたいな瞬間でした。
 
こうして大阪のNight which GLORIOUSは幕を閉じました。
 


*********************************************
 
大阪に卓偉を呼んでくださり、誠にありがとうございました。
大阪じゃなければ行けなかったです。
最高のツーマンを目撃することができ、感無量です。
 
Rayflowerのみなさま
中島卓偉さん、こーちゃんさん賢二さんぼんちゃん
スタッフのみなさま
お会いできたみなさま
 
ありがとうございました!!!

Rayflower “Night which GLORIOUS” with 中島卓偉 at BIGCAT 1/2

f:id:cherryoulife:20170308215415j:plain

2017.3.7(Tue)
Rayflower presents
Night which GLORIOUS
at BIGCAT with 中島卓偉
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
 
今年も行ってきました!
Rayflower presents“Night which GLORIOUS”!
 
大阪のゲストはなんと中島卓偉!最高か!
大阪に卓偉をお呼びくださり、誠にありがとうございます。
おかげさまで、最高の中島卓偉と、最高のRayflowerを堪能することができました。
 
ここからは、ライトにハイブリッドなファンのフリーダムな感想文です。MCレポはありません。
 
*********************************************
 
仕事帰りに猛ダッシュ。
18:47に難波に着き、無事に開演に間に合いました………!
 
BIGCATの入り口でチケット出そうとしたらレシート落としてフラフラすぎてスタッフさんに心配された…すみません…。
体力ないのに御堂筋を駆け抜けたせいです…。
「どのバンドを観に来ましたか?」
聞かれました……!
 
不意打ちで迷ったけど、
中島卓偉
と答えました。
どちらもライトだけど、どちらも大好きです!
 
「上手で会おう!」って言ってた友達ともきちんと合流できて隣で観られました……!
めちゃくちゃ嬉しかったです!
隣に着地して、
「間に合ったーーーーー!」
って叫んだ(叫ぶな)とほぼ同時に開演して、まるでドラマかと思いました……!
 
神様がわたしに味方してくれました。
 
会社から駅まで走り、難波駅からBIGCATまで走ったのでもう無理だと思ったけど、ライブは元気いっぱいに楽しめました◎
 
*********************************************
 
中島卓偉
 
◇SET LIST
 
1.ROLL UP FOR THE UNIVERSE
2.トライアングル
3.焼酎ギャル
4.LONG WAY
5.どんなことがあっても
6.たられば
7.OH MY DARLING
8.ギャンブルーレット
9.我が子に捧げるPUNK SONG
10.蜃気楼
11.イノヴェイター
12.ピアス
 
*********************************************
 
昨夏ぶりの中島卓偉
 
ご覧ください、このプレミアムなセットリスト!!
ツーマンでの卓偉の本気を観たライブでした。
いやーーーーー!最高でした。
 
乾杯のビールの1口目のような幸福が身体全体に広がっていく感覚のライブでした!
わたしはお酒飲めないけどね!きっとビール好きな人の高揚感ってこんな感じなのだろうと思いました。
あーーーー最高だった(何回でも言います)
  
くぅぅぅぅぅぅぅ!
 

 
ロッカーに大急ぎで荷物を詰めて、フロアに入ったら卓偉コールが起きてた!
卓偉ファンのみなさまはツーマンでも熱かった!最高か!
 

 
開く幕。卓偉ロゴの大きなバックドロップ。
 
最初にサポートメンバーの3人が登場。
今日はこーちゃんさん、賢二さん、ぼんちゃん。
 
赤のスーツで登場した卓偉。
気になる1曲目は………!
 
1.ROLL UP FOR THE UNIVERSE
 
イントロで分かった瞬間、叫んでしまいましたよ!
 
ねぇみなさん!ねぇねぇねぇ!
 
1曲目から「ROLL UP FOR THE UNIVERSE」ですよ!
ねぇ!卓偉が本気ですよ!ちょっと!ちょっとちょっと!
 
興奮が隠し切れません。
 
そして挙がる腕の数に、なかなかのアウェイであることを悟ったわたし、いつも以上に盛り上がることを決意!
ライトなファンだから卓偉の看板は背負えないけど、でもここで委縮すると絶対後悔すると思った!
ここに卓偉動員がいると!突き上げた拳で伝えなければならないと思ったんです!
いつもの3倍増しの盛り上がりで攻めているBREAKERZ10番勝負の気合をそのままにBIGCATに乗り込んでしまったから(笑)気合は十分。
拳突き上げまくった!
 
楽しい!卓偉最高!
 
2.トライアングル
 
ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
2曲目から「トライアングル」ってどゆことおおおおおおおおおおおおおお
 
もう2曲目にして神セトリで意味が分からないんだけど!!!!!!!
 
飛びまくって楽しすぎたんだけど!!!!!!!
 
そしてツーマン仕様の卓偉はワンマンならいつも歌わせる♪ポケットに忍ばす♪とかを歌ってくれる!!!!!レア!!!!!!!
 
照明はグリーン。
「トライアングル」のイメージは完璧にグリーンとイエローだから、イメージぴったりの照明でした。
 

 
青色に染まるステージ。
卓偉とのコール&レスポンス!
 
卓偉♪うお~~~~~~~~うぉぉぉぉいえぇぇぇぇぇぇぇぇい!
 
\うお~~~~~~~~うぉぉぉぉいえぇぇぇぇぇぇぇぇい!/
 
卓偉のコール&レスポンスは、卓偉のライブ空間のかけがえのない宝だと思うんですよ!
それをツーマンでもやってくれてとても嬉しかった!!
そして単純にお腹の底から叫べる卓偉のコール&レスポンス、楽しすぎる。
 
卓偉♪次の日残らない女アアアアアアアアアアアア
 
3.焼酎ギャル
 
Rayflowerと卓偉は初のツーマンとなった本日ですが、わたしには、卓偉とRayflowerを結ぶ、1日のライブがあります。
それが、“SHIBUYA LIVE RALLY”という2012年のサーキットイベントなんです。
 
このイベントで、わたしはRayflowerと卓偉を1日で観ているんですね。
RayflowerはAX、卓偉はクアトロだったので演者同士に接点はなかったとは思うのですが。
そして、このイベントがこれまでで唯一、卓偉をイベント形式で観た日だったんです。
 
SHIBUYA LIVE RALLYの卓偉のセットリスト、めちゃくちゃ脇道セットリストだったんですよ。
これが割とトラウマで笑
勉強不足のわたしが悪かったんだけどね。
 
だから、今日も絶対可愛げのないセットリストで来る!!!って思ってたら、卓偉の芯の部分を守りながらもプレミアムすぎるセットリストで曲が始まる度に叫んでしまいました。
いつも最高ですが、今日の卓偉はさらに最高でした。
 
なんで焼酎ギャルのここにこの話書いたかというと、SHIBUYA LIVE RALLYでも「焼酎ギャル」は演奏していたからです。
でも、まだ、コール&レスポンスの鉄板曲になる前だったような気がするな。
 

 
トライアングルに引き続きイントロでまじ跳ぶ。跳びまくる。楽しすぎて意味わからん。
 
麦じゃねぇだろ!やっぱ\芋芋!/
記憶飛ぶまでいっとこ!\オーライ!/
 
いつも歌わせる芋芋もちゃんと歌ってくれる。やっぱりレア。
 

 
少しの間。
「LONG WAY」は変則チューニングだった気がする。
1回いつかのAKASOで拓磨さんがチューニング忘れてやり直してたの「LONG WAY」だった気がする。
でもギターとベースチェンジしてたのかチューニングしてたのかすらわからなかった。
 
4.LONG WAY
 
唯一のバラードは「LONG WAY」でした。
 
ひまわりのようなイエローのイメージのある「LONG WAY」。
照明も黄色に包まれて美しかった。
 
歌った。腕挙げた。すごく美しい。
卓偉、いうまでもないけど歌うまい。
 
正直、前半戦は「盛り上がらなければ!!!!」って気持ちで結構いっぱいで、あんまり視覚の記憶がない笑
でもいつも以上に卓偉は踊っていた気がする。
 
はっとさせられたのは、ここからでした。
 
5.どんなことがあっても
 
現時点での最新アルバム「煉瓦の家」から唯一の選曲。
 
先日、ニューシングルの解禁と共に自身のご結婚と、ご子息のご誕生を発表された卓偉。
誠に、おめでとうございます。
 
発表を聞き、卓偉のコメントを拝読した時、父親になったという出来事は卓偉にとって、とてもとても大きな変化だったのだと感じました。
今日観られる卓偉は、新生卓偉なのだと覚悟していたし、新生卓偉はどんなライブを魅せてくれるのか予想もつかなくてとても楽しみにしていました。
 
中でも気になっていたのが
「最近の曲を歌うのか歌わないのか」
ということでした。
 
ここ数年の楽曲は、自らの痛みをさらけ出しながら、前向きになろうと伝える歌詞が多かったように思います。
その歌詞は卓偉自身の心の中を表しているようで、前向きな歌詞たちはすべて、卓偉が、卓偉自身に向けて言い聞かせているようにしか聞こえなくて、とても心配でした。
 
2年前、もう3年前になるのか。人生の選択に失敗した時に、崖の底に落っこちたわたしを救ってくれたのがAKIHIDEさんと卓偉の音楽でした。
AKIHIDEさんは、崖の下にいるわたしを地上から救い上げてくれるような音楽だけれど、卓偉は、同じ崖の下で前向きな言葉を叫び続けているようでした。
卓偉に覚えた感情は「共鳴」だったように思います。
わたしは救われたと同時に、卓偉が心配でした。
 
歌以外には決して痛みは出さないけれど、歌詞から漏れ伝わってくる自身の痛みがどれほどのものなのか、ただの社会人のわたしには想像もつかなくて。
だからこそ、ライブで歌っている姿を観るたび、自分が救われた過去を思い出すと同時に、卓偉の心の内を想ってはどうしたらいいのかわからなくなっていました。
 

 
今日の「どんなことがあっても」は、これまでライブで聴いてきたものとは、まったく様相が異なりました。
 
この時の卓偉は、みなぎる力に、溢れていました。
 
わたしも病んでたからそう見えてただけかもしれないけど、ずっと、卓偉自身の心に言い聞かせているように見えていたこの歌詞が、今日は、前に向かって飛んでいました。
 
乗り越えた卓偉だ。
 
そう思いました。
何を乗り越えたのかなんてわからないし、勝手言うなって卓偉に怒られてしまいそうだけど。
 
でも、間違いなく、今日の卓偉はなにか一皮向けていたし、全身から力強いパワーに満ちていて、最高にかっこよかったです。
 
アーティストのプライベートと、ライブで魅せてくれる非現実を重ねるのは、美しくない行為かもしれません。
けれども、今日の卓偉の、力に溢れた姿を観ていたら、ご自身の人生の大きな変化が、生み出す音楽に飛躍をもたらしたと思わずにはいられませんでした。
 
うれしかったんです。
もう勝手に心配してんじゃねぇってやっぱり卓偉に怒られそうだけど、本当に心配だったから。
こうやって、家族を持つことで、大黒柱になることで、パワフルな新生中島卓偉を観られたことが、心の底から、うれしかった。
 
語彙力が一気に中学生になるけれど。
まじめでたい。
 
「どんなことがあっても」を、こんなにも違った気持ちで観られる日が来るだなんて思っていませんでした。
卓偉、ほんとにほんとに、おめでとう。
 
-MC-
 
卓偉「新曲のカップリングやります!」
 
カップリングかい!
初披露はワンマンかな?って思ったけど、後からちゃんとやってくれた。
   
6.たられば
 
昨日のREDNIQSをライブまでに聴けなかったので初聴き!
照明は紫。
 
すっごくモーニング娘。みたいだなと思っていたら、友達も
ハロプロっぽかった」
って言ってて笑った(笑)
ですよねーーー!
 
7.OH MY DARLING
 
うれしすぎた…………!!!!!
 
パワーアップした新生中島卓偉が、TAKUI時代の全力ラブパワーソング「OH MY DARLING」を歌ってくれた意味は、すごく、すごく大きかったです。
 
だってあまりにも卓偉、自己啓発ソングしか書かないから、心配しすぎて、
「卓偉ラブソング書こう?!?!?」
って言ってたんだもん。
 
(その頃もライブで昔のラブソングは歌ってたけど)
 
「どんなことがあっても」の変化を目の当たりにした後での「OH MY DARLING」は最高にピースフルだったし、すっごくうれしかったです。
 
やっぱり、語彙力が中学生になるけれど。
まじめでたい。
 
もう、めでたすぎてうれしくて、このあたりからテンションあがりすぎてぽわぽわしてきた。笑
最高の境地に来た。
 
そして気づいたら、突然にセッションが挟まって、こーちゃんと卓偉と賢二さんが3人並んでステップを踏み始めた……。
めちゃくちゃ踊ってる。。。
 
みーぎひだりーうしろーまーえー
みーぎひだりーうしろーまーえー
↑ステップの足の感じこんなん
 
な なんぞこれ
 
驚愕の衝撃とかわいさの爆発のカフェオレ
 
まるで混ざり合わないカフェオレ
はやくひとつになりたいオレ(ちがう)
中島卓偉にはこんな歌詞の「カフェオレ」って曲があります
 
いや。。。。なんやったんやあのステップ。。。。。
 
しかも美しく
♪OH MY DARLING♪
って戻るし……
 
今日はあんまりフロアにマイクを向けることが少なかったけど、ぱっと向けてくれたら
♪OH MY DARLING♪
の合唱がBIGCATに響いてうれしかった!
卓偉ファンの対応力!
 
卓偉「ギャンブルーレット!」
 
8.ギャンブルーレット
 
ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!
 
卓偉が本気!!!!本気!!!!
 
爆寸で流れる卓偉の曲といえばギャンブルーレットとイノヴェイターなんですけど!!!どっちもやった!!!!ツーマンで!!!!
(イノヴェイターは絶対やると思ってた)
 
ねぇ!!!!!
定番王道プレミアムセトリ!!!!!
 
楽しかった。最高。
 
特にマイク向けてくれたわけではなかったけど、ワンマンでいつも歌うところはめっちゃうたったしルーレットはぐるんぐるん回したし、容疑者には黒い線を引いたし、くさいものにはひらかぬふたをしました!!!!
 
卓偉「新曲を初披露します!!!『我が子に捧げるPUNK SONG』!」
 
9.我が子に捧げるPUNK SONG
 
イントロと間奏のジジジジジ……っていうデジタルロックな音色が、申し訳ないけど苦手だったんですが、黒!銀!みたいなイントロ、AメロBメロから、サビで一気に真っ白に開ける感じがとても素敵だと思いました。
 
しつこいけど
まじめでたい。
 
ほんとに、素敵なメッセージだなぁと思いました。
 
もっとライブで馴染んだら、フロア全体で叫べるすごい一体感のある曲になりそうですね。
 
10.蜃気楼
 
ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
 
「蜃気楼」って!どういうこと!!!!
予想のつかないセットリストに叫ぶしかないよ!
 
BREAKERZはセットリストがテンプレパズル型だから、MCの位置も選曲も全く読めない卓偉は楽しいなぁと思ってしまった。BREAKERZもそれでも楽しいんだけどね!次に来る曲のタイプは完全に読めてしまうからね。
 
「蜃気楼」大好きなのでうれしかったです。
ワンマンではめちゃ歌うけど、今日はいっぱい卓偉が歌ってくれて、レアでした。
今日「Calling you」やってくれたら、ひさしぶりに卓偉の歌う「Calling you」が聴けるなって思ったんだけど…残念です笑
最近の「Calling you」こっちが歌うパートめちゃくちゃ多いからさ…!笑
 
でもそんなことも気にならなくなるくらいラストスパートもすごかった。
 
11.イノヴェイター
 
最高。
やってくれると思ってたけどもう最高。
イノヴェイター大好き。
 
卓偉「ラストーーーーー!!!!『ピアス』!!!」
 
12.ピアス
 
クライスト!
 
ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!
ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!
ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!
 
ラストに「ピアス」って!!!!
「ピアス」って!!!!!!!!!
 
卓偉の本気が本気という言葉の枠の中に収まりきらないんですけど!!!!!!
 
「ピアス」封印時代にファンになったので、いやほんと、卓偉の本気が本気すぎる。(日本語)
それだけで脳の血管パァンなってたんですけど、「ピアス」ほんとうに名曲ですね。
 
卓偉の歌に圧倒されて、それまではうるうるでなんとか持ちこたえていたのに、気づいたら涙を頬が伝ってました。
ひとって圧倒されるくらい感動したら、涙、気づいたら出てるもんなんですね。
 
卓偉の歌で耳がいっぱいになるあの感覚がすさまじく幸せでした。
 
*********************************************
 
中島卓偉、最強に最高でした。
 
光に溢れていたし、これからの中島卓偉がますます楽しみになりました。
早くワンマンに行きたくなりました!!
次はいつだああああああ!!!!って思っていたんだけど告知されて思い出した、オペラと被りまくって悩みまくってたんだった(笑)
 
今日いいなって思ってくださった、Rayflowerがお好きなみなさまは、ぜひ!ワンマンにお越しください。
こんなもんじゃない、一体感あるライブを観られます!!!!
 
卓偉があまりに最高すぎたし、あんまりにもめでたくてうれしいから、
中島卓偉最高か!!!!!」
って叫びたくなったよ。我慢したけど。
 
最高に満たされた気持ちで、転換中の時間を過ごすことができてほんとに幸せだなと思いました。
 
卓偉ありがとうございました!
今年のライブも、楽しみにしています!!!!
 
つづく。

BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- MY FIRST STORY at Zepp Nagoya

f:id:cherryoulife:20170307000313j:plain

2017.3.5(Sun)
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
VS MY FIRST STORY
at Zepp Namba
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
  
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
4th Battle!VS MY FIRST STORY!
行ってきました!
今日も最高でした!
 
*********************************************
 
◆MY FIRST STORY
 
1.ALONE
2.Smash out!!
3.Last call
4.「花」-0714-
5.Love Letter
6.monologue
7.虚言NEUROSE
8.The Puzzle
9.失踪FLAME
10.モノクロエフェクター
11.Second Limit
12.不可逆リプレイス

はじめましてのMY FIRST STORY!
 
hiroくんの少年のような真っ白な歌声が美しかった。
勢いあってかっこよかった!!
 
*********************************************
 
「MY FIRST STORY、エモーショナルでセンセーショナルなステージだったな!!!」
とスカルさん(仮名)。
 
BREAKERZからの意気込みコメント

楽屋?みたいな場所に椅子を3つ並べての撮影。
全員グラサン。ワルを演じられております。

DAIGO「MY FIRST STORYとの対決…俺たちもめちゃくちゃ気合い入ってる!
……なっ!SHINPEI

SHINPEI「そうですね!MY FIRST STORYは日本武道館でのライブも晴れ舞台を観させていただいて、本当に熱い熱いライブで、ノリも半端なかったです!
今日は武道館に匹敵するくらいの熱いライブを作りたい!よろしく!!」

DAIGO「熱いライブにしたいよな。
………なっ!」

AKIHIDE「ぐわぁ~」

あっき まさかの 第一声 「ぐわぁ~」

どうしたあっき。

AKIHIDE「MY FIRST STORYとはイベントの打ち上げで一緒になることがあって、飲み過ぎて、Teruくんとか千鳥足になっていた!
オレも、飲み過ぎて千鳥足になることがよくあるから、勝手に共感している!!!
ギタリスト、そして、チドリストとしても熱いライブにしたい!!!」

チドリストwww

ワルぶってるのに思わず笑うSHINPをカメラがとらえる笑

DAIGO「オレたちは、MY FIRST STORYに、smash out!」

♪MY FIRST STORY「Smash out」

DAIGO「して、やっつける!そんな気持ち!
ただ!
MY FIRST STORYとのライブが終わっちゃったら、すさまじくALONE

♪MY FIRST STORY「ALONE」

DAIGO「さみしくなっちゃうと思う!
Missing you

♪MY FIRST STORY「Missing you」

DAIGO「愛しくなっちゃうと思う!
だから、ライブが終わったら、Love letter
 
♪MY FIRST STORY「Love Letter」

DAIGO「に書いて送りたいと思う!
俺たちの10周年の物語を、みんなに見せたい!
まさに MFS!」

あっきとしんぴの頭に?のマーク。

DAIGO「
M マジで
F ファンタスティックな
S 世界!

DAIGO「Present for you!」

・・・

この沈黙の時間、思わずワルぶって組んだ足がぷるぷるしている様を→で強調されるあっきとしんぴ笑
編集が対決が進むにつれて遊び心満載になってきてる(笑)

*********************************************
 
◆SET LIST

1.ZERO
2.WE GO
3.GRAND FINALE
4.EMILY
5.IN THE SKY
6.Miss you
7.NEVER ENDING STORY
8.ALONE(MY FIRST STORY)
9.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
10.FAKE LOVE
11.Destruction
12.SUMMER PARTY
 
-EN-
1.Tomorrowland(MY FIRST STORY)
2.灼熱
 
*********************************************
 
♪いつものSEに乗せてメンバー登場!
 
気になる1曲目は…!
 
1.ZERO
 
「ZERO」だーーーーーー!!!
 
10番勝負初登場ですね!
わたし、FCイベントに引き続き。また。思いっきり。
「NEXT LEVEL」と間違えました…………。
 
冷静に考えたら全然違うのにね……。
なんで間違うんでしょうね…。
 
でも、イントロのリフを奏でるあっきーの姿はとってもかっこよかったです!
(説得力ない)
 
今日のメインは白アリスちゃん。一部ブラッキーさん。
 
わたしはギタリストがコーラスのために前をまっすぐ見据える姿が大好きなんですが、今日はあっきーのコーラス曲が多くてうれしかったです♪
 
ぜーろぜーろ ぜーろれーえぇ♪
 
あっきーイケメン。
 
2.WE GO
 
2曲目は「WE GO」!
「ZERO」のアルバムの曲順と同じですね。
 
10番勝負を通して、ますます「WE GO」が好きになっていくなーー!!!
今日のギターソロもめちゃくちゃかっこよかった!!!
 
-MC-
 
DAIGO「名古屋のみなさん元気ですかーーーー!
BREAKERZ10番勝負へようこそーーー!
俺たちが!BREAKERZです!」
 
じゃんじゃーーん。
 
DAIGO「10番勝負!第4ラウンド!初めての名古屋!
みんな来てくれてありがとう!
今日の対戦相手はMY FIRST STORY!
名古屋での10番勝負を引き受けてくれて、ありがとう!!!
正直、hiroくんすごい仲良いんだけど、15個下って言うね!!
もしかしたらhiroくんの子どもがいてもおかしくないかも!
………早いか!それは早いか!」
 
15歳は早いねw
わたしとあっきーの年齢差も15歳(しらんがな)
 
DAIGO「さっきのライブも観てたんだけどね、めちゃくちゃかっこよかった!
まじでかっこよかったし、勢いもすごかった!
左耳がBREAKERZした!かっこよかった!ありがとう!
BREAKERZも対決頑張っていきたい!
今日はねBREAKERZを初めて観る人も多いと思うんだけど、男子が多いね!」
 
男子\いぇーーーーーい/
 
DAIGO「BREAKERZファンじゃないってね、わかってるよ!
うちはね男女比2:98くらいだからね!」
 
2:98wwwwwwww
 
DAIGO「今日来てくれてるみんなで楽しいライブにしていきましょう!
男子ーーーー!!!!!」
 
男子\いぇーーーーーい/
 
DAIGO「いーねぇ!ノリが!」
 
男子\DAIGOーーーーーー!/
 
DAIGO「DAIGOだよ!うれしいよ!DAIGOですよ!」
 
DAIGOくん、ごはんですよみたいに「DAIGOですよ!」っていうから笑ったw
 
DAIGO「女の子ーーーーー!」
 
女子\いぇーーーーーい!!!/
 
DAIGO「ここからはねぇ!MFSで盛り上がっていきたい!」
 
MFS?
 
DAIGO「
M めっちゃ
F ファンタジーな
S 世界に……………世界ぃぃぃ~!!!!
 
言い直したwwww
 
DAIGO「今のへたくそだった!」
 
DAI語にもへたくそとかあるんね。w
 
DAIGO「卒業シーズンにこの曲を贈ります、『GRAND FINALE』!」
 
3.GRAND FINALE
 
久しぶりに聴けました。
BEST HALL COLLECTIONの追加公演・NHKホール以来だったようです。
  
先日、ロデオガールとのBREAKERZ鑑賞会通称“B会”で、武道館のDVDとオフショットを観たばかりだったので、とてもタイムリーでした。
BREAKERZ初の日本武道館公演の個人的なハイライトのひとつが、トリプルアンコールの最後に演奏された「GRAND FINALE」でした。
 
あの日、ダブルアンコールが終わって、「光」で号泣していたわたしは、お隣の母娘さんに心配していただいていました。
(その節は誠にありがとうございました。)
そして母娘さんへの涙の訴え。
「次に『GRAND FINALE』来たら泣きますぅぅぅぅぅ(既に号泣)」
 
そしたら、トリプルアンコール。
 
本当に「GRAND FINALE」が演奏されて、宣言通り号泣したし、
BREAKERZに一生ついていく」
って決めたのもこの瞬間でした。
 
ドキュメントを観たら、あの時「GRAND FINALE」を決定づける言葉を発しているのはSHINPなんですよね。
だから、SHINPには一生頭が上がりません。笑
 
そして、この日本武道館公演を発表したツアーが、「GRAND FINALE」のツアーだったんです。懐かしいね。
初日の渋谷公会堂公演は3月21日でした。
 
あの日にすごく想いを馳せながら聴きました。
日本武道館公演も素晴らしかったのですが、3月21日の渋谷公会堂での公演は、関西人で、「特別な場所」といえば大阪城ホールがだったわたしが、
日本武道館という夢」
を共有できた瞬間だったので、この日もまたとても特別な1日だったんです。
 
思い出話に花を咲かせてすみません。
久しぶりに聴けて、本当にうれしかったです。
 

 
そして、今日はAKIHIDEさんのコーラス曲が多くてとてもうれしかったんだけど、声量がいつもの3倍くらいになっててDAIGOくんを凌駕する勢いでしたw
「GRAND FINALE」のあっきーの上のコーラス大好きなんでうれしかったです♪
 

 
じゃじゃっじゃ じゃじゃっ じゃじゃっ……♪
 
ガラリと雰囲気を変え、怪しげな空気。
 
4.EMILY
 
今日は来れなかったロデオガールが
「EMILY聴きたい!」
って言ってくれていたので、
「〇〇~~!(>_<)」
ってなりました。
 

 
ドラムに乗せて煽りのターン!
 
これまでならダンスナンバー枠だったここ!
次は何が来るのか?!?!
 
いつもならここから「IN THE SKY」とか「BUZZER BEATER」とか来るターンやけど、ダンスナンバーへの繋ぎかもしれない!!!!
 
DAIGO「楽しんでますか!!!!
みんなここからみんなで盛り上がっていこう!
まずみんな拳を挙げて!挙げるだけでいい!」
 
Zeppに上がる拳。
 
DAIGO「いいねぇ!!!!いいねぇ!!!!
次はその拳をこう!!!(突き上げる)」
 
Zeppに突き上がる拳。
 
DAIGO「いいねぇ!!!!!いいねぇ!!!!!!!」
 
DAIGOくん鬼ほめ上手。
 
うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!
 
DAIGO「でら最高!
ネクストーーーーーー!!!!『IN THE SKY』!!!!」
 
5.IN THE SKY
 
ドラムの煽りからの曲の中では、ダントツで「IN THE SKY」が好きなのでめちゃくちゃ嬉しかった………!
10番勝負で聴けるとは思ってなかった(T_T)
 
DAIGOくんのアイスぺろぺろも観られたし、お立ち台にギタリスト2人が立ってのユニゾンも最高だったし、ソロが終わって、ギタリスト2人がすっとお立ち台から降りて、代わりにDAIGOくんが後ろから現れるお決まりのアレ!もきちんと観られてうれしかった(T_T)
「IN THE SKY」好き(T_T)
 
てっぺん回ってmystic moonlightもちゃんとくるくるしてくれたし!!
(今の今までてっぺんまでだと思ってた…)
 
この曲もあっきーのコーラスが高らかに響いていて最高だった!!!!
 
今日はDAIGOくん
ウルトラマンだ~って歌ってた!
 
-MC-
 
DAIGO「楽しんでますかーーーーーー!!!!
めちゃくちゃ盛り上がってるね!
BREAKERZファンのみんなも、MY FIRST STORYファンのみなさんも、」
 
BREAKERZは「みんな」
MY FIRST STORYは「みなさん」
細やかな心づかい。DAIGOくんの素敵なところです。
 
DAIGO「手挙げてくれたりして優しいね!
ここでBREAKERZメンバーとBREAKERZサポートメンバーを紹介します!
大声で名前を読んでください!
まずオンドラムス誠ーー!」
 
\誠ーーー!/
 
DAIGO「オンベースMatsuーーーーー!」
 
\まつーーーーー!/
 
DAIGO「2人あわせてM&M!
2人はね、10年ほぼサポートしてくださってて、頼りになる2人です!
マコト!マツくん!応援してください!お願いします!
いつもありがとう!」
 
DAIGOくん、この辺なんか下手の端のほうからまつまこつのほう向いてあらためて「ありがとう」って言ってた。笑
 
DAIGO「続いてBREAKERZメンバーを紹介します!まずオンギター!」
 
\しんぴーー!!!/
 
DAIGO「オンギターー!」
 
\しんぴーー!!!/
 
SHINPの衣装、エプロンっぽい!笑
 
上手まで来てしんぴーコールを煽ってからのーーー
お立ち台に立ち!
 
SHINP「俺は……誰だーーーーーーー!!!!!!」
 
\しんぴーー!!!/
 
SHINP「Thank you!」
 
SHINPご満悦で下手へ。
 
SHINP「こんばんはー!BREAKERZのオンギターSHINPEIです!!!
いやーーMY FIRST STORYが最高でほっかほかの空間にしてくれてね、1曲目から炎上してます!」
 
炎上てw
 
SHINP「ありがとー!
とゆことで、楽屋でMY FIRST STORYのみんなとね、平均年齢数えバトル!みたいなのしてたんですけどね、干支1周くらいするんですよ!」
 
SHINPが語っている間、DAIGOくんとあっきーがマコちゃんの周りに集まって4人で井戸端会議してるw
しかもみんなめっちゃ笑ってるw
 
SHINP「エネルギッシュなMY FIRST STORYなんですけど、俺たちも大人の色気?筋肉?出していきます!!(ニュアンス)」
 
DAIGOくん、無表情。笑
 
DAIGO「この状況で、『俺は誰だ!』って聞く勇気ね!」
 
SHINP「ここ(下手のしんぴーマイク)に立つとかしこまっちゃうんだけど、あそこ(センターのお立ち台)に立つと野獣になれるんです!!!!!
…………スマン。」
 
謝ったwww
 
DAIGO「ほんと熱いからね!SHINPEIのサングラスも曇ってる!みんな見えないと思うけど!」
 
SHINP「ただでさえ見えないのにますます見えないです!」
 
DAIGO「平均年齢の話ね、そもそもMC後で言おうと思ってたんだけど!
ていうか、スマホで計算してたのも、わる(÷)4、わる(÷)3して、調べてたのも俺じゃん!
なんで先言っちゃうの!
 
DAIGOくんからクレーム入りましたwwwwwww
 
SHINP「エキサイトしちゃった……」
 
反省するSHINPw
 
DAIGO「時間戻したいと思ってるでしょ」
SHINP「ドラえもんがいたらなぁ」
DAIGO「4分くらいね。戻したいね。でも、いいと思うよ!」
 
和解w
わかんないけど、SHINPがしゃべってる間井戸端会議で笑ってたのきっとこのクレームに関してなんだろうな笑
 
DAIGO「今日はね、はじめましてのひともメンズたちいっぱいいるからね!
SHINPEIがどんなギタリストなのか教えてあげて!
何の資格持ってるんだっけ?」
 
これ毎回いうの?笑
(DAIGOくん的にはSHINPのテレビも応援したいって気持ちなのかなって思うから無碍にできないけど、毎回結構な尺とってると思うんだけど笑)
 
SHINP「BREAKERZのギタリスト…なんですけど!
調理師免許、整理収納アドバイザー、ダイエット検定(中略)今年はファイナンシャルプランナーとろうとおもってます!」
 
はい!わたしもFP頑張ります!
 
SHINP「もしかしたらロックじゃねぇんじゃねぇかって思う人もいるかもしれないけど、俺にとってのロックは………型を破る。」
 
おおお~
 
SHINP「金髪グラサン、でも掃除上手!お料理上手!でもいいじゃん!」
 
DAIGO「SHINPEIどんなギタリストになりたいんだっけ!」
 
SHINP「家庭と暮らしに役立つギタリスト
 

 
SHINP「がんばります!」
DAIGO「オンギターSHINPEI!」
 
次はあっき!
 
DAIGO「もう一人のオンギター紹介します!オンギター!」
\あきさまー!/
 
DAIGO「オンギター!」
\あきさまー!/
 
DAIGO「あきさまー?」
\あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
DAIGO「あきさまー?」 
\あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
DAIGO「あきさま今日どんな気分ーーー?」
\あきさま今日どんな気分ーーーーー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
AKIHIDE「でらべっぴんさんばっかりで、でらえろいきぶん。」
 
なんか すごい 言い方 かわいかった!!!!!!!!!!!!!
 
でらえろいきぶん。
 
言い切った!!!!!!!
 
AKIHIDE「男が多いってさんざん言ってるのにすみませんね。」
 
男性多くてもいいたくなるのか。しもねた。
かわいいな♡(なんでもかわいいらしい)
AKIHIDE「MY FIRST STORYの武道館は観させていただいてね、ほんとに感動的だったんだけど。
最初に出会ったのはVAMPSさんのHalloween Partyの打ち上げで意気投合してね、しもねたばっかりだったんだけど」
 
(*゚д゚*)!!!!
 
しもねた ばっかり!!!!
 
あっきのしもねためちゃくちゃ気になるんだけど!!!!
 
AKIHIDE「まあここでは言えないようなことばっかりなんだけど」
 
教えてくれなかった(´・ω・`)
 
AKIHIDE「神戸で盛り上がって、幕張でも一緒にいて、朝7時?6時くらいまで一緒にいて、ノブくんなんかはうちのバンドの車に乗って一緒に帰るっていうことがあったんだけど」
 
めっちゃ仲いいじゃん笑
 
AKIHIDE「僕ね、お酒飲むと記憶なくすんですよ!」
 
(*゚д゚*)お噂はかねがね…
 
AKIHIDE「だからね、楽しかったんだけど覚えてなくて!」
 
(*゚д゚*)いいのかな笑
 
AKIHIDE「MY FIRST STORYと新しい思い出を打ち上げで作れたらいいなと思っています!
今日は飲みすぎないようにします!」
 
あっきの打ち上げネタも鉄板と化してきているね笑
お酒はほどほどに…
 
DAIGO「今日は!これで分かったと思うけど!打ち上げがある!」
AKIHIDE「なかったらさみしい」
 
さみしいあっききゃわ
 
DAIGO「さみしいよね。新幹線まだある!みたいな」
AKIHIDE「いやいやいやいや」
って手を伸ばしててかわいかった!
 
DAIGO「確かに武道館観て、めちゃくちゃかっこよかった」
AKIHIDE「僕たちもノリノリで観ちゃったもんね」
DAIGO「関係者席でうぉい!うぉい!って(拳)やってた」
AKIHIDE「Hiroくん気づいてたって言ってたもんね」
 
あっきの「ひろくん」呼びかわいい。
 
DAIGO「盛り上がってね、チドリスト対決も」
AKIHIDE「どうやったら勝つんだろ?」
DAIGO「歩けなくなるまでじゃない?」
AKIHIDE「歩けないか!」
 
チドリスト対決はどうなったんでしょうか。笑
 
DAIGO「そして俺がボーカルの!」
 
だいごーーー。だいごーーーー。
 
DAIGO「俺がボーカルのDAIGOです!
Hiroくんね、15個下なの。何回もいうけど。
でもね年の差を感じないの。感じるだろ!って言いたいでしょ?
感じてよ!って。
でもね、すごく若いのに音楽もしっかりやてるし、すごく精神的に大人。
VAMPSさんのハロウィンとかもね、打ち上げで俺がボケるとね、Hiroくんがね、百発百中のツッコミを返してくれるの。
声高いしね、パキンてくるの。
絶対ないけどね、絶対ないけどね、1回一緒にバラエティ出たい。笑 ユニットとして。
ほんとね助かってる。
おれツッコミできないから!」
 
優しいからつっこめないのよね。笑
Hiroくんが優しくないって言いたいんじゃなくて、DAIGOくんがつっこめないっていうのめちゃくちゃわかるなぁって思った。笑
 
DAIGO「助かってます!
というわけで熱いライブやっていこうぜ!!!
大丈夫?みんな?
MY FIRST STORYで暴れ倒して余力残ってない?
廊下で休むなりしてね。
体が1番だからね。楽しくライブで楽しんでいこうね!」
 
ここでしんぴーがアコギなことに気づく!(遅)
 
逸る心。
だって、しんぴーがアコギの曲って、「オーバーライト」と「B.R.Z~明日への架け橋~」と………あの曲くらいしかなくない?
 
もしかして、ひさびさに聴ける?
 
DAIGO「次はねちょっとしっとりとしたナンバーを。
MY FIRST STORYの曲にもね、似たタイトルの曲があって」
 
これで予感は確信に変わった。
さっき、コメントで出てきてた。「Missing you」
 
DAIGO「1番最初のアルバムに収録されている曲を聴いてください。『Miss you』」

6.Miss you
 
「Miss you」好きなんです………。
うれしかったです。
聴きたいな、でも一生聴けないだろうなって思ってました。
 
初めて聴いたのは初めて行ったBREAKERZのワンマンライブだったんだけど、その時に1番心に響いたのが「Miss you」でした。
 
久しぶりに聴けた「Miss you」は、昔からの朗らかなやさしさに加えて、現在ならではの光に満たされていました。
とても美しい時間でした。
 
♪I miss you...でサビが始まると同時に、ステージ全体がすーーっと桜色に染まるの。
その情景があまりにも美しくて、見とれてしまいました。
そんな、桜色の世界でコーラスするあっきーの表情もやわらかくて、とても素敵だった。
とても素敵な空間が生まれていました。
 
そして、2番のトレモロの響きは最高でした。
そのまま宝箱にしまってしまいたくなるくらい美しかったです。
AKIHIDEさんのトレモロは宝です。
 
そして!ギターソロが!
音源よりも今までよりもずっと、ディレイが効いたソロになっていて、より強い光を放つソロになっていました………!
桜色のサビとは対照的な、黄金色のソロでした。とても響きの美しいソロでした。
 
気づけば頬を涙が伝っていました。
今まで聴いた「Miss you」で、1番美しかったです。
 
-MC-
 
溶暗。
 
DAIGO「で ですねーーーー!」
 
溶明。
 
いや、あのさ、DAIGOくん。
「Miss you」の余韻もなにもなく第一声「で ですねーーー!!!!」ってなにさ!笑
 
いいけど!次新曲のターンなの忘れて「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」あたり来るかと思ってたら
「で ですねー!」でちょっとずっこけたわ!いいけど!
 
DAIGO「MY FIRST STORYとの記念すべき夜!10番勝負の今日の日のために!今までやったことのない曲!新曲を作ってきました!!!!
この曲聴いたことあるのは、メンバースタッフ含めて11人くらいです!
ネクストーー!NEVER ENDING STORY!!!」
 
7.NEVER ENDING STORY
 
10番勝負初日の新曲「ロデオドライブ」は「RUN AND RUN」とか「IN THE SKY」系の曲で、純粋なギターロックって感じでした。
10番勝負も回を増すごとに曲の造り込み度が増していっている気がします。純粋なギターロックも大好きなのでみんなすごい好きなんですけど!
 
ここではあっきーブラッキーさん!!!!
 
今日の「NEVER ENDING STORY」は、聴いた瞬間はっとする、あっきーのゴリゴリなリフから始まります。
あっきーのイメージには全然ない音で、「BUNNY LOVE」みたいな太い音ともまた違う。ごりごり。
すごくはっとさせられました。あっきーの新しい音の側面を見た気分でした。
 
Aメロでクラップが起きた!
これ絶対MY FIRST STORYのファンの方から生まれたノリだと思う。BREAKERZAメロでクラップ起きないもん。
10番勝負ならではですごくうれしかったです。
そうやって自然発生的にクラップ(=MY FIRST STORYならではのノリ)が生まれるような曲ってことは、タイトルだけでなく楽曲のDNAにもきちんとMFSのイニシャルが刻まれているということだと思うんです。
改めて、BREAKERZすごいなと思いました。
 
1サビ後の間奏のメロディーがSHINPでした。
SHINP曲かな?って思いました。ちょっとそこは「Everlasting Luv」っぽいかな?と思った。
 
ソロはあっきーが助走をつけてからの(WE GOのソロ前のリフみたいな感じな部分がちょっとある)がっつりユニゾン
シドの「硝子の瞳」のメロディをユニゾンで弾いていたのがとてもお気に入りだったので、ソロ全体がユニゾンの構成すごくうれしかったです。
 
-MC-
 
DAIGO「2階!アリーナ!楽しんでますか!
新曲書いてきてよかった!ありがとー!
10番勝負を記念してグッズもあるんですよ!Tシャツとか。ピンバッジとか。
MY FIRST STORYとBREAKERZのコラボグッズもあるんですよ!
ここでね、すこし、ある商品を紹介する時間にしたいんですけど!
今回ね、VS!ばーさすってことでね。こちら!」
 
バーサ酢のおなーーーりーーーーーー
 
DAIGO「バーサ酢!お酢の酢!
平均年齢37歳くらいなんでね!だじゃれっぽいアイテムもあります!
これイチオシアイテムです!
今日名古屋初めてだからね!宣伝したいんだけど!58本入荷しました!
まーまーすくねーな!って思った?
何本売れてるのか!このイチオシグッズ!ききたいですか!
発表します!58本中……11本!
 

 
\ふーーーーーーーー!/
 
DAIGO「ふーじゃない!ふーじゃないから!
58本中11本!」
 
SHINP「11本買ってくれた!」
 
DAIGO「買ってくれたみんなありがとう!
これね。すごくみんなの健康を気遣ったアイテムです!
ライブ健康じゃないと楽しめないから!お湯で割ってもいいし!健康グッズだから!
マイファスのみんなにも飲んでもらおうか!試飲!」
 
AKIHIDE「あげるわけじゃないんだw」
DAIGO「試飲!」
SHINP「2日酔いにも効きますよ!」
DAIGO「持ち込もう!打ち上げに!飲んでもらおう!」
 

 
DAIGO「マイファスすごいかっこよかった!
時代ちがくてよかったよね!」
 
AKIHIDE笑
 
DAIGO「同年代大変だろうなって思うもん!
すごくかっこよくて、マイファスの曲音出しでやったりするときある!世代関係なくかっこいいなって思う!」
 
\やってーーーーー!/
 
DAIGO「むりだよ!やったあとだし!つめたい目でみるでしょ!」
 
♪しんぴーがイントロのリフを!!
 
8.ALONE(MY FIRST STORY)
 
すごく気に入った!かっこよかった!
セッションもだけど、ほかのアーティストさんをあっきーが色付けするのめちゃくちゃ楽しみだーーー!
10番勝負のみどころのひとつとなっています。
 
しかし今日はほんとにあっきコーラスデーで、これもコーラスというか掛け声を言ってくれててすごい素敵だったーーーー
コーラスあっきーすきすぎる!!!
 
そして特筆すべきはマコちゃんなんですよ!
MY FIRST STORY観ててとても印象的だったのが、ドラムさんのパワープレイっぷりで。
マコちゃんはパワーと洗練さを兼ね備えているから、フルパワータイプのドラマーさんじゃないと思うんですよ。
だから、今日はドラマー2人のタイプも対照的なドラム対決になるなと思っていたんです。
 
そしたら「ALONE」の時のマコちゃんが、いつものイメージとは異なる全力パワープレイで、めちゃくちゃかっこよかったです。
絶対MY FIRST STORYのドラムのパワフルさに寄せてたと思うんですよ!しかもめっちゃ笑顔で楽しそうで!すごくよかったです!!!!
 
そんな感じで1コーラス終わる。
すごい盛り上がりでした!
 
-MC-
 
DAIGOくん、口パクでむりむり!もーむり!って言ってる。
キー高いね。
 
DAIGO「こゆ時にバーサ酢飲めばいいのか!!!!!」
 
よくつながりました◎
 
DAIGO「まじでさぁぁぁぁぁぁちょっとねライブ中止になるとこだったわ」
 
あっき笑w
 
DAIGO「高いわーーーー」
AKIHIDE「かっこいい曲だよね」
DAIGO「聞きたいのよ!」
AKIHIDE「どっちかっていうと?」
 
たぶん、あっきは、歌うより聴きたい?って意味で言ったんだと思うんだけど、DAIGOくんはファンのみんなに問いかけたかったらしい。
 
DAIGO「カラオケで歌うでしょ?キー何個下げてるの?
そのまま?女性にはちょうどいいと思うんだけどさ!
男もいけてる?ほんとに?嘘ついてるでしょ!
ほんとに~~?
最近の子たちの声は高いんだね!
 
だいご。。。
最近の子とかいわないのw
 
DAIGO「8個下げくらいしないと歌えないわ!
本人たちがいるのにSHINPがはじめるからーー!『ALONE』ひとふしやっちゃいました!
MY FIRST STORYはジャンルも違うけど、ライブもできてすごくいい空間、空気感をつくれてて、いい時間を過ごせてます!ありがとう!さらにもりあがっていこう!
2階!アリーナ!」
 
アリーナw
 
9.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
 
すき!!!!!!!!!
 

 
すっとあっきとSHINPがお立ち台へ。
これは…………!
 
10.FAKE LOVE
 
「FAKE LOVE」楽しかった!飛びまくった!
MY FIRST STORYのファンのみなさんも飛んでくださっている姿をすごくたくさん拝見できてうれしかった!
 
2番のBメロの手前はあっきぴぴって戻って踏みかえに行ってた!
 
もう一度!!!
愛してるって言って!!!!
 
DAIGO「思いっきり暴れろーーーーーーー!!!!!」
 
11.Destruction
 
暴れ倒して記憶にございません!!!
もう暴れ倒さなければならないと思って柵持ってたこともあってめっちゃ逆ダイもどきしてみた!楽しかった!
 
これでわたし曲数を勘違いしてて、あと2曲あると思ってたんです。(その曲数を把握してるのもまた妙な話なんだけど)
で、「灼熱」と「DESTROY CRASHER」は固定だと思ってたから、やはりBREAKERZやってくれたと。
最強の攻めのセトリでMY FIRST STORYにかかってくれたと。BREAKERZ最高かと。思っておりましたら。
 
DAIGO「ラストーーーー!!!!」
 
ラスト?!
 
DAIGO「みんなで盛り上がっていこう!!!」
 
なんか煽りの台詞がおかしいぞ?!?!?!
 
DAIGO「SUMMER PARTY!!!!!!」
 
12.SUMMER PARTY
 
正直めっちゃ落ち込んだ………笑
 
「灼熱」(は結果的にセッションでやったし)はしかたないにせよ、「DESTROY CRASHER」を外すとは、それもMY FIRST STORYの日に外すとは思ってなさ過ぎて、本当にショック………。
 
でも、REAL LOVEもダンスナンバーも演奏せず、「GRAND FINALE」も「Miss you」も「IN THE SKY」も聴いておきながら、「DESTROY CRASHER」1曲聴けなかっただけでこんなにも落ち込んでしまう自分に自己嫌悪(´・ω・`)
 
でも「DESTROY CRASHER」って、BREAKERZのライブの満足度をカレーライスに例えると、わたしにとって、ごはんみたいな存在なんですよ。
 
「今日のカレーには松坂牛が入ってるよ!」
「今日のカレーには貴重な伊勢海老が入ってるよ!」
(思いついた高そうな食材言ってみたらすごい三重県推しになった)
 
っていくらいわれても、ごはんなかったら、
「ごはん………(´・ω・`)
ってなるじゃないですか。
 
カレーライスの気分なのに、ナン(Destruction)出てきたら、
「ごはん………(´・ω・`)
ってなるじゃないですか。
 
そんな感じでした。
でもほんとすごくよかったのに「DESTROY CRASHER」1曲やらなかっただけで…本当に申し訳なくて落ち込む(´・ω・`)
 
でも、「DESTROY CRASHER」はごはん。。(´・ω・`)
 

 
気を取り直して「SUMMER PARTY」の話しますね!
Aメロまた歌わされましたよ!たまにはDAIGOくん歌ってよ!!笑
 
♪一途な愛を約束するよ…で、3人お立ち台に立って、途中止まるバージョンかと思いきや、止まらなかったんですけど、
 
代わりにDAIGOくんがあっきーの右の額に3回くらいちゅっちゅしてた。笑
 
REAL LOVEやらんかったのにちゅーはするんかい!
男性多いとあれだけ言っといてするんかい!いいけど!
 
ひさしぶりにあっき愛が爆発するDAIGOくん見たような気がしました。笑
 
しかし、北川景子様という女神を妻に持つDAIGOくんにあれだけ愛されるあっき、すごいわ……。
そしてあれを許す景子様も、すごいわ………。
景子ちゃんは宝塚好きだから理解あるのかな。わからないけど。笑
いいご夫婦だなと勝手に思いました。笑
 
-EN-
 
Hiroくんひとりで登場!
肩組んで登場したりするアレないの?!?!?
ジャンルの違い?!?!?!
 
ギタリスト3人は肩組んでやってきた。
 
DAIGOくんとひろくん並ぶと、ひろくんちいさくてすごいかわいい。
あっきは白アリス。
 
Hiro「つかれてないぞ!」
 
かわいいぞひろくん
 
Hiro「ハロウィンを思い出しますね!あの時はここにいるのがHYDEさんだったから…僕は見てる役だったから」
 
見てる役、ってなんかかわいいな
 
DAIGO「この若さであのツッコミはすごいよ!」
Hiro「ツッコミの評価なの?!?!ねぇこれだけ今日やって、ツッコミの評価なの?!ねぇねぇねぇ!」
 
そのツッコミがすでにおもろいよひろくんw
ねぇねぇねぇ!ってかわいい。
 
DAIGO「ライブがかっこよくて、歌がいいのは大前提よ!
ツッコミがね。いろんなスキル持ってる!」
 
Hiro「いちおう、ありがとうございます」
 
そういえばギターのテルさんはオレンジの壁が4台だったんだけど、セッションの時は壁が2台で笑ったw
コンパクトばーじょんでなんだかすみません笑
 
Hiro「逆にね!記念すべきツアーに!錚々たるメンツのなかに並べるとは思わなかった!」
 
DAIGO「錚々たるバンドですよ」
Hiro「俺はひっそりと生きていきたい」
DAIGO「目立つけど(金髪だし)笑
15個下、今日何回も言ってるけど15個下なのよ!
MY FIRST STORYとBREAKERZ平均年齢ひとまわりくらい違うんだけど、」
Hiro「たしかに」
DAIGO「干支1周くらい離れてるから。23歳のともだちいないもん。Hiroくんだけ。
でもね、年の差を感じない」
Hiro「いーの?それで?」
 
ひろくんのツッコミ冴えわたるでw
DAIGOくんとBREAKERZのふわふわさに慣れてるこっち、ひろくんキレありすぎてちょっとそわそわするでw
でもDAIGOくんのふわふわさがカバーしまくってるでwww
空気まじなごやかw
 
DAIGO「大丈夫。感じなくない?」
Hiro「かんじない。」 
 
わろたwww
 
Hiro「びっくりするくらい。」
DAIGO「どうなんだろうね?ひろくんが大人なのか、俺がコドモなのか」
Hiro「後者ヤバいね!!」
 
後者 ヤバいね!wwwww
ひろくんのツッコミキレッキレすぎてこわいよもうwwww
 
DAIGO「どっちもか!」
 
ひろくんDAIGOくんのこと「DAIGOくん」って呼ぶしわりとタメ語なんだよね。
ツッコミもほんと鋭いし、大物だわ。って思うんだけど、うん、大物だったわ。笑
 
DAIGO「ジャンルを超えて、MY FIRST STORYとBREAKERZねせっかく集まってから、お互いの曲をセッションしたいんだけど!」
 
Hiro「せっしょん!ダメって言ってもするんでしょ!
4人(ずらっと並んだマイファス弦楽器隊&BREAKERZギタリスト陣)弾く気満々だし!」 
 
いやあまじで、この切れ味BREAKERZにねぇわ。
新鮮だわ。笑
 
DAIGO「手元確認してるしね!やるよ?!?!」
 
Hiro「Tomorrowland
 
1.Tomorrowland(MY FIRST STORY)
 
とても、美しい世界を見ました。
MY FIRST STORYの魅力は、ひろくんの真っ白で少年のような高らかな歌声と、ヘヴィで真っ黒なサウンドとのコントラストなのかな、と感じました。
 
Tomorrowland」は、わたしが掴んだざっくりとしたMY FIRST STORYのイメージを、音の面でも、視覚の面でも、がっちりと体現された1曲でした。
真っ白な照明。でも、ステージ全体は決して真っ白に染まっているわけではない。黒い世界の中に無数の白い筋が差し込んでいる。
光と闇を同時に感じる照明。
 
そんな真っ白な光が射す中、耳はゾクゾクする音で満たされる。
わたしは「エモい」という言葉の意味がいまだつかみ切れていないけれど、この空間はきっと「エモい」って言うんだろうなと思った。
白黒だけどモノクロじゃない。
強い光を放つ世界。美しかった。
 
そしてそのエモい世界でギターを奏でるあっきーは、これまでに観てきたあっきーとはまた違う雰囲気を放っていた。
エモいAKIHIDEさんはとても美しかった。
闇の中に刺す真っ白な光の筋の下、ギターを奏でるAKIHIDEさんの姿を、わたしはきっと忘れないと思う。
 
今日のBREAKERZはエモかった。
 
MY FIRST STORYの持つ物語は、美しかった。
 
-MC-
 
DAIGOくん、げっそりwwww
 
Hiro「死んだみたいなかおしてる」
DAIGO「何回もいうけど、キーまじ高くない?!
こんなキー高い人いないでしょ!」 
 
SIAM SHADEのあのひととかLa’cryma ChristiのあのひととかWaiveのあのひととか摩天楼オペラのあのひととか、そしてなによりJanne Da Arcのあのひととか、ぽぱぱぱぱぱっとわたしの脳裏に浮かぶハイトーンボーカリストたち。
 
Hiro「でもね…………Tomorrowlandはキー、低いほう」
 
DAIGOくん、すごい表情だったwww
 
DAIGO「はぁ。。。。
明日からボイトレがんばろう。。
もう高いんだもん!
さっきね男子に聞いたらね、原キーで歌えるんだって!」
 
Hiro「ぜったいうそ。
ほんとー?俺だって調子わるいとき歌えないのに笑」
DAIGO「カラオケは音圧とかも違うからね」
Hiro「かさかさしてる」
 
音圧がかさかさしてる、一般人あんまりいわない表現だなと思った。かさかさ。
 
DAIGO「MY FIRST STORYの曲歌って、カラオケで原キーにどこまで近づけるか選手権やるわ!
8個下げから始めるわ!」
 
Hiro「カラオケのキー7個までだから!!!!」
 
キレのありすぎる突っ込みに全Zepp名古屋が震えたよねwwwwwwww
 
DAIGO「聞いたみんな?!?!?!これだよ?!?!?!このツッコミだからね!!!!」
 
Hiro「ちょっとまって俺カラオケのプロみたいになってるから!」
 
DAIGO「Hiroくんのつっこみ。すごいわ。7個までなの!
時代錯誤感はんぱねーじゃん俺!歳出たーーーー」
Hiro「年齢関係ないから!」
DAIGO「記憶力の問題か!」
 
それはそれで年齢の問題っぽいぞ!w
 
DAIGO「次にね、もう1曲!BREAKERZの曲をね!セッション!
あれMY FIRST STORYのみんなはタオルを持ってるぞ!??!」 
 
もうみんな楽器持ってないw
 
Hiro「勇敢なる諦めですね!邪魔はしない!」
 
DAIGO「タオル振り回す曲があるんですよ!!!!」
 
2.灼熱
 
灼熱!!!
MY FIRST STORYの演奏が聴けなかったのは残念(T_T)
マコちゃんのツインドラム対決は観たかったなー!
ゆうやとのドラム対決めっちゃよかったし!
 
タオルぶんまわすMY FIRST STORYのみんなへのあっきのまなざしがあきひでお兄ちゃんって感じでかわいかった。
満面の笑顔だった。かわいい◎
 
思えばAcid Black Cherryは最年少だったし、BREAKERZは最年長だけどお兄さんキャラとはちょっと違うから、あっきーがお兄さんキャラの瞬間って今まであんまり観られてなかったなと思った。
 
今日もラストはタオルぶんまわしながら弾いてた。最高かよ……!
 

 
そして写真撮ったんだったかな?
写真撮る!ってDAIGOくん言い始めたら
「どんな流れ?!?!」
ってひろくん突っ込んでてまじ大物。ほんと。いやほんとに大物なんだけど。笑(堂々めぐる笑)
 
最後7人全員乗って。
今日はあっきが1番端だったから、ギターのてるさんに腰抱いてもらっててかわいかった…笑
 
最高うぃっしゅ!で〆。
 
最後、DAIGOくんが名残惜しそうにばいばーーーいってステージに残ってするのを、ひろくんが
「もう行くよ!!!!」って腕引っ張って下手に去って行って終わったwwwwww
すごい腕引っ張られてたwwww
 
衝撃wwwwww
 
いやほんと、ひろくん大物………。
いや、ほんとに大物だった……。
 
*********************************************
 
関西での試験が終わってから、新幹線ぶっ飛ばして名古屋まで来た甲斐がありました。
10番勝負、本当に楽しいです。
 
MY FIRST STORYのみなさん
BREAKERZのみなさん
スタッフのみなさま
おあいできたみなさま
ありがとうございました!

BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- SID at Zepp Namba

f:id:cherryoulife:20170219083015j:plain

2016.2.18(Sat)
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
VS SID
at Zepp Namba
 
(((o(*゚▽゚*)o)))
 
*********************************************
  
BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-
3rd Battle!VS SID!
 
今日も最高でした!
また、
「一生ついていく」
と思ってしまいました。
 
これで何度目だ。しかも、主催とはいえツーマンライブなのに。
何度でもそう思わせてくれるBREAKERZを好きになれたことを、心の底から嬉しく、そして誇りに思います。
 
*********************************************
 
今日は1000番台。
0.7人分ほど空いていた間にお願いして入れていただき、段の上の策を取ることができました。
おかげさまでクリア・シカイの元観ることができました。ありがとうございました!
 
開演前の照明は、上下で赤と青に分かれた照明がフロアを照らしていて、これから始まる10番勝負の赤コーナー、青コーナーでの対決を暗示していました。
 
開演時間を少し過ぎて溶暗。
上から降りてくるスクリーン。
 
10番勝負!
赤コーナー!SID!
青コーナー!BREAKERZ
 
最初のバトルは!SIDだぁぁぁぁぁ!
 
*********************************************
  
◆SID
 
1.ANNIVERSARY
2.V.I.P
3.DearTOKYO
4.硝子の瞳
5.モノクロのキス
6.hug
7.空の便箋、空への手紙
8.チイサナツバサ
9.夏恋
10.妄想日記
11.眩暈
 
VISUAL JAPAN SUMMIT以来のSID!
楽しかったです!
マオにゃんの声が美しくて、目、ならぬ耳を見張りました。
 
*********************************************
 
そして転換。
人海戦術の成せる技。
プロの転換を見守る。
 
*********************************************
 
続いてのLIVEは青コーナー、BREAKERZ
 
事務所っぽい場所。黒いブラインドを背に、「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」の衣装を身にまとうメンバー。
全員サングラス。ワルそうな感じを演出。(いいこちゃん感は捨てきれていない)
 
DAIGO(Ver.ワル)「SIDとの戦いは、1番負けられない戦いだ。
同期として、俺たちも意識バリバリしてきたし。なあSHINPEI!」
 
SHINP(Ver.ワル)「先日も、Shinjiさんに、最高に美味いチャーシューごちそうになって、胃袋を捕まれたぜ!
負けてらんねぇから、今日は塩麹で漬けた鶏チャーシューを持ってきたぜ!
鶏チャーシュー対決でも、勝負をかけるぜ!チャーシュー対決も負けらんねぇぜ!」
 
AKIHIDE(Ver.ワル)「負けらんねえ!
SIDとはこれまでも共演したことあったんだけど、ファンのみなさんが明希ーー!って呼ぶでしょ。
オレたまにかんちがいしちゃう。
 
オレ たまに かんちがいしちゃう。
 
しかも 慣れない ワルめの 低音ボイスで。
 
オレ たまに かんちがいしちゃう。
 
きゃ きゃわ。。。。
 
AKIHIDE(Ver.ワル)「今日あきー!あきー!って呼ばれたら、反応して手振り返しちゃうかもしれないけど。
優しい心で、手を振り返して欲しい!(低音ワルボイス)」
 
ああぁぁぁぁっ
ワルになりきれてない!!!かわいい。かわいい。かわいい。
 
AKIHIDE(Ver.ワル)「強い心を、俺もみんなも、持とう」
 
DAIGO(Ver.ワル)「SIDのライブの後で、SIDの残り香が漂う中」
 
♪SID「残り香」
 
DAIGO(Ver.ワル)「ライブをするわけだけども、BREAKERZのライブで、みんなにもsmileに」
 
♪SID「smile」
 
DAIGO(Ver.ワル)「なってほしい!そして、ほんとに、どっちがSweet?なのか」
 
♪SID「Sweet?」
 
DAIGO(Ver.ワル)「来てくれたみんなに、決めてもらいたい。
俺たち、絶対に負けたくない。」
 
わたしも負けたくない。頑張るね。
 
DAIGO(Ver.ワル)「美しい硝子の瞳で」
 
♪SID「硝子の瞳」
 
DAIGO(Ver.ワル)「見届けてほしい。盛り上がってほしい。
今回は、SIDのみんな、出てくれて、感謝してる。
だから、SIDと、ライブが終わった後にはhugしたい」
 
♪SID「hug」
 
DAIGO「そして、感謝の御手紙
 
♪SID「御手紙」
 
DAIGO(Ver.ワル)「送りたいと思ってる。
そして、いいライブにして、いい打ち上げして、夜は、いいsleepに期待しています」
 
♪SID「sleep」
 
DAIGO(Ver.ワル)「俺たち本気だから!」
 
DAIGOくんの気合い、受け止めたぜ!
 
*********************************************
 
BREAKERZ
 
◇SET LIST
 
1.WE GO
2.BIG BANG!
3.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
4.BUNNY LOVE
5.CLIMBER×CLIMBER
6.世界は踊る
7.She is Devil(新曲)
8.硝子の瞳(1コーラス/SID)
9.ヒトリジメ withマオ
10.REAL LOVE
11.灼熱
12.DESTROY CRASHER
 
-EN-
 
1.嘘(SID)
2.SUMMER PARTY
 
********************************************* 
 
♪SEはいつもの!
 
今日のあっきーは基本的にはGRANRODEOの日と同じ感じだったと思うんだけど、両側のおしりにひらひらと赤いしっぽがついてた!
うさぎさんやるから?かわいかった(*´ω`*)
髪はハーフアップのポンパ。かわいい。
ハーフアップの毛先はポニーテール感。ちょろん!ってしてた。あーもーかわいいな!
 
1.WE GO
 
1曲目は「WE GO」!
「盛り上がる」という使命があるのでTEAM BREAKERZの看板を背負ってめちゃくちゃ盛り上がった!!!
 
2番のAメロのあっきーのギターはやっぱり天才。大好き。
 
「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」のライブ音源のとしながいさんのCメロのドラムが大好きなんだけど、マコちゃんもかっこいい!
ほんとにマコちゃんの音は年々洗練されて鋭さを増していく!
 

 
終わってから、しんぴーもあっきーもお立ち台に立つことはなく。
ということは「NO SEX NO LIFE」も「FAKE LOVE」もないな……?!
 
2.BIG BANG!
 
「BIG BANG!」久しぶりに聴いた!!
少なくとも社会人になってからは聴けてなさそうだったけど、ノリはめちゃくちゃ身体が覚えてた!
 
「NO SEX NO LIFE」に次ぐ元祖2曲目ジャンプ曲だもんね。
BREAKERZの2曲目は絶対2曲目に飛ぶ曲!
聴けてうれしかった!めっちゃ飛んだ!
 
「BIG BANG!」は2番でしんぴーが上手、あっきーが下手になって、そのままラップはその場で歌うんだけど、久々に聴いた今日もそうで、メンバーもどこでどう動くかとかは身体に染み付いているものなのかなーと思った!
最高のメンバーで爆発!ごちそうさまでした。
 
-MC-
 
DAIGO「BREAKERZ10番勝負へようこそ!俺たちがBREAKERZです!
今日はSID!一緒にやってくれてすごくうれしい。
ほんとね、すごく、同じ時代を駆け抜けた同期であり、仲間であり、戦友みたいな存在だから。
オファーもね、OKしてくれるまでの速さ1、2を争う速さだったから!うれしいよね!
ID-Sの人ーーーーー!!!」
 
\はーーーーい!!!/
 
(た、多数。。。)
(ま、まけぎみ。。。)
 
DAIGO「TEAM BREAKERZの人ーーー!」
 
\はーーーい!!/
 
(う、まけたかも。。。)
 
DAIGO「今日BREAKERZ初めて観たって人ーーーー!」
 
\はーーーーい!!!!/
 
(う。。。)
 
DAIGO「意外と観られてないね!!!!半分くらい?」
 
シドギャのみなさま、お越しくださりありがとうございます。
 
DAIGO「でも、いいんです。
なぜかって?今日観てもらえるから!」
 
そうだそうだ!!!!!
BREAKERZの最高さは観てもらったら伝わるんだぞぉ!!!(急に胸を張り始める)
 
DAIGO「ID-S
I いいよね
D だいご
S すき
 

 
DAIGO「今日だけね!これでいこう。
今日しかない日を楽しんでいこう!」
 
ここでわたし、はっとあっきーが黒アリス?コラージュ外したアリスなのか昔から持ってる無地のストラトかわからなかった(きっと後者な気がする)けど、黒いギターであることに気づく!
音出しの時は白アリス?アイボリーの傷ついてるの!だったのに!
序盤ちゃんとLook atしてなかったーーー!って思ったけど、その時は白アリス?だった気がする…!
今日はギターチェンジするのね!と思いました。
 
DAIGO「今の気分はね、SID!
S 最高に
I いい感じ!
D ドカンと行こう!
 
最後DAIGOって言うのかと思ったよ笑
 
3.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
 
煽りまくっていくせんかーーーーーい!とはちょっと思ったけど、BREAKERZ王道のメロディックロックで大好きな1曲。
後で演奏される今日の新曲は、ギターのメロディーの音の濃さが「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」と似ていて、なんだかこの曲の続編みたいな感覚があったんだよね。だからAKIHIDEさんの曲っぽいなと思いました。
 
この曲だったかなぁ。マコちゃんのドラムが洗練されていて奇麗でした。
 
照明も、壁に当たると星が浮かび上がる黄色の光に、ステージは青に包まれて美しかった。
 
♪懐かしいメロディ-!
 
うさみみは、来るか?!来るか?!
今日はなくてもいいかもよ?!
 
4.BUNNY LOVE
 
うさみみあったーーーーーーーーー!
 
シドギャさんから笑われたと聞いて大層落ち込んでい
シドギャさんから笑われたと聞いて大層落ち込んでいます(T_T)
いつか!うさみみをつけずに!「BUNNY LOVE」を演奏する日が来てもいいと!前から思っています!
(主張だけしておく)
 
これもとても久しぶりに聴けてうれしかった!
Aメロのあっきーのギターの奏で方が妖艶よね。どS。
 
AKIHIDEさん曲のかっこいい曲ってノリが固定化されづらい部分が少なからずあると思うんだけど、こういう曲でもしっかり音でも魅せてくれるからすきです。
 

 
マコちゃんがドラムでリズムを刻み始める!
 
「IN THE SKY」とか「BUZZER BEATER」が来るいつものとはちょっと違う!
 
DAIGOくんの煽り!
 
DAIGO「ネクストーーーー!『CLIMBER×CLIMBER』!」
 
5.CLIMBER×CLIMBER
 
ちゃちゃっ ちゃっちゃーー♪
 
ストリングスカットの「CLIMBER×CLIMBER」
 
DAIGOくんがタイトルコールして、始まった瞬間泣いた。
 
最近CLIMBER×CLIMBER芸人になりすぎているけれど、ほんとに、幾度となくこの曲に助けられています。
「このままじゃただ生きているだけ」という歌詞をかみしめました。
名曲。「CLIMBER×CLIMBER」聴けただけで神セトリだ…!って思ったのに、奇跡はまだ続く。
 
今日、2番のサビが始まる前にDAIGOくんがあおったからか、あっきー
 
てろぴてろぴーー!
 
やってくんなかった!下手のマイクへと向かってた!右手離れてた!なんで!てろぴてろぴーは!
(大好きなの…ライブ映像観てたら見どころとして絶対紹介するレベルで…)
でもコーラスしてたから許す!でも聴きたかったよあっきー!てろぴてろぴー!
 
あとね。前に聴けたのはGRANRODEOさんとのセッションだったから、観られなかったんだけど、今日はきちんと
 
♪振り返れば みんなそばにいる
 
で、DAIGOくんは振り返って後ろの4人を指さしてくれて、すごくうれしかった。
 
完璧な形の「CLIMBER×CLIMBER」を観られて幸せでした。
次はてろぴてろぴーやってね!
 
-MC-
 
DAIGO「楽しんでるーーーー!!?
今日来てくれてありがとう!めちゃくちゃいいよね。SIDとBREAKERZ
同じ時代を駆け抜けて来てるから、やったことあるノリでしょ。なじみやすいでしょ。」
 
そこまでね、親和性高くないよDAIGOくん(笑)
 
DAIGO「というわけでBREAKERZメンバーとBREAKERZサポートメンバーを紹介します!
オンドラムス誠!」
\誠ー!/
DAIGO「オンドラムス誠!」
\誠ー!/
DAIGO「オンベースMatsu!」 
\まつー!/
DAIGO「オンベースMatsu!」 
\まつー!/
 
DAIGO「2人合わせてM&M!
10周年、ほとんど一緒にサポートしてくれてる最高の仲間です!
ゆうやくんはね、まこつとも交流あるし、まつくんはね、明希くんと地元が一緒でね。すごい昔から知ってるんだよね。
まこつ」
 
まこつ???って空気。
 
DAIGO「あ、誠ね。まつくんと混ざってまこつになっちゃった」
 
やさしさフォロー入ったけど、まこつは愛称ですw
いつもまこつって呼んでますw
 
DAIGO「誠はね、ゆうやくんと同世代だしね。2人とも楽しみにしてました!ありがとう!
続いてはBREAKERZメンバーを紹介します!オンギター!」
 
\SHINPー!/
\SHINPー!/
 
しんぴー、下手で妄想日記のフリ?大きく手で□を描く!
 
そしてしんぴーコールを求めながら上手にやってきて自分をガシィとhug!hug?
 
そしてお立ち台へ。
 
SHINP「いらっしゃいませええええええええええええええええええええ」
 
。。。うん。きっとしんぴーの満足度50点くらいやろうな。w
 
SHINP「ID-Sのみなさあああああああああん」
 
\いえぇぇぇぇぇぇぇい!/
 
SHINP「あったけーーーなぁ!
TEAM BREAKERZのみなさああああああああああん」
  
\いえぇぇぇぇぇぇぇい!/
 
SHINP「ほかほかだなぁ!!!!
ほかほかのフルコースでお送りします!!!!!!!」 
 
※シドのライブでShinjiさんが
「ライブと料理は作り上げていく過程があるところが似てる」
とおっしゃっていたのでそれを受けての「フルコース」です!
 
SHINP「いい笑顔だなぁ!!!!」 
 
DAIGO「SHINP!」
SHINP「はい!」
DAIGO「いい笑顔だなぁって言ってたけど………みんな、おまえがな!って思ってたと思うよ」

SHINP「そうですかね!!!
口角上げていこうぜ!」←鬼のハイテンション
 
DAIGO「SHINPEIはね、ワイルドに、筋肉!みたいなポジションなんだけどね、もってる資格教えてあげて!」

SHINP「まず運転免許!古いのだと調理師免許、整理収納アドバイザー、アロマテラピー検定、(覚えきれなかったので中略)今年はフィナンシャルプランナーを目指そうかと思ってます!」

まじで?!
わたしも一緒に目指す!!笑

DAIGO「将来、どんなギタリストになりたいんだっけ?」

SHINP「生活と暮らしに役立つギタリスト」



SHINP「部屋が乱れていると、いい曲は創れませんし」

わたし(グサァ)←曲はかけないけど

SHINP「おいしいごはんがあるからこそ、いいライブができる!」

うんうん。

SHINP「SIDのみなさんにもね、塩麹で漬けた鶏ハムを振舞ったんですよ!」

DAIGO「塩麹って何?教えてあげて?みんなに」

SHINP「塩麹っていうのはね、酵素が入っているからね、肉がすごくやわらかくなるんですよ!
むね肉なのにすごくジューシーになるんです!
もっといっぱい買ったらみんなにもふるまいたかったんだけどね、俺の近所の西友には5パックくらいしか売ってなかったよ!」

西友wwwwww

その後も、SIDへの熱い想いを熱く長く語るしんぴー。
いつの間にやらいなくなっているDAIGOくん。後ろ向いて完全に休憩モード。
さっき塩麹の話してたけど、完全に塩対応モードです。

SHINP「。。。。。終わりました!!

DAIGO「終わった?長いから休憩しちゃってたよ」

SHINP「ちょっとね、クック…………トーク!が熱くなっちゃって」

DAIGO「クック?cookingだけにね。
意気込みコメントでもチャーシューの話してたけど、鶏チャーシューってなんなの?」

SHINP「鶏のチャーシューです!」

DAIGO「豚じゃなくて?あるの?」

SHINP「鶏のチャーシュー風というか。。。(ごにょごにょ)ないですね!ワルぶってて頭がいっぱいいっぱいになってました!!!!

SHINP相変わらず不憫である…。
でも「ワルぶってて頭がいっぱい」ってほんとワルにはなれないんだなと思って、かわいかった笑

DAIGO「しんしん(しんぴーとShinjiさん)コンビでさ、月に1回、は多いか!
半年に1回くらいにこなまやればいいんじゃない!」

観たい!

DAIGO「もうひとりのオンギターを紹介します!オンギター!」
 \あきさまーーーー!/
 DAIGO「オンギター!」
 \あきさまーーーー!/
 DAIGO「あきさまー?」
 \あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 DAIGO「あきさまー?」
 \あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 DAIGO「あきさまー?」
 \あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/
 
DAIGO「あきさま気分はどうー?」
 \あきさまー気分はどうー?ヽ(´∀`*)ノ/

 
AKIHIDE「めちゃええでーーーー」

かわいい。かわいい。かわいい。

AKIHIDE「BREAKERZのほうのAKIです!!
明希くんもいるからね、テンション上がってるとややこしくなっちゃうかもしれないから、今日は僕苗字佐藤っていうんでね!佐藤のほうのAKIって呼んでくれてもかまいません!

\さとうーーー!/



DAIGO「まさかあきさまと明希くんをね、同じ日に観られるだなんてうれしいよね。
シドの明希くんもね、お酒飲むほうだと思うんですけど、これから打ち上げが控えてるんですけど、うちのAKIさまもね、飲むほうで。
でも両方とも、どっちかっていうと飲まれるほうでね。お酒にね」

AKIHIDE「気を付けます」

今は白アリスになってる!

DAIGO「いつからかね、あきさまー?ヽ(´∀`*)ノってやってるけど、俺が。
今だからいうけど、シドのライブ観て、え?!明希ちゃんが明希様って言われてる!
って思って、取り入れようと思って、取り入れた笑」

やっぱりそうなんだね笑

わたしはAKIHIDEさんに出会うよりも明希様を知るほうが先だったから、初めて観たとき
「いや、シドやん」
って思ってた笑

でもそんな一致が気にならなくなるくらいいつの間にかBREAKERZの深みにはまってた笑

AKIHIDE「そ、そうなの?」

あっき動揺

AKIHIDE「10年目の真実!」
DAIGO「ごめん、黙ってた。」
AKIHIDE「明希くんにお礼言わなきゃ!………そうなんだ………」

衝撃の新事実発覚!

DAIGO「うちのあきさまにもう一度咲いてください!あきさまー?」

\あきさまー?ヽ(´∀`*)ノ/

DAIGO「そしてBREAKERZボーカルは誰かな!」

DAIGOーーー。DAIGOーーー。

DAIGO「俺がボーカルのDAIGOです!
マオくんとはね、ほんとよく電話してる。今のV系はどんな感じかとか、いつか対バンしたいなって話もしてた!
マオくんはほんとに同期で、池袋サイバーでライブしてた時に一緒に対バンしたりしてて。
サイバーの楽屋ってめっちゃ小さいのよ。だから、みんな機材車でメイクして、出番10分前とかに入るんだけど、1バンドくらいしか入れないから。
めっちゃ覚えてるのが、シドじゃないころのマオくんが鏡すれすれに近づけて、つけまつげつけてんの!めっちゃ覚えてるの。
あれは死ぬころにまた思い出すよ。」

つけまつげ笑
ここまで長い付き合いとは知らなかったなぁ。

DAIGO「いろんな思い出があるし、同じ時代を駆け抜けた仲間たちだなと思っていて。
仲間たちの中には、志半ばで辞めてしまった人も多くいて、やっぱり厳しい世界だから。
そんななかで、やり続けてきた仲間がいるというのはとても心強いなと思っています。
次の曲は、そういう付き合いのある仲間に向けて歌いたい曲で、仲間との絆を感じられるんじゃないかなと思います」

直感で、あの曲かな?と思った。
 

DAIGO「聴いてください。『世界は踊る』」
 
6.世界は踊る

直観は当たりでした。今日という特別な日に、「世界は踊る」を聴くことができて、心の底から、うれしかった。
今日の「世界は踊る」は特別でした。
 
「世界は踊る」は、決して、友情を歌った曲ではありません。

“いつまでも二人でいたいとどれだけ祈っていても 未来はいつも願うだけじゃ 答えを見せてくれない”
“変わり続ける世界の上 今日君といれることを 何よりも大切にしよう”

続けることの難しさと大切さ。
不確かな永遠を信じたり、見えない未来を憂うのではなく、今を大切にしよう。

そんなメッセージが込められた楽曲です。

AKIHIDEさん作詞作曲のこの曲は、BREAKERZの前のバンドを解散して、本気で音楽辞めようと思った時に生まれ、AKIHIDEさんが「もう一度、音楽続けてみよう」って思うきっかけになった曲なのです。
BREAKERZの大切なライブでほぼ毎回演奏されています。
こうして歌い繋がれるのはきっと、DAIGOくんがあっきーの曲への想いをきちんと受け止めていて、あっきーもまた、DAIGOくんに想いを託しているからだと思うんです。
その関係性が、美しくてすき。

そんな「世界は踊る」を、辞めずに続けてくれたからこそ生まれた今日という特別な日に歌ってくれて、本当に嬉しかった。
DAIGOくんが同期のSIDへの想いを乗せるのが、自分の作詞曲ではない「世界は踊る」だったということに、2人の絆の深さを感じずにはいられません。

このMCからの「世界は踊る」は、ほんとうに素晴らしかったし、特別でした。
ありがとう。

-MC-

DAIGO「今から!BREAKERZが1度も演奏したことのない新曲を演奏します!!
歌詞、今日の朝までかかった!!!!
ネクストーーーー!!!〇〇〇!!!!」

聞き取れずw
 
7.She is Devil(新曲)

大好きです!
BREAKERZらしい、艶のあるメロディック・ロックでした!
紫の照明がよく似合います。

幾千とかみすみす好きな方は絶対好きだよ。
イントロや間奏のダイナミックなあっきのギターのメロディーがめっちゃかっこいいです。
あっきー最高。
同期とかも入ってて、少し造りこまれている感じがしました!

あっきーアルペジオ

DAIGOくん、途中で「おりたため!」って煽ってて爆笑した。

あっきーのソロがかっこよかった!轟!

君は悪魔~♪

-MC-

DAIGO「『She is Devil』でしたーーーーー!頭文字がSID!」

さすがです!ぱちぱち

DAIGO「グッズも出ててね!Tシャツ!ロゴが入ってる!今日はこれ来て寝ようね!」

????

DAIGO「ごめんいまのはおれもよく意味が分からなかったから気にしないでw」

DAIGO「あとね、大人たちに言われてるのがある!VSにちなんでバーサ酢!お酢!ゆず味!
飲んで!体にいーやつだから!みんなに健康になってほしいの。
だってさ、健康じゃないとライブ盛り上がらないから!
VSで発売してるんだけど、東京では48本仕入れたの!そしたらMCの時!途中経過ね!18本だったの!
でもね、終演後に48?49?わかんなくなってきたけど、売り切れたの!
そしたらさ、大人たち調子乗っちゃってさ」

AKIHIDE「え、きいてない」
DAIGO「俺も言ってない!
今日ね、バーサ酢。110本仕入れてる!」

あっき、むりむり!って手をふりふり。

AKIHIDE「やばいね。倍以上じゃん。やばいよ。」

販促には積極的なあっき

DAIGO「でね、いくら売れてるかですよ!」
AKIHIDE「そこだよ!売れてたらいいんだから!」
DAIGO「110本中………19本!
AKIHIDE「やばくない?」
DAIGO「余ったら自腹で」
AKIHIDE「買い取り
SHINP「箱ごと

DAIGO「荷物おおくなって東京に帰らないといけなくなっちゃう!
やばい!みんな!チェックして!」

どれくらい売れたんだろう笑
使い方が謎すぎて買ってないんだけど、りんご酢の要領で飲んだらいいのか!
次買ってみようかな。

DAIGO「大阪は今日が最後だから!大阪のみんなともっと盛り上がっていきたい!
けっこうね、リハーサルとかの音出しでシドの曲やるのよ。」

\やってー!/

DAIGO「むりだよ!ほんもの聴けたし!」

あっきもむりむり!のポーズ。

DAIGO「目の前に『シドギャ』って書いたTシャツの人いるしさ!」

しんぴーがイントロを!

 
8.硝子の瞳(1コーラス/SID)

イントロや間奏のギターのメロディをあっきーとしんぴーがユニゾンしていて、とっても美しかった!!!!!

-MC-

DAIGO「みんな硝子の瞳で観てくれてうれしいです!
急にやるから声裏返りそうになったよ!」

思った笑

DAIGO「マオくんキー高いからさ!
『硝子の瞳』と『幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて』はシングルの発売日も同じでね。」

AKIHIDE「運命的」

きゃっ

DAIGO「うん。運命的!縁を感じてます!
僕ね、前に武道館のコラボバンってイベントで1回だけうたった曲があるの!
でもこの曲ひとりじゃ歌えないの。ゲストを呼びます!シドのマオくん!!!!!」

9.ヒトリジメ withマオ
 
イントロはSHINP!かっこよかった!

全然覚えてないんだけど、シドギャの方から歓声が上がっていて、求めるものにきちんと応えてくれているであろう姿がうれしかったなぁ。
DAIGOくんっぽい曲だな!って思った!

終わったらマオにゃんばいばい。

DAIGO「盛り上がっていくぞーーーーーー!」

♪どっこたん どっこたん どっこたん
 
始まってしまった。
やるのか今日も。笑
吉と出るのか凶と出るのか。。。笑

10.REAL LOVE

今日は
右のあきほっぺをぺろーーん
からのちゅーな感じでしたね。

(めずらしくリアラブレポ)
(今日インフルで来られなかったロデオガールに報告しなと思って観たのです)

あきほっぺ。。。あきほっぺ。。。はむはむ。。。(*´Д`*)

かわいかった!!!!!!!!!!!!!

11.灼熱

灼熱!!!!

わたし驚くべきことに今日タオル忘れたんですよ。せっかく買ったのに!
だから腕ぶん回してたんですけど、気合入れすぎて腕の神経がいろいろと召されたと思います笑

今日もアウトロでタオルをぶん回しながら奏でるあっきーは健在。
ほんっとにすごいよね!!!!

DAIGO「ラストーーーー!ラストーーーー!思いっきり!かかってこい!!!!!」

12.DESTROY CRASHER

ラストは「DESTROY CRASHER」固定かなぁ。
めっちゃうれしいです。大好きです。
これもTEAM BREAKERZの看板を背負っているので暴れ倒しまくりました。

あっきーのピックスクラッチを見届けた(今日は立ってた。)あとはステージほぼ観てません!
ひさしぶりに後頭部の髪がひっくりかえるくらいおりたたみしました。楽しかった!

今首痛いです!笑

♪マコちゃんのドラムセットが下手側に寄って、ゆうやのドラムが登場。
やはり華麗なプロの転換。

 
-EN-
 
あー!あー!あー!

まず出てきたのが、明希様とあっきーのあきあきコンビ!
肩くん出てきたーーーー!

あー!あー!あー!

しかも、センターまで来たらお互いをキラキラーーーーって!
キラキラーーーーーって!!!!!

あー!あー!あー!

かわいいんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

あぁ。かわいかった。

ここではBREAKERZのM&Mの2人は登場せず。

マオにゃん「ライブ楽しかったですね!お酢!俺も買お!俺で20本でしょ?」

DAIGO「たしかにぃ」

上手に並ぶあっきーとShinjiさん、白いストラト対決になってる!
アイボリー系の色味も結構似てた!
しんぴーはアコギ!

DAIGO「みんなってセッションすきでしょ。セッションやろうと思うの!」

あと場所わかんないけど

DAIGO「オンドラムスゆうや!」
 \ゆうやー!/

っていうBREAKERZ式メンバーコールがあり!

DAIGO「オンギターShinji!」
 \しんぢーーー!/

明希くん「次絶対俺だと思ってたから構えてたw」

っていうくだりがありw

DAIGO「オンベース明希!」
 \あきさまーーーーー!/

DAIGO「そしてボーカルの!」
 \マオーーーーーー!/

DAIGO「シドの曲を1曲やろうと思うんだけどね!曲紹介よろしく!」

マオ「どんな振りw『嘘』」

1.嘘(SID)

マオにゃん歌うまい。ほんときれいな声。

あっきーとShinjiさんが向かい合って弾いてるのもすっごく良かったし、AKIHIDEさんは音の面では結構引いてShinjiさんを立てていた感がすごくあったのがすごくAKIHIDEさんらしくて素敵だった。
しんぴーはアコギじゃんじゃか。ギター1人のバンドって絶対大変だよなぁと思った。

これかSUMMER PARTYの時だったか、明希くんがセンターで弾いてるあっきーの後ろから現れて、あきあきコンビが向かい合って弾く、っていう美しい光景があった!

最後の歌の終わりのところ、DAIGOくんとマオにゃんのすさまじいロングトーン対決が繰り広げられてた!!!!!

DAIGOくん絶対負けるってそんなん!!!!(失礼)
って思ったけど、終わって共にめっちゃぜーはーしてる。

マオにゃん「死ぬかと思った!!!!」

ふたりともすごかった!!!!!

どういう流れか忘れたけど、昔はチラシ配ってたよねって話に。

マオにゃん「俺お金なさすぎて印刷したやつ4分の1にして、それカッターで切って配ってたよ!」

DAIGO「昔さ、CASCADEの武道館でチラシ配ってたら人が殺到してさ!
なんでだろって思ったら、俺がCASCADEのメンバーの弟だってうわさが流れてた!

なにそのうわさwwww

DAIGO「とまどいながら、どうぞ、どうぞみたいな笑」

マオにゃん「黙ってたいよね」

DAIGO「否定はしなかったよね!w
明希ちゃんもね、池袋サイバーでライブやってたころからのつきあいでね」

明希「はじめてしゃべった時のこと覚えてます?
サイバーでね、僕10代の時にDAIGOさんのライブ観てるんですよ!
すげーインディーズの時に。いや先輩に言うのもあれなんですけど」

マオにゃん「待って。すげーインディーズの時にって何?!w

よくつっこんでくれたマオにゃんw

DAIGO「まあ、あんま人気がないバンドってことだろうね笑 駆け出しの笑」

明希「地元のやつらで観に行ったんですけど、帰ってから地元のライブハウスでDAIGO革命が起きたんですよ!!!

すごーい
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

絶対かっこよかったしオーラあっただろうからなんかわかるよね。

DAIGO「光栄です!」

明希「あの頃のDAIGOさんほんとかっこよかった!」

DAIGO「あの頃の?!」

明希「今もです!!!!!!」

笑ったw
明希くんかわいかった。

あと、明希ちゃんって呼ぶDAIGOくんがとてもよき。

DAIGO「次はBREAKERZの曲をセッションしたいんですけど!サポートメンバーのM&Mも呼んでね!9人で!!!!」

DAIGO「オンドラムスゆうや!」
 ♪ゆうやがドラムでリズムを創る!

DAIGO「オンドラムス誠!」
♪マコちゃんが合わせる!

DAIGO「オンベースMatsu!」
 ♪おまつがベースを乗せる!

DAIGO「オンベース明希!」
 ♪明希くんも乗せる!

DAIGO「オンギターShinji!」
 ♪リズム隊に乗せて、しんぢさんのソロ!

DAIGO「オンギターSHINPEI!」
 ♪しんぴーのソロ!

DAIGO「オンギターAKIHIDE!」
 ♪あっきーらしい轟くソロ!一音弾くだけで凛と輝くなぁ。

DAIGO「オンボーカルマオ!」
 \マオーーーー!/

DAIGO「ネクストーーー!『SUMMER PARTY』!!」

2.SUMMER PARTY

ツインドラム、ツインベース、トリプルギターでの「SUMMER PARTY」すごくかっこよかったです!!!!!
正直何がどうなってたのか目も耳もいっぱいいっぱいで覚えてないけど!笑

そして1番のAメロ歌わされておい!!!!!ってなったけど!
DAIGOくん歌ってよ!!!!

途中のブレイクがあるバージョンで!

ブレイクになるドラムのリズムがまこちゃんとゆうやでぴたっと合っていて感動したし、目を合わせて叩いていたりしたのも観ていてうれしかったなぁ。

センターのお立ち台に、BREAKERZの3人と、シドのフロント3人が乗り切った!笑
前5人乗った時もがんばったなと思ったけど、6人乗るのか!笑

しゃん!しゃん!しゃんしゃん!

SUMMER PARTY~♪

とても特別で、とても幸せな「SUMMER PARTY」でした!

*********************************************

終演後、最後に
DAIGO「さっきゆうやくん乗ってないから!」
って、7人でお立ち台に乗る!

あっきーが一番外側のしんぢの腰に手をまわして!!!!
腰に手をまわして!!!!!
落ちないようにしていたのが!!!かわいかった!!!!!
紳士!あっき紳士!紳士!紳士!

あーーーーーーーかわいかった!!!!!!!

*********************************************

10番勝負 3本目の勝負も、楽しく幸せな一夜となりました。

SIDのみなさま
BREAKERZのみなさま
スタッフのみなさま
お会いできたみなさま

ありがとうございました!!!

本当に、BREAKERZを好きでいられてよかったと、また改めて噛みしめることのできた一夜でした。

MATENROU OPERA GIRLS ONLY GIG –LIVE魔天女 at 目黒LIVE STATION

f:id:cherryoulife:20170216222442j:plain

2016.2.12(Sun)
MATENROU OPERA GIRLS ONLY GIG –LIVE魔天女
at 目黒LIVE STATION
 
ありがとうございました!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
 
毎年バレンタインの時期に開催されている女性限定ライブ。
2回目の参加でしたが、今年も参加することができとっても嬉しかったです!
 
去年はビギナーズラックだったのか、自分であっさりチケットが取れてしまったのでのん気にしていたら、今年はあっさり落ちてどうなることかと思いましたが、無事に行くことができました。
ありがとうございます。
 
オペラーのみなさまにひさびさにお会いできてとてもうれしかったです!
お菓子もたくさんいただいてしまって、何も用意せずですみませんでした。ありがとうございます。
おいしくいただいております♪
 
去年は摩天楼オペラのライブに間髪入れずに行きまくっていたので笑、すごく久しぶりに感じたのですが、やっぱり摩天楼オペラは楽しくて幸せで最高でした。
次はこのまま行くと5月4日まで飛んでしまうという大事件が起きてしまうのですが、ツアーがますます楽しみになりました。
摩天楼オペラ愛する人生楽しい。
 
*********************************************
 
*SET LIST
 
♪Drum solo
 
1.GLORIA
2.BURNING SOUL
3.Justice
4.CAMEL
5.Psychic Paradice
6.SWORD
7.愛した人
8.IMPERIAL RIOT
9.蜘蛛の糸
10.RUSH!
11.Eternal Symphony
12.Orb
 
-EN-
1.INDEPENDENT
2.MASK
3.クロスカウンターを狙え
 
-EN2-
 
1.Adult Children
2.喝采と激情のグロリア
3.PHOENIX
 
*********************************************
 
今回は「暴れに東京に来た!」って感じだったのでレポはできません。すみません。
 
感想を箇条書きで書いていきます。
 
◆目黒LIVE STATIONは以前MUSCLE ATTACKとM&Mの対バンで来た以来でした!
「縦長の狭い箱」と分かっていたので後ろで楽しみ尽くすつもりで、下手寄りのセンターに着地。
上手行きたかったけど下手から入る箱だったので上手行けなかった(>_<)
入り口で見つけたこれはちょっとテンション上がりました。
 
 

f:id:cherryoulife:20170216222544j:plain


 
M&Mと摩天楼オペラが並んでる♪
 
◆悠さんのドラムソロからスタート!めっちゃかっこよかった!!!!!
 
◆始まるとよーさんがモーセ
「よーさんを見よ!」
と言わんばかりに開けたよーさんオンリービュー。
 
よーさんは新しいアー写の芸術的美しさが話題ですが、まてんにょの日も本当に本当に本当に、美しかったです。
みんなまてんにょのグッズのTシャツ着てたと思うんだけど、よーさん途中から袖捲ってノースリになってた。
その美しい腕を!!!!出すの!!!やめて!!!!目がぁぁぁ!目がぁぁぁぁぁぁ!って感じでした。笑
 
しかしお痩せになった…?
すごいよーさん細かった。
 
「CAMEL」のベースソロも煽りもめっちゃよーさん見えてうれしかった!(((o(*゚▽゚*)o)))
 
◆あやめさんは髪が茶髪に!!!!
 
開演前のじぇいさんとのツーショで目撃していたんですが、茶髪のあやめさんめちゃめちゃかわいい!!!!!!!!
わたしの短いオペラー人生の中であやめさんの髪が茶色いのは初めてなんだけど、もうほんとかわいい。
(そもそも新参すぎて、髪ピンクの時代をファンになる前の講演会でしか見たことない)
 
色はちょっとピンク入ってる感じかな?もうすごいかわいい。かわいい。かわいい!!!!!!!!!!!
 
下手からだとあんまり見えなくて残念だったのでツアーで堪能する!5月だけど!!!!!
 
◆そのさまはーーーーー!最初のほうあんまり見えなかったけど!!!!!!!
今日もイケメンさんでした!!!!!!!!!!
 
「愛した人」が聴けたのうれしかった(((o(*゚▽゚*)o)))
 
いつも一緒に行っている友達がすごい好きな曲なんだけど、
「残るのは『MASK』と『GREEN WORKER』だろうなぁ」って話してたの。
終わって真っ先に報告した!笑
 
「SWORD」!現体制になって初…なのかな?
 
「SWORD」は初めてライブに行った日にも演奏していて、その時に
「ほぇぇぇぇぇかっこえぇぇぇぇぇぇ!!!!」
と思ったのがすごく印象に残っている曲。聴けてすごくうれしかった。
 
あの日の上手からの梅田クアトロの景色がふと脳裏に蘇って、あらためて初ライブの記憶が大切な思い出なんだなぁって感じた。
 
「Eternal Symphony」はもうひちゃんしか思い出せない(笑)
しかも仲良くなれたのが去年のまてんにょの時でさ。最初隣だったひちゃんが前方へと消えていった新宿MARZを思い出したよ笑
 
そんな思い出もあったりで、「Eternal Symphony」は去年のまてんにょの印象が結構強くてよぉ。
去年のまてんにょ、
「わたしあんさまがすき!!!」
って決め込んでからの初ライブだったこともあって、えたーなるのギターヒーローすぎるあんさまがすっごく印象に残ってて。
どうしても、下手から観たあんさま(そういえばMARZも下手から入る箱だったから上手行けなかった)の姿がフラッシュバックしちゃったよ。
でも、しんみりする間もないくらい楽しかった!
 
◆ラストは「Orb」
そのさんが「バラードはやらないなんて言ってたけど、歌いたくなったから歌う」みたいなことをおっしゃっていた。
このあたりから、すこーーんと目の前のそのさまの視界が開けてクリア・シカイになった。
最後の最後で全部持っていくそのさん。導かれるかのように開く視界。ドラマチックかよ。
 
この日、「Orb」の歌い出しからサビに入る直前まで、そのさま、喉を全部開いて歌う歌い方じゃなくて、喉の上の方を使って歌う歌い方で歌ってた気がする。いつもなのかもしれないけど。。
ちょっと喉閉まっちゃうけど良い声で歌える歌い方。だと思う。
 
そのおかげで、そのさまの声がいつもより若々しく艶っぽくなって(た気がし)て、めちゃくちゃきゅんとした。ときめいた。
あの歌声は宝箱に入れて聴きたくなる声だった。
 
からの喉の開き全開のサビ。
ちょーーーーよかった。
 
◆今日ぜーんぜんじぇいさん見えなくて。
途中できづいてん。じぇいさんお立ち台(モニター?)(足元はどうなってるのかさっぱり見えなかった)乗ってくれへんから後ろからはぜーんぜん見えへんってことに!
 
そんな遠慮はいらぬ!
わらわはかわいいじぇいさんが観たい!かかってこいや!
って心の中で煽ってたら、「MASK」のギターソロでセンターでお立ち台立って弾いてくれた!めちゃくちゃかっこよかった!
あやめさんとのユニゾンもお立ち台から見下ろす感じであやめさんと目合わせて弾いてて胸が熱くなった。新鮮な景色!
 
「MASK」もPHOENIX RISINGツアーで何回も観られて、あやめさんとじぇいさんが目を合わせて弾くところも何度も目撃してきたけれど、あやめさんが見えないくらい後ろから観たのは今日が初めてで、本当に贅沢なツアーを回らせていただいたんだなぁと思った。
 
「クロスカウンターを狙え」めちゃくちゃ久々に感じた。調べてみたら聴けたのは福岡以来らしい!
めちゃくちゃ好きだからめちゃくちゃうれしかったし、ばんざーーーいして生きてみたり、うぉーーーーうぉううぉーーーって歌ってたら、あまりの多幸感で溶けそうになる。大好き。最高。
 
◆ダブルアンコールでの「喝采と激情のグロリア」からのラストPHOENIXがとてもとても熱かった。
このあたりはもうそのさましか見えない。
 
もうそのさん全部持って行った。
感動しすぎて感情がこみ上げてきて泣いた。
「喝采と激情のグロリア」でわたしは何回泣くねんって思うし、何度でも泣かせる摩天楼オペラはすごい。
 
◆すごく熱くて、すごく楽しくて、これからの摩天楼オペラが楽しみになるライブでした。
ありがとうございました。
 
◆オペラさん 日を重ねる毎に好きなところが増えていく。
 
スポンジケーキをずっとデコレーションし続けてる気分。
去年ケーキの上の苺が全部なくなっちゃったけど、土台はしっかり残ってた。
PHOENIX RISINGツアーを経て、色んなフルーツやチョコが乗って、どんどん彩りを増している。
このケーキ、きっと永遠に完成しない。
 
永遠に完成することのない、常に現在がいちばんすきでいられるバンド。
それが、摩天楼オペラなのだと思う。素晴らしい音楽に出会えてよかったなぁ。
 
********************************************* 
しばらくオペラさんは日が空いちゃいそうだけど、ツアーを楽しみにがんばって春を生き延びます。
 
ひとまず日曜日のDAI安がとっても楽しみ(*´ω`*)
 
摩天楼オペラさん、スタッフのみなさま、お会いできたオペラーのみなさま!
ありがとうございました!

また君に恋してる。

幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて(初回限定盤B)(DVD付)

 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて(初回限定盤B)(DVD付)

BREAKERZ「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」絶賛発売中!
表題曲は名探偵コナンオープニングテーマ!作曲はAKIHIDEさん!
よろしくお願いします♡
 
*********************************************
 
1月21日の余韻が止むことを知りません!
 
どこから湧いてくるのかわからないほどの愛が温泉のようにもこもこと湧いては流れていきます……。
源泉かけ流しの温泉かよって感じです………。
AKIHIDEさんへの愛の湯………AKI湯…………。(絶対サウナ完備だね…)
この世の桃源郷かよ………。
 
………と、自分でも
「頭大丈夫か?」
と心配になってしまうくらい、愛が止まりません!!!
 
質量保存の法則を完全無視した無限の愛が凄まじいです。
 
BREAKERZ10番勝負に心から感謝です。
 
*********************************************
 
余韻が止まない大きな理由がひとつあります。
VS GRANRODEOに一緒に行った友達が、BREAKERZを、そしてAKIHIDEさんを大好きになってくれたんです!
心の底から、うれしいです。ありがとう。
先週の木曜日には後夜祭と称して、カラオケでGRANRODEOBREAKERZのセットリストを完全再現しました!
BREAKERZの曲をカラオケでこんなに熱唱する日が来ると思わなかったです。
もう「灼熱」でも「CLIMBER×CLIMBER」でも泣けてきます。かけ流し愛は時に涙となって流れます(笑)
 
今のわたしの名前は本名と全然違っていて、このブログやTwitterを見てくれているリアルの友達は本当に僅かなんです。
でも、この一件で友達にTwitterがバレまして(笑)
芋づる式にここもバレるじゃないですか(笑)
 
Twitterもここもね、頭がおかしいのはわたしが1番よく分かってるんです(笑)
 
だから、
「退いたなら言って!!!!」
「退いたなら言って!!!!」
って言ってたんですけど、友達の反応はまるで逆で。
 
「愛がすごい」
 
ってすごい褒めてくれたんですよ(笑)
 
すごくいい子なのはもちろん知っていたけれど、わたしのこんな姿をエヴリシング受け止めてくれるとは思っていなくて、いや、っていうか、わたしの姿をエヴリシング受け止めてくれる人はほとんどいないと思っていたから、本当にありがたいことだし、嬉しかったです。ありがとう。
Twitterバレた時友達1人減ったと思ったけど、まるで逆の展開になって嬉しすぎて泣くわ。
 
そして、驚いたのが、
 
「〇〇がこんなアツい女やって知らんかった!!!!」
 
って言われたことなんですよ。
わたし彼女には心開いてるつもりで(BREAKERZ好きなのも前から知ってくれてるし)いたんですよ。
(いや、大学4回の10月1日から心開いてんねんで????←本人への私信)
 
そっか、「彩良」の部分が欠けてる状態のわたしって、自分以外から見たら、3割くらいしか自分を出せていないんだなぁと感じたんです。
開いてるつもりでも、端から見たら開けていなかったんですね。
そんなにも「彩良」の部分って、わたしという人間を構成する大きな大きな要素なんだなぁと、友達から言われて改めて実感しました。
 
本名と「彩良」の割合、50:50くらいだと思ってたんですけど、もしかすると40:60、下手すると30:70くらいなのかもしれないですね……。
いや、人生音楽にかけ過ぎ………。
 
そして、やっぱり愛する音楽を創ってくださる方への愛を叫んでる姿が、わたしの「素」に近い部分で、その「素」を知ってくれているひとにこそ、わたしは心の扉を全開にできているんだなぁと感じたのです。
会社ではバンギャルカミングアウトしていないので、心の扉はぴっちり閉まっています。
ああだから会社ではこんなにも息苦しいんだなと、改めて納得しました。
 
100か0しかない両極端な人間なので、ここをご覧いただいている方には心、100%開いています(笑)
ご覧くださっているみなさまにはいつも心より、感謝いたしております。誠にありがとうございます。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。
 

 
そんなこんなで、ライブレポでも触れましたが、10番勝負とAKIHIDEさんのおかげで、友達ともっと仲良くなれたんです。
うれしいです。GRANRODEOBREAKERZのみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
 
次はシドに一緒に行きます!笑
 
*********************************************
 
というわけでここまで長すぎる前置きなんですけどね(まとめろや)
 
友達と、先日
「AKIHIDEさんの書く歌詞は失恋ソングが多い」
という話をしていたんです。
 
NEVER LANDの頃は特に別れの曲ばかりだったんだよ~って。
 
って話してたらね、「絶対!I LOVE YOU」なんて叫んじゃうDAIGOくんと、10年間も同じバンドで活動してることがすごい奇跡に思えてきたんですよ。
 
「絶対!I LOVE YOU」って言葉の、揺るぎないポジティブパワー、すごいじゃないですか。
 
AKIHIDEさんに「ポジティブ」って言葉を使わせたら、「ポジティブブルー」だったり、「ポジ変換」になっちゃうじゃないですか。笑
純粋に、真っすぐな意味で「ポジティブ」ってAKIHIDEさん言ってくれないじゃないですか。笑
 
こういうところひとつとっても、DAIGOくんは太陽で、AKIHIDEさんは月だなぁって思ったりするんですけどね。
 
でも、いつか、AKIHIDEさんが、「絶対!I LOVE YOU」みたいな、「タイトルからして物議ソング」(笑)を作ってくれるような日が来たとしたら。
 
AKIHIDEさんも、光に包まれた愛を見つけはったのだなぁと、きっと、すごく、うれしい気持ちになると思うんです。
 
AKIHIDEさんには、ほんとーーーに幸せになっていただきたいです。
 
もう見つけてらっしゃるかもしれないですけどね。
 
そうならDAIGOくんみたいに言ってほしいんですよー。
DAIGOくんとは違うのは分かっているんですけど、わたしの人生的に言ってほしいのです(それただのわがままや)
わたし去年の大晦日に失恋して、あーだこーだしてる間にAKIHIDEさんへの愛を取り戻してしまってもう今年で地球に生まれてから四半世紀になるというのに婚活する気なさ過ぎて危機なんですよ(知らんがな)(聞いてないよ)(何気にいろいろ言ったね?!)
AKIHIDEさんがそういうご報告をしてくださったら、1週間寝込んでその後鬼婚活するって決めているのよ!
事後報告でいいから、教えてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
 
はい。ごめんなさい。笑
 
わたしはAKIHIDEさんの「絶対!I LOVE YOU」も受け止めると誓います。笑
 
いや、むしろみんな受け止めたいか。
むしろ争奪戦か。
AKIHIDEさんの「絶対!I LOVE YOU」。。。
  
*********************************************
 
そんなAKIHIDEさんを愛して早いもので10年目を迎えているんですよ。
BREAKERZを好きになったのは2007年11月なので、ちょっと盛ってるけど瞬きしてる間に11月だから、多少の誤差は許してください。
10年って言いたい。笑
(最近友達に「〇〇が10年愛したAKIHIDE」って言われる。お気に入りワード。笑)
 
BREAKERZ10周年。年が明けてからずっとわくわくしています。
 
本当にAKIHIDEさんへの愛は泉のように湧き出て止まりません。
でも、冷静に考えてみてほしいんです。
 
好きになって10年になる人に対して、こんなにどばどば愛が湧いてくるってAKIHIDEさんすごくないですか?!?!?!
 
初恋のようにココロトランポリンよ?!?!
 
この言葉を君に届けられる
\あいらっびゅーーー!/
よ?!?!?!
 
激情が狂わせる この愛の果ては見えない
(中略)
\暴走ーーーするーーーー!/
よ?!?!?!??!
 
 
だ、DAIGOくん天才かよ?!?!?!?
 
 
笑笑笑
 
思わぬところでDAIGOくんの歌詞の天才さに驚く展開になってしまいました。
SHINPもDAIGOくんもAKIHIDEさんも天才。BREAKERZ最強天才集団です。
 
…とか言ってるわたし冷静に考えて気持ち悪いじゃないですか。笑
 
でも、ここまで長いこと熱烈に愛せてしまうAKIHIDEさんすごくないですか。
 
(そしてこんだけどばどば愛が沸くわたし自身もすげーなって思うけど、それを受け止めているのか受け流しているの分からないけど、その愛を受ける側のAKIHIDEさんもほんとうにすごいと思うよ)
(わたしだったらわたしみたいな人間に好かれたら気が狂うよ…ありがとうございます)
 
もうね、これはね。
 
 
また君に恋してる現象と名付けますよ。
 

…………陳腐かよ!!!
 
昨日仕事中に命名したんですけど自分でもあまりの陳腐さに笑いそうになりましたよ(怪しいわ)(仕事しろ)
 
いやー、でもほんとね、なかなかこんな10年も同じ人好きで、また君に恋してるなんて言えることないですよ。恋っていう熱い感情を取り戻せるってすごいですよ。
 
わたしの人生を、AKIHIDEさんに4割捧げたことは間違いじゃなかったんだなぁと実感します。
 
(まぁ去年結構浮気したし、今年もするし、これからも永遠にするけど)
(わざわざ言わなくていいんだけど、去年いろんな場面でオペラを優先した中で、ここまで愛を取り戻して突然こんなに熱くなっていることに対しては?って方がいらっしゃってもおかしくないなと思うので…わたしだって他人だったら思うかもしれないし)
 
ここまでギターの音も大好きで、ひとりの人としても尊敬しているギタリストは、AKIHIDEさん以外いません。
 
これからも、“with BREAKERZなじんせい”を送っていきたいなぁとしみじみ思います。
 
10周年の夏が本当に楽しみです。